« 負の連鎖? | トップページ | みずきちゃんはお宮参り »

玉ねぎの収穫

今日は午前中に玉ねぎの収穫を予定していました。
でもいつものとおりぐずぐずしているうち、お父さんからお香典を届けて欲しいな・・・っと電話がありました。お父さんにとっては小学校、中学、高校と同級生だった。私にとっては中学の同級生だったT君が亡くなられてお葬式が午後1時からだそうです。三田に引っ越してすぐの頃偶然、歩いてすぐの事業所に勤務されていたT君に出会って、その後何度か出会うことがあって・・・信じられません。お葬式に参列することにしました。

56歳は若すぎます。

斎場から車で15分ぐらいで実家の畑に着きます。

Cimg1230Cimg1226_2 左側の写真は chiyomi さんが作っている畑で、玉ねぎを収穫した後です。赤い玉ねぎが写っていますが、これは後一週間後の収穫になります。奥のほうの緑がこんもりしているのはジャガイモ。トマトとかの夏野菜も植えましたが植えるのが遅かったのでまだ小さな苗のままです。玉ねぎは一輪車に一杯有りました。秋植えっぱなしなのに大きく育ってくれてありがとう。

|

« 負の連鎖? | トップページ | みずきちゃんはお宮参り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

突然の訃報に驚かれたことでしょう。
私は50歳手前ですが、それでも同窓会名簿を見ると亡くなっている友人がいて、驚きます。
ご友人のご冥福をお祈りいたします。合掌。

美味しそうなタマネギがたくさん収穫できましたね。
家は猫の額ほどの狭い庭ですし、日当たりもよくないので、お隣のご主人の畑の力作をいつも頂いています。とてもお上手なんですよ。

投稿: となりのとまと | 2006年6月 7日 (水) 09時49分

ちよみさんは、働き者ですね。畑を一人で耕すのですか?。
私も、ちよみさんぐらいナ時は、よく働きました。身体もよく動きました。うちも少し借りてやっていますが、耕運機で農家の人に耕してもらっています。今年は夫にしてもらっています。口も出さなきゃ、手も出さぬ・・です。お陰で採り立て野菜を美味しくいただけます。

投稿: こじま | 2006年6月 7日 (水) 16時36分

いい生活してますね。本格的です。甘みのあるおいしそうなたまねぎですね。
私も土地があたっら、野菜作りにはまっていたと思います。
戦後田舎に引き揚げてきて採りたて野菜の味を知っています。chiyomiさんの生活も、こじまさんの生活も、指をくわえて読んでいます。
chiyomiさんと(お父さん)とは同じ年なんですね。
56才は早過ぎですね。運命はわかりません。夫も59歳でした。

投稿: oss102 | 2006年6月 7日 (水) 19時59分

となりのとまとさん
私の家の小さな庭も今の時季はおひさんに恵まれますが、冬になると三方囲まれた建物の間からスポットライトのように部分的に当るおひさんだけになってしまいます。陽の光がいっぱいにあふれた庭を見ると羨まし~なって思います。
お隣さんが、いい方で良かったですね。

こじまさん
口はだすわ、手もだすわの30年余りの間に、自分では何もしないお父さんを育ててしまい後悔しています。とは言っても、のびた枝一本切るにもお父さんがやるのが気に入らないのだから自分でやるしかないのです。

Ossさん
chiyomiさんの畑と言っても、片道40分はきついです。ジャガイモや玉ねぎは植えたままでも育ってくれますが、夏野菜は水やりがきになるし収穫時期になるととりに行くのが大変です。Ossさんは喜んでくださりそうだから近かったら持って行けるのにと本当に残念です。
ご主人が亡くなられたのが59歳の時も早すぎですね。でもOssさんのブログを読ませて頂いて感じる、今あるものを積極的に楽しまれる生方に惹かれています。
お父さんとは同級生だったのですよ。

投稿: chiyomi | 2006年6月 7日 (水) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉ねぎの収穫:

« 負の連鎖? | トップページ | みずきちゃんはお宮参り »