« 赤玉ねぎの収穫 | トップページ | 今日は京都・宇治 »

五つ子ちゃん

Cimg1289 実家の軒下の梁に、今年も巣を作ったツバメの家族に五つ子ちゃんが誕生、ここまで育ちました。少し前はくちばしだけが巣の縁からのどいていましたが、今は頭も見えるようになりました。

親鳥が餌を持って戻ってくると、声をはりあげ大きな口を開けて身を乗り出すようになりました。
でも chiyomi さんが下で見ているとせっかく親鳥がえさを持って帰っても、さっとUターンしてしまいます。

写真を写すときフラッシュをたくのをどうしようかためらったのですが、一枚だけごめんな。フラッシュの光にびっくりした五つ子ちゃんは一斉に泣き出しました・・・悪いことしたな・・・もうせえへんさかい・・・ごめんな。お母さん鳥が警戒して戻ってこなかったらどないしょう。親鳥が戻ってくるまでとっても長く感じました。
五つ子ちゃんにとってお父さんとお母さんだけが頼りです。

今灰色の産毛が真っ黒になって、五つ子ちゃんたちが巣立つまでもう少しかかります。お父さんお母さん頑張ってな。

どうぞ無事巣立ちますように。

|

« 赤玉ねぎの収穫 | トップページ | 今日は京都・宇治 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この間のむくどりですが、旅から帰ると、みんな飛立って行ってしまい、いなくなりました。
一日中餌を欲しがってにぎやかだったのに、今は寂しくなっています。

投稿: あきの | 2006年6月15日 (木) 19時59分

無事巣立ってよかったですね。むくどりは閉めてある雨戸に巣をつくったのでしたね。私の家の雨戸にもすずめが巣をつくることがあります。後の掃除が大変です。

投稿: chiyomi | 2006年6月16日 (金) 00時27分

つばめさん可愛いですねぇ~。親鳥が餌を運んでくると、一斉に顔より大きな口を開けておねだり・・見ていて飽きませんね。うちの車庫にも来ましたが、出入れがあるのと、ギンゾウが居るのとで、諦めたようです。

投稿: こじま | 2006年6月16日 (金) 08時13分

ツバメが巣を作る家には幸せが来る という話を聞いた事があります。幸福の使者なんでしょうか。
ツバメが飛ぶ姿はきれいですよね。私は、ツバメが飛んでいるのを見ると『幸福の王子』の童話を思い出します。
きょうもツバメはどこかへ幸せを届けているのかな なんて。 わたしの住んでいる東京は朝から大雨です。親鳥はこんな日はエサ探しに苦労しているのでしょうね。

投稿: となりのとまと | 2006年6月16日 (金) 09時16分

かわいいツバメの5つ子。無事育ってほしいですね。
寒い寒いといっていた小樽のテニスコートの空にも沢山ツバメが飛んでいます。大人と同じ大きさの子供のカラスもいます。悪役カラスも頼りなげなのは可愛いです。

投稿: oss102 | 2006年6月16日 (金) 11時42分

こじまさん
そうでした。私が小さい頃実家で飼っていた真っ黒な猫(あたりまえのように名前はクロ)は、ツバメの雛を狙っていました。
もう一つの敵は、ひな鳥の鳴き声に誘われてやってくるヘビです。無事巣立ってくれるまでは気になります。

となりのとまとさん
ほんとにツバメの飛ぶ姿はスマートですね。
私の実家は母と弟2人暮らしで、弟は結婚していないのでたとえツバメでも母にとってツバメが家にきてくれ巣作りをし卵を産み育っていくのを見るのは楽しみな様子です。ツバメさんはやはり幸せを運んでくれているようです。でも、寒くならないうちに温かい国に飛び立ってくれますように。

Ossさん
同じ大きさで大人のカラスと、頼りなげな子供のカラスの見分けがつくのはいかにもOssさんらしく思います。“七つの子”のカラスは可愛いのに、ゴミをつつき街中ではどうしても嫌われ者です。

投稿: chiyomi | 2006年6月16日 (金) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五つ子ちゃん:

« 赤玉ねぎの収穫 | トップページ | 今日は京都・宇治 »