« タオル | トップページ | Yちゃん2才の誕生日 »

雨がふらない・・・

Cimg1748Cimg1743Cimg1744

chiyomi さんの畑はもう40日余りまとまった雨がふっていません。雷がなって空が真っ黒になって、そこまで雨が来ているのに、ここまでは勢いが届かないのです。申し訳なさげに、ぱらぱらとふります。

“天気予報の山ぞいはにわか雨” というのを恨めしく思います。畑は篠山盆地のちょうど真ん中にあるのです。にわか雨は篠山盆地を囲む山ぞいを、ザーっと駆け抜けるのです。

先日畑の横を流れる農業用水路にポンプを仕掛けホースで水やりをしていると、近所のおばちゃんが(私もたいがいおばちゃんですが、その方は私が子供の頃からおばちゃんでした) 「もう降るか、もう降るか思うてまっとるけどあかんな~。川北はふらへんとこやな~」 誰も思うことは一緒のようで、しばらく立ち話が始まりました。三田から篠山まで車で走ると、途中までは雨で道路が濡れていても実家に近づくにつれ雨の様子はなくなるのです。どんなにがっかりか・・・。

本当のことを言うと、ホースを使っての水遣りははじめてのことです。簡単に考えていましたが、カラカラに乾きひび割れてしまった畑はちょっとやそっとの水遣りでは埒があかないのです。底なしのように水を吸い込むのです。それに昼日中には水遣りはできず、ちょっと涼しくなってからというと帰るのが遅くなります。母は「はよう帰りや」とうるさく言って来ます。蚊にはかまれるし、はかどらないし、イライラしてきて「解かってる!!」お母さんごめん・・・。

黒豆は玉ねぎやジャガイモのようにはいきません。

なかなか思うように世話ができませんが、お盆前に咲きかけた花が今小さな豆のさやに育っています。右の2枚の写真です。左の大きい方は、枯れていたトマトやナスを引き、まくわ瓜も引きやっと耕しました。9月になってもう少し気温が下がったら、ほうれん草とか菊菜とか秋まきの野菜をまくつもりです。

|

« タオル | トップページ | Yちゃん2才の誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちよみさんの写真、クリックすると大きくなってとても見やすいです。こちらは、今日も土砂降りの雨が降りました、畑は大喜びです。きゅうり、なす、オクラが、毎日食卓に並びます。黒豆水がなくてもよくなっていますね。こちら9月になると大根を蒔きます。

投稿: こじま | 2006年8月29日 (火) 22時54分

chiyomiさん
黒豆大分実をつけましたね
何時までも暑くて野菜達は悲鳴をあげていますよね
此方は午前中に雨が降りました
作業していて次水遣り・・・の段階で雨が降ってきたので省略です
カメラを持っていったのに写さずじまいでした

投稿: fuji | 2006年8月29日 (火) 23時42分

こじまさん
一度こじまさんの畑のように土砂降りの雨が欲しいです。夏野菜で残っているのは、耕した畑の奥の方に写っている万願寺唐辛子だけです。
どこの畑の黒豆も暑さと雨不足の中、青々と育っていますが、問題は花が咲いてそれがさやになるか、そしてしっかり実が入るかだと思います。

fujiさん
ラッキーでしたね。三田も朝のうちちょっと雨が降りました。でも篠山方面はだめでした。写真のようにからからです。
大きなひび割れがいっぱい出来ていましたが、この前水やりをした時余りにも水を吸い込むので足でつぶしていきました。fujiさんの畑はいつもよく世話が出来ていて、野菜もいいのがとれ感心しながらブログを読ませていただいています。

投稿: chiyomi | 2006年8月30日 (水) 04時44分

わたしも写真を大きくして楽しませてもらいました。作物がよくできているのにびっくりです。水不足なんて信じられないくらい立派ですね。
でも雨が降らないのですね。照る照る坊主を逆さにでもつるしたら……

投稿: あきの | 2006年8月30日 (水) 04時47分

あきのさん
黒豆の水管理は難しいらしいのです。やり過ぎると木の部分が大きくなりすぎるし、花の咲く頃水不足だと花がさやにならず茶色くなって枯れるし、今の時期水不足だとさやが大きく育たないそうです。ポイントを押さえた水遣りが必要だそうです。でも一度ザーっと降ってほしいです。

投稿: chiyomi | 2006年8月30日 (水) 05時26分

chiyomiさんのブログで 丹波篠山の黒豆枝豆を知って、いろいろ調べて見たりもしました。<米づくりの数十倍手間がかかる> <篠山盆地は黒豆枝豆にとって最高の土質> <漫画(美味しんぼ)でもとりあげられた篠山の黒豆枝豆> などなど読んでいると chiyomiさんの黒豆枝豆の成長が楽しみになりました。
水やり一つでも 苦労がいるのですね。秋の収穫を楽しみにしています。インターネットで買うとオークションで500グラムで3000円からです。高いんだか、安いんだか・・・分かりません。

投稿: となりのとまと | 2006年8月30日 (水) 11時09分

とまとさん、調べて頂きありがとうございます。
でも500g3000円は絶対に買わないでくださいね。㌔1000円位です。川北産の枝豆なら生産者は北川、山本、大西さんで、川北新田産は山本、斎藤、田中、岸田、土井さんだったと思います。
ブログで立ち話したおばちゃんが言われるには、昔は雨がふらなかっても夜露で黒豆は水分調整していたそうです。そういえば朝草むらを歩くと足元が露でぼとぼとに濡れたものです。今は温暖化の影響か夜露も余り降らないそうです。
10月10日頃には、ぷくっと大きくなった枝豆を見ていただけますように。

投稿: chiyomi | 2006年8月30日 (水) 12時27分

雨も降らないのに黒豆の葉は虫食いも少なく立派ですね。自然に頼る農作物は大変です。日照りに不作なしと昔は言いましたが、これは稲作のことですよね。chiyomiさんの美味しい味自慢をここで読みたいです。

投稿: oss102 | 2006年8月30日 (水) 20時22分

OSSさん、いつもやさしいコメントありがとうございます。“美味しい味自慢をここで読みたい”などと書いてくださったら chiyomiさんは本当にそうしそうです。(笑)
今年は暑過ぎるせいか、虫の発生が少ないように思います。枝豆になるまでに例年だと3回防除するのですが、今年はまだ1回ですんでいます。

投稿: chiyomi | 2006年8月31日 (木) 01時57分

黒豆も枝豆の様に塩茹でで食べるのは美味しいです
中国では落花生は塩茹でで食べます
圧力釜で6分位が丁度よい茹で上がりです。

投稿: りんこう | 2006年9月 4日 (月) 08時04分

はい、10月10日頃になると枝豆にして食べます。その頃がやわらかくて一番美味しいです。17日頃になると黒豆のもちもち感がでてきて甘味が増してきます。21日頃になるとさやの中にもう一つ薄い皮ができますがそれさえ気にしなかったらよりもちもちした感じでそれが好きだという方もあります。あとは乾かして豆にし、黒豆の煮豆にします。
落花生の塩茹でも美味しそうですね。もちもちしているのでしょうね。
初めてのコメントありがとうごさいました。

投稿: chiyomi | 2006年9月 4日 (月) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨がふらない・・・:

« タオル | トップページ | Yちゃん2才の誕生日 »