« 8月 18日 | トップページ | 愛しいもの »

身に付かない

chiyomi さんは、婚約指輪も結婚指輪も持っていません。貰わなかったのではありません。人並みに二人で買いに行きました。でも、結婚後大切なものは旅行とか帰省とかで出かける時持って出るという習性のため持って歩いているうちに、いつなくしたと気付かないうちになくしてしまっていたのです。心あたりは必死で探しましたが結局見つかりませんでした。

この話をすると「ご主人、怒らはったやろ・・・」と言う人もありましたが、お父さんの心の中まではわかりませんが(心の中をのぞくのは不得意なのです)特別何も言いませんでした。それに指輪がなくても毎日の生活にふじゅうなことはありません。

そのうちファッションリングと呼ばれる指輪をみんながするようになった時には、私も2・3個買ったと思います。近所の奥さんが実家が宝石店とかでお商売にされていたのです。

そのまた数年後、今度は主人のお父さんが亡くなられたとき頂いたもので買った真珠の指輪を無くしてしまったのです。さすがにこの時はお父さんには言えず、よく似たのを買ったお店で注文しました。この話は今でもお父さんには内緒にしていますが、指輪は独身時代クリスマスプレゼントに貰ったオパールの指輪と共に娘のRちゃんがもっているはずです。

30代の頃の話です。

その頃は今と違って手にしみなどできてなくてきれいな手をしていましたので指輪も似合っていました。でもその時 chiyomi さんは指輪はつくづく身に付かない性分なんだと思いました。以来子育てにお金のかかる時代になったこともありますが、そして今は少しは余裕もできましたが指輪がほしいとは思わずきています。

|

« 8月 18日 | トップページ | 愛しいもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちよみさん、はめたりとったりするものは、お出かけには止めた方がいいです。小さくて高価な物ほど忘れます。私の指は、先の方が太く指輪は入りません。不似合いなのであります。もう必要がなくなりました。ちよみさんは、まだまだお洒落をしてください。イミテイションがいいですョ。。

投稿: こじま | 2006年8月20日 (日) 18時30分

私も指輪、ネックレス、みんな邪魔臭いほうです。
でも3・40代は、ネックレス、イヤリングなどつけていました。スポーツを始めてから邪魔になりました。今は法事のときなどに、真珠のネックレス、指輪をする程度。帰宅したらすぐ外して清々してます。畑仕事するのに装身具は向きませんね。

投稿: oss102 | 2006年8月20日 (日) 19時57分

こじまさん
こじまさんにそういわれると、やっぱりおしゃれをしなければと思いますが…おしゃれ心は大切なのでしょうね。気をつけます。そうそういい物ほどなくしやすいですね。

Ossさん
仏事でさえも汗をかくといややからとつけなくなりました。困ったことです。どこまでいくのでしょう。

投稿: chiyomi | 2006年8月21日 (月) 03時33分

この話は縁なしですね。
体につけるものは何でも少ないほうがいい。仕方なくつけるのは、男のネクタイをして出るような席です。そのときはイヤリング。これはつけていて気にならないからです。指輪は生姜指にはなしです。

投稿: あきの | 2006年8月21日 (月) 05時57分

ピンポン~はいそうなんです。私は指輪に縁がないようです。
不思議なものですね、さらさらとにげていきます。

投稿: chiyomi | 2006年8月21日 (月) 07時56分

私はまだ40代ですが、あまり貴金属を身につけません。夫は毎年結婚記念日に プレゼントをくれます。タンスの中には高価ではないけれど一緒に暮らした年数分のアクセサリーがしまわれています。これは、少しはおしゃれをして欲しいという 夫からのメッセージですよね。少し反省しました。
でも・・・若妻の頃に頂いた指輪は どう頑張っても節くれだって太くなった今の指には入りません。(;´д`)

投稿: となりのとまと | 2006年8月21日 (月) 09時11分

私は指輪やネックレスはつけっぱなしですが、どうしても身につかないものがあります。それは腕時計!!どんなに気をつけてもどこかにいっちゃうんですよね(TT)

投稿: 嫁のA | 2006年8月21日 (月) 11時47分

嫁のAさん、私も腕時計はダメです。以前バスに乗って買い物をしていた頃は時計は欠かせない必需品でしたが、自家用車になってからは時間を気にすることがなくなりました。

投稿: こじま | 2006年8月21日 (月) 13時29分

とまとさん
いいご主人ですね!!我家とは大きな違いです。
この前の私のお誕生日、みんなが集まってお祝いしてくれるからお父さんも帰れる?と聞くと“今日は帰られへんから、明日来てくれるように言って”だったのですから…あ~ぁです。大事にしてくださいね。
それにしてもすごい数のプレゼントですね。

嫁のAさん
Aちゃんは腕時計ですか。不思議ですね。
ふと思ったのですが、身に付かないの言葉の使い方は、関西地方独特の使い方なのでしょうかね。

こじまさん
こじまさんも腕時計がだめですか。車は便利ですね。

投稿: chiyomi | 2006年8月22日 (火) 02時27分

お話のながれから 身に付かないの意味は理解できましたよ。 たぶん なくして自分のものにならないってことですよね
九州ではこういうときはどんな表現するんだろう???  なんか いい言葉が思い浮かびませんでした。 
辞書で 身に付く を調べたら
1 自分の所有となる。自分のものとして持つ。「悪銭身に付かず」
2 知識・習慣・技術などが、自分自身のものとなる。「早寝早起きが身に付く」 
でした。 

指輪もブレスレットもピアスも大好きですが
私の場合「身に付かない」というよりも アクセサリーのほうが「寄り付かない」ようです。(笑)

投稿: ビディの母 | 2006年8月23日 (水) 20時34分

ビディの母さん
ごめんね。身に付かないが、なんか国語のテストのようになってきましたね。あきのさんの“縁がない”が一番近い表現だと思いますが、ビディの母さんが書いてくださったように“自分のものになってない”からとも言えますね。自分のものになってないから、私の手元から離れていくのですね。今度からもっとみんなにわかる言葉で表現しなくてはと思いました。
英語は全くだめだけど、国語ならと思っていましたが偉そうなことを言えなくなりました。
“指輪もブレスレットもピアスも大好き”と言われるビディの母さんを、指輪だってブレスレットだってピアスだって大好きのはずですよ。

投稿: chiyomi | 2006年8月23日 (水) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身に付かない:

« 8月 18日 | トップページ | 愛しいもの »