« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

お父さんの実家で

Cimg2184 お父さんの実家でゆずをいっぱいもらったので、ゆずジャムを作りました。
去年の今頃ももらって、たまたま目に付いたブログで紹介されていたレシピで作りました。お嫁さんのあきちゃんの好物です。
もし、ゆずが3個あれば作ってみてください。



Cimg2197  * ゆずジャム・レシピ *

① ゆず  大3個
  皮をむいて果肉は果汁をしっかり絞る。スライスした皮と果肉の薄皮も種も果汁も一緒に鍋に入れ、グラニュー糖250gを混ぜ合わせ、ふたをして30分そのままにする。



Cimg2201 ② 弱火にかけ、木ベラでゆっくりかき混ぜながら煮る。アクはすくう。煮立って10分ぐらいしたら種を除く。

③ 皮のスライスが透明になったら、ハチミツ2分の1カップ加えてさらにとろみが出るまで5分位煮る。



Cimg2204 ④ ゆず大1個で、ジャムの空き瓶一個分が出来ます。chiyomiさんは、5個で作りました。

ママレードのような味です。
“ほっとゆず”にして飲むのがおすすめです。



お父さんの実家に行った時、義姉はみかん狩りとかで留守でした。
別棟に住んでいる甥のお嫁さんが、3ヶ月の赤ちゃんあおいちゃんを連れてきて、お母さん、おにいさん、chiyomiさん四人の会話です。
お兄さん 「おばあちゃん、この椅子に座る時気ぃつけて座ってな。傷がつくさかい」
お母さん 「私は何にもしとらへん」
chiyomiさん 「ちょっとぐらい傷ついてもかまへんやん。お兄さんらしいないなぁ」
甥のお嫁さん 「お義母さんや」
お兄さん 「天の声、天の声」

この話しを家に帰ってから、娘のRちゃんとお父さんに話すと大笑いでした。甥のお嫁さんも chiyomi さんも、何も考えない気楽な嫁です。
日ごろ、娘のRちゃんは 「悪気がないのが一番たちが悪いよな」 と言っています。

笑った後、お父さんは 「Rはそんなこと(chiyomiさんや、甥のお嫁さんが言ったようなこと)いわんやろなぁ」 と言いました。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

Uさんと一緒に

Cimg2186 兵庫陶芸美術館に出かけました。
篠山市今田町の立杭の里は、先日の陶器祭りの人出がうそのように人影が有りません。

今美術館では “人のかたちーもうひとつの陶芸美” 展が開催されています。
三つの部屋に分かれて展示された作品をみてまわりましたが、サブタイトル “カルチャー・ギャップなやきものたち” そのまんまな感想でした。

滋賀県立陶芸の森美術館所蔵の作品が主に展示されています。

陶芸美術館は山の斜面を利用して建設してあり、立杭の自然をうまく取り込んでいます。

Cimg2185_1Cimg2188_1Cimg2189_1Cimg2191Cimg2192 こんなに素敵な美術館なのに、職員の方より、見学者の数が少ないのが残念です。

Cimg2194 美術館にもレストランがありましたが、帰りに寄ったピザ・パスタのお店 “DONO” です。
コースで1500円。タラコのクリームソースのパスタは大盛でとってもおいしかったです。ブログを訪問すると、お店のおいしそうなお料理の写真が載っていますが、料理を目の前にすると chiyomiさんはどうしてもお店で写真が撮れません。なんとなく苦手です。外観だけでごめんなさい。

Uさんはいつも映画を一緒に見に行く友達です。先日の与勇輝さんの人形展も一緒でした。子供たちの幼稚園の送り迎えの時からのお付き合いです。
chiyomi さんはそんなに友達が多いほうではありませんが、ピアノの先生をしているSさん。出かけると雨女のKさん。いつも立ち話が長くなるFさん等それなりにあります。
でもブログを始めてからパソコンの前にいる時間が長くなり、以前のようになかなかお付き合いできません。
その上、週一回しか帰ってこないお父さんとまで疎遠になりそうです。(笑)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

勤労感謝の日・強風

今日は勤労感謝の日、朝から強い風が吹いています。いっきに寒くなりました。

Cimg2177 篠山では、稲木に黒豆がかけられ始めました。
田んぼの中で黒豆の葉っぱが黄色く色づき、ポロッと落ちる頃“葉とり”の作業をし、しばらくしてから刈り取って稲木にかけて乾かします。
黒豆農家ではその後乾燥機にかけ、脱穀し、選別、出荷の作業になります。
お正月まであと一ヶ月あまり。大忙しの作業です。


Cimg2179 実家の母の作っている黒豆の田んぼです。
少し黄ばんできていますが、まだ葉っぱがポロッと落ちそうにありません。
たったこれだけしか作っていませんが、よその田んぼと比べ気になってしかたないようです。

たくさん作っていた頃は、川北黒大豆生産組合に入っていたので組合の乾燥機にかけ、脱穀も機械作業でしたが、今は家で乾燥させ、手で豆かちをします。
一番原始的な作業でするので黒豆の炊いたんにするとおいしいのですが手間がかかります。生産組合の方でも手で豆かちをされる方があり、特別の品として出荷されると新聞に報道されます。
お父さんのお母さんも同じように黒豆作りをしていますが、黒豆にするのはお正月用にほんの少しだけで、ほとんど枝豆で収穫したと今日も言っていました。枝豆の時、思いっきりみんなに配ったそうです。義母のこんな合理的な考えがchiyomi さんは大好きです。でも、母にはそうしたらとは言えず、今年も巻き込まれそうです。

一度霜が降りてくれれば葉っぱはいっぺんに黄ばむのですが、そうなると寒くなるし・・・、12月になってからが大忙しになりそうです。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

日曜日 雨

今日は日曜日 雨

雨が降っても、お父さんは朝早くからゴルフ。

娘のRちゃんは、日曜日は仕事。

chiyomi さんは、6キロ洗いの洗濯機4杯分の洗濯物を、コインランドリーで乾かし今帰ってきたところです。

今朝、朝ごはんを食べながらお父さんは 「ゆうきは Nのお母さんのところでも (お嫁さんの実家です) 帰るのを嫌がって泣くのかな?」 と言いました。
「そら そうやわぁ~」 chiyomi さんの返事です。

最近孫のゆうきちゃんは帰るのを嫌がります。昨夜も必死の抵抗で泣き叫び、車のチャイルドシートに乗せられるのを嫌がりました。お父さんはその様子を見るのがしのびないと家にはいってしまいました。お父さんと chiyomi さんにたすけを求めるようにしがみついてきます。
先週も家まで泣き続け、家についても中に入ろうとしなかったと聞きました。

我家には、ゆうきちゃんのおもちゃが置いてある小さな部屋があります。お気にいりのその部屋で遊ぼうと、chiyomi さんやお父さんの手を引いていきます。まずするのがバリケード作りです。息子が入ってくるのを阻止するつもりらしいのです。
お嫁さんの実家でもおばあちゃんと遊ぶ部屋があって、お嫁さんのあきちゃんが入ってくるのを拒むバリケードを作るらしいです。

息子たちが住んでいるハイツの台所と居間の境は、ゆうきちゃんが小さい頃からフェンスで仕切られていました。たった2才と数ヶ月の彼が、フェンスの意味を理解しているのに解かってはいるのですが少々の不憫を感じます。いつもめんどうを見るわけでない祖母は、かってなものです。

でも、お嫁さんのあきちゃんの妊娠、出産、子育て、そのほんの少ししかお世話できなかったけど、あきちゃんのお母さんには本当に感謝しています。妊娠、出産その時々、chiyomi さんの心配するその何倍もお母さんは心配し、心を砕いてくださっただろうと感じています。Nのお祖父ちゃん、お祖母ちゃんの気持ちをまず受け止めて大きくなって欲しいと思っています。

だからお父さんごめんね。
Nのお母さんの家では、もっと抵抗すると思うよ。でももう少し言い方があったね。

さあ アイロンがけをします!  その前にお昼かな。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

イナゴ

Cimg2158 イナゴをみつけました。
11月も中頃になってからのイナゴは、デジカメを取りに戻っているあいだも、邪魔になる茎を払っても、デジカメを近付けてもあまり動きがありません。

小さい頃からカエルとイナゴが苦手だった chiyomi さんは小学校に入学し、高学年になるとイナゴを取る作業があることを知りました。稲を食べる害虫は駆除できるし、生徒が集めたイナゴは佃煮屋さんにでも売られていたのでしょう。一挙両得の作業でした。高学年になるのが恐ろしかったのですが、農薬を使うようになりイナゴ取りの作業は行われなくなりました。ほっとした chiyomi さんがいました。

昭和30年代の田舎の小学校は、学校のまわりに茶畑があってそこで摘み取ったお茶を使ったり、枝豆やサツマイモを作る作業があり、収穫後はみんなで食べた思い出もあります。

久しぶりに見たイナゴはちょっと弱々しくて、仮面ライダーの “ヘンシ~ン” にはほど遠く見えました。

Cimg2053 5日ほど前のナスタチュームです。
秋植の花々を植え替えた時、ナスタチュームはまだ元気だったので植え替えるに忍びなくそのままにしていました。
ブログに載せようと植え替えてしばらくたった苗を写した時ついでに撮ったものです。
ブルーさん見てくださ~い!

| | コメント (18) | トラックバック (0)

小蕪 で

Cimg2135 chiyomi さんの畑の小蕪が大きくなってきたので、昨日はクリーム煮に。今日は千枚漬にしました。

クリーム煮はクリームシチュウのルーで炊いたし、千枚漬はスライスした小蕪に塩をし、しばらくして水洗いし絞ったものを昆布だし入りのすし酢にグラニュー糖を混ぜ込んだものに昆布と唐辛子、ゆずと一緒に漬けました。
娘と二人暮しは、全くの簡単料理です。
本当は生協さんで千枚漬の素を買って作ろうと思っていましたが、今年はまだ店頭に出ていなかったのです。

小蕪はほとんど畑の土の上で大きくなり、おしりにある10cm程の細い根(写真では切っています)があって、その根が地中深く成長し水分や栄養分を吸収しています。直径2ミリに満たない細長いひも状のもので支えられているのです。

丹波地方はこれからの時期、陽がさしていても油断できません。ぐらぐらっと天気が崩れ時雨れてきます。おひさんがてっているのに降っている時もあります。
一雨一雨冬になっていきます。そして野菜は寒さにあたるとやわらかく、甘くなっていきます。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

武田尾のもみじ

武田尾温泉のもみじが見頃を迎えました。

Cimg2121Cimg2114Cimg2112Cimg2125Cimg2115Cimg2118Cimg2122Cimg2124Cimg2126Cimg2128Cimg2129Cimg2127Cimg2113Cimg2123_1

| | コメント (18) | トラックバック (0)

まごの手

寝た真似をしている chiyomi さんのおふとんに、こそこそっとはいり込んでひっついてきた孫のゆうきちゃんの笑顔に目が会ったときのいとおしさは、ずっと前同じシチュエーションでお父さんに感じた愛おしさとどっちが chiyomi さんを幸せにしてくれたのでしょう。居間にお布団を敷きなおし、川の字になって寝ながら「よしよし」っと背中をそっとたたくと、おもわずお父さんの手とふれあって「なんやお母さんの手かいな、おおきい手やおもた」・・・ハイハイ

昨夜は孫のゆうきちゃんがお泊りでした。
週末はいつも息子家族が一緒に食事に来ます。たまに帰るのを嫌がる時があるのですが、日曜は chiyomi さんが大忙しなので心を鬼にしています。でもお父さんが今日の出発が遅いということで、寝るまでは自分がめんどうを見ると張り切って預かったのです。
娘のRちゃんも巻き込んで、王子様にかしずく奴隷3人のようににぎやかに遊んでいましたが、12時を過ぎても一向に寝る気配はありません。それでもと思い2階につれてあがってもまだ遊ぼうと泣き叫びます。何度試しても、誰がつれてあがってもだめです。

1時半が過ぎ、居間にお布団をしきなおし、寝た真似ごっこをしてみようということになりました。

あっという間に眠ったゆうきちゃんは11時ごろまでねむり、迎えにきた息子と共に帰りました。いま chiyomi さんはゆうきちゃんのおもちゃの残骸の中です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

できた!!

Cimg2110 ゆ さん みてみて・・・おそわった芋煮作りましたよ!!

里芋 牛肉 こんにゃく ねぎ、それにごぼうとまいたけも入れました。ほんまもんの芋煮を食べたことがないので、味付けとか心配だけど、ゆ さんが里芋のぬめりを出さないために、最初にすこしの砂糖、しょうゆ、酒を入れると書いてくださったその少々に、後しょうゆを少したしただけでとっても美味しく出来ました。ほんまにおいしいよ。ありがとう。

でも気になったのは昆布とかは入れないのかな? なににでも入れて作るので、つい芋煮にも入れてしまいました。

というわけで今晩は、ゆ さんに教わった芋煮の晩ご飯です。いつもなら7時ごろには帰っている娘のRちゃんがまだなので、chiyomi さんはせっかくの芋煮なのに一人で食べました。一人でもおいしいものはおいしいです。

おくの白いお皿は、今朝漬けた小蕪の浅漬けです。リンゴも載せましたが、このリンゴは北海道産のリンゴでまっかなリンゴです。もう蜜入りでした。

それから、今日のゆさんのブログは息子さんのお弁当のブログです。小学校の音楽会でみんなお弁当を持っていくことになった日、クラスの3分の1の子供さんがコンビニのおにぎりだったそうです。せつなくなりました。
ゆ さんのブログは http://poupou.cocolog-nifty.com/blog/ です。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

干し柿

Cimg2072 柿をもらいました。
保存しておいて、ずくしになってから食べるとおいしい渋柿です。干し柿にするにはちょっと大きいのですが、前回この柿で失敗しているので、もう一度作ってみます。




Cimg2075 前回の失敗は、干しているうちにかびてしまったのです。かびさせない為、皮をむいた後焼酎で洗いました。
本来なら縄にへたを差し込んで干すのですが、縄がないので竹串を差し込んでこんな細工をしてみました。


Cimg2091 ベランダに洗濯バサミをぶら下げて、ひとつずつ干していきました。
でもこれでしばらくお布団が干せません。






Cimg2093午後からはおひさんが玄関側に回ってしまうので、移動させます。
おいしい干柿を食べるには、こんなにも苦労です。

chiyomi さんは、へたを取って “ちゅるちゅる” と食べられるくらいのやわらかめの干し柿が好きです。堅くなってしまった干し柿は嫌いです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

老い 二人

Cimg2071 今朝、Rちゃんが 「お母さん、せっかく届いたんやさかい開けや。」 と言って、仕事に出かけました。注文していた靴がやっと届いてもそのままでした。

昨日仕事帰りのJRの駅で、chiyomi さんに起こってしまった現実は、直面した事実は、一生忘れられないと思うし、だれにも話すことが出来ないと思えます。
いつか笑い話として話せることが出来たら、その時には chiyomi さんにおこってしまったピンチをいかにして切り抜けたか、どうして家まで帰ることが出来たか、けっこうおもしろい話になるはずです。ただ幸せだったのは、乗り降りの少ない無人駅だったこと。そして日暮れが早い時期だったことでした。

ちょっと立ち直ると、気になるのが母のことです。実家に行くと今日は文化祭の振替で弟がいました。この前行った時母が探し回っていた貯金通帳の件を尋ねると、再発行してもらったとのことです。「3、4回目やで」 「エ~ッ」 「もっと度々再発行する人もあると言うてはったけどな」 小さな声は聞こえない母は幸せです。

時間がたつのは幸せなことです。忘れたわけではないのですが、忘れることが出来ます。

   *** あきちゃんのアップルパイ ***

Cimg2063 お嫁さんのあきちゃんが、先日のリンゴでアップルパイを作ってくれました。誕生日のチーズケーキは食べかけてから慌てて写真をとってブログに載せたので、まず写真を撮りました。
今回は息子のすき焼きも有ったのですが、パイの写真だけにします。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

吉兆草を

Cimg2016 いつも訪問くださいましてありがとうございます。

吉兆の花が咲き始めました。どうぞ一株お持ちください。

花が咲くといい兆しといわれます。

こんなおめでたい花なのに、植える場所は選びません。
その上どんどん増えていきます。
だからどんどん幸せのおすそ分けができます。

chiyom さんも数年前近所に住んでいて、今は宝塚に引っ越した友達から分けてもらいました。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

宿題

Cimg2029 休みがちなエッセイサークルから、11月の例会に向けての宿題がメールで届きました。「朝起きてみると○○だったら」とありました。
想像力に欠ける chiyomi さんは考えてみるのですがどれもいまひとつです。

そこでふと浮かんだのが、57年生きてきたなかであまり後悔はないのですが、ただひとつ子育て中のひと時をやり直せたらと「朝起きてみると25才頃のchiyomiさんだったら」に決めてみました。

一才にならない息子を抱く私のおなかの中にはもう娘のRちゃんが大きく育っていました。そして妊娠7ヶ月の時に切迫流産で入院することになり、その後退院はすることが出来ましたが9ヶ月の時出産するまで、またその後もしばらく、可愛い盛りであったと思うのに息子を十分かまってやれませんでした。娘のRちゃんも一緒です。
引越ししたての社宅の中で友達もいない私には、一才離れていない子供達二人の子育ては余裕がありませんでした。そのうえ若くして父親になったお父さんはまだまだ遊びたい盛りでした。もしあの頃に戻れるなら一日中笑顔で二人の子供を抱いて抱いて抱いていたいと思います。

でもおかげなもので双子のように育った子供たちは、いつも二人でコロコロと遊び仲良く育ってくれました。そして息子家族にはゆうきちゃんとみずきちゃん二人の子供に恵まれchiyomi さんはあの時のことを取り戻すように抱っこしています。

** ゆ さんへ **

約束の写真を載せようと、娘のアルバムを見るとやはりありました。娘と二人昨夜は大盛り上がりでしたが、古いお父さんの顔写真は、ゆ さんのご主人のように耐えられるものではありません。半分だけ写ったので、どうかもう一方の写真を想像してくださるようお願いします。ただ我家にはスキャナーがなく、30年前の古い写真をデジカメでとったもので見苦しい所はごめんなさい。また、お喰い初めのお祝いというのに二人ともお風呂上りの下着姿というのもなんだかなぁ~とはおもいますが、これも30年前のこととすぐ忘れてくださいね。(笑)
それからお赤飯を炊いたと思っていましたが、息子の時には確かに炊いたのが写っていましたがRちゃんの時は白いご飯だったようです。
これも忙しかったということで・・・m(__)m

| | コメント (16) | トラックバック (0)

chiyomiさんの出版祝?に

Cimg2028_3 chiyomi さんの出版記念にと、宇部のお兄さんからリンゴが届きました。7月18日付 “ワアッ~! こうもりや!!” のブログのあとで届いたメールをブログに載せたお兄さんです。宅急便さんから箱を受け取った時からいい香りがしています。

山口県下関市でもリンゴが取れるんや~!へぇ~!! そういえば兵庫県でもリンゴが取れ、リンゴ狩りに行ったことがあります。品種は “ふじ” まだ蜜が入ってなくて残念でしたが、おいしいりんごです。
chiyomi さんはリンゴが大好きです。

リンゴは「一日一個で医者要らず」といわれます。しばらく元気でいられそうです。

そういえば、ポテトサラダにリンゴを入れますか?
私がポテトサラダを作る時は必ず入れます。春から夏にかけてのリンゴがおいしくなくなった時でも、お店でどうぞ中が茶色くなっていませんようにと思いながら買ってきます。でも娘のRちゃんはポテトサラダのリンゴが嫌いです。
パンにトマトを載せるのも嫌います。chiyomi さんはマクドナルドでトマトが入ってるからとビックマックを選ぶほどパンにはトマトです。
でも chiyomi さんのブログは好きと言ってくれます。これはRちゃんの出版祝かな?

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »