« 私の夏休み | トップページ | 黒豆暑さ対策 »

トンネル

Cimg1663Cimg1664

かって旧の福知山線が通っていたのですが、少し離れて福知山線が複線電化され武田尾駅が移設されたときこのトンネルは武田尾温泉に徒歩で行くかた専用の道路として使われるようになりました。

仕事に行くたびこのトンネルを通りますが、明治時代に作られたトンネルの天井を見上げるたびその仕事の確かさに感心します。直線で立ち上がっている部分は四角の石を正確かつ頑丈に積み上げられ、天井の部分は全てレンガでアーチ型に作られています。choyomi さんが歩くのは右の写真の小さな出口までのたった20mほどですが、この正確な仕事がトンネルの出口までず~っと続きます。福知山線にはこんなトンネルがいっぱいあります。そして全国にはおなじように明治の頃作られたトンネルがいっぱいあるはずです。鉄道を通すためその距離はどれだけになるのでしょう。

10m、20mの工事ではありません。どこまでもこの確かな工事が続けられていることに心が打たれます。明治の時代の日本人の辛抱強さを感じます。そして福知山線の工事には朝鮮人労働者の方も多数働かれたことを以前新聞で読んだことがあります。

|

« 私の夏休み | トップページ | 黒豆暑さ対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しっかりしたものを作ろうとすれば人間は出来るのです。それが経済がからんで欲と一緒になればモロクなってしまいます。いい仕事してますねぇとchiyomiさんは毎日通るのですね。

投稿: oss102 | 2006年8月11日 (金) 10時58分

西洋でも、うまく石積みをしています。上のほうなんかどうして落ちないかと不思議なくらい力学てきにつりあっているようです。ローマのコロセウムは特大の石を入り口にアーチ型に積んでいるから驚きです。それに中国も高昌古城なんか日干し煉瓦をうまく積んでいます。昔の人も知恵がありましたね。

投稿: あきの | 2006年8月11日 (金) 12時21分

3度通りました。
懐中電灯を持って家族6人で
素晴らしいトンネルですね
明治事態の土木工事の計算能力の高さ凄いですね
いまはレーザーで測量するのてしょうが

投稿: ryuji_s1 | 2006年8月11日 (金) 15時59分

OSSさん
ほんまや。高水準の土木技術で作ったはずの新幹線のトンネルで剥離事故が問題になって、施工したゼネコンが点検をすることになったことがありましたね。今レンガをこんなにきれいに積み上げるトンネル工事はできないでしょうね。安い労働力があってのことでしょうね。

あきのさん
あきのさんは海外もいっぱいいかれているので素晴らしい建造物を見ておられるのですね。写真で見るだけでなく実際に見るのは感動と思い入れがちがうのでしょうね。私もそうなりたいと思います。

ryuji_s1さん
桜の頃ですか?紅葉の頃ですか?桜の園にはいかれましたか?ご家族揃っての廃線ハイクは楽しかったことと思います。私は桜の頃に2度行きました。
後2年後ぐらいになると思いますが、仕事?先の旅館が新築されます。無料の足湯も計画されています。ハイキングの後是非お寄りください。

投稿: chiyomi | 2006年8月11日 (金) 21時49分

そんなトンネルだったのですね
此方へ越してきてからも暫くは福知山線を利用して大阪へ通勤していました
「あのトンネルの中はどうなっているのかな?」と車窓から眺めていました
ハイカーが出入りしているのを見かけたのでその内探検しようと思いつつまだ行っていなかったのです
今年の秋には是非行ってみようと思います

投稿: fuji | 2006年8月12日 (土) 10時53分

fujiさん
是非是非行ってみてください。
JR生瀬駅から武田尾駅の廃線ハイクです。レールこそはずされていますがゴロゴロの道です。懐中電灯と足元しっかりで行って下さいね。秋もいいけど(もみじがきれいです)桜のころもとびっきりいいですよ。

投稿: chiyomi | 2006年8月12日 (土) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンネル:

« 私の夏休み | トップページ | 黒豆暑さ対策 »