« 沈丁花 | トップページ | かってに、さくら開花宣言 »

紀ノ川

4月に入ったと言うのにまだ桜の花に出会ってない chiyomi さんは、18きっぷの行き先を桜の開花がこの辺りでは一番早い和歌山に決めましたが、和歌山城しか思いあたりません。
そしておもいついたのが、有吉佐和子さんの小説 “紀ノ川”

Cimg0905_1 JR阪和線六十谷駅を過ぎるとすぐ紀ノ川を渡る鉄橋にさしかかり、数分で和歌山駅に到着です。
“紀ノ川”の主人公花さんは、二十二才で生まれ育った九度山村の紀本家からこの六十谷の名家真谷家に嫁ぎました。五艘の船を連ね二艘目には塗駕籠に乗った花さんが乗って、紀ノ川の流れに沿うて。だから chiyomi さんも本当なら九度山から出発したかったのですが、和歌山城の桜を午前中に見たかったので花さんとは反対のコースを取ることになりました。

Cimg0910 一の橋を渡り大手門を行ったところの桜です。今年初めてのきれいな桜です。戦争で焼失した天守閣が再建された時、花さんは孫の華子さんとやはりこの一橋を渡り天守閣に登り六十谷の方を眺めます。

Cimg0926 Cimg0923 Cimg0927 Cimg0937 Cimg0933 でも今県庁の建物の向こうに見える六十谷は、花さんの見たのとは違う六十谷になっているはずです。紀ノ川もわずかにしか見えません。城の屋根の向こうに見える紀ノ川は、和歌山港に流れています。桜の花がまるで手まりのように固まって咲いているのを見て、思わず“てんてんてんまり、てんてまり。てんてんてまりのてがそれて・・・・”と歌ってしまいました。

JR和歌山駅から和歌山線に乗り、九度山のある高野口を目指します。
15分ほどするとJRは紀ノ川沿いを遡ります。紀ノ川の向こう側に見えるなだらかな山は、上の方までミカンとカキの果樹園になっていて、その風景に魅せられている内に約1時間で高野口の駅に着きます。電車は2両編成のワンマンカーになっていて、駅のほとんどが無人駅なので一番前の出入り口のみが開きそこで運賃を払っております。

Cimg0942 嫁ぐ日の朝花さんが祖母の豊乃さんと共にお参りした慈尊院に是非行ってみたかったので、駅からタクシーを奮発しました。乳型も納められていましたが、小説のように古いのはなく、今は新しいののみありました。
慈尊院は女人高野とも言われ、世界遺産になっています。弘法大師のお母さまがここに住まわれ、大師様は月に9度お母様に会うため高野山から慈尊院にこられたので、この辺りの地を九度山と呼ぶようになったそうです。

タクシーに乗って紀ノ川を渡る時、紀ノ川上流の穏やかな流れを写したかったのですが2度とも言いそびれ、残せなかったのが残念です。きっとこの辺りから五艘の船は、3月の早朝祖母豊乃さんと村中の人々に見送られ出発したはずです。

Cimg0947 高野口の駅にある見事な桜の古木と、2両編成のワンマン電車です。

chiyomi さんのブログも、この間のココログのメンテナンスでCimg0952 写真をクリックすると大きくなるようになりました。是非クリックして和歌山の桜を楽しんでください。

有吉佐和子さんの作品としては “紀ノ川” が有名ですが、私は同じく紀州を代表する川の名をとった “有田川”のほうが好きです。“有田川”はまたの機会に。

|

« 沈丁花 | トップページ | かってに、さくら開花宣言 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たくさんの桜、さくら、サクラ。
豪勢。
三宮は、沈丁花しか咲かないのかと思っていたら、俄然春の真っ只中。
ちよみさんも桜色に見えま~す。(^・^)

投稿: あきの | 2006年4月 4日 (火) 06時11分

有吉佐和子さんの作品は、どうも暗くて馴染めなかったのですが、たくさんの写真を見せていただいて、明るい気持ちになれました。
写真、大きくなって、とてもいいですね。
特に駅の写真、「六十谷」が「むそた」とわかり嬉しくなってしまいました。
むそや? むそたに? かなと思っていたので。
日々、物忘れと闘っているので、一つでもお利口になれると嬉しいお年頃?なんです。

投稿: る~ば~ば | 2006年4月 4日 (火) 10時27分

あきのさん
三宮でなく、三田(さんだ)なんです。
三田はまだ春になりきってなくて、やっと沈丁花の花が咲きそろい、かおりが自己主張し始めました。昨日JRに乗って、宝塚の辺りでちらほら咲き。大阪の手前で三分咲。和歌山でやっと7部咲きかな?という感じでした。
これから春本番を迎えます。
だからブログは、“さくらがみたくて”かな?

投稿: chiyomi | 2006年4月 4日 (火) 15時57分

ちよみさん、
それは失礼しました。
だって横浜よりみなみだから、当然咲いていると思っていました。
いいところへ旅してきましたね。わたしは大阪にも言ったことがないので、三田聞けば、大阪だと思ってしまうほど、地理音痴です。ゴメン。

投稿: あきの | 2006年4月 4日 (火) 16時09分

る~ば~ばさん
私も六十谷をパソコンで入れる時、むそたと入力し変換すると六十谷と出たとき“へ~”っと感心しました。地名はおもしろいですね。
ハッピーエンドの方が私も好きですが、有吉佐和子さんの“有田川”は、主人公が逞しくておもしろく読めますよ。
青空をバックのやまざくらに早く出会いたい、三田のchiyomiさんです。いつもならこぶしの花が咲いててもおかしくないのに、今年はこぶしの花もまだ見ません。

投稿: chiyomi | 2006年4月 4日 (火) 16時23分

あきのさんは地理音痴。
一つぐらい?苦手なことがなかったら近寄りがたくなります。
ものかきで、つまずいてばかりいて今恐怖症に陥っています。

投稿: chiyomi | 2006年4月 4日 (火) 16時44分

毎日沈丁花ばかり眺めていたのに、こんなにコメント出遅れたなんて残念!
毎日ブログやTVで桜見物している私。ストーブも終日たいています。
桜クリックして派手なの見ました。
私も今度真似してみます。やりかた教わったたのに、使うの忘れてました。
有吉佐和子の本は随分読んだのに、覚えているのは、華岡青洲と恍惚の人、複合汚染くらいです。

投稿: oss102 | 2006年4月 4日 (火) 20時53分

ossさん
JRで2時間半かかってやっとのさくらでした。今もファンヒーターとほかほかカーペットは欠かせません。
和歌山線は単線で各駅停車。駅の名所案内に“華岡青洲の墓○○㌔”というのがありましたよ。

投稿: chiyomi | 2006年4月 5日 (水) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀ノ川:

« 沈丁花 | トップページ | かってに、さくら開花宣言 »