« もしもし・・・・私は、どこ? | トップページ | やっと新米が食べられる »

花山椒の佃煮

Cimg1099

山椒の木には実山椒と花山椒の木があります。実山椒も佃煮にしますが、私は花山椒の佃煮が好きで、今の時季作ります。 花山椒の花を摘む日に適した日は蕾が膨らんで、黄色の花が咲くまでのほんの2、3日しかありません。黄色い花が咲いてしまっては遅いのです。
桜の季節が終わりゴールデン・ウイーク前になると、蕾のようすを気にかけます。

とは言っても実家にある花山椒の木なので、蕾のようすをじっと観察できるわけでもなく、実家の母は山椒は食べると足が痛くなると無関心なので、花山椒の摘み頃に実家に行けるかどうかはちょっとした賭けになります。

今年はちょっと早かったかなと思いましたが、摘んでしまいました。山椒の木にはとげがあるし、花山椒はほんとうに小さいのでこれだけ採るのもけっこう大変です。パソコンで“花山椒”と検索すると、篠山市の倉さんが500g 5400円で販売されてましたが納得です。
chiyomi さんは10000円ほど頑張りました。

最初の頃は山椒の葉っぱものけて、蕾のみでたいていましたが主人のお母さんの“そんなんしとったら嵩がでーへん”という言葉を聞いてからは、ずいぶん大雑把になりましたがそれでも葉っぱは出来るだけ除けて炊きます。実家の母は山椒は食べないので、主人のお母さんが炊かれたのをいただいたのが始まりです。

Cimg1106 熱湯でゆがき、水にさらしてから醤油、酒、みりんでたきます。悲しいほど量が減ります。
たくさんあげたいけど、小さなタッパ-に少しずつおすそ分けします。基本的に山椒は山椒やけど、花山椒は実山椒よりちょっと上品かな?

|

« もしもし・・・・私は、どこ? | トップページ | やっと新米が食べられる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな佃煮ですね
花山椒は頂いた事がありません
夫の母親が生前 葉山椒の佃煮を送ってくれました
今は義姉が作ってくれます
これはご飯が進みますね

投稿: fuji | 2006年5月 1日 (月) 00時44分

こんばんわ
主人のお母さんも葉山椒の佃煮得意ですよ。山椒の佃煮は出来たてより暫くたってからの方が“ハフハフ”した感じが抜けて食べやすくなりますね。

投稿: chiyomi | 2006年5月 1日 (月) 01時01分

ちよみさんは、立派な主婦していますね。サンショウを1kg
摘むのは容易なことではありません。佃煮にしたらホンのわずかよね。私の住む上越市も山菜が豊富で、山は宝・・夫は山歩きが好きで今年もフキノトウ、コゴメ、タラの芽、カタクリ、を採って来ました。カタクリはかわいい花をつけているのに、残酷にも・・花をとって酢味噌和えに・コゴメは胡麻和えに・フキノトウはフキ味噌と、天ぷら、タラの芽は天ぷらに・・と春の味をいただきました。これからワラビ、ぜんまい、山筍、ふき・・と夫の大好きな季節がやって来ます。これを始末するのが、私の役目・・ふ~ぅ。今から思うと疲れがドッと出てきます。。

投稿: こじま | 2006年5月 1日 (月) 13時26分

こじまさん よく言ってくださいました。手袋をしていては摘み難いので素手でやったので、日に焼けおまけにとげで傷だらけ。トホホ…です。
それにひきかえ、こじまさんは家で待つだけで山の宝がどっさりこ。疲れが出るなどと言ったら、ばちがあたりますよ。(ア~うらやましい)高田はブログのネタがいっぱいですね。
こじまさんのブログで akechi8018 は chiyomi さんです。ヤフーのニックネーム登録してくださいと言うことで、そうなってしまいました。私も初心者なのでよく解からないのです。ごめんね。

投稿: chiyomi | 2006年5月 1日 (月) 14時58分

サンショウには
二通りあるとはじめて知りました。
それにしてもおいしそう。
わたしは去年実をにましたが、けっこうぴりぴりです。

投稿: あきの | 2006年5月 1日 (月) 16時45分

私はうなぎの蒲焼についてくるサンショウしか知りません。
それとサンショウの木には、アゲハチョウの幼虫がつくとも。chiyomiさんは立派な主婦してますね。

投稿: oss102 | 2006年5月 1日 (月) 21時05分

あきのさん
あきのさんがご存じないことで、chiyomi さんが知っていることが有ってよかった…?
あきのさんのブログに“河合さん兄弟”の事書いたのですが、後でPCでみると実は6人兄弟で、素振りをされていたのは本家でなく4男とか書いてありました。あいまいな記憶で書くと、恥ずかしいと反省しました。
実山椒と花山椒は別物だと言うのは本当ですので安心ください。

Ossさん
花山椒を摘んで掃除をしていると、ほんとにいっぱい虫が出てきましたよ。ちいさなクモはなんびきいたか知れません。緑色の幼虫もいました。その度につかんですてますが摘むのも大変ですが掃除も大変でした。あの幼虫たちは大きくなると、綺麗なアゲハチョウになるのでしょうか。私も賢くなりました。

投稿: chiyomi | 2006年5月 2日 (火) 03時41分

わたしの孫が虫大好きです。
蝶々を飼ったことがあります。山椒の葉がいるのですが、
東京品川の下町です。よその家にあると分かって、おばあちゃんがこっそり盗みに行きました。それを聞いたわたしは山椒の葉を宅急便でおくりました。なかなかおもしろい観察日記になったようです。

投稿: あきの | 2006年5月 2日 (火) 05時27分

あきのおばあちゃんはいいおばあちゃんですね。
お孫さんうれしかったでしょうね。はじけた笑顔が見えるようです。

投稿: chiyomi | 2006年5月 2日 (火) 09時32分

久しぶりですChiyomiさん。
Koichiです。
山椒の佃煮なんて、もう、何年も口にしていなくて、懐かしいです。そんなに大変なものだとは知りませんでした。

投稿: Koichi | 2006年5月 2日 (火) 14時58分

ヤマノイモと2回目ですね。
友里ちゃんや隼ちゃんはいいお姉ちゃんやお兄ちゃんですか?連也君はよく寝る赤ちゃんですか?
koichiさんはもう3人の子供のお父さんですね。直子さんを大切にしてくださいね。今日はありがとう。

投稿: chiyomi | 2006年5月 2日 (火) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花山椒の佃煮:

« もしもし・・・・私は、どこ? | トップページ | やっと新米が食べられる »