ピースが足りない

Dsc_0233

葛城山の「真っ赤な山ツツジ」が新聞の一面を飾るころ、六甲山の山ツツジも新緑の中で美しく咲きます。今日は、山の会の友達5人で紅葉谷を歩きました。

 ☆今日のコース☆
神鉄有馬温泉駅・・・ととやみち登山口・・・炭屋道・・・紅葉谷・・・極楽茶屋・・・全山縦走路・・・東屋・・・ととやみち・・・神鉄有馬温泉駅

二年余り前の豪雨で山崩れがひどく、今も紅葉谷登山道はケーブル乗り場を過ぎたところから炭屋道を下ってきた手前まで、きっちりしたバリケードで通行禁止になったままです。紅葉谷を登るには一旦ととやみちを登り、炭屋道を下ってからの出発になります。これがネックになり、あんなに何度も通った紅葉谷を避けるようになっていました。

登山道上部の崩落個所は、当初ロープで谷まで降りてまた昇り返すとか応急措置がされていましたが、数か所、新しい階段の登山道が作られていました。
久しぶりの紅葉谷。まずこの堰堤でゆっくりまったり休んだなぁ~
この広場は春には椿の花が咲いて、ブログにも載せた。Hさんはイワタバコの株を見つけ、咲くのを楽しみにされてた。土砂で埋もれてしまった。
水飲み場の石の階段に着くと、ここで休むと極楽茶屋までもうすぐとホッとした。
この石垣には白いショウジョウバカマが咲いた。株は残っていた。

登りながら、一つずつパズルを埋めるように思い出す。
でも・・ただ一つ私にとって一番大事なピースが足りない。

|

「百姓にはなれんなぁ・・」

Dsc_0231

今日は玉ねぎ3回目の収穫。これまで写さなかったので、スマホで撮ってみました。

chiyomiさん  「なあなあ‥これ見て。まだ赤玉ねぎは残っとるけど、早生玉ねぎはこれで終いやねん。」

この写真を見て、お父さん一言  「お母さんは、百姓にはなれんなぁ‥」

お父さんの言葉の訳、わかりましたか?     

|

由布岳に登った

Dsc_0218


山の会、今年はクラブツーリズムで由布岳に登りました。

☆スケジュール☆ 12日(金)夜 大阪南港出発~13日(土) 朝 別府港着・・・由布岳登山・・・夜 別府港出発~14日(日)朝 大阪南港着  

一番心配したのは雨。朝一スマホで検索した天気予報は、朝6時🌂 9時12時3時☀  皆で思わずガッツポーズの朝でした!!

バスで登山口に移動。準備体操をしている頃、雨はやんできた。
キラキラ美しい新緑の樹林帯をぬけると、次第にガスも取れてきて遠くの山々の稜線も見えてきた。そのなかで特別気になる峰々が・・ガイドさんに尋ねると・・九重連山。
雨の中、去年登った。今日は晴れになって、九重連山まで見ることができた。ありがとうございますと、心から思った。

写真の中で一人お弁当を食べているのは、山の会のOさん。chiyomiさんに、山の会を紹介くださった。80歳はとうに過ぎ・・曾孫さんは二人になられたはず。ボランティアにヒップホップにと忙しい。お料理だって得意です。Oさんの向こうに写っているのが九重連山です。

|

金剛山に 登った!!

Dsc_0190

今日金剛山に快調に登れたのは、登山口のお店で買った回転焼と、つぎつぎ現れるニリンソウに夢中だったからの気がします。

Kさんが選んでくださったカラト谷コースは、危険な場所もありましたが、あわてなければ大丈夫。大満足のニリンソウのお花畑に出会えます。
みんなみんな・・カメラマンです。

山頂広場でお弁当。 広場にある登山回数板には、Kさんのご主人の名も。
階段を上り転法輪寺にお参り後、ブナの芽吹きが美しい尾根を下りました。

2008年5月 keiさんと一緒に、初めて登った葛城山頂。満開のヤマツツジの向こうに見た金剛山の立派さに、いつか一緒に登ろうと約束したね。

|

春の楽しみ

Dsc_0126


朝起きて階段を降りると、醬油のかおりが充満している。この春、三度目。

一度目は連休前の花山椒。いい時を気にして、一年にたった一度摘んで・・炊く。

二度目は山ぶき。産地に拘りたいけど、JA篠山の味土里館は山ぶきが出始めしばらくたつがいまだに朝一の争奪戦状態。仕方なく、二階町のお店で購入・・一束380円・・高い。

三度目は、ダメもとでお父さんの実家近くのナチュラルハーモニーに山ぶきを頼んでみた。親切に用意してくださった。

花山椒も山ぶきも手に入ったらすぐ炊きたい。夜なべ仕事で頑張る。
次の朝、家じゅうが醤油の香りいっぱいになって chiyomiさん好みに仕上がる。

花山椒も山ぶきも、秋の青じその実も・・・お義母さんに教わった。なんでも惜しげもなくいただいた。
入院中の病院の玄関にこの前きれいだった白色のシャクナゲに変わって、バラ色のシャクナゲがきれいだった。森林植物園のユキグニミツバツツジも今見頃かもしれない。

|

想像以上

Dsc_0161



若い頃の職場の先輩Kさんお勧めの葛城山・カタクリの群生は、想像以上。
林の奥までずっと咲いていました。佐渡島の金北山以来の感動です。

一週間前、日陰ツツジの向山に行ったのは、葛城山のカタクリの開花が遅れてる情報からの変更だったのです。

近鉄・富田林で待ち合わせ予定が、電車の中でばったり。金剛バスで葛城登山口。
歩き始めはムラサキハナナがお出迎え・・いい一日の予感です。

登山道に入り、忘れな草かと思ったのはヤマルリソウ。
この時期いろんな山で見かけますが、ぽつ・ぽつで・・初めて見る立派な群生でした。

次にびっくりしたのが、モミジイチゴの群落。大好きな黄色のおいしいイチゴ。山頂近くの登山道の両側にずっと続きました。これだけあれば、慌てて食べなくても大丈夫。

花の盛りはほんの少し過ぎていましたが、ショウジョウバカマもい~っぱい。
一重の山吹・タムシバ・やまざくら・・・イカリソウも見つけました。

真っ赤に色づくヤマツツジの群落はもう少し先ですが、想像以上の花の山でした。

葛城山に初めて登ったのは、kei さん。二回目は先輩Kさん。葛城山もKやね。

|

新緑の季節が

Dsc_0124


Hさんと、山田道から森林植物園を歩いたた。
毎週のように一緒だったのに、山の会の新年会以来です。

昨日の雨で、正門のメタセコイアやかつらの新緑が美しい。

カタクリはほとんど終わっていたけど、さまざまな種類のツツジとシャクナゲが出番を迎えていた。シャクナゲはツツジ科と書かれていた。知らなかった。(*^_^*)
そういえば、花の形はそっくりだし、日陰ツツジの葉はシャクナゲの葉のようだ。

|

久しぶりに雨

今日は久しぶりに、朝から雨。
天気予報で水曜が雨マークだと、例会が中止になるかも・・残念と思った頃もあったが、この頃はさほど思わない。ちょっとホッとすることもある。
今日の雨は、そんな雨だ。

スケジュール帳はいっぱいなのに、計画通りことが進まない。そんな時は、ぽかっと空いてしまう雨マークがうれしい。
午前中から、気になっていた、こまごまとした事をいっぱいこなせた。
そのうえ、chiyomiさんの畑の玉ねぎもジャガイモも雨を欲しがっていた。早生玉ねぎなので、後二回しっかり雨が降ってくれれば、収穫できそうなほどしっかり育ってくれている。カラカラでてごわい草引きも、この雨で効率よくはかどりそう。

明日は、Hさんと森林植物園の約束をしている。

|

最高です!!

1492856360241_2向山の日陰ツツジは、最高です!!

chiyomiさん今年の日陰ツツジは、若い頃の勤め先の先輩と一緒でした。とてもよくしてくださった先輩で、結婚退職された後、山歩きが初めてというのに徳本峠越えで上高地へと今思えば無謀な計画で誘ってしまった。

45年程ぶりで一緒の山歩き・・向山は、満開の日陰ツツジ・ツツジ・ツツジ・・
先輩は「きれいやなぁ~」「きれいやなぁ~」「きれいやなぁ~」・・と

最高の一日でした。


|

映画 アンコール!!

Dsc_0138


昨日は、郷の音で映画 ‟アンコール!!” 山の会のNさん推薦でした。

あらすじを読んでいて、お父さんと行きたい映画だと思ったけど・・かなうはずもなく・・「今年は、映画を見ようと思う」と言ってた読書クラブの友人を誘った。
ホールの椅子に掛けIさんを待つ間、ほとんど女性の来場者の中にご夫婦連れもあり、うらやましくなる。ほんの少しだけど(*^_^*)

始まりから、エンディングまで、涙・涙・わらい。
物語は、ほんのわずかな違いはあるがジャスト私達世代。すべてに反応できる。

chiyomiさん いちばんの反応は
コーラスに参加できない理由をグダグダ話す主人公アーサーに向かい、音楽教師エリザベスは 「生きづらそうな性格ね」 と言い放つ。

実はchiyomiさん、この4月からコーラスに参加。グループが立ち上がるからと、Nさんの誘いだった。大きな声で歌えたら気持ちいいだろうなぁ~
肩の力ぬけるかな?

お父さんのお友達からさっきタケノコを頂いた。‟すぐ湯がかなあかんで”とぬかももらった。
今湯がいてるから、シルバーカレッジの入学式には行けそうにない。

|

«引退