太極拳再開

Img_20200601_115818

緊急事態宣言が解除されても、すべてが元通りではなく、市の施設を使って行う太極拳教室にはまだ貸し出しがされない。
そこで先生の練習場である人博の広場で、体を動かすことから始めましょうと呼びかけて頂き、教室のみんなが集まりました。

ここは通路だそうですが、ガラス張りの壁は前面も・後ろも・天井もみごとな鏡。みんなの姿が写ります。手を挙げたその指の行方を思いっきり見上げる…背筋を伸ばす…こんな動作がこんなに気持ちがいいなんて。
吹き抜ける緑の風が、こんなにきもちよいなんて。忘れていた。

3か月ぶりの太極拳は、何もかも忘れてしまっていたし、バランスも無惨。

でもまた、こんなにして再開できる機会を作ってくださった先生に
「ありがとうございます」

 

|

五月 最終週

Img_20200530_125930

月曜日 緊急事態宣言が解除され、久しぶりに孫たちとおいしいすき焼き。

火曜日 孫たちと「花札」 鬼滅の刃・炭治郎効果か? 
    おじいちゃんの賞金効果か? 盛り上がる。

水曜日 弟から サツマイモの苗が届いたと連絡有。畑に急ぐ。

木曜日 山の会の友達と 篠山市・御嶽に登る。

金曜日 雨が降るまでにと、畑に残っていた赤タマネギ収穫。

土曜日 御嶽登山時、Mさんから「土曜日、奥山に誘われている」と聞く。
    Oさんと共に「行きたい」と。
    奥山川渓谷は、ハイキング。奥山は這いつくばって登るほどの急登。
    下りは、激下りが続いた。唯一の展望場所の鉄塔下にホッ!!

日曜日 目覚めると雨。朝食後赤タマネギを紐でくくり、竿に干す。
    さっきダービーで福永さんを応援する。

忙しい一週間の最終日は今朝、雨降りのおかげでのんびり過ごしました。もし降ってなかったら、黒豆畑の掘り起こしの予定でした。明日から6月、いい雨だった。

|

再び御嶽へ

Img_20200528_111845

非常事態宣言が解除され、ぼちぼち孫達に登校日時の連絡が入りだしました。
慌ててお泊り会を設定した最中、山の会の友達から「やっと行けるね」と誘いのメールが入る。行き先をゆっくり考える余裕もなく、先日楽しかった御嶽に決定「小金には行かず、ピストンでお願いします」と返信。

御嶽は相性抜群か、今日もお天気抜群です。
キラキラ若葉を見上げながら、五月のさわやかな風に後押しされながら、3人のおばあさんはよくしゃべり、よく笑い、楽しく頑張った。
丸山集落への分岐で休憩時、山の会のHさんにも出会った。
Hさんは、おじいさんの四人連れ。

Kさんと一緒の時は先客があって寄れなかったが、空いてたので寄り道した岩の展望席からの写真です。たぶん西ヶ嶽。

|

コートールド美術館展 中止

Img_20200531_105511

コロナ感染で日本中が痛んでいく中、まずオリンピックが延期になり、選抜が中止になった。ほとんどのプロスポーツは開幕を迎えられず、高校総体の中止が発表された。そしてついには高校野球夏の大会も中止が発表されてしまった。

そんななか、神戸市立博物館で3月28日から開催されるはずだった「コートールド美術館展」が5月21日付博物館のツイッターで中止のお知らせがされた。
兵庫県の新規感染者0が続き、緊急事態宣言が解除されるなりのお知らせだった。

ゴッホ展で購入した「薔薇」のクリアファイルに保存した新聞記事を読み、楽しみにしていたのです。

|

最高です!!

Img_20200514_113954

御嶽にクリンソウを見に行こうと決まったら必ず御嶽に登ったし、その後小金を目指したりもした。それがいつの間にかクリンソウを見に行こうとしたら、クリンソウを見るだけで帰るのが2度続いていた。
物足りない気はしても、また行けると思っていた。

Kさんに「クリンソウを見に行こう」と誘った時も、御嶽山頂までは期待してはダメと思っていた。

家を出る時から雲ひとつない良いお天気。
登り始めても、若葉の向こうに真っ青な空が透けて見える。気分は最高です。
クリンソウも、今が見ごろです。

そしてなによりKさん、岩場も、急登も越え、chiyomiさんを御嶽頂上に連れて行ってくださった。 Kさん最高です!!

 

|

もちつつじ

Img_20200506_110951

畑仕事を頑張りすぎると ついつい俯きがちになり、姿勢が悪くなっている。
これはまずい。有馬富士でも?歩いてこよう…

ところが、天気予報は午後雨。早めに出かけよう。

ところが ところが、有馬富士公園に着くと今閉鎖中。即、羽束山に変更する。

駐車場から少し下り、農道に右折後宰相ヶ岳登り口をめざす。
一人で来るのは初めてで少し不安だったけど、十分なテープや道しるべのおかげで気ままな山歩きが出来た。
咲いてたのは「もちつつじ」 これまであたりまえすぎて感動したことがなかったのに、宰相ヶ岳では「もちつつじ」の群落を見ることも出来た。

思いがけない初めての経験は、ツツジが大好きな私には感謝でした。

 

 

|

五月になった

Img_20200502_145027

手持ちの抗生物質とロキソニンを三日間飲んでも、歯痛はびくともしません。
くすり残りは一日分。たまらず、恥を忍び歯科の予約を入れてもらった。

先生の診断は、右の奥歯の根っこに「ひび」が入っています。
2月から左の奥歯が治療中で、食べ物は右の奥歯でかむようになっていた。
歯も年をとっているのを忘れていた。

これまでの経験で一番かもと思うほどの痛みを「ステイホーム」で我慢するしかなかったが、ふと実家の母が「ひどい頭痛があっても、畑に出て草引きをしていたら忘れてしまう」と言ってたのを思い出し、畑に行ってみた。
畑で土を触っていると、私も何も忘れて夢中になっていた。

5月になっても、太極拳も、ボヌールも、山の会も休会が続いている。
畑があってよかった。
今年は暖かだったので、早生タマネギが早く大きくなり一回目の収穫をした。

|

歯痛

Img_20200417_110220

月曜日、chiyomiさんは庭を埋め尽くすコケをそぎ起こす?作業に夢中になった。

すっきりきれいになった庭に満足し、それで終わればよかったのに…火曜日
畑に行き、よく降る雨にすっかり蔓延ったスギナを掘り起こす作業に夢中になった。

そして…歯が痛くなりだしたことに気付いた。
晩御飯が食べられないほどの痛さだ。

chiyomiさんは2月から歯医者さんに通ってて、かぶせ物を外し、歯の根っこの治療を受けている最中でした。
コロナ感染対策をしていただいてるとはいえ、地元でコロナ患者さんが話題に上りだし急きょ予約をキャンセルしていただいたところです。以前いただいた抗生物質とロキソニンを飲んで様子を見るしかありません。

間の悪い歯痛です。

|

今年の春 元気色


3月は 黄色のスイセン

Img_20200312_141904

4月は 菜の花の黄色

Img_20200416_133304

|

「麒麟がくる」ために 忖度か?

Img_20200416_131241

ヒカゲツツジに無理せず会える、金山に出かけました。
久しぶりの頂上で眺望を楽しみながら「コンビニおにぎり」をおいしく食べた。
さあヒカゲツツジを目指します。
アレッ何か様子が違います。木々が伐採され、これまで見えなかった、岩場の後ろ側のヒカゲツツジが見渡せるようになっています。
ラッキー。ところが、ところが…「鬼のけ橋」前にあった目当てのヒカゲツツジがばっさりと…なくなっていたのです。

高城山も、山頂の木々が切り倒され、麓から見る姿が無惨になった。
あるがままの姿の美しさを、なぜ残せないのか。

今年のNHK大河は明智光秀の「麒麟がくる」 
高城山には戦国時代波多野氏の八上城があり、丹波攻めを命ぜられた光秀は金山城を築くことで足掛かりとした。
金山の登山口には、大河「麒麟がくる」の黄色い幟がいっぱいはためいていた。

ヒカゲツツジを残念し、追手神社の二輪草にしました。

 

 

|

«さくら 桜 と浮かれることもなく