« お父さんのこと | トップページ | 青梅のその後 »

えんどうのたいたん

Cimg1370 息子と chiyomi さんはえんどう豆ご飯が大好きなのですが、お父さんとRちゃんは豆ご飯を作ると「なるべくお豆さんの入ってないとこを・・・」と言います。

豆ご飯にしたり、肉じゃがに入れたりしたえんどう豆を乾燥させたものが左の写真です。
この乾燥させたえんどう豆をたいたんは、家族中が大好物なので作ってみました。

Cimg1372 えんどう豆は、他の豆とかと違って水に一晩つけておくとかせずいきなりタンサンを少し入れた水から炊き出します。
えんどう豆の薄皮は食べられませんので取り除くため、剥きやすくなったかどうか炊きながら見てみます。するっと剥けるようになったらざるにあけ、水につけ、こすり合わせながら薄皮をむいていきます。
えんどう豆を炊く中で一番めんどうな作業です。今日はタンサンがすこししかなかって、そのためか薄皮がはがれにくくてたいそうな時間がかかりました。

Cimg1373 薄皮がとれるともう作業は終わったようなものです。とうもろこしみたいに見えるえんどう豆をもう一度鍋に戻し水をひたひたより少し多めに入れ炊きだします。水はえんどうが吸ってしまうのかすぐなくなります。お砂糖は適当、塩少々を入れ炊きあげます。豆の形はほとんどなく、栗きんとん状態になります。味をみて、自分の好みの味で出来上がりです。
えんどうの香ばしい甘さがなんとも言えずおいしい、大好きなえんどうの炊いたんです。

今日はこれを二人のお母さんに配達に行ってきます。えんどうの炊いたんを作るのの手間を知っている二人はきっと喜んでくれるはずです。

|

« お父さんのこと | トップページ | 青梅のその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちよみさんは、マメですねぇ。。

投稿: こじま | 2006年7月 8日 (土) 13時18分

二日続きで笑わせてもらってありがとう。

投稿: chiyomi | 2006年7月 8日 (土) 13時48分

そちらでは煮詰めるお料理を炊いたんというのですね。更においしそうに感じます。
採りたてのえんどうは甘いです。お味噌汁が飲みたくなりました。我が家はビールがまず始めにくるので、お味噌汁は省略することが多くなります。

投稿: oss102 | 2006年7月 8日 (土) 20時44分

お芋のたいたん、大根のたいたん…煮物のことをたいたんと言います。話し言葉だと思います。えんどうのたいたんは、ビール好きのOssさんには苦手な食べ物かもしれません。あんこを食べているような感じです。

投稿: chiyomi | 2006年7月 9日 (日) 18時27分

遅くなりましたが やってきました~。
エンドウのたいたんは やっぱりおいしそう♪
こんなにたくさんのお豆さん の薄皮とりは
大変そうですね。私には真似できそうにありませんが
食べるだけなら、私は鍋をかかえて 食べると思います。
お母さまたちも さぞかし喜ばれたことでしょう・・・(^.^)

投稿: つれづれ | 2007年8月20日 (月) 21時21分

つれづれさんへ
あつかましくもごめんね。
エンドウの炊いたんはほんまにおいしいねん。
つれづれさんの“山形へ”を読ませてもらってから、猛烈に山形に行きたくなっています。
“まめや”さんの富貴豆を食べたくてたまりません。
9月になって一人暮らしが始まったら、母の様子を見て何とかなりそうだったら実行に移そうと思います。

投稿: chiyomi | 2007年8月21日 (火) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えんどうのたいたん:

« お父さんのこと | トップページ | 青梅のその後 »