« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

沈丁花

Cimg0899_1 昨日も今日も晴れているかと思ったら雨が降り出し、雪が舞ってきます。一昨日には雷までなりました。突風も吹き荒れます。

パソコンで散歩していたら、満開のさくらが咲き誇っているのに出会うのに。この天気はどうなんでしょう?寒いです。

沈丁花がようやく二ぶ咲きぐらいでかすかによい香を放ちかけました。満開になると “ここにいますよ!” としつこいぐらいの香がうるさいのに、今は顔を近づけたくなる。
chiyomi さんもこうあるべきなのか・・・

青春18きっぷも、まだ3回残しています。今年のさくらはまだ見ていません。

もうすぐ四月です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

“はらがたつ~!”

1才半ばを過ぎた孫のYちゃんは、まだ自分の希望を言葉にして表現できない。だからこれまでは、してほしいことがあれば相手の手を持っていっていた。例えばドアを開けてほしい時は、近くにいるものの手をつかんでドアのノブに持って行くというように。

それがこの頃、人の手を持っていってもかなえてもらえない事があるのに気が付き、そんな時足をバタバタさせて怒ることを覚えた。立ったままのこともあるし、寝転んで全身で怒りをあらわす事もある。

そんなYちゃんの姿をみて 『だれに似たんやろ~。うちの子は二人ともこんな事、せーへんかった』 思わず言ってしまった chiyomi さん。それを聞きつけた息子は 『自己主張できたほうがよい』 と言ったものだ・・・。ア~そんな考えもあるんや・・・。そういえば、息子もお嫁さんのAちゃんも気持ちを表面にストレートに表すほうでない。

その晩遅くふと思い出したのが 『chiyomi さんは小さい時、かんしゃくもちで気にいらへん事があると “はらがたつ~” 言うてしこふんで怒っとった』 といった母の言葉だった。ア~ァ・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

4月1日

もうすぐやってくる4月1日、息子と娘は偶然同じ日に新しい出発をすることになりました。

去年の7月頃、息子は卒業以来お世話になっていたAグランドホテルを退職し、中学・高校と学んだS学園に転職することが決まりました。決まった時にはずーっと先のことと思っていたのに、過ぎてしまえばもう数日後になってしまいました。今日はお嫁さんのAちゃん孫のYちゃんと共に、送別会をしていただいているはずです。

娘のRちゃんは、就職以来神戸営業所だったのに、今回の移動で三田展示場勤務の辞令が出てしまいました。これまでず~っと住宅の基礎図を書いていたのに、これからは展示場でホーム・アドバイザーと言う接客の仕事につくということです。

息子の転職はずっと前に決まっていましたが、Rちゃんの移動は急なことで本人も戸惑っています。二人ともこれまでの仕事と全ちがう仕事につくことになります。母としてとっても心配なのですが、これが一人だと心配出来ますが、二人なので chiyomi さんの許容範囲を超えてしまい無理です。二人一緒でかえって良かったと思っています。

ただ、お嫁さんのAちゃんが出産のため実家に帰る間、息子は学園まで家からすぐなので家に帰ると言い出しました。4月からしばらくの間、我家は3人家族になります。そして、土日は6人家族です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

選抜高校野球

“春は選抜から” この言葉を聞くたび以前はワクワクして開幕を待った。それなのに最近ではワクワクもしなくなったし、ついに今年はいつのまにか始まっていた。毎日新聞を購読している chiyomi  さんですらである。

夏の大会に比べ選抜は観客数も大幅に少ない。きのどくになる。春は天気が悪く、スタンドは寒く野球の観戦に向かないのは確かだ。以前行った時も冬装束でちょうどだった。また三年生にとって次のない夏の大会に比べ、負けても『夏の大会でのリベンジ』が許されるかもしれない選抜はそれだけ軽いのかもしれない。そして何より、数年前の松坂君、その前の清原、桑田君、そのその前の原さんのようなスター選手が居ないことも大きいと思う。松坂、清原、桑田君はすごかった。カッコよかった。

でも、高校野球はプロ野球と違って負ければそこで次に進めないと言うおもしろさがある。みればきっと引き込まれるはず。明日はじっくり見てみよう。ひいきのチームが出来るかもしれない。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

できました!

CIMG0877 やはり自分でも作ってみようと思いたち、生協さんにイカナゴを買いにいきました。イカナゴの売り場で、レシピを読んでいると皆さん親切にいろいろアドバイスくださいます。
驚いたのは、釘煮は男性の料理かと思うほど男の方が買っていかれるのです。今年のイカナゴはやせているとか、小さなイカナゴだとやわらかすぎるのでお酒の量を減らしてみりんを増やすと堅くなるとか、砂糖はレシピより少なめにしてるとか、冷凍すると1年もつからたくさん作って冷凍しときとか・・・・おじさんたちは親切です。1キロ入りを2パック買いました。

CIMG0880

案ずるより産むがやすし、アドバイスどおり1パックづつ、1パックめは山椒味で炊いてみました。すぐいらうとつぶれるので、あら熱が取れるまでこのままおいておくそうです。ちょっと味見しましたら、結構上手に炊けています。もう1パックはごま味で作る予定です。ブログを送信してからとりかかります。

出来上がるまでは、身がちぢんでもっと嵩びくくなるのかと思っていましたがそんなこともなかったです。思ったよりたくさん出来ました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イカナゴの釘煮

CIMG0858 今年こそは自分で・・・っと思っているうちに、今年もまた頂きました。釘煮があると、御飯がいっぱい食べられます。
寒いので、イカナゴはまだ小さめです。でも chiyomi さんは小さめのイカナゴがやわらかいので好きです。

写真を撮ろうとした時、近くに壬生菜の漬けたんもあったので一緒に載せました。これは 、この前お墓参りに行った時、採りたての壬生菜が大きな一束100円で売ってあったのを買ってきて、細かく刻み“あさづけの素”で漬けました。壬生菜は花のつぼみが出来かけているため大安売りだったようですが、土生姜をすりおろし醤油を混ぜ込むとこれもまた御飯をいっぱい食べてしまいます。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

青春18きっぷ 2日目

CIMG0863 CIMG0831 3月21日。思いがけずのWBC決勝戦だというのに、友達と約束してたばっかりに青春18きっぷ 2日目は、西国三十三ヶ所めぐり 13番石山寺、14番三井寺。滋賀県大津市にあります。

JR石山駅で降り、東の方向に歩くと10分足らずで瀬田川の川岸に着きます。ここから琵琶湖はすぐそこです。

石山寺は瀬田川の川岸をさかのぼっていきます。電車やバスも出ていますが、私達はいつもまず歩きます。残念なことに今日も天気は曇。曇り空を映した瀬田川の水はどんよりとしています。しばらく行くと瀬田の唐橋が見えてきますが、当然コンクリートの橋に作り変えられています。写真は納経帖と立命ボート部の部室前のボート置き場から振り返って見た唐橋。

CIMG0836 CIMG0840 石山寺は源頼朝寄進による東大門を入るとさくらのトンネルがず~ッと続きますが、まだ蕾かたし。梅林の梅は7部咲き。
紫式部がここ石山寺で源氏物語を書いたと伝えられており、式部の人形が窓から外を見ています。なんだかな~。

CIMG0841 京阪電鉄三井寺駅を出ると、琵琶湖疎水に沿って植えられた桜並木が三井寺に向かって直線で続きます。写真は疎水を上から撮りました。さくらが咲いていたら・・・、いいお天気だったら向こうの方に写っている琵琶湖がブルーだったはず・・・・残念!CIMG0851 CIMG0848
三井寺の仁王門は徳川家康寄進です。
写真の鐘は日本三名鐘に数えられているというのに1回300円で撞くことが出来る。安すぎはしませんか?

春に3日の晴れ間なしと言いますが、お天気に恵まれません。次回からは自称雨女の友達と別行動で行きたいと思うのですが・・・・。

WBC 優勝おめでとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三田市立図書館

CIMG0827 今日のように、雨の降る日は図書館にでも行ってみようか・・・・などとブログを始める前はよく通いました。家から4、5分の所にあります。

写真を載せると chiyomi さんの写真がへたなのがよくわかります。三田市立図書館は全国的にも利用率の高い図書館と聞いているのに、写真では土曜日というのにまるで休館日のようです。
深緑の大きな屋根と、薄茶のタイルを張った壁が落ち着いた雰囲気で、建てられた時から大好きな建物でした。佐藤工業の施工でした。

読みたい本が特別ない時は、例えば去年だったら幸田真音さんの日銀券がおもしろかったと思うと、幸田真音と検索し、作品名がズラズラ~っと出たところで館内にある分はその日借り出し、貸し出し中の作品は全て予約を入れておきます。借り出しは6冊までOKです。

こんなに近くに住んでいるし、バス停は図書館前にあるので利用しているのに来たのが半年振りだとはびっくりです。お父さんは単身赴任、Rちゃんも神戸で一人暮らし、私は気楽な一人暮らしでとっかえひっかえお世話になっていたのに・・・・

でも、近所に図書館があるのは、心細い年金生活になった時心強い気がします。冷暖房完備の図書館は強い味方になってくれそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

WBC 対韓国戦をみて

お父さんが体調が悪くて休んでいたので、久しぶりに二人で日韓戦を見ることができました。スポーツをテレビ観戦する時、二人だと意見が合わず腹が立つこともありますが今日は結構意見が合った。下痢で体力のないお父さんは話す元気もなかったって?・・それはあるかもしれません。

一次予選は負けているので、今度は負けないだろうと思っていたけど負けてしまった。韓国は強かった。先発ピッチャーはどちらもよかったけど、その後の韓国チームのピッチャーの継投は心憎いほどうまいと思った。攻撃面でも一次予選の時と同じで、チャンスにきっちり点に結び付けている。日本の選手は、韓国のピッチャーがうまかったからだと思うが当てるだけで振り切れていない。短期決戦は勢いだと言うが、勢いだけではないと思う。
まして、大リーグでやっている松井や井口、城島がいてくれたらなどと言うのは、大嫌いだ。

冬季オリンピックの時も思いました。日本人選手だけが出場するのではないのです。次はサッカー・ワールドカップも始まります。
もうそろそろマスコミも本当のことをきっちり報道するべきではないでしょうか?

いつまで夢物語を報道する気なのだろう。

夢物語を報道し続けるならせめてホリエモンを持ち上げたはしごだけは取り外さずに支えてあげて欲しかった・・・?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

つかれた・・・

“おかあさん、Y希のことみてくれますか?”お嫁さんのAちゃんはウイルス性腸炎で入院しました。お父さんのお寿司も、chiyomiさんのイチゴも食べずられずに。土曜日の夜です。

それから chiyomi さんの奮闘が始まりました。夜はいいけど、お父さんはゴルフ、息子は仕事、Rちゃんはお出かけ、日曜は誰もいないので一人でYちゃんをみなければなりません。夜の間にお父さんの一週間分の洗濯物をすることにして、また起きたとき良くわかるようにと居間にお布団を持って降りYちゃんを寝かせました。

日曜になりました。急にYちゃんを預かることになって、赤ちゃん用のポカリやジュース、麦茶も一本ずつしかないので買いに行かなければなりません。でも日曜日は雨で乳母車は使えません。こんな時にと買ったチャイルドシートも、Aちゃんの車に積んであります。仕方なしに思いついたのが昔使った“おいひもと”、“おいばんてん”です。これだけは捨てることができずにとってありました。母が羽織をつぶして縫い直してくれたものです。今時こんなのを使っている人はいません。Yちゃんをオブって、ポシェットを肩からかけ、傘をさして出かけました。

Aちゃんが入院すると決まってない時、2階で寝ているAちゃんがかかっている産婦人科のお医者さんまで私が薬を貰いに行った時、お父さんは一人でYちゃんをみてたけど、しきりにAちゃんや息子を探すYちゃんをあやすのが大変で、『私が戻るまでの1時間の長かったこと』を言ってましたが、日曜日の私はまさにその延長版でした。一番早く帰るであろうお父さんの帰るまでの時間の長いこと長いこと。孫のYちゃんは元気ですが下痢が止まりません。オムツを替えても、すぐお尻がにおってきます。食欲もないので、おやつでごまかすことも出来ません。ポカリを飲んでくれることだけが救いです。後は抱っこ抱っこです。Yちゃんの手が私の目に当った時、そんなに痛くなかったけど心細さで思わずないてしまいました。膝の上のYちゃんも一緒に泣いていました。

やっと昼寝をしてくれたら、雨で乾かない洗濯物をコインランドリーに持っていき、アイロンがけが待っています。流しも朝ごはんを食べてそのままです。気がついたら私はまだ顔も洗っていませんでした。そのまま買い物に行っていたのです。

カッターシャツ2枚のアイロンがけを残してYちゃんは起きました。

4時半にお父さん、7時に息子、10時にRちゃんと帰ってきました。息子は明日の朝早いのでと家に帰り、Yちゃんはお父さんが寝かせてくれました。晩ご飯のかたずけをして、明日の用意をすると12時前で chiyomi さんはもう憔悴しきっていました。

朝起きると雪が降っていました。
月曜日はお父さんとRちゃんのお弁当を作っているともうYちゃんは起き出しましたが、お布団の中でもぞもぞしています。まだ眠たそうです。とりあえずオムツを替えてほおっておくと寝てしまいました。ほっとし、ゴミだけ出してもう一度Yちゃんの横で眠ると目がさめたら11時になっていました。今日は息子がYちゃんを小児科に連れて行くといっていたので、ちょっとは早く帰ってくると思うとうれしかったし、昨日よりYちゃんの下痢もましになって来、食欲も出てきたみたいです。でも、食べるとだめでした。そんなこんなで外にも出られず、息子が小児科に連れて行ったときにも、夕食の買い物にも行く気になれずまた眠ってしまいました。

今日Aちゃんは元気になって退院し、2時過ぎにみんなで帰っていきました。Aちゃんは今妊娠8ヶ月です。『しんどい時は預かるから遠慮せずゆってや』しんどかったけど、心からそう言えました。Yちゃんが今朝、歯磨きしている私を『ばあちゃん』と呼んだんです。息子も聞こえたと言いました。

ようやくパソコンを開けていつもの日が戻ったと思ったら、誰かが戻ってきました。
お父さんでした。今度はお父さんが下痢だそうです。お医者さん嫌いのお父さんがお医者さんに行きました。chiyomi さんは小粥さんを炊きました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日のイチゴ

CIMG0817 暖かくなって、西さん家のイチゴはとってもおいしくなってきました。

今日はバレンタインのお返しに、お父さんがおすしのお持ち帰りをしてくれるのですが、息子は仕事で遅番のため×。娘のRちゃんも×。
お嫁さんのAちゃんと、孫のYちゃん、chiyomi さんの3人だけです。ひそかにお父さんはYチャンだけでも◎のはずだとおもいますが・・・・

写真のイチゴは、大きいのはもちろん孫のYちゃん。小さいのは不良娘のRちゃん。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

?のいちにち

昨夜ココログの送信が出来ず、意地になっているとすっかり寝るのが遅くなリました。今朝は目覚ましで起きることが出来ず、ボードに 『お母さん、行ってきます。娘』 とありました。
『Rちゃん、お弁当ごめん。母』

それからまた眠ってしまい、今日は日ごろの睡眠不足を補う日になってしまったようです。

3時過ぎにパソコンを入れるとココログはまだ復旧していなくて、臨時に開設されたページには利用者の不満があふれていました。気持ちは解かりますが、返金どうのこうのとか、プロバイダーの責任とかあまり激しく言うのには疑問を感じます。IP電話込み5000円までの安い料金でこんなにも楽しいブログ生活を送れる幸せをいつも感じている私は、もう少しそ~っと待ってあげてほしいと思いました。

いつも安いと感謝しているのは、毎日配達していただける新聞と、nifty の利用料です。

それでも、ブログ記事全体が消えてしまったら困ると思い印刷しておこうと思い立ちプリンターに電源を入れていると復旧していました。

ついでだからとテンプレートも変えてみました。 
“春がきました” これだけでいい一日になった気がします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さくらさく

CIMG0813 三田市主催 “はじめてのエッセー講座” 受講者26人のエッセー集 “さくらさく”が、講師役を引き受けてくださった『書きくけコ!』のメンバーの方々の大きなたすけで発行されました。

今日はその最終日で、同じ班の方たちと一緒に楽しいお昼御飯を食べ、もう少し話したくてお茶を飲んで、でも他の班の方のエッセーを速く読みたくて、家に帰るなり読み出し、娘のRちゃんが晩ご飯のいらないのを幸いに、晩ご飯も適当にさっきやっと読み終えました。

最初のページから、がんがん引き込まれていきました。

読んでいて直球勝負なのと、ワンクッションおかれたのとがあるのに気がつきました。みんな上手です。

写真は “さくらさく” の表紙。 ドアの部分が開くように切り取り、二枚目の内表紙に写真などを貼ると自分らしい冊子になるよう工夫されています。3人の表紙をデザインする世話人さんが考えてくださいました。感心しました。
緑色のが私たちの班の表紙で “金平糖” と書かれています。

班の中で作品を載せる順番を決める時、うれしい事がありました。
私が『若い順にしたら?』と言った時、中学1年生のK子ちゃんの(K子ちゃんもメンバーです)お母さんから、「K子が chiyomiさんのがすきで、何をしてるのかなと思ったらchiyomi さんの作品のイラストを考えていた・・・・今回はchiyomi さんのを一番目にして』って言ってくださったことです。K子ちゃんの気持ちがとってもありがたかったです。
そして今日もっとうれしかったことは、『K子が、学校に行きかけた』とお母さんから聞いたことです。K子ちゃんはお手紙も託けてくださいました。

また同じメンバーで書き続けられたらと、約束しています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

思い

お嫁さんのAちゃんのお父さんが、大学病院に入院されたと聞きました。治らないそうです。

お父さんは、お母さんが行かれると “Yちゃんはなにしとるかな~”っといわれるそうです。Aちゃんは3人兄弟です。 “子供のことはいわんと・・・・”って、Aちゃんは言ってます。しんどいなかで、孫のYちゃんのことを話されるお父さんの気持ちを考えると悲しいです。

Yちゃんが来ると体ごと愛情表現できる家のお父さんと違って、Aちゃんのお父さんはYちゃんの様子をそっと見守るだけの方だと聞いていました。
かけねなしに愛しいYちゃんを真ん中に息子たち夫婦がいて、Aちゃんのご両親がおられ、私たち夫婦がいることを実感しました。

こんなに大事に思ってくれているおじいちゃんのことを、Yちゃんがちゃんと覚えていられる様になるまでは元気でいてほしいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

二人日和

エンディングが終わった時 “よかったな” って後ろの座席から聞こえてきました。私も隣に座っている友達に “よかったな” って言いました。いい映画を見終わった時、その一言が言いたくて私は友達と二人で映画に出かけます。

“二人日和”は、このあたりでは大阪のOS劇場でしか上映していません。お出かけも3日目で今日は特別晴れてなくてもいい日なのに、こんな日に限っていいお天気です。

さて映画 “二人日和” ですが、妥協することなくいい映画でした。 “三丁目の夕日”よりちょっと上の世代向けでしょうか。観客は60代の方が多いです。

主人公は藤村志保さん(千恵)、筋肉の衰えていく難病にかかっています。その夫で京都の神祇装束司、黒吉家の主人。頑固に伝統を守ろうとしていますが無愛想です。黒吉さんに頼まれ、千恵さんにトランプを教える俊介さん。京大で?遺伝子の研究をしています。三人を軸に、鴨川上流あたりの自然と黒吉家の調度で映画を盛りたてます。

千恵さんはトランプの裏の絵を見ていて突然「天使が自転車に乗ってはる」と黒吉さんに言います。黒吉さんはトランプの絵を見ます。俊介さんはいつも自転車に乗っているのです。
久しぶりに御雛さまを飾ろうとした千恵さん。訪ねてきた俊介さんに「子供もおらへんし、長い間ださへんだけど・・。結婚前にあの人が、お顔は頭職人に頼んで、装束は自分で作ってくれはったんや」と言いながら手に取ったお雛さまの衣装は、この映画の中で一番の印象でした。奈良でも一刀彫りのお雛さまに魅せられましたが、お雛さまにはいつも惹かれます。そういえば家のお雛さまはお出かけとパソコンに夢中になっていて出していません。4月3日までには飾りましょう。

千恵さんの死後、お雛さまはアメリカに留学する俊介さんに貰われていきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

からまわりの一日?

昨日の奈良も楽しみだったけど、chiyomi おばあちゃんは今日孫のYちゃんと一日お留守番がとっても楽しみだった。
一日何をして過ごそうかと、楽しみに考えていました。

1才半になるYちゃんの外出はいつも車のチャイルドシートだから、JRに乗って外を見せてあげたら喜ぶのでは? トンネルに入ったらどんな顔をするかな? 仕事先の近くの工事現場で今、クレーンやユンボ、ブルドーザーが動いているので見せてあげたら喜ぶのでは? お弁当を持っていこうかな? おばあちゃんの夢は膨らんでいました。
この話を娘のRちゃんにすると、Rちゃんは休みをとって一緒に行ってくれると言います。ますます楽しみになってきました。

今日の朝9時に、お母さんに連れられてYちゃんはやって来ました。RちゃんにYちゃんをたのんで、まずイチゴを買いに行きました。

バギーにYちゃんを乗せ、三人でさあ出発です。ちょっと寒いけど、いいお天気です。
まず、神戸電鉄に乗りました。外が良く見えるように窓に向かって座らせました。あっという間の3分ほどで三田駅です。このころから雪が降り出しました。このまま行こうか少し迷いましたが続行です。

でもJRに乗り換え、外を見ると雪で真っ白です。Yちゃんはあくびを始めました。トンネルに入ってもボーっとしています。工事をしている駅に着いたけど、雪が降り続き寒くて工事現場に行くどころではありません。がっかりで帰りの電車を待ちました。電車に乗るなり抱っこをせがんだYちゃんは、ついに寝てしまいました。初めて乗ったバスでも、バギーで夢の中です。

今日の一番は、Yちゃんのお母さんのちらしずしでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

青春18きっぷ 1日目は奈良

CIMG0734 CIMG0730 小雪まじりの雨の降るなか、元興寺からスタートです。
奈良に都が移された時、飛鳥寺が移設されました。
本堂、その後ろの僧坊は国宝で、屋根の瓦の茶色のは、飛鳥寺のときの分だそうです。奈良公園のあたりは度々行っていますが、元興寺は初めてで、来れて良かったと心から思えるお寺でした。

CIMG0739 CIMG0740 雨がやまず持ってきたお弁当を食べる場所もないので、雨宿りを兼ねてお昼はお店で食べ、新薬師寺迄歩きました。新薬師寺の新は、新しいでなく“あらたかな”という意味だそうです。
本尊の薬師如来像をお守りしている、国宝の十二神将像は土で出来ています。元興寺も新薬師寺も世界遺産に登録されています。

CIMG0743 新薬師寺から二月堂にいくまでに、春日大社の門前を通ります。雨降りで写真が暗いので、赤い鳥居を入れようと思い載せました。春日大社は去年、今日一緒に出かけたKさんと万燈籠に来ています。

CIMG0745 CIMG0749 東大寺二月堂に着く頃ようやく雨が上がり、青空です。奈良公園の中では度々鹿に出会いますが、写真はお水取りが行われる二月堂と、鹿と記念写真のKさんです。

CIMG0764 CIMG0767 二月堂から見た、奈良市街のうっすら夕焼けです。ピンク色に染まりそれは綺麗でした。右の写真は、たいまつが登ってくる石段の屋根と、たいまつが走りぬける舞台です。大仏殿の大きな屋根も見えます。
無料の休憩場があり、熱いお茶もいただけました。chiyomi さんとKさんは、ここで持ってきたお弁当をやっと食べることが出来ました。

CIMG0775 CIMG0791 長い間待って、7時に鐘の合図でたいまつの登場です。
みんな一斉に写真を撮ります。拍手も沸きます。
chiyomi さんの写真はいまひとつなので、新聞かテレビでその迫力を楽しんでください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »