« はじめての とまと | トップページ | マーチの車検 »

北海道に行ってきました

Cimg1593 一昨年一泊旅行から帰ってくるなり、実家の母が事故で骨折し入院したことを知り家に帰らずそのまま病院に直行した経験がある私は、それ以来泊りがけで出かけることに臆病になっていました。だから今回の旅も出かける前は無事帰ってこられるかドキドキ気持ちが重かったのです。でも、携帯電話がなることもなく無事帰宅でき今ほっとしています。

3泊4日の短い旅でしたが、自分で計画し手配した全くの一人旅でした。

そして出発した北海道での4日間は、移動手段がJRとバスのため待ち時間が普段の生活からは考えられないほど多く非効率的な旅でしたが、恵まれたお天気のおかげでこんなに幸せでいいのだろうかと思い続けた毎日でした。

JRもバスも、いつも窓際の席にかじりついて北海道を楽しみました。ひろ~いジャガイモ畑もビートの畑も小麦の畑も。牧草地も。白樺の林も、赤エゾマツの林も。真っ青な空を映してキラキラ輝くオホーツク海も。釧路湿原も。

夜8時から参加した、ガイドさん付の知床大自然号ではキタキツネやりっぱな角を生やしたエゾシカや出産間近なエゾシカに会えましたし、満天の星を見て天の川は雲のように見えるのだと知りました。

遊覧船からもバスでも知床を見て廻りました。今回知床5湖は2湖まで、カムイワッカ湯の滝は1の滝までの規制がされていましたので、そこまでしか歩けませんでしたが、知床峠からは正面に迫る羅臼岳、思いがけず国後島が見えるというおまけ付でした。

釧路で泊まった4日目は定期観光バスのお世話になったので、快晴の摩周湖、屈斜路湖、オンネトーまで足を伸ばすことが出来ました。そして最後の最後の釧路空港では霧が空港を包んでいたのでした。

今回の旅行にはデジカメの充電器まで持参しましたが chiyomi さんの腕では受けた感動にどうしても追いつきません。だから一枚だけ載せることにしました。シャトルバスの外にキタキツネがいるという声であわててシャッターを押したのですが、あわてていたので真ん中の枯れた木がキタキツネと勘違いしていました。でも端っこにちゃんといてくれました。思わず笑ってしまいましたが、今回の一番です。

最後になりましたが、うに・いくら丼、1時間並んで食べてきました。ウトロでこの一休屋さんだけ行列が出来ていました。観光協会お薦めでした。ガイドブックにも乗っているらしいです。同じ日の夜泊まった民宿の“知床莊”(ここも観光協会の紹介です)でも、うにとタラバガニがついてきました。この民宿は絶対お勧めです。ちょっと歩かねばなりませんが、“夕陽の湯”という温泉にも行くことが出来ます。
あと2泊はホテルだったので近くの炉端焼きに行き、キンキ(これは食べた後、スープにして食べさせてくれました)、ホッケ、かき、ジャガイモ、アスパラ・・・そして生ビール。一人旅は気楽で、自分の思うように行動できますが、食事だけは一人は寂しいです。

|

« はじめての とまと | トップページ | マーチの車検 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

1人旅がブログに載るのを待っていました。1人だと周りをよく観察してきますよね。楽しかった様子が伺えて、いっしょに行けた気分で読ませてもらいました。オンネトウまで行ったのですね。屈斜路湖は掘ると温泉が湧いておもしろかったでしょう。夜の観察までできるようになったのですね。知床はいまや人気の場所ですね。わたしは釧路の方には行ったことがありません。うらやましいのは星の観察。よかったですね。

投稿: あきの | 2006年7月29日 (土) 05時36分

あきのさん おはようございます。
ほんとです。屈斜路湖畔では水着姿の子供たちがおふろを掘って楽しんでいました。
星の観察会では、ネイチャーガイドさんが星まで届く懐中電灯のようなもの?で指しながら説明をされます。すんだ夜空には、人工衛星がゆっくり動いているのも見えるのですよ。参加していた子供も大人もおおよろこびの観察会でした。

投稿: chiyomi | 2006年7月29日 (土) 10時57分

北海道一人旅・・・素敵です。
とても 贅沢な時間をすごされたのですね。
大自然とおいしい食材を満喫され また これからの生活にはりがでることでしょう。
私も いつか chiyomiさんのように 一人旅をしてみたいです。
キタキツネの写真 偶然とはいえ 構図がいいですネ。  旅の醍醐味が伝わってきます。

投稿: ビディの母 | 2006年7月29日 (土) 11時40分

chiyomiさん お帰りなさい。
北海道一人旅 満喫された様子で、読んでいる私も嬉しくなってきました。
自然の息吹を体で感じて、美しいもの 美味しいもの たくさん吸収して 帰って来られたのですね。
星の観察会はいいですね。わたしもいってみたいなぁ・・・と思いました。
北海道は 結婚前に一度だけ、母と旅した事があります。旅行会社のツアーだったので、今度はchiyomiさんのように 気楽に一人旅をしてみたいものです。

投稿: となりのとまと | 2006年7月29日 (土) 13時46分

ちよみさんお疲れさま。一人旅とはスゴイです。わたくしも次男が、網走からお嫁さんを貰っているので行った事があります。札幌の雪祭りの頃です。キタキツネ、エゾシカを見て来ました。道路が広くて広大な土地が印象的です。知床に行って来ようかと話しています。。

投稿: こじま | 2006年7月29日 (土) 20時23分

chiyomiさん、お帰りなさい。晴天が何よりでしたね。夜は寒いくらいだったでしょう。
広いところは移動に時間がとられて、それで私も旅行はしり込みしてしまうのですよ。
知床は今人気の観光地ですから、うに丼に1時間待ちは笑ってしまいました。
あまり山盛りって具合にはいかなかったのじゃないかしら?
お母さんも無事でなによりでした。

投稿: oss102 | 2006年7月29日 (土) 22時09分

ビディの母さん
一人旅を盛り上げ、幸せな気持ちになれたのはお天気に恵まれ見るもの全てがキラキラして見えたからでした。一人旅に慣れていない私がもし雨に降られてばかりの旅だったらきっと落ち込んでしまったと思います。だからお天気に恵まれたことが一番のごちそうでした。
ビディの母さん、お昼ご飯はまだ一人でも大丈夫です。でも、晩ご飯はやはり一人は寂しいです。食べたいものを一人でお店に入っておいしく食べられるようになってから一人旅に出てくださいね。chiyomiさんは最初の夜、炉端焼きのお店に勇気を出して入るまで1時間あまりグルグルどこで食事しようかと歩き回りました。

投稿: chiyomi | 2006年7月29日 (土) 23時30分

とまとさん
たとえ結婚前でもお母さんと一緒の二人旅の経験のあるとまとさんがうらやましいです。
私の母は、父が体が弱かったこともありずっと農業を頑張ってきて、村の団体旅行とかの経験しかありません。自分が計画していきたい所に行くという発想がありません。周りの人はchiyomiちゃんお母さんを連れて行ってあげたらと言いますが、母は家でしたいように畑仕事をしているのが気楽だと言います。車でどこかに行こうと誘っても行きたがりません。だからせめて行ける時に行って晩御飯とかを作ってあげること、買い物に連れて行ってあげるだけです。

投稿: chiyomi | 2006年7月29日 (土) 23時52分

こじまさん
遠くのお嬢さんとご縁があったのですね。今回の旅は女満別空港に着き、網走のホテルに泊まったのが1日目でした。
お嫁さんのアドバイスを受け、是非知床への旅を実行に移してください。知床のうには夏がシーズンで一番おいしいとのことです。
キタキツネとエゾシカには出会われているから、今度はヒグマですね。でもヒグマは地元で大きくなられた方でも25%の方しか出会ってないらしいそうです。

投稿: chiyomi | 2006年7月30日 (日) 08時47分

Ossさん
ウトロ温泉の一休屋さんは、店の外で15分入ってから15分、やっと座ってから25分ほど待ちました。遊覧船までの時間が2時間もあったのでこれで時間がつぶせると思ったのですが、だんだん心配になってきました。Ossさんの言われるように、2500円では山盛りとは行きませんでした。上品な量でした。(笑)山盛り食べられるOssさんがうらやましいです。うにだけのが2700円です。
本当にお天気に恵まれたのが一番の幸せでした。からっと暑かったのですが木陰は涼しく気持ちよかったです。紫外線はきつそうでした。釧路空港出発時14度、関空到着時30度。帰ってきた気がしました。
昨日2人の母のところにいって来ましたが、元気にしていてくれたので嬉しかったです。心配してくださってありがとう。

投稿: chiyomi | 2006年7月30日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道に行ってきました:

« はじめての とまと | トップページ | マーチの車検 »