« 36年前の春 | トップページ | 青春18きっぷ 1日目は奈良 »

青春のうた

“青春のうた、ベスト・コレクション”として、懐かしい曲6曲をCDに入れ、それらの曲が歌われた時代を写真とか読み物で紹介した小冊子とセットで発売されています。隔週刊で今3号まで出ています。

1号は、“神田川” “花嫁” “心の旅” “あの素晴らしい愛をもう一度” 他2曲、70年代・前期です。これだけ入って、創刊号特別定価390円でした。思わず飛びつきました。

2号には、ガロの “学生街の喫茶店”が入っています。懐かしい曲ですが、今回から定価が990円になります。やめました。

高くなったからだけじゃないのです。1号のCDを聞いていて、好きな曲ばかりなのにあまりにも聴きたい曲ばかり次々と流れると、かえってありがたみがないのです。
懐かしい曲、好きな曲、思い出のある曲。そんな曲は、思いがけなく流れていたり、ふと聞きたくなって聞くとうれしいけど、こんなに大安売りで聞いても・・・

|

« 36年前の春 | トップページ | 青春18きっぷ 1日目は奈良 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ワー!
懐かしい曲目ばかりですね
早速 買い求めたく思いました
オカリナで演奏したい!
3月は養護施設 老人介護施設に出前演奏に行きます
これらは聞き手に合わせてやさしい曲ばかりです

投稿: fuji | 2006年2月28日 (火) 23時26分

CDですが、本屋さんの店頭にあります。
fuji さんは、いかなごの釘煮はつくられますか?
いかなご漁は今日からの解禁らしくて、まだ小さいけどいっぱい出てました。いつもは炊いたのをいただくのを待っているのですが、今年は自分で炊いてみようと思っています。
ブログに“いかなごの釘煮 炊いてみました”って書かないかんものね。

投稿: chiyomi | 2006年3月 1日 (水) 20時45分

chiyomiさんらしい今日のブログ、好きな曲ばかり流れるとありがたみが無いですか。
私は音に弱くて、これからは目も弱くなるのだから、音楽も好きにならなくてはと思っています。 ボーッと音楽聴いている暇あったら、活字を読んでいたくなるもので・・・・大きなものが欠けていますよね。 羨ましい。

投稿: oss102 | 2006年3月 1日 (水) 20時56分

いかなご
勿論毎年沢山煮ます
1日が解禁とスーパーに張り紙がありましたが私はもう少し大きくなってからにします
小さいのは難しいからね

もう止めようと思いつつ・・・
待ってくれている人達の顔がちらついてしまうのです
昨年は明石のうおん棚へ買いに出かけましたが安くはなかったです

投稿: fuji | 2006年3月 1日 (水) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春のうた:

« 36年前の春 | トップページ | 青春18きっぷ 1日目は奈良 »