« 青梅のその後 | トップページ | ワァ~! こうもりや!! »

京都も暑い・祇園祭宵々々山

Cimg1377_1 去年小袖展を見に出かけた日が祇園祭の宵々宮で、思いがけず“南観音山鉾”に乗せてもらえて嬉しかったことに味をしめた chiyomi さん達は、その時いただいた粽(ちまき)を納めるのをかねて今年は藤田嗣治展とセットで京都に出かけました。

土曜日からは3連休、祇園祭も本番を迎えるので出来るだけ避けたいと昨日を選んだのですが、平安神宮前の京都国立近代美術館で開催中の藤田嗣治展は大変な人出でした。誰も思うことは同じだったようです。NHKの、スポット広告が効いているのでしょうか。混んでいる中、2枚並んだ“カフェにて”だけはじゅうぶんみてきました。

Cimg1379_1 美術館から粽を納める祇園さんまでは歩くことにしました。以前平安神宮の枝垂桜を見て丸山公園までタクシーを頼んだ時「歩きなさい」と乗車拒否をされたことがあるのです。昨日はその時と同じ友達です。お花見のとき昼食を食べたお店で食事をすることにしましたが、その時の店は閉鎖されていました。
喫茶店の定食でお昼を済まし、祇園さんにおまいりした後四条烏丸を目指します。途中の店先の麩せんべいの絵柄があまりにも可愛らしかったので2枚だけ買って写真を写させてもらいました。四条大橋から見る賀茂川と北山の風景はいつ見ても変わりません。chiyomi さんの好きな京都です。

Cimg1380Cimg1413Cimg1414Cimg1387_1Cimg1383_2Cimg1385_1Cimg1386_1Cimg1398Cimg1402 Cimg1406 Cimg1405 Cimg1408 Cimg1411 Cimg1412 Cimg1403 Cimg1418 Cimg1390 Cimg1394 Cimg1395 Cimg1420

今年の粽は、長刀鉾で求めました。各鉾では、粽や手ぬぐいを買い求めたら上にあがらせてもらえます。だだし長刀鉾だけは、女性は三番目の写真の先には行かせてもらえません。順番がおかしいですが、写真の織物、掛け軸は長刀鉾の女性が行ける所に展示してあったものです。私達は月鉾に手ぬぐいを買ってのせてもらいました。月鉾も人気の鉾です。小学生が記念撮影をしていました。(四番目の写真をクリックしてみてください)テレビ局も撮影に来ていました。最後から3番目は大丸、次は人形店の店先、その次はたち吉の祇園祭の鉾のミニチアです。一番最後は午後6時、四条通は一斉に歩行者通りになります。

京都は昨日34、9度まであがったそうです。途中にわか雨がありましたが、本当に暑い汗だらだらの一日でした。すぐにでも帰ってお風呂に入りたい気分でしたが、6時半この日三つ目の予定が入っていたのでした。

|

« 青梅のその後 | トップページ | ワァ~! こうもりや!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱり 京都はいいですね
何度か行ったことはあるのですが なにせ いつも時間がなくせかせかと観光名所をまわるだけですから あとで写真を見て あれ ここどこだっけ?だったりします。(笑) いつか 時間がたーぷりできたら季節のよい時期に ゆっくり散策してみたいと思ってますがいつになることやら
そうそう ニシダヤさんのシバ漬けが大好きなんです。 よく妹が実家にまとめて送ってくれてたけど 父も母も健康上塩分控えめとか言い出したので とんとご無沙汰です。(自分で買えよ) 

それから・・・ chiyomiさんは京都
となりのとまとさんは東京 どちらも すばらしい展覧会があってほんとに羨ましいです。レベルが違いすぎるなぁ・・・
あっでも 博多にも何百年も続く 博多祇園山笠というのがあります これはちょっと自慢できるお祭りです。  


 

投稿: ビディの母 | 2006年7月15日 (土) 14時22分

chiyomiさん こんにちは。
祇園祭に行ってらしたのですか。
今朝、夫と祭りだねぇと話しながら、ブログにそのことを書こうかな と思っていました。 実は 夫の実家は、昨日chiyomiさんがいらした近くです。 義父も夫も長刀鉾に毎夏乗っていました。そう、長刀鉾にのって、お囃子をしていたんです。わたしは、一度見に行ったことがあるだけですが。ですから、我が家の玄関には長刀鉾の粽があります。
写真を夫と楽しませていただきました。ありがとうございました。

投稿: となりのとまと | 2006年7月15日 (土) 18時35分

ビディの母さん
残念ながら chiyomiさんが住んでいるのは兵庫県三田市、生まれたのは篠山なんですよ。若い頃しばらく住んでいた事がありますが、昨日の三つ目の目的はその頃の同級生たちとの食事会でした。偶然同じ日に重なってしまったのです。今も一年に一度は出会っています。
結婚して出産した頃、同じ団地に住んでいてとってもお世話になった加藤さんが福岡の方で、その後私は尼崎の社宅に、加藤さんはご主人が実家のお仕事を継がれるため博多に帰られ、お祭りにおいでと何度か誘っていただきましたが行けないうちに今は年賀状だけのお付き合いになってしまいました。加藤さんは方言で話されましたが、ビディの母さんはきれいな標準語ですね。

投稿: chiyomi | 2006年7月16日 (日) 00時38分

とまとさん
そうだったのですか。ご主人の実家は中京のあたりなのですか。ご主人のおばあちゃんの家は宇治で製茶をなさっていたそうですし、ご実家はお商売をされているのですか?長刀鉾を毎年支えてこられた義父様とご主人のお話、是非ブログに載せてください。まだ今日も明日もあります。楽しみにしています。

投稿: chiyomi | 2006年7月16日 (日) 04時54分

chiyomiさん
やっぱり行ってきましたね
chiyomiさんの行動力には驚きです
私も大阪に住んでいる時は京には良く出かけたのですが此方へ越してからは億劫になってしまいました

投稿: fuji | 2006年7月16日 (日) 23時22分

京都の祇園祭りともなれば、地方の上越まつりとは、さすがに規模が違いますね。上越まつりは、7/23~29日までです。子供が居ない、踊もしない私は、積極的に祭りには参加していません。ことしの花火大会は市の財政難で中止とのこと、わが家はこの会場の一等地なのです。。

投稿: こじま | 2006年7月17日 (月) 09時34分

fujiさん
大阪は、関西地方の交通アクセスの中心だからどこにでも出かけるのに便利ですね。fujiさんは北区に引っ越された時“なんで…”って思われませんでしたか?田舎者の私でさえなんで三田に引っ越してきたんやろ…と後悔しました。今は住めば都ですが…。

こじまさん
家にいながら楽しめる、花火大会中止は残念ですね。私の住む三田市でも、先日三田祭りについてのアンケートがありました。不況で協賛する企業が少なく、財政難でどこの市でも考え直そうと言う方向に向かっているのでしょうか。息子さんが結婚され、お孫さんが花火を喜ばれる頃には再開されるといいですね。

投稿: chiyomi | 2006年7月18日 (火) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都も暑い・祇園祭宵々々山:

« 青梅のその後 | トップページ | ワァ~! こうもりや!! »