加西アルプス

Img_20180617_124343_3


山の会の友人4人で、加西アルプスに登りました。

お弁当を食べた笠松山展望台の階段前から、歩いてきた善防山からの道を記念写真に撮りました。
善防山への登り始めこそ快調でしたが、例年になく涼しい6月に慣れた体は久しぶりの暑さに対応できず、標高こそ低いけど見晴らしの素晴らしさや、吊り橋や鎖場の仕掛け、アップダウンを充分楽しめなかった。
再度善防山に登り返した頃には、実際にあるはずのない紫色の光がチカチカと輝きだし・・初めての経験に不安だった。熱中症をおこしていたのだろうか。

 ☆今日のコース☆
善防公民館・・・善防山・・・吊り橋・・・笠松山・・・古法華寺・・・善防山・・・善防公民館

|

久しぶりの例会は

Img_20180613_103751


雨のため中止が続き、久しぶりの例会は、心にも体にもやさしいハイキング。

カキノハグサ・カキラン・ヤマトキソウ・オカトラノオ・トチバニンジン・ササユリ・・・次々と山野草にで会えました。

その上、Fさんが池に入り採って下さったジュンサイを、Yさんが持参の水で洗って下さり、採れたてを食べる経験までしました。

お弁当を食べていると、池のヒツジグサまで開花し始めたのです。

|

読書クラブ OG会

Img_20180612_144803


ちょうど去年のいま時分のことです。読書クラブの会計をしていた私は、会費を頂いた領収書にこんな文を入れていました。

ササユリ

1 ウッディ中央公園 テニスコート横駐車場の南斜面
  最初は木々を伐採なさって日当たりが良くなり、これまで地中に眠っていたササユ
  リの種が目を覚まし咲いたそうです。その後お世話下さる方たちが種をまかれた
  り、柵を作ったり見守ってこられ、今年は180余りの花を確認されていると聞きま
  した。

2 ブイブイの森公園~北摂三田高校~狭間の道
   (春に春蘭ハイキングした道です)
  ウッディ中央公園のようにかたまって咲いていませんが、ウォーキング目的で歩
  いてて、ササユリに出会えたらうれしいです。

新設された読書クラブに同時に入部して以来の友達4人、久しぶりに集まりました。お昼は三田の街の昔からの本屋さんで、カフェを併設されたお店。
ゆっくりランチとおしゃべりでくつろいだ後、ササユリを見に行きました。

解散後、図書館に戻り「新潮」7月号で宮本輝さんの流転の海シリーズ「野の春」最終回を読みました。とうとう終ってしまいました。

|

黒豆の種まきができた

P6100600_2

昨日6月9日大安の日、 黒豆の種まきができました。

種まき後10日余りで苗は移植出来るように育つ。肥料や石灰は撒いてから10日から2週間置く方が良い。だから種まきの前までに、黒豆畑の準備が要るのです。
性分なので、丁寧にていねいに草を引き、肥料をまき、スコップで掘り起こします。1日畑に行って一筋。あっちが気になり、こっちが気になりしてるうちに帰る時間はあっと過ぎていく日々でした。

おままごとのような畑仕事ですが、種まきが出来ホッとしています。
そして今日は雨で中止が続いた山歩きを決めていたのに、天気予報では早い時間から雨の予報。止めを決めた・・・のに、まだ降ってこない。

|

みずきちゃん 応援団長頑張る

Img_20180602_150551


朝からカラッと晴れ上がり、雲一つない。
今日はF小学校の運動会。六年生のみずきちゃんは、思いがけず白組の応援団長さん。いつにもまして、ワクワクの一日になり、白組さんの応援にも力が入りました。

四年生のとっくんも、白組の応援のリーダー。一緒の組で良かったね。

今日一番の盛り上がりは閉会式。白組さん勝利で、みずきちゃんが校長先生から頂いた優勝カップを白組さんのみんなに向かって掲げると、ド~ッと歓声と共に拍手が沸いた時。
みずきちゃんにとって忘れられない思い出になるね。

紅組の応援団長さんも女の子だった。紅白対抗リレーも女子が早いのが目立った。騎馬戦だって、最後に勝ったのは女子だった。日本の未来は明るい気がした。

|

練習の 練習が要る

Img_20180526_092804


山の会の新年会でのこと 「7月下旬 至仏山に登り、尾瀬を歩きましょう」 と提案がありました。私は 「行きたい」 と真っ先に手をあげました。
ずっと前、尾瀬沼の方から歩き、途中の山小屋に泊まり次の朝 “カッコウ” の泣き声で目覚めました。カッコウの鳴き声を聞いたのは、この時が初めてでした。 興奮冷めやらぬままの朝食後、山小屋を出発。尾瀬ヶ原を歩くとき、水芭蕉の花の向こうに残雪の至仏山が真っ青な空をバックに・・真ん前にありました。

山の会のみんなで至仏山に登ることになりました。
例会とは別に練習登山計画が決まりました。まず、来週は氷ノ山。有り難いのですが、今の私には氷ノ山に登る練習も要るのです(*^_^*)

今日は、ととやみちから最高峰を歩きました。
コガクウツギの盛りは過ぎていましたが、コアジサイが見事でした。

|

今年の玉ねぎ

Img_20180512_172544


10日ほど前、今年の玉ねぎを収穫しました。
大きい玉ねぎはほんの少し、中ぐらいのと小さいのがほとんどで「食べるんには丁度良い、使いやすい大きさや」と言いながら・・大きいのばっかりやったら、ごっついことになるのに・・と心のなかでこっそり思います。

ただ早生玉ねぎなのでスライスが美味しく、冷しゃぶ・焼肉・生ハム・ローストビーフ(ポーク)・かつおのたたき・・・何にでもドバっと乗せてバクバク食べます。

お父さんが喜んでくれるので、献立が楽な毎日です。もうすぐ赤玉ねぎも収穫予定です。

|

ヤマツツジ満開

Img_20180516_121745  

久しぶりの例会参加は、ロングコースでした。

 ☆今日のコース☆
神鉄有馬温泉駅・・・ととやみち・・・一軒茶屋・・・全山縦走路・・・極楽茶屋・・・番匠屋畑尾根・・・横谷・・・逢山峡・・・神鉄有馬口

魚屋道はコガクウツギが見頃。コアジサイもスタンバイ完了で、近いうちにまたおいでって誘われてる気がした。
今年葛城山の山ツツジの見ごろは先週末までと新聞やテレビで言ってたので、六甲山の山ツツジも終わってるだろうと期待してなかったのに、縦走路のツツジはまだまだきれいで皆を迎えてくれた。

有馬三山を越え番匠屋畑尾根を登るコースは、3回歩いたけど、下りを初めて歩いた今日が一番しんどかった。確実に弱っている。途中横谷を下り、逢山峡から有馬口のコースは、タニウツギ・ヤブウツギ・ツクバネウツギ・・・各種ウツギが見事な道なのに・・・みんなに話は合わせていたけど、楽しむ余裕はなかった。

|

いつの間にか 五月も半ば

Img_20180511_115455_4

毎日用事はあるが、特別お天気が気になる用事ではなく・・曇り・快晴3日・曇り・雨2日とストレスのないリズムで日々は過ぎ・・いつの間にか 五月も半ば。

早生玉ねぎは収穫間際。赤色玉ねぎの葉っぱは、見事に立派に育っている。畑の横を通るおじさんに「肥料が足らん・・」と指摘されたジャガイモも、ストレスのない雨ふりのおかげか・・肥料が効いてきたのか、素直に大きく育ってきた。
さつま芋(紅はるかとシルクスゥイーツ)の苗も植え付けた。

昨日は友達3人思い立って、御嶽へクリンソウを見に行った。吹く風は爽やか、若葉はキラキラ、カツオのたたきの差し入れにビックリなお昼だった。

|

高野山 ロス

Img_20180418_151514


少ししかない写真から、一人静。矢立をスタート後、「ゆっくりお願いします・・」を連発しました。そんな時咲いていました。みんなが写し始め、これでしばらく休めます・・

計画・練習?・実現・・今回一緒に頑張ったNさんのメールに「高野山ロス」とありました。秋は日暮れが早いからと、春に行こうと決め、楽しみより不安がいっぱいの半年余りを、共に過ごした。

腰痛が怖いからと、畑仕事を最小限に止めていたので、両手を広げ畑が待っていた。今年は山ぶきも早くから出ていて、夕べからもう今年3度目のつくだ煮を炊いている。ただ、去年の台風で花山椒の大きな木が倒れてしまい、今年からは花山椒のつくだ煮はない。
chiyomiさんには「高野山ロス」はなかったけど、なるべくして腰痛が辛い。

|

«高野山町石道を歩く 3