« 君よ八月に熱くなれ | トップページ | 私の夏休み »

クーリングオフ

8月2日のことです。“M電気の販売代理店でSともうします。お宅様の月々の電気代とガス代を、エコキュートに変えることによって浮いてくる光熱費でエコキューとの代金を払っていくお得な話ですので一度説明にうかがわせてくださいませんか?”という電話を受けました。いつもなら“リフォームをして間がないので、ガス台も給湯器もまだまだ使えるのでもったいないのでいいです”と答えて切るのに、その日はその次まで聞いてしまったのです。

一人と思っていましたが、息子より若い誠実そうな営業マンが2人で来られました。玄関は日がさして暑いのでクーラーがきいている部屋に入っていただきました。貯金通帳で一年間の光熱費の平均を出し、エコキュートに変えると安くなる光熱費の差額を出して15年間でどれだけ得になるか説明を受けそれでエコキュート代金を支払っていくことになります。サービス期間なので、本体と工事費で103万円足らず。国から8万円の補助も受けられるとのことです。(補助は申し込み順なので確実ではないとのことでした)なかなかいいお話でした。工事契約書とクレジット契約書(金利を支払うのは嫌なので一括で支払う方法をとりたいと言いましたが一括でもクレジット会社を通すそうです)に署名しました。
ガス台をIHに変えオール電化にすると130万ぐらいかかるという計算書も頂きました。

その夜から chiyomi さんの思案が始まりました。娘のRちゃんは(住宅メーカーに勤めています) “エコキュートにするんだったら、うちでやって”と言います。お父さんはこういう話は chiyomi さんに全ておまかせなので相談はしませんでした。(我家では2度のりホームで800万ほどかかりましたが、その時もおまかせできています)

クーリングオフ制度のお世話になることを決めました。
昨日郵便局からクーリングオフのはがきを出しました。恥ずかしかったので局の方に「大きな声で言えませんが、こんな方はいらっしゃいますか?」と聞きましたら「けっこういらっしゃいますよ」とのことでした。ちょっとほっとしましたが、暑い中来てくださった若い営業マンのことを思ったら申し訳ない気持ちです。

もう二度と電話での営業にはすぐ “いいえ” ということにより迷惑をかけないようにしようとこのブログを書きました。

|

« 君よ八月に熱くなれ | トップページ | 私の夏休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

イエスは楽でノーはエネルギーがいります。
好感を持った若い人に、署名まで行って断るのはガッカリする顔が見えて辛いのですね。
そういうことってありますよ。chiyomiさんの優しさが表れたエッセーでした。

投稿: oss102 | 2006年8月 8日 (火) 21時44分

“イエスは楽でノーはエネルギーがいります”肝に銘じます。
OSSさん、この年になっても人に迷惑をかけてしまいました。もう二度としないようにします。

投稿: chiyomi | 2006年8月 8日 (火) 22時00分

人が良くて、気が弱い。
これは大損。わたしも断れない性格で損をします。夕べも損をしました。溜まりに溜まると、一生ではかなりの損になります。(ノーを言える勇気です)
お互いに。

投稿: あきの | 2006年8月 8日 (火) 23時08分

自分ではけっこう気が強くて断る勇気も持っているつもりなんですが、全くそうでない部分があるから結果迷惑をかけてしまいました。そしてうじうじしてしまいます。
あきのさんはしっかりされていそうに思っていましたが、失敗もあるのですね。そうでした、あきのさんは人情話に弱かったですね。

投稿: chiyomi | 2006年8月 8日 (火) 23時42分

ちよみさん、クーリングオフしたことは私もあります。(2度ほど)・・契約した後でクレジット会社から必ず確認の電話が入ります。その時に家族に相談したら大反対されたと断りました。

投稿: こじま | 2006年8月 9日 (水) 12時00分

『ノーと言えない日本人』でしたっけ?
昔 そんな本が取り沙汰されたことがありましたね。
若いころは、イエス、ノーをきっぱりはっきりいう人がカッコ良くて そんな人になりたいと思っていました。
仕事もバリバリこなすキャリアウーマンなんて言葉が巷に流れ始めたころです。常に責任のありかをはっきりとさせておかないと どうにもならない仕事をしていました。入社してしばらくしたころ、『仕事が板に付いてきたけど、殺伐としていない?』と言われたことがありました。・・・昔の話です。
今は、人並みに歳を重ねて、物腰柔らかく、でも、伝えることはきちんと伝えることのできる大人になれたでしょうか・・・そんなことを考えさせられました。

cjiyomiさんのところへ説明にいらしたオール電化のお話ですが、○菱電気さんの代理店で、我が家は今年の春に工事をして 小さな発電所になりました。(IHクッキングヒーター、エコキュート、ソーラーパネルを設置しました。チームマイナス6%に貢献できてるかな)

投稿: となりのとまと | 2006年8月 9日 (水) 19時53分

こじまさん
クレジット会社からは電話はなかったです。書留でハガキを出さなくてもクーリングオフの手続きはできるのですか。ありがとう、でももうお世話にはならないようにしなくてはと思いました。

とまとさん
とまとさんも○菱電気のオール電化のおうちですか。さすがです。私も営業の方の話を聞いてとってもいい話だと思いました。それでやってみたいと思ったのです。でもブログにも書きましたが、リフォームでシステムキッチンを替え給湯器を替えまだまだ充分使えるのです。それらが買い替え時になったとき、憂いなくオール電化の家にしようと思いました。
物腰やわらかく…とまとさんの表現には感心します、私も思います。おなじ“ノー”と言うにも相手を傷つけず、じぶんも嫌にならない言い方があるはずですね。私には訓練が必要です。

投稿: chiyomi | 2006年8月 9日 (水) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クーリングオフ:

« 君よ八月に熱くなれ | トップページ | 私の夏休み »