« 丹波・川北の黒豆の枝豆は他よりちょっと高いけど | トップページ | 東北のたび出発のはずだった »

今日は 忍 SHINOBIです

 30才 未婚 娘の好きなタイプはオダギリジョーらしい。1度ゆっくり見てみたいと出かけました。

ラストも近づき、2人の対決のシーン。あふれる涙のため唯一必殺の瞳を使っての攻撃を仕掛けることが出来ず短剣を構え向かっていく朧役の仲間由紀恵さん。剣をよけなかったオダギリジョー扮する弦之介。彼の死を背おい、強くなった朧は忍びの里の存続を駿府城の家康に願い出る。そしてラスト、この間涙が止まりませんでした。雪景色の中たたずむ朧の横に可愛い子供の姿を見つけたかったけど彼の死を思うと・・・それはやっぱりしんどいね。

私の中では最近観た、4月の雪、蝉しぐれ、忍 SHINOBI、3作の中で1番でした。

|

« 丹波・川北の黒豆の枝豆は他よりちょっと高いけど | トップページ | 東北のたび出発のはずだった »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

やっと見てきました、「忍」。初秋から冬にかけての山の風景が美しかったですね。敵対する2つの村の男女が恋をする。ありがちなストーリーですが、最終「結ばれない」という切なさに、観る人はひきこまれるのでしょうか??そして最後のシーンで思ったのですが、戦わないといけない時、男は女を殺せない。色んな映画に共通してますが・・・。これは男の優しさなのか、弱さなのか?女の強さなのか?でも自分の命と引き換えに村を守ろうとしたゲンさんと、その意志を受けて、自分の目を失っても自分達の村と弦之介の村を守ろうとした朧。どちらも強いなぁって思いました。武術に長けてて強いとかでなく、心がね。人間そうありたいもんですね。

投稿: | 2005年10月29日 (土) 09時13分

 つたないブログにコメントをいただき、とってもうれしくて何度も読み返しました。ブログを始めて、初めてのコメントでした。ありがとうございます。
 たしかに季節がきれいでしたね。でも、春のおだやかな情景はなかったような・・・ふと思ってしまいました。

投稿: chiyomi | 2005年10月29日 (土) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143517/6382745

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は 忍 SHINOBIです:

« 丹波・川北の黒豆の枝豆は他よりちょっと高いけど | トップページ | 東北のたび出発のはずだった »