« つかれた・・・ | トップページ | 三田市立図書館 »

WBC 対韓国戦をみて

お父さんが体調が悪くて休んでいたので、久しぶりに二人で日韓戦を見ることができました。スポーツをテレビ観戦する時、二人だと意見が合わず腹が立つこともありますが今日は結構意見が合った。下痢で体力のないお父さんは話す元気もなかったって?・・それはあるかもしれません。

一次予選は負けているので、今度は負けないだろうと思っていたけど負けてしまった。韓国は強かった。先発ピッチャーはどちらもよかったけど、その後の韓国チームのピッチャーの継投は心憎いほどうまいと思った。攻撃面でも一次予選の時と同じで、チャンスにきっちり点に結び付けている。日本の選手は、韓国のピッチャーがうまかったからだと思うが当てるだけで振り切れていない。短期決戦は勢いだと言うが、勢いだけではないと思う。
まして、大リーグでやっている松井や井口、城島がいてくれたらなどと言うのは、大嫌いだ。

冬季オリンピックの時も思いました。日本人選手だけが出場するのではないのです。次はサッカー・ワールドカップも始まります。
もうそろそろマスコミも本当のことをきっちり報道するべきではないでしょうか?

いつまで夢物語を報道する気なのだろう。

夢物語を報道し続けるならせめてホリエモンを持ち上げたはしごだけは取り外さずに支えてあげて欲しかった・・・?

|

« つかれた・・・ | トップページ | 三田市立図書館 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

近ごろ、日本のスポーツには、終わった後「但し書き」がたくさんつき過ぎると思いませんか。
負けは負け、しかたないですよね。
でも、なんだか残念でしたね。一郎まで出ているのにね。
おとうさんお大事に。ちよみさんも疲れが出ないようにね。
わたしは21日に熊川哲也のバレーを見に行きます。長男が連れて行ってくれます。わたしは映画も何もかも、テレビ画面でみるだけ。でかけることはめずらしいです。

投稿: あきの | 2006年3月17日 (金) 14時41分

ワァ~ あきのさんいいですね!!!
私も熊川哲也さんの舞台、見たいです。高いですよ~。いい息子さんですね。
私もRちゃんがミュージカルに連れて行ってくれた事がありますが、その後劇場から駅まで歩く時、その気になっていた方がほほえましかったのを思い出します。あきのさんどうぞご自愛ください…?

投稿: chiyomi | 2006年3月17日 (金) 15時12分

お父さんと二人での野球観戦、ほのぼのとしていいですね・・・
先日の「懐く」という言葉がピッタリなような気がします。
十数年後は、毎日がこんな感じですね?
我が家は、もう毎日がこんな感じです?!(嬉しい?悲鳴が聞こえますか~~~)
ホリエモンのこと、
もし私がライブドアの株を持っていたら、彼らの力を信じて、ずっと持ち続けてあげたい・・・
そんなふうに思っています。
でも株をやったことがないし、持ってもいないから言えるのかもしれません。

投稿: る~ば~ば | 2006年3月17日 (金) 18時57分

る~ば~ばさん 
あんまり大きな声でいえないけど、ここ数日とってもしんどかったのに、お父さんが仕事に行ってくれるなり(しんどそうだったけど・・)なんか肩の辺が楽になり、腸炎も治ったような気がしました。
5年後にはぜひ嬉しい悲鳴のあげ方を教えてもらわねば…?!

投稿: chiyomi | 2006年3月17日 (金) 20時28分

ちょっと忙しくして訪問が遅れていました。
お父さん、仕事休むほど悪かったのですね。
chiyomiさんの5年後楽しみにしています。
私の心境は、坊主と乞食と独り暮らしは3日やったら止められぬです(笑)

投稿: oss102 | 2006年3月18日 (土) 08時48分

Ossさん 
また大きな声では言えないけど、一人暮らしは止められませんね。でも娘と二人暮しも結構気楽で楽しいですね。お土産があるし…。

投稿: chiyomi | 2006年3月18日 (土) 16時02分

人間生活の原則。
家族は少なければ少ないほど快適。
最後には自分もいらなくなるかな?

でもわざわざ、大変な動物を飼う人もいる。
さて、これについてはどうかな。あき偏屈

投稿: あきの | 2006年3月18日 (土) 17時44分

あきのさん サイコ~!
自分もいらなくなる…そうなったらもう怖いものなしですね。
ペットに付いてはOssさんを待たねばなりませんが、家族は世話のやけるペットと思えばいいのかも?

投稿: chiyomi | 2006年3月18日 (土) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC 対韓国戦をみて:

« つかれた・・・ | トップページ | 三田市立図書館 »