« 秋日和 | トップページ | 宿題 »

chiyomiさんの出版祝?に

Cimg2028_3 chiyomi さんの出版記念にと、宇部のお兄さんからリンゴが届きました。7月18日付 “ワアッ~! こうもりや!!” のブログのあとで届いたメールをブログに載せたお兄さんです。宅急便さんから箱を受け取った時からいい香りがしています。

山口県下関市でもリンゴが取れるんや~!へぇ~!! そういえば兵庫県でもリンゴが取れ、リンゴ狩りに行ったことがあります。品種は “ふじ” まだ蜜が入ってなくて残念でしたが、おいしいりんごです。
chiyomi さんはリンゴが大好きです。

リンゴは「一日一個で医者要らず」といわれます。しばらく元気でいられそうです。

そういえば、ポテトサラダにリンゴを入れますか?
私がポテトサラダを作る時は必ず入れます。春から夏にかけてのリンゴがおいしくなくなった時でも、お店でどうぞ中が茶色くなっていませんようにと思いながら買ってきます。でも娘のRちゃんはポテトサラダのリンゴが嫌いです。
パンにトマトを載せるのも嫌います。chiyomi さんはマクドナルドでトマトが入ってるからとビックマックを選ぶほどパンにはトマトです。
でも chiyomi さんのブログは好きと言ってくれます。これはRちゃんの出版祝かな?

|

« 秋日和 | トップページ | 宿題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな林檎。うれしい出版祝いが届きましたね。『リンゴが赤くなると医者が青くなる』と言われますものね、毎日頂いて元気に過ごせそう。
私は、ポテトサラダにもマカロニサラダにも 林檎を入れます。皮をむかずに薄くスライスして。夫は何も言いませんが、子どもたちはイヤみたいです。夫がイヤだと言わなければOKです。柿のサラダは全員からブーイングがでたので、却下です。果物は果物として食べたいと言うことらしいです。(酢豚のパイナップルが許せないのと一緒なのかしら?) パンにトマトは大好きですよ。

投稿: となりのとまと | 2006年11月 2日 (木) 09時01分

ポテトサラダにリンゴ なつかしいです
給食のサラダに入っていましたが、自分でつくるときは入れたことがありません
わたしは 子どもが生まれるまでは リンゴを買ったことがありませんでした

実家は農家ではありませんでしたが リンゴの産地だったため 近所のリンゴ農家からもらったリンゴが山ほどあったのです 
毎年食べきれずに春まで残っていました
そのままだと誰も食べないので 母親がよくリンゴを煮てくれました
こうするとたくさん食べるからです

今 うちの子どもたちはリンゴが大好きなので買うようになりましたが
リンゴって買うとこんなにするんだとびっくりしました
ちなみに わたしはフジが苦手です

投稿: ゆ | 2006年11月 2日 (木) 10時01分

出版祝。うれしいですね~^^
私はりんごといえば~~ってとこに住んでます^^
ポテトサラダにりんごかあ。
マヨであえるサラダによくフルーツいれるから
きっとおいしいのだろうなあ。
マック。グリルチキンの、トマト入りのが食べたいです~。
昨日友達が食べてて、おいしそうだったので。

投稿: くり | 2006年11月 2日 (木) 11時40分

いいことづくめのちよみさん、
心掛けのいいせいですよ。
サラダにリンゴを入れるとおいしいですね。タマネギも入れるとおいしいです。

投稿: あきの | 2006年11月 2日 (木) 15時11分

Chiyomiさんの 人徳ですねー それにしてもおいしそうなりんごです。しばらくと 言わず ずーと元気でいてください。
ポテトサラダにリンゴは・・・ 実家の母は リンゴや柿 おまけに缶ミカンまで入れてました。 
私個人としては 果物が入ってないほうが好きですけど・・・
主人も同じなので 我が家はフルーツ無しのポテトサラダです。
トマトとパンは最高です!
 

投稿: ビディの母 | 2006年11月 2日 (木) 16時20分

ちょっと留守していた間に、素敵なブログ本を出されていて、いいなぁと羨ましく拝見。私も友達にすすめられますが、記念になるものを残すには少し年をとりすぎていると、見送っています。
でもこうしてみるとこれからの自分のために1冊くらいならいいかなと心揺れています。
昔ポテトサラダにバナナを入れました。今はコーンを入れます。

投稿: oss102 | 2006年11月 2日 (木) 19時04分

とまとさん
みなさんから頂いたコメントを分けると、ポテトサラダにリンゴが好きというのは、年齢による線引きが出来る気がしました。若い世代は果物は果物として食べる方が好きなようですね。
仲良し家族のとまとさん一家の日常を覗かせていただいた気がしました。家庭料理だからまずご主人の嗜好にそう、とまとさんの方法が一番ですね。私もその方法でやっています。 “パンにトマト大好き”とまとさんならそう言ってくださると思っていました。(^_^)v

投稿: chiyomi | 2006年11月 2日 (木) 20時15分

ゆ さん
“フジ”が苦手だと聞いて、エェ~っと思いました。もったいないなぁ~! chiyomiさんにとって蜜入りの“フジ”は最高です。
春まで食べきれないほどリンゴがもらえるなんて、本当にうらやましいです。買ったことがないなんて、ゆ さんの実家の近所の果物屋さんはつぶれそうです。(笑)
息子さん達はリンゴ大好きとのこと、うれしいですね。歯のためにもいいらしいです。でもこれまでリンゴを買ったことがないゆさんにとっては、けっこうつらい状況ですね。

投稿: chiyomi | 2006年11月 2日 (木) 20時48分

くり さん
リンゴといえば・・・青森ですね!!
青森といえばまず弘前城を思い浮かべます。桜の向こうに岩木山が見える風景も。リンゴの花の向こうにも岩木山が見えるんですね。動けるあいだに一度行ってみたいです。
ゆ さんに続いてくりさんもリンゴの中で大きくなられたのですね。いいなぁ~。
せっかくおいしいリンゴがいっぱいなんだから、サラダにリンゴも試してみてくださいね。(^o^)

投稿: chiyomi | 2006年11月 2日 (木) 21時18分

下関、兵庫、でもりんごが採れるんですか?やっぱりりんごは、ふじが好きです。ポテトサラダには、玉ねぎ、きゅうり、人参、ハム、がわが家の定番です。

投稿: こじま | 2006年11月 2日 (木) 21時33分

あきのさん
あきのさんも線引きより上のようです。(^o^)
もちろん chiyomi さんも玉ねぎも入れます。玉ねぎを入れると味が引き締まりおいしくなりますね。
他のサラダは食べる直前にあえますが、ポテトサラダだけはマヨネーズで混ぜ合わせて時間を置いた方がずっとおいしくなるのは不思議です。

投稿: chiyomi | 2006年11月 2日 (木) 21時34分

ビディの母さん
ありがとう!! ずーっと元気でいられたらうれしいです。
ビディの母さん一家は線引きより下。若い世代に入りました。早く満身創痍から抜け出せますように。(^o^)
柿は経験ないのですが、お母さんと同じようにミカンの缶詰は入れていた時があります。きれいですよね。
ほんと パンにトマトは最高ですね。

投稿: chiyomi | 2006年11月 2日 (木) 21時59分

今夜はリンゴ入りのポテトサラダを作ってみました 
ご飯と一緒は合わないという意見もありましたが 完食しました
フジのパリッとした食感があまり好きではありませんが 全く食べないわけではありません
それから今は実家から離れた所に住んでいるので 毎年この時期から冬にかけてはよくりんごを買っています

投稿: ゆ | 2006年11月 2日 (木) 22時48分

Ossさん おかえりなさ~い!!
ブログ本が出来てきて、単純にうれしいです。パソコンから読むのでなく印刷された本から読むとchiyomiさんのブログが上等に思えてきます。全くの自己満足です。(笑)
Ossさんも是非試してください。かさどらないちっちゃな本ですよ。
今度バナナ試してみます。(^o^)

投稿: chiyomi | 2006年11月 2日 (木) 23時00分

こじまさん
兵庫県の北の方(リンゴ狩りに行ったのがずっと前なのでなんと言う地名だったか忘れてしまいました・・・ごめんなさい)でリンゴ狩りをしたことがありますが、まさか山口県の下関とは私もびっくりしました。
ポテトサラダにリンゴが入らないこじまさんも線引きより下。若い世代と認定されました。(^o^)

投稿: chiyomi | 2006年11月 2日 (木) 23時09分

ゆ さん  忙しいのにありがとう。うれしいです!!
そういわれると、本当にご飯には合わない気がしますね。でも完食だったとのこと、安心しました。でもでも、ポテトサラダの場合冷蔵庫に入れておいて次の日食べると、これがまたまたおいしく食べられるからうれしいですね。
今度はOssさんの真似をして、バナナを試してみようと思ったところです。(^_^)v

投稿: chiyomi | 2006年11月 2日 (木) 23時24分

chiyomiさん
知らなかった
長男の嫁の実家で不幸があったりして 孫達が出入りしたり 又私たちも葬儀に出かけたりしていたので暫くブログも良く見ていない間にchiyomiさんの本が出来ていたのですね
すごい すごい
良い記念になりますね
これからも頑張ってください

投稿: fuji | 2006年11月 3日 (金) 00時47分

fujiさんのブログを訪問するのだけど、ずっとそのままで心配していました。
お嫁さんのご実家のご不幸とのこと、お悔やみもうしあげます。
お疲れが出ませんように、大事にしてくださいね。
たいそうに書いて全く恥ずかしいのですが、本にして頂けたのはやっぱりうれしいです。ほんとうによい記念になりました。

投稿: chiyomi | 2006年11月 3日 (金) 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: chiyomiさんの出版祝?に:

« 秋日和 | トップページ | 宿題 »