ゆうちゃんの 受験

「おばあちゃん」ゆうきちゃんから電話がかかった。

「うかった?」「うん」「よかったなぁ~!! おばあちゃん うれしいわ!!」
「おじいちゃんにかわるわね。ちょっと待ってや」

先日10日、私立高校の入試がありました。
ゆうちゃん、人生初の受験に「合格」しました。3月には、希望する県立高校の受験がありますが、遠くに通うより近くのS高校が安心やなぁ~と、おじいさん・おばあさん珍しく意見が合いました。
ただ、これは老婆心。ゆうちゃんが行きたいところに行けますように。

|

例会から ゴッホ展へ

Img_20200212_124922

今日の例会は、谷上からトゥェンティクロス経由新神戸。早く終わると思うから新神戸駅解散の後、県立美術館の「ゴッホ展」に行ってみたいと決めていた。ところが、トゥェンティクロス通行止めのお知らせ板。森林植物園・東門から西門へと抜け、市ケ原方面に抜けることになった。
遠回りになったため新神戸駅到着が遅れ、「ゴッホ展」参加者2名。

新神戸駅からタクシーで県立美術館。昨日は祝日で混み合っていたらしいが、今日は午後2時半にもなると行列はチケット売り場だけで済んだ。館内もストレスを感じるほどの混み方はなかった。好きと思う作品を間近でも見られたし、少し離れた場所からは人の間から見る余裕もあった。
一枚だけでもと期待した「ひまわり」はなかったけど、「薔薇」があった。

本物の作品を観ることができる事はありがたいと思う。

 

 

|

大根は くらま

Img_20200211_120017

山の会の例会でNさんが「あけちゃん 家の冬野菜、めずらしいに今年はよ~出来た」と。「そ~やねん、今年は暖冬やもんな」と私。

いつもの年なら6㎝ほどの大根が、10㎝ほどにもなる。
chiyomiさんの畑に初めて大根を作ろうと、種苗店で「おいしい大根は?」とたずねて教わったのが「くらま」 炊いても柔らかく、おろし大根のお汁を一口飲むとまず甘さを感じる。自分の作った大根は皮のままおろせる。

お天気が続きそうな日には、太めの短冊に切ってザルびっしりに並べ、3~4日目には切り干し大根ができあがる。

|

「まあ いいか」

先週6日、7日は2日続きで太極拳・32式剣の教室でした。

少し前にも書きましたが、心ひそかに今年二段を受験できたらと、昨年早々H会と市主催の剣の教室に参加しました。初めてのことを覚えるのはとても大変で、教わるすぐ後から忘れていきました。それでも10か月程すると、ほんの少しずつ覚えることができかけ、次を教わる一か月後の教室をとても楽しみに待ちました。

ところがこの頃から、2つの教室に一度も休まず参加するのですが、諸事情で次に進まなくなったのです。
不足に思った罰が当たったのか、6日にあった会の教室は、市の大会出場者向けに急にスピードアップ。付いて行けず、次の日にある市の教室に期待。でも、新規に始められた方の加入で1月は最初からで始まった市の教室は、2月もまた最初から。
去年一緒に始めた何人かは「套路がわかる」グループに変わられました。
一緒に移れないイライラの私が目にしたのが

先日久しぶりに買った「暮らしの手帳」暮らしのヒント集

年齢を重ねるごとに必要なのは「寛容力」です。
人にも、自分に対しても「まあ、いいか」と思えることを増やしていくと、ずいぶん心が軽くなりますよ。

と書かれていた。私は「寛容力」を身につけられるだろうか。

|

王道を行く

Img_20200205_083827

今朝は寒かったです。JR三田駅まで送ってくれた、お父さんの車は外気温-1℃を表示してました。
JR中山駅から、中山観音。山門をくぐり、見上げると気持ちの良い青空が。

 ☆今日のコース☆
JR中山…中山寺…夫婦岩…奥の院…やすらぎ広場…清荒神…JR宝塚駅

大林寺でお弁当を食べても、三田駅に着いたのが12時半。
R立ち寄り。おなかいっぱいなので、レモンスカッシュにしました。

見出しの「王道を行く」は、今日の案内 Mさんの「奥の院へは、コースがいっぱいあるけど一番歩きやすい…王道を行こうね」との言葉から。

|

2月になった

“年末には大掃除” の縛りから逃れられない私は、続かなくなった根気と体力を、12月に入ったらすぐ始めることでカバーしようとした。
まずお風呂・洗面所…気になっていた、カビを落とせた。きれいになった!!
トイレ…これも気になっていた、側面の壁紙(細かい凹凸)の汚れと巾木のほこりを時間をかけて落とした。歯ブラシが有効だった。
台所…まず、いらないものはどんどん捨てる。このゾーン、やりかけるときりがない。自己満足できるぐらいにはできた。

ただ大掃除は順調に頑張れても、12月は年賀状・お正月の用意と雑用も多くなる。そこでふっと、バタバタ動く私を気にするでもなく、のんびり撮り貯めたビデオを見続けるお父さんにムッとする。
いてほしい時には365日家に居つかず、いてほしくなくなったら毎日居る。埃がまってても気にならないと言うお父さんには、もう何も言わない。

そんなこんなで大掃除の気力も失せてきて…
毎年窓サッシは取り外し水洗い。それを乾かしているうちに、サッシの溝掃除。ついでにカーテンを洗ってしまう…この3セット、お正月過ぎになってもよいかと先送り。

ボーっとと過ごした1月があっという間に過ぎ、2月になった。先送りした3セットは、年末でいいか。
今日はお父さんはゴルフ。chiyomiさんはブログを書いている。

 

|

三田市美術展

Img_20200130_160145

山の会やコーラスで一緒のNさんは、織物もベテランです。
郷の音ホールで今日から来月2日まで開催される「三田市美術展」に入選作が展示されていると聞き、午後から出かけました。
作品名は「忙しくて楽しかった頃の…」 …の先はと考え込んでしまいました。明日コーラスで会うので、聞いてみよう。
審査の先生の講評に「素材に対する作者の愛着の情は大変素晴らしいと感じたことも書き添えておきます」とありました。
Nさんは今回は入選でしたが、以前は賞もとられています。

写真部門には、高齢者大学・読書クラブ時のSさんが去年に続いて入選されていました。

近しい方の作品を毎年拝見できるのはうれしいことですし、以前の美術展で「わぁ~…すきだなぁ~」と思った作者の方の今年の作品に期待するのも楽しみです。
そして私、今度生まれかわれたら、何か一つずっと続けなくてはと思うのです。

|

今年頑張りたいこと 

Img_20200122_120157

太極拳の検定を受けたいと思った時から、思っていたことがありました。
70才を過ぎ、合格できてる間はずっと検定を受験し続けたい。今年2段を受験するには、32式剣が必要と聞き、去年1月から習い始めた。ところが見事に覚えられない。焦ると夢にまで見て、目が覚めるとその後寝られない。
今年の検定受験は諦めるしかなくなった。

そんなchiyomiさん「7月に月山と鳥海山」の誘いを頂き、もう飛行機の予約もしてくださった。いっきに、今年は山歩きを楽しもうモードに突入した。
先週は六甲山の例会に参加、今日は宰相ヶ岳~羽束山を歩いた。
長い間さぼっていたので、まだ楽しむより付いて行くのに精いっぱいだけど、六甲山にコアジサイやヤマアジサイが咲くころには元気に歩いていたい。

 

|

蕾だけでも

Img_20200119_130912

もう10日ほども前になりましたが、ブイブイの森から武庫・狭間の小道をco-opさん(私には生協さんと呼ぶ方がしっくりとするのですが)まで歩きました。
ずいぶんと久しぶりだったので、Yさんからお聞きしていたボランティアの方々のお仕事や、コースのあちこちでみられる春蘭の様子を楽しみに出発しました。
森はとても明るく、歩きやすくなっていました。次々見つけた春蘭の株をかきわけ花芽に安心しながら、歩きました。

このコースを、最初歩き始めた頃にはなかった水仙の群れが、今はすっかり雑木林になじんで見えました。近づいてみると蕾が。水仙は、蕾も香るのですね。

生協さんで買い物を済ませ、バスで帰りました。

 

|

羽束三山 周回コース

Img_20191211_113842

細々と例会だけには参加しています。

 ☆今日のコース☆
JR三田駅北口バス停ー香下バス停…宰相ヶ岳…羽束山…甚五郎山…香下寺

山の会のYさん案内で、初めて宰相ヶ岳から登りました。
頂上付近は木々が刈込まれていて、みとうしが良くなり、羽束山、甚五郎山、写真には写ってないですが、もう少し下にある岩場からは六甲山系がよく見えました。頂上横には、Yさん手製で100均まな板使用の「展望台40m下」と書かれたプレートがあります。ここまで降りると、丹波方面の山々が見えます。

10時10分発のバス利用だったので、宰相ヶ岳で昼食。
羽束山、甚五郎山と回り、2時過ぎには三田駅前に戻っていました。

明日は、山の会恒例の忘年会です。

 

 

|

«バンザ~イ バンザイ