« 武田尾のもみじ | トップページ | イナゴ »

小蕪 で

Cimg2135 chiyomi さんの畑の小蕪が大きくなってきたので、昨日はクリーム煮に。今日は千枚漬にしました。

クリーム煮はクリームシチュウのルーで炊いたし、千枚漬はスライスした小蕪に塩をし、しばらくして水洗いし絞ったものを昆布だし入りのすし酢にグラニュー糖を混ぜ込んだものに昆布と唐辛子、ゆずと一緒に漬けました。
娘と二人暮しは、全くの簡単料理です。
本当は生協さんで千枚漬の素を買って作ろうと思っていましたが、今年はまだ店頭に出ていなかったのです。

小蕪はほとんど畑の土の上で大きくなり、おしりにある10cm程の細い根(写真では切っています)があって、その根が地中深く成長し水分や栄養分を吸収しています。直径2ミリに満たない細長いひも状のもので支えられているのです。

丹波地方はこれからの時期、陽がさしていても油断できません。ぐらぐらっと天気が崩れ時雨れてきます。おひさんがてっているのに降っている時もあります。
一雨一雨冬になっていきます。そして野菜は寒さにあたるとやわらかく、甘くなっていきます。

|

« 武田尾のもみじ | トップページ | イナゴ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は今年はじめて小蕪の種を蒔きました。
まだまだ小さいけど、大きくなるのかなーと心配しています。
たまねぎのように、土の上にできるんですか?
たまねぎは、いっぱいひげのような根があるけど、一本ってことは、やはり大根の親戚ですね
うちは、この1年新聞を取るのをやめています。蕪の下に敷いてある週刊誌の広告を久しぶりに見て、思わず読もうとしてます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月15日 (水) 23時44分

ブルーさんは10月になってから蒔かれたのではと思います。
野菜は正直で、雨が降ったり気温が高かったりするといっぺんに大きくなりますが、寒くなるととたんに成長が止まると思いませんか?寒くて大きくなる速度は遅くなりますが、まだまだ大丈夫だと思いますよ。
小蕪は玉ねぎよりもっと上に出来ますよ。細い根だけで支えている姿はけっこうおもしろいです。
それからエッと思ってしまいました。新聞店とけんかしたのですか?
アッ、そうかインターネットで読めますね。(笑)

投稿: chiyomi | 2006年11月16日 (木) 04時41分

わたしの近所でも若い人たちは新聞をとりません。
わたしも来年から一人暮らしの予定なので、新聞はやめます。新聞のほかに折込広告で倍になる。これがなくなると助かります。そして今はネットで新聞が読めますから。
カブはおいしそうですね。カブを漬ける時、顆粒のだしのもとをいれるとまた違ったおいしさです。

投稿: あきの | 2006年11月16日 (木) 05時42分

そうですね、休みの日の新聞広告はそれだけで重たいです。
あきのさん家も、ブルーさん家と一緒になるのですね。わかりました、来年には蕪を隅のほうに積み上げた写真を載せることにします。(^o^)
さっきシマヤだしの素を降りかけておきました。ありがとうございました。

投稿: chiyomi | 2006年11月16日 (木) 06時42分

小蕪は並べられていると なんともかわいい坊主頭ですね。
切り揃えられた根は嘴みたいで 温かい南の国を目指して飛んでいく鳥たちのようにも見えます。
一雨毎にやってくる冬の寒さは 野菜を甘く美味しくしているのですね。
しかし、皆さんの夜の遅いことと 朝の早いことに ビックリしています。

投稿: となりのとまと | 2006年11月16日 (木) 07時23分

今日のエッセーもいいですね。蕪の根、そういえば地上にころころと可愛いですね。栄養は根にまかせて、自分は地上を眺めていたいのかな。甘いお菓子は苦手でも、素材の持つ甘味は大好きです。

投稿: oss102 | 2006年11月16日 (木) 07時42分

蕪とキュウリの漬物、彩りもよく大好きです。千枚漬けはしたことがありません。大根80本頂きました。一週間干して、塩4合、酢4合、砂糖2.5kgで漬けました。白菜、人参、ねぎも頂きました。家の畑の大根、ねぎ、重宝菜は、どうしょうか??、行き場がなく、困っています。^^;

投稿: こじま | 2006年11月16日 (木) 10時39分

小蕪…おいしそう。
蕪のクリーム煮って写真でみたことあるけど
家でやったことないなあ。食べてみたいです。

投稿: くり | 2006年11月16日 (木) 12時29分

ちゃんと 野菜はしっているのですね 大きく育つ時 じっくり寒さに耐えて熟成する時・・ しっかり大地とお日さまの恵みをたっぷりと受けて
chiyomiさんに育てられた 蕪は 甘くおいしくなるのですね。
そして chiyomiさんに おいしく調理してもらって 家族の舌を喜ばせ
幸せにするのですね。 
蕪のシチューは私も大好きです。

投稿: ビディの母 | 2006年11月16日 (木) 22時05分

とまとさん
言われてみればそうですね。可愛い目をつけてあげればよかったですね。(笑)
寒さにあたり、霜にあたるとほうれん草もねぎも驚くほど甘味をまします。でも寒さにへたってしまう葉菜類もあります。
もう少しきちんと生活しなくてはといつも思ってはいるのですが・・・


投稿: chiyomi | 2006年11月16日 (木) 22時57分

Ossさん
Ossさんのコメントがあればこそと思います。
蕪は畑でおしあいへしあいしながら育っています。その様子は本当にコロコロと可愛いですね。地上を見ていたい・・・やっぱり目をつけてあげなくってはね。(笑)
chiyomiさんはけっこう意地になって諦めないほうですが、昨夜の同じことを書き直しての3回はけっこう悲しかったです。(^_^;)

投稿: chiyomi | 2006年11月16日 (木) 23時09分

こじまさん
大仕事でしたね。
chiyomiさんのは娘と2人数日ぶんです。また無くなったら作ります。
大根の酢漬けは作ったことがないのですが今日仕事先でもらいました。おいしかったので今度作り方を書いてもらってやってみるつもりですが、その場合でもほんの少しだけ作ります。こじまさんはえらい!

投稿: chiyomi | 2006年11月16日 (木) 23時17分

くり さん
①蕪を茎を少しつけたところで切り落とし、皮はちょっと厚めにむきます。
②切り落とした葉っぱは3cm程に切る。
③鍋に水を入れ蕪を炊き、やわらかくなったら葉っぱも入れ、好きなクリームシチューのルーを入れ、こてこてだったら牛乳でかげんする。
これで簡単な蕪のクリーム煮もどきが出来ますよ。
蕪がとろっとやわらかくなり、葉っぱの緑がきれいです。

投稿: chiyomi | 2006年11月16日 (木) 23時34分

ビディの母さん
chiyomiさんがしたことといえば、蕪が芽を出して少し大きくなったら間引いて、ちょっと肥料をたして・・・9月に種を蒔いたから、たった2ヶ月のあいだにこんなに大きく育ってくれました。その間に間引いたぶんは浅漬けにして食べられます。
大地(ちょっと大げさかな?)の力はすごいです。
ビディの母さんの蕪のシチューはきっと本格的で、くりさんが写真で見られたようなおいしいシチュウ-と思います。私のは全くいいかげんで恥ずかしいです。(^_^;)

投稿: chiyomi | 2006年11月16日 (木) 23時51分

蕪のクリームシューおいしそうですね
さっそく作ってみようと思っています

投稿: 葛布織 | 2006年11月16日 (木) 23時53分

是非試してください。
葛布織さんのお家は、育ち盛りだからウイナとかベーコンとか入れなくては物足りないかなっともおもいます。

投稿: chiyomi | 2006年11月17日 (金) 01時21分

今夜 早速作ってみました
初めてだったので 蕪6個くらいで作ってみました
おじいちゃんが里芋を食べたいということでしたので
里芋と一緒に入れて煮た 鶏肉があったので
鶏肉と蕪のクリームシューにしてみました
蕪はとてもやわらかくてとろっとおいしく出来ました
主人は蕪を食べたことがないらしく(食わず嫌い?)
ちらっと見ただけでした(笑)
私と母はおいしくいただきました
母は牛乳が苦手ですが蕪は好きなのでこれなら美味しく食べると
喜んでくれました
バイトから帰った長男は寒いので熱々にだしてあげたら
一皿ぺろっとたいらげました
おいしいメニューがひとつ加わりました
ありがとうございます

投稿: 葛布織 | 2006年11月17日 (金) 22時10分

こんなコメントをいただけるととってもうれしいです。私こそありがとうございます。
かしわは合いそうですね。私も次は鶏肉を使ってみます。
葛布織さんのお家は家族が多くて楽しそうですね。我家は娘と二人暮しなので、気楽なかわりちょっとさびしい食卓です。
我家のお父さんもかわった料理は苦手のようです。どちらかと言えばそのまんまの方がうれしいらしいです。chiyomiさんの手が加わるほどまずくなる?(笑)

投稿: chiyomi | 2006年11月18日 (土) 00時43分

あきのさんに教えて頂いて、皆さんの拝見してますが、流石、物書きですね。吃驚,感心です。
 ところでちよみさんは丹後ですか。私今年9月天橋立を旅しました。webryaibamuにいれてあります。
 更に私は丹後からお野菜を送って頂いているのです。 とても美味しくスーパーでは買えません。 昨日も大根を10ポンほど頂いた所です。
 又、寄せて頂きます宜しくお願いいたします。
                       mac

投稿: mac | 2006年11月18日 (土) 15時20分

mac さん コメントありがとうございます。
四季桜の写真は本当にきれいで、山全体を写されているのは山桜の季節のようでした(山の風景を見るのは、山桜のボーっとかすんでいるように見えるのが一番好きです)
私は丹波の篠山生まれです。丹波は兵庫県と京都府にまたがっていると言う全国でただ一つの地方だそうです。篠山は兵庫県にあります。
丹後地方はその北になります。天橋立はきれいですね。monokakiには伊根の写真を入れてくださいましたね。行ったことはないのですが、NHKの朝の連ドラの舞台になったので行ったような気がしています。(笑)
mac さんはお料理もされるのですね。
私こそどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: chiyomi | 2006年11月18日 (土) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小蕪 で:

« 武田尾のもみじ | トップページ | イナゴ »