紅葉谷通行止め解除

Img_20201014_104149 ずっと通行止めだった、ロープウェイ前から紅葉谷への道路がやっと通れるようになった。 最後に歩いたのはいつだったろう…有馬三山を超え、番匠屋畑尾根を登り極楽茶屋。土砂崩れで通行止めなので、全山縦走路からととや道をくだらなければだめと分かっていたのに「紅葉谷でお願いします」と言ってしまった。バリケードはまだなかった。想像以上の土砂が道を大きくふさいでいて、まだパラパラと落石していた。恐ろしかった…番匠屋畑尾根だからずいぶん前のことだ。

その後すぐ頑丈なバリケードが設置され、紅葉谷を登るには一旦ととや道を登り炭屋道を下るしかなくなった。
ととや道より紅葉谷が好きだったのに、年に一度ぐらいしか行かなくなった。

紅葉谷には、ヤマアジサイがとても素敵に似合う大好きな場所がある。今日も差し込む陽ざしに、苔が・水の流れがキラキラ。左手を置いたそこに、ツルニンジン。

|

山の例会は おいしいよ!!

Img_20201007_101525

Oさんの自宅裏には、ご主人が管理される大きな果樹園が有り、秋には大きな栗やおいしいナシを収穫される。だから私たち山の会の仲間は、毎年秋の例会に参加すると、つめたく冷やした赤ナシや、こんなに大きな栗の渋皮煮を頂けます。

 ☆今日のコース☆
神鉄藍那駅・・・まりの山・・・長坂山・・・六條八幡宮・・・神鉄箕谷駅

藍那駅から六條八幡宮までは、藍那小学校横からの藍那古道を行くとすぐ分岐の道標。長坂山に向かう。「まりの山」は藍那小学校の校歌に歌われる山で、木々に囲まれた広場になっています。

ほんの少しの林道歩きですが、ヤマジノホトトギス・ツリガネニンジン群・冬の花ワラビ・ゴマナと白山ぎくとの見分け方の説明を受けたりと盛り上がった。

|

三草山

Img_20201002_112156

山の会で一緒だったM子さんから昨日「手作りケーキ付 三草山」の電話がありました。メンバーは、M子さん・Oさん・Wさん・chiyomiさんの4人。
久しぶりの三草山です。

カラッといいお天気です。私が一番頼りないのでと先頭を歩くことになり、コースの半ば過ぎまでは順調でした。きれいなススキを見つけると「昨日のお月さん、きれいやったな。ここから見上げたらもっときれいやろうなぁ~」昨夜は中秋の名月。そんな余裕もありました。
ところが、休憩後先頭を交代したとたん…遅れかけました…見え張って歩いてたのやなぁ…

ようやく頂上に着き、ホッ!! M子さんの「栗の渋皮煮入りタルト」ごちそうさま。

三草山のお約束 ジェラードも食べられたし、Oさんからは梨のお土産も。

|

高城山

Img_20200930_100217 前回の例会時募った山の会友人7人で、高城山に登りました。

高城山は、今年のNHK大河「麒麟がくる」の舞台になるはずだったのに、コロナ禍でドラマが休止になり、やっと再開されるも光秀の「丹波攻め」がどの程度取り上げられるか…微妙になってきた…戦国武将 波多野秀治の居城 八上城があった山です。
ぐるっと山に囲まれた篠山盆地の真ん中辺りに、高城山(丹波富士とも)はあります。

どこから眺めても美しい山です。もちろん、chiyomiさんの畑からも。

ただ、大河に取り上げられるかもと期待され、頂上からの展望重視のためか、頂上辺りの木々が切り倒され、麓から見上げる高城山は無残な姿になったのは残念で仕方なかった。
それなのに、久しぶりに登ってみると、山頂からのぐるっと篠山の山々の眺望に思わず喜んでしまった。勝手なものです。

写真「伝 下の茶屋丸」の「伝」の字のすっと上に写っているのが「金山」
光秀が丹波攻めにあたって、黒井城・八上城に対峙する金山城を築城しました。高城山から金山を眺める目線の下に、関ヶ原での勝利後、家康の命を受け築城された篠山城址が眺められます。

|

今日は山の会例会

Img_20200923_113918

今日は山の会。紅葉谷~全山縦走路を最高峰~ととやみちを下山の予定だった。
しかし数日前、南の海にあった雲のかたまりは台風に発達し、日本を目指しゆっくり北上し始めた。最近腰や膝の調子が今一つの私は、台風の雨で例会が流れるかもと、期待した。ところが台風はだんだんそれていき、今朝は陽ざしまであった。

しぶしぶ参加した例会でしたが、紅葉谷のケーブル乗り場の前に着き、9月には登山道の通行止めが解消してるはずがまだなのを知った。急遽ととやみちから最高峰のコースに変更になった。ラッキー!!急に心は軽くなる。

10日前地獄谷西尾根を登った時は、こぼれ落ちる汗を笑いあったのに、今日は秋の風(台風の風かな?)が涼しい。
初めて、六甲山の ”テイショウソウ” を見ることもできた。一番のラッキー(*^-^*)

 

|

ひと休み ひと休み

Img_20200916_112832

一番好きなのは畑。そして山歩き、時々は友達とのおしゃべり、太極拳‥? 
暑い夏をかけてきた。

9月になって雨をもらうと、おいしい万願寺とうがらしが生き返り、たまには上等のお肉で焼肉をと chiyomiさんははりこんだ。
おいしいお肉の横で、万願寺はふっくら柔らかに焼けた。満足!!

ところが ところが…その夜、下痢と腹痛で眠れない時を過ごした。
昨日は一日、用事を済ますと微睡んでいた。今日も、お父さんがゴルフなのを幸いに、さっきまで眠っていた。疲れていたのに気付いた。

写真は一昨日歩いた大峰山の “ツルリンドウ” 頂上付近の登山道、秋の終わりにはルビーのような実をつける。

|

大根の種まきをしました

Img_20200908_172547

ジャガイモを収穫した後を、8月の中旬掘り起こし準備しました。

今年も大根の種まきが出来たことを ありがたく思います。

|

9月の 畑

Img_20200903_172529

7月は、これでもかと雨が降り続き、エアコンいらずの涼しい夏だった。

8月になると急に雨は降らなくなり、酷暑の夏に。毎日の35度越えに驚くこともなく、お盆が過ぎても猛暑日は続いた。

9月になるなり、記録的勢力でなんと二つの台風が続いて接近してきている。

1日にも畑に行ったけど、まだまだ暑く、真昼間は避けて行くと、畑仕事はどうしても思う通りに進まない。台風が気になるので、今日も又午後から畑に行った。黒豆の株に、杭を打っていく。草を引いていく。今年のトマトはまだまだ元気だけど、台風の風で倒れたら黒豆の株の上。かわいそうだけど、かたづけて、白菜を植える畑に掘り起こした。

chiyomiさんの畑の黒豆は、7月の長雨・8月の猛暑と日照りに耐え、いっぱい小さな鞘をつけました。9月の台風にも…がんばれ!!

|

8月は 雨が降らない

7月は、これでもかと雨が降り続いた。クーラーも要らない涼しい日々。でも、その反動はきっと来ると確信があった。

8月になると雨はやみ、夏の暑さもやってきた。蝉も上手に鳴き出した。

お盆になると、chiyomiさんの畑に黒豆の花が咲きだし、雨が欲しいと思うようになった。すると、にわか雨がザ~ッと降った。

しかし、8月ももうすぐ終わろうとするのに、雨はその時一度だけ。天気予報に雨マークが出て喜ぶも、すぐ消えていく。
水やりに通うしかない。畑に通うたび、先日植えたばかりのキャベツの苗はぐったりしてる。サツマイモの畝も。7月には配って歩くほどよくできたピーマンや万願寺は見るかげもない。そんななかでトマトは例年ならもう枯れかかっているのが、実は小さめだけど今年はまだまだ元気だ。
そして一番気がかりな黒豆は…水やり効果か…元気だ。無事に鞘をつけてほしい。

☆夢のような話☆
さっきから空が暗くなって、三田に雨が降ってきた。泥臭いにおいがしてる。
篠山のchiyomiさんの畑に届いてほしい。祈るようなchiyomiさんにヤフーの雨雲レーダーの通知が届き、篠山にも雨が降ると。

|

私の 多紀連山縦走

Img_20200813_221032

若い頃私は、多紀連山は多紀郡(篠山市)にある、西ヶ嶽・御嶽・小金ヶ嶽と続く山々の総称だと思ってた。それがいつの日だか、春になるとヒカゲツツジの咲く山々を登るようになり、八ヶ尾山を知ると、多紀連山は縦走路として八ヶ尾山まで続いているのを知った。

毎年5月の連休には市主催の山開きで四十八滝スタートで西ヶ嶽を目指すコースがあるのも知った。私も歩いてみたい。ただ、多紀連山縦走を一日で歩きとおす力はない。これまで歩いた縦走路をつないでみよう。
いつか叶うかもしれないと思い続けてた。

先日、Nさんのおかげで八ヶ尾山に登れ、引き続き今日は、四十八滝~垰山~小倉タワ~鍔市ダムまでのコースを案内いただいた。

私の多紀連山縦走です。(地図をクリックしてみてください。大きくなります)

バックナンバーから 読んでいただければ嬉しいです。
2009年3月27日 栗柄奥バス停~御嶽~小金ヶ嶽~鍔市ダム

2010年6月2日  栗柄奥バス停~御嶽~西ヶ嶽~栗柄口バス停

2020年7月2日  四十八滝駐車場場~八ヶ尾山~つまご坂登山口

2020年8月9日  四十八滝駐車場~四十八滝~峠山~小倉たわ~鍔市ダム

|

«11年目の車検