« 日本沈没・第二部 | トップページ | はじめての注文 »

初秋のごあいさつ

Cimg1777Cimg1779Cimg1780Cimg1786Cimg1784

毎年9月10日頃になると売り出される、篠山市本郷の森口栗園のピオーネです。

藤稔りが一番甘いのですが、つぶれやすいので宅急便で送るのには適さず、それに今年はあっという間に売れてしまったらしく残念ですが、森口栗園のピオーネはとっても甘くて美味しいです。

森口栗園とゆうぐらいですので、昔から丹波栗の農園で栗狩りをされていました。それがベリーAとかのぶどう狩りも始められ、藤稔り、ピオーネを販売されるようになりました。森口さんの近所に住む従姉妹にピオーネを貰って食べ、美味しかったので袋に森口栗園と書いてあったのを見て自分でも買ったのが初めです。

森口栗園は車で片道1時間ぐらいです。

Cimg1800   * お ま け *

森口栗園では、はじけてしまったりちょっと虫食いで出荷できない栗を 『どうぞお持ち帰りください』 と大きな箱に入れてあります。
みんなは栗ご飯になら充分だと選んでおられましたが、栗ご飯は手間がかかる割りにサツマイモご飯みたいでもう一つのような気がするので茹でました。

もう少しでまた焦がしてしまう所だったので、塩が吹いたみたいになってしまいましたが、包丁で半分に割ってスプーンで食べるとちょうどの塩加減で美味しかったです。
こんなに美味しいのならもっと欲張ってもらってくれば良かったと後悔しています。

|

« 日本沈没・第二部 | トップページ | はじめての注文 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私はブドーの大きいのといえば巨峰しかしりませんでした。昔はブドーは大好きでしたが、今は食べる時間が無いというかんじです。でも美味しそう・・・

投稿: oss102 | 2006年9月12日 (火) 20時57分

森口栗園さんのぶどう美味しそうですね。うちのぶどうは、今年は不作でした。

投稿: こじま | 2006年9月12日 (火) 22時27分

もう秋の味覚が出揃ったと言う感じですね
美味しそうなぶどうで 口の中に甘酸っぱさが広がってきました
いやしんぼう!と言われそうですが ぶどうが大好きなんですよ

投稿: fuji | 2006年9月12日 (火) 23時12分

とっても おいしそうなぶどうですね。
はらぺこへびくんが 食べたら・・って想像したらら笑えました。 うふふ
最後の落ちは 気にいっていただけましたか?
宮西達也さんの 絵本で 「カエルくんのおひるね」というのがありますが これも 楽しい展開ですよ。 今日図書館に「よこしまくん」を借りにいったのですが あいにく貸出中、 あーいつになったら読めるのか、予約を入れて 気長に待つことにしました。

投稿: ビディの母 | 2006年9月12日 (火) 23時21分

Ossさん
おいしいよ~!!
時間が無いと言わないでまた食べてみてくださいね。
さっきおまけを載せました。おまけの栗も美味しかったです。でも、ブログを書きながら茹でていたのでまた焦がす所でした…エヘッ!

こじまさん
ご主人丹精のぶどう、本当に残念ですね。大豊作の年に是非ご招待お願いいたします。
Ossさん時間を作って一緒に行きましょうね。

fujiさん
fujiさんもぶどうが大好きですか。私もです。
三木でも、神戸でも美味しいぶどうがいっぱい売り出されていますが、篠山の森口栗園のぶどうも本当にお薦めです。
売り出しされる期間が10日間足らずですぐ終わりますが、機会があれば是非試してみてくださいね。

ビディの母さん
はらぺこくんが食べたら…フフッ…これなら絵の苦手なchiyomiさんでもかけるかな。
残念!もうみやにしたつやさんが書いていました。
最後の落ち とってもとっても気に入ったから、一呼吸おいたのにあてることが出来なかったのが悔しくて、ふてくされています…?
これって、よこしまくん?

投稿: chiyomi | 2006年9月13日 (水) 00時19分

美味しそうなブドウの写真ですね。<藤稔り>と言うブドウは食べた事がありません。大粒で甘い品種のようですね。

『樅の木は残った』を読み終わって 学生時代に原田甲斐に恋した事を思い出しました。(笑) この秋じっくり山本周五郎を読もうかと 来週あたりに 図書館へ行こうと思っています。『はらぺこへびくん』の本もあったら読みたいです。最後のオチが気になります。

投稿: となりのとまと | 2006年9月13日 (水) 10時27分

とまとさん
はい、藤稔りは甘味が濃いブドウです。だからか、ピオーネのように皮とか果肉がしっかりしていないようです。
とまとさんの昨日のブログを読んで、私も息子が置いていった本の中から司馬遼太郎の『関ヶ原』文庫上・中・下巻を引っ張り出しました。今のところ島左近が魅力的に描かれています。とまとさんを虜にした原田甲斐にもあってみたいと思います。でも本を読み出すと何もする気がしなくなるのが困ります。
それから、アマゾンで注文したシリーズ届きましたよ。
よこしまくんと仲間たちはきっちり期待にこたえてくれました。ビディの母さんお薦めの『はらぺこヘビくん』も楽しくて、最後のオチの場面では是非一呼吸おいて考えてくださいね。でもとまとさんならクリアーできそう!

投稿: chiyomi | 2006年9月13日 (水) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋のごあいさつ:

« 日本沈没・第二部 | トップページ | はじめての注文 »