« 永沢寺・花菖蒲園 | トップページ | えんどうのたいたん »

お父さんのこと

私が夫のことを書こうと思ったとき、お父さんと書くと一番落ち着くのでそう書き進めようと思います。私達は中学時代の同級生でした。高校も同じ高校に進学しました。

その時分は二人とも他の人が好きだったので、どんなきっかけで付き合うことになったのか今では思い出せません。些細なことでぐずぐず言う私が嫌いになったのでしょう、彼が一方的に「別れよう」と言っていっさい連絡がこなくなったのは、覚えています。山行きに夢中になり、やっと彼のことを忘れた頃電話をかけてきたのは彼の方でした。

“結婚しよう”らしきことを言ったのは、私だと思います。23才のときです。

24才でお父さんになり、25才でもう二人の子供の父親でした。子供を生んだ女性はすんなり母親になれますが、若い彼はどうだったか・・・聞いていません。
でも仕事で単身赴任があったり、自宅通勤でも工事現場を任されていると休みが少なかったりして疲れていたのか、息子世代のようには育児には積極的にはなってくれませんでした。我家はいつも母子3人での行動がお約束でした。科学万博やディズニーランドに行ったのも、休みのたびの映画も、息子の好きだったお城めぐりも・・・3人でした。母子家庭やな~と言いながら。

子供たちが大きくなると chiyomi さんは一人で行動しました。無理に一緒に行動してもらって気を使うより、一人のほうが気楽でした。一緒に何かをしようとすればお父さんの好きなことをすると出来ますので、ゴルフやパチンコに夢中になった時期がありましたが、どちらもいつのまにか行かなくなりました。そうすると今はもう土日のご飯作りと、持って帰ってきた洗濯物をきれいにするだけのお付き合いです。

こんなふうですが、お父さんは世間では人気者なのです。口は悪いけど、弱いものいじめはしません。chiyom さん以外の人と結婚していたらお父さんはもっと幸せだったのではと思うことがあります。若かった頃3人のプロポーズを断り chiyomi さんはお父さんを好きで結婚しました。今でも好きです。それはたぶんにこっちだけを向いてくれないことから来るものかもしれません。ずっとこっちを向かれてたらすぐに嫌になる性格ですから。

今日電話で、会社の健康診断でイエローカードを貰ったと言っていました。不整脈が出ているらしいです。血液をさらさらにする必要があるらしいです。気になっています。

|

« 永沢寺・花菖蒲園 | トップページ | えんどうのたいたん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちよみさん、
ご主人が帰宅なさったら、タマネギサラダ。
いつもは夕飯に納豆を必ず食べるよう薦めてください。
これがわが家の血液サラサラ対策です。

投稿: あきの | 2006年7月 7日 (金) 04時56分

血圧も高くてずっとお薬を飲んでいるので、玉ねぎのスライスは山盛り作っています。納豆は朝食べますが、月曜日~金曜日の夜食べるように勧めます。あきのさんありがとう。

投稿: chiyomi | 2006年7月 7日 (金) 09時31分

chiyomiさん 私のブログへのコメントありがとうございました。 私が夫へいろいろ思うことがある時は、夫も私にたいしてあるのだと 思うことにしています。夫婦はお互いさまですものね。
ご主人様の健康管理は離れていらっしゃるとなかなか目が届かず、心配なことも多いと思います。私も、3年ほど前から、健康診断で、不整脈と肝機能が悪いと言われました。不整脈は今でもありますが、いろいろ検査をした結果特に心配はいらないと言われました。原因はストレスでした。私はサプリメントを摂取しています。うこん、香酢、DHA,EPA それが良かったかはわかりませんが、昨年の検診結果は良くなっていました。

投稿: となりのとまと | 2006年7月 7日 (金) 09時41分

ちよみさんは、ご主人がいないのかと思っていました。土日に帰っていらっしゃるのですね。亭主元気で留守がいい。な~んて云いますが、歳がとったら、夫が居るのがいちばんです。私も30代で、高血圧になりました。ストレスがすごかったです。

投稿: こじま | 2006年7月 7日 (金) 19時08分

ご主人の事、今でも好きですと言えるchiyomiさんは、熟年離婚とは無縁ですね。
付かずはなれず、自分の生活も楽しんでchiyomiさんならこれからの生活も充実して生きて行けるでしょう。

私はスライスたまねぎは少量の塩でもんで少し置いて、水気を切ってサラダでたっぷり食べます。空気にさらすといいみたいなので、沢山食べられるし、なんにでも合うのでほとんど毎食です。

投稿: oss102 | 2006年7月 7日 (金) 21時30分

とまとさん
本当ですね。とまとさんはまだ若いけど、気持ちの問題だけでなく年をとってくると肉体的にも相手の衰えが目に付いて“あ~ぁ”と思ってしまうことが多くなります。自分のことは見えてないだけで…おたがいさまですね。
ご家族の皆さんにとって、とまとさんの幸せが一番のはずです。お体大事にしてくださいね。

こじまさん
思わず笑ってしまいました。
たしかにこじまさんのご主人と比べてしまったら、chiyomi さんには主人はいません。定年退職後に期待することにします。

Ossさん
“お父さんが今も好き”は幸せでもあり不幸でもあります。もし来年熟年離婚をすることになったら、お父さんはこの家の居間の部分だけ自分にほしいといいます。私もパソコンで遊べるこの部屋だけは譲れません。だから大丈夫なようです。
Ossさんの食生活は健康ですね。

投稿: chiyomi | 2006年7月 8日 (土) 09時30分

chiyomiさんへ 
とっても いい距離でご主人と過ごしてらっしゃるんですね。 
「今でも好きです」って言えるってホントに幸せですよね。 
私も 子育てが一段落して これからのことを考えると、不安になったりあせったりしてますが、無理せず自分たちなりのベストな夫婦の距離を探していきたいです。 ビタミン補給ができました。ありがとうございました。

投稿: ビディの母 | 2006年7月13日 (木) 21時21分

思いがけないコメントを頂き、私こそビタミンを補給していただいた嬉しい気持ちです。
いろいろこうあって欲しい事はいっぱいですが、自分が好きと言う気持ちが私にとって一番大事なことに思えています。
とまとさんのブログで、ビディの母さんのコメントをいつもいいコメントと感心しながら読ませて頂いていたのですよ。わたしこそありがとうごさいました。

投稿: chiyomi | 2006年7月13日 (木) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お父さんのこと:

« 永沢寺・花菖蒲園 | トップページ | えんどうのたいたん »