« あいかわらず・・・ | トップページ | ココログ本 »

映画 & 人形展

Cimg1994 JRの車内広告で気になっていた映画“旅の贈りもの”をみに、今日は久しぶりに神戸に出かけました。

でも映画だけだともったいないと、友達の希望で与勇輝さんの人形展もセットです。今、神戸大丸の9階で開催中です。

人形には特別の関心も興味もなかったのですが、高倉健さん主演の映画「鉄道員」で、なくなった一人娘さんのお人形「ゆきこちゃん」が与勇輝さんの作品だったと知り急に身近に感じたのは勝手なものでした。映画で観た「ゆきこちゃん」は、本当にいい人形で今でも覚えています。

与勇輝さんの人形展は、思いがけず、いいものをみせてもらいました。

映画“旅の贈りもの”は、偶数月の第3金曜日 0:00時ジャストにJR大阪駅を出発する、行き先は秘密の夜行列車に乗り合わせた人々の物語です。
“旅の贈りもの” をたどる旅、というツアーが日本旅行で募集されているそうです。このツアーに参加申し込みをすると、映画の鑑賞券がついてくるそうです・・・なるほど。
「いい日旅立ち」がエンディングに流れるし、EF58 150  マイテ49 と言う列車が走るし、これはもうJRのコマーシャル映画ではと思った chiyomi さんです。

|

« あいかわらず・・・ | トップページ | ココログ本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわー いなぁ!!
与勇輝さんの お人形いいですよね
子どもらしい、愛らしい一瞬のしぐさや表情がすばらしいです。
写真でしかみたことがありませんから ぜひ 本物を見てみたいと思ってました。
神戸大丸ですか、博多大丸にはこないのかしら
きたら 絶対見に行きたいです。


投稿: ビディの母 | 2006年10月28日 (土) 08時42分

いきますよ いきますよ・・・2007年4月25日~5月7日です。昨日もらったちらし?にのってました。ちゃんと博多・大丸となってました。是非楽しんでくださいね。
与勇輝さんをご存知だったビディの母さんが、いいなぁ~っと思います。
どうしてこんな表現ができるのか、引き込まれてしまいました。
これまで知らなかったのが残念です。

投稿: chiyomi | 2006年10月28日 (土) 09時50分

良いものを見て来られましたね。子どもの一瞬の表情のとらえ方に驚かされます。
与 勇輝さんの名前を知ったのは8年位前です。偶然、家の外壁の塗り替えを頼んだペンキ屋さんが 教えてくれました。そのペンキ屋さんは油絵を描いていて、個展を開く話をしていた時に、勉強をしていた時の同級生に与さんがいると教えてくれました。 それから「徹子の部屋」で作品を見る機会がありました。その後、河口湖にある 与勇輝館を訪れる事ができました。
そのペンキ屋さんに出会わなかったら、今も知らなかったかもしれませんね。

投稿: となりのとまと | 2006年10月28日 (土) 10時53分

神戸・・・一度は行ってみたい場所です。
映画に人形展、いいですね。映画はずっと観ていません。
でもJRのCM映画のようなのね・・・^^;

今日はTVで踊るレジェンドシリーズ、観ようかと・・・☆

投稿: くり | 2006年10月28日 (土) 11時17分

とまとさんは河口湖ミューズ館まで行かれたのですか。
昨日の友達も行ってみたいと思っていたそうです。
きっかけはだれにでもあるはずなのに、生かすことが出来るかどうか好奇心旺盛のとまとさんは素敵です。
それからペンキ屋さんと言えど、センスのいい方にあたりよかったですね。今回のリフォームで思いがけず玄関ドアの塗り替えをサービスしていただいたのですが、サービスと言うことだったのでつい自分の希望を言い出しにくく、塗り替えられたドアを見てはげてても前のほうがよかったと思ったものです。美的感覚の備わった方にお世話になりたかったchiyomiさんです。

投稿: chiyomi | 2006年10月28日 (土) 11時29分

くりさん
このシリーズはおもしろいですね。私もみてみたいのですが、今日は単身赴任中のお父さんが帰ってくるのでチャンネル権は、テレビ大好き父さんにあります。(笑) くりさんは是非楽しんでくださいね。
神戸の街は、南(海側)北(山側)の距離が歩けるほどで、東西にはちょっと無理かなと言うほどの細長い街です。海と山を常に意識できるので迷うことはありません。パン屋さんとケーキ屋さんの数はすごいですよ。くりさんからはちょっと遠いですが、いつかお友達とお越しくださいね。

投稿: chiyomi | 2006年10月28日 (土) 11時52分

この人の人形もいいですが、石井美千代さんのは、もっと庶民的な性格のつよい人形。見たことありませんか。紙芝居・お嫁入りなどやガキ大将。ちよみさんが見たら絶対入門したくなるほどの人形。

投稿: あきの | 2006年10月28日 (土) 21時24分

ブログにも書きましたが、創作人形については全く関心や知識を持ち合わせていませんでした。みんな潤いのある生活をされているのだなぁと感心しています。あきのさんが勧めてくださった石井美千代さんを検索してみましたが出ませんでした。でも、ポッポヤの「雪子」ちゃんが今回の人形展をより楽しませてくれることになったように、あきのさんに頂いたコメントがいつか石井美千代さんの人形に出会ったときより身近に感じられることは間違いないと思います。

投稿: chiyomi | 2006年10月29日 (日) 09時25分

私も 興味がわいて 石井美千代さんで 検索してみたら HIT無し
でも もしかしたら 石井美千子さんかもしれません
昭和の子どもたち・・・ とっても 素敵な作品ですね。

http://homepage2.nifty.com/syowanokodomotati/shw_03/showa_3rd.html

投稿: ビディの母 | 2006年10月29日 (日) 17時23分

ビディの母さん
ありがとうございました。
昭和の子供たちが生まれた、石井美千子さんからのメッセージも読ませていただきました。石井さんは、1953年生まれとありましたので私より若いのにこんな世界を表現できる、私は忘れてしまっていました。
あきのさんのブログに作品の検索は、Yahooで石井美千子と検索し③をクリックすると書いてくださっていました。こちらも是非ご覧ください。
生活の匂いのするすばらしい人形展です。
あきのさんのブログは「あきの70路を語る」です。

投稿: chiyomi | 2006年10月29日 (日) 22時24分

ビディの母さんごめんなさい
あきのさんのブログは2つ有ってココログのほうでなしに
http://blogs.dion.ne.jp/akino/ です。

投稿: chiyomi | 2006年10月29日 (日) 22時32分

うかつにも訪問が遅れていました。与勇輝展、もう10年くらい前でしょうか、札幌三越の展覧会でみました。ウイークディなのにとても混んでいて、もっとゆっくりみたかたです。
徹子の部屋にも出ていて、古い生地で、家の中は布だらけだといっていました。石井美千子さんの家も同じようでしょうね。
お片づけの好きなchiyomiさんには向かない創作活動かも(笑)

投稿: oss102 | 2006年10月30日 (月) 13時31分

Ossさんもご存知だったのですね。みんなすごいなぁ~。
どのお人形にもぴったり似合った着物が着付けてあって、それはたくさんの布地の中から選ばれるのでしょうね。すごい着せ替え人形ですね。
お片づけの好きなchiyomiさんは、Ossさんの大きな誤解です。(笑)

投稿: chiyomi | 2006年10月30日 (月) 20時33分

chiyomiさん、こんばんは。
2ヶ月以上も経過しているのにごめんなさい。今日13日、当方のブログに与勇輝展を見てきた(19.1.11)と書いたら、ネモフィラブルーサンからchiyomiさんが10月27日に人形展のことが書いてあるとコメントをくださり、ここにとんだきました。
ほのぼのとする人形は、誰をも惹きつけるのですね。
河口湖、札幌などで皆さんも見ておられる。
また、ネモフィラブルーさんが、あきのさんが(すいませんご挨拶まだなのに)、石井美千子さんのお人形のことを触れられていると教えてもらいました。検索してみてきました。昭和の時代がよみがえっていました。当方のブログの本日アップ分の文中に追加で、chiyomiさんのこの日の記事リンクを入れさせてください。
また石井美千子さんに関する記事が印象深かかったので、それも追加で触れようかと思います。

投稿: ムムム | 2007年1月13日 (土) 21時24分

与勇輝展にいかれたのですね。
ブログを初めて一年たつのに、リンクとか縁がなかったのでよく解からないのです。ごめんなさい。どうぞムムムさんのいいようにしていただくとうれしいです。よろしくお願いいたします。
私がブログを続けてこられたのは、あきのさんとOSSさんのおかげです。ムムムさんも是非お友達になってください。お二人とも毎日更新されていて楽しいブログです。
早速ムムムさんのブログに訪問させて頂きます。楽しみです。

投稿: chiyomi | 2007年1月14日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 & 人形展:

« あいかわらず・・・ | トップページ | ココログ本 »