« 二人日和 | トップページ | さくらさく »

思い

お嫁さんのAちゃんのお父さんが、大学病院に入院されたと聞きました。治らないそうです。

お父さんは、お母さんが行かれると “Yちゃんはなにしとるかな~”っといわれるそうです。Aちゃんは3人兄弟です。 “子供のことはいわんと・・・・”って、Aちゃんは言ってます。しんどいなかで、孫のYちゃんのことを話されるお父さんの気持ちを考えると悲しいです。

Yちゃんが来ると体ごと愛情表現できる家のお父さんと違って、Aちゃんのお父さんはYちゃんの様子をそっと見守るだけの方だと聞いていました。
かけねなしに愛しいYちゃんを真ん中に息子たち夫婦がいて、Aちゃんのご両親がおられ、私たち夫婦がいることを実感しました。

こんなに大事に思ってくれているおじいちゃんのことを、Yちゃんがちゃんと覚えていられる様になるまでは元気でいてほしいと思います。

|

« 二人日和 | トップページ | さくらさく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご本人も、ご家族の方々もお辛いですね。
Yちゃんがかわいい盛りだから、尚のこと。
幼い子にとって、病院は決して居心地のいい所ではありませんが、少しでもおじいちゃんに顔を見せてあげられたらいいですね。

投稿: る~ば~ば | 2006年3月 6日 (月) 22時23分

こんばんは。コメント、ありがとうございました。
辛いことですが、今は少しでも長くYちゃんと過ごせる時間がありますようにと祈ります。病に打ち勝つには気力が大事ですからね。私の父も入院してから二回ほど危機を乗り越えました。意識不明のとき、見舞いに行った時に手を握って、できるだけ心で話しかけるようにしていたら、父は峠を乗り越えたのです。二度目もそうでした。三度目は、私が間に合わなくて・・・人の生きる力はひとりの力では弱くとも、家族の思いがかけあわされれば奇跡的な回復もあるのだと信じています。若輩者がこんなことを言うのはおこがましいですが、できるだけご家族が触れ合えるように、働きかけてみてはいかがでしょうか。Yちゃんへの思いが強いなら、できるだけ会える機会を増やしてあげてほしいと思いました。よく事情も知らないのに、立ち入ったことを書いてすみません。

投稿: ファントム!! | 2006年3月 7日 (火) 01時30分

る~ば~ばさま ありがとうがざいます。
私が思うには、初孫に対する思いはおばあちゃんよりむしろおじいちゃんのほうが大きくて、私はどちらかと言うと子供たちのほうが気にかかっていました。
お父さんの一言は、私にとってせつない一言です。
る~ば~ばさんの言われるとおり、ちっちゃな子にとって病院は居心地が悪く、なぜつれて来られるのだろうっと批判的に思ったりしていました。反省しています。

ファントム!! さま
お父様も、ファントム!! さんも頑張られたのですね。
あたたかなお気持ちをつづってくださりありがとうございます。うれしかったです。
しょうじき、主人が病気でと言うのならわかるけど、お嫁さんのお父さんの病気にこんなに落ち込むとは思いませんでした。
“Yちゃんなにしとるかな~” この一言が私の胸にすとんと入りました。
独立して家族をもつ息子を持つ親だから断言できます。ファントム!!さん一家のみんなの幸せが一番うれしい。それとお母様のこと気にかけてあげてくださいね。
私こそすみません。

投稿: chiyomi | 2006年3月 7日 (火) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い:

« 二人日和 | トップページ | さくらさく »