« chiyomiさんの出版祝?に | トップページ | 吉兆草を »

宿題

Cimg2029 休みがちなエッセイサークルから、11月の例会に向けての宿題がメールで届きました。「朝起きてみると○○だったら」とありました。
想像力に欠ける chiyomi さんは考えてみるのですがどれもいまひとつです。

そこでふと浮かんだのが、57年生きてきたなかであまり後悔はないのですが、ただひとつ子育て中のひと時をやり直せたらと「朝起きてみると25才頃のchiyomiさんだったら」に決めてみました。

一才にならない息子を抱く私のおなかの中にはもう娘のRちゃんが大きく育っていました。そして妊娠7ヶ月の時に切迫流産で入院することになり、その後退院はすることが出来ましたが9ヶ月の時出産するまで、またその後もしばらく、可愛い盛りであったと思うのに息子を十分かまってやれませんでした。娘のRちゃんも一緒です。
引越ししたての社宅の中で友達もいない私には、一才離れていない子供達二人の子育ては余裕がありませんでした。そのうえ若くして父親になったお父さんはまだまだ遊びたい盛りでした。もしあの頃に戻れるなら一日中笑顔で二人の子供を抱いて抱いて抱いていたいと思います。

でもおかげなもので双子のように育った子供たちは、いつも二人でコロコロと遊び仲良く育ってくれました。そして息子家族にはゆうきちゃんとみずきちゃん二人の子供に恵まれchiyomi さんはあの時のことを取り戻すように抱っこしています。

** ゆ さんへ **

約束の写真を載せようと、娘のアルバムを見るとやはりありました。娘と二人昨夜は大盛り上がりでしたが、古いお父さんの顔写真は、ゆ さんのご主人のように耐えられるものではありません。半分だけ写ったので、どうかもう一方の写真を想像してくださるようお願いします。ただ我家にはスキャナーがなく、30年前の古い写真をデジカメでとったもので見苦しい所はごめんなさい。また、お喰い初めのお祝いというのに二人ともお風呂上りの下着姿というのもなんだかなぁ~とはおもいますが、これも30年前のこととすぐ忘れてくださいね。(笑)
それからお赤飯を炊いたと思っていましたが、息子の時には確かに炊いたのが写っていましたがRちゃんの時は白いご飯だったようです。
これも忙しかったということで・・・m(__)m

|

« chiyomiさんの出版祝?に | トップページ | 吉兆草を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

chiyomiさん

わたしも 戻れるものなら26歳くらいからかな?
三人年子だったから そりゃもう大変でしたよ
とにかく忙しくて余裕が無かったですね
長男が6年生次男が5年生長女が4年生三男が1年生
4人いっしょに小学校に通ったってこと!
授業参観は分刻みでしたよ
同じように可愛がったつもりでも 4人それぞれ性格が違うから
独占欲の強い子のほうが得なことが多くて
今思えば おとなしくて優しい長男は我慢することが多かったのかな?
生まれたばかりの1年は ずっと抱っこの毎日でお母さん独占だったけど 小さいときの記憶はないから・・・・
1歳2ヶ月でお兄ちゃん
もっと気を使ってあげれば良かったのですが・・・・。
あの頃に戻れば 今なら余裕をもって子育てができるかな?
180cm近くになった長男をいまさら抱っこはできないけど(笑)

投稿: 葛布織 | 2006年11月 3日 (金) 14時14分

コウサンです。
葛布織さんのコメントで chiyomiさんの柔な感傷はぶっ飛びました!!
30年間抱き続けた育児への後悔は何だったのだろう・・・
堂々と生きられる気がしてきました。
葛布織さん ありがとう!! ブログをやっててよかったと改めて思いました。これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: chiyomi | 2006年11月 3日 (金) 15時16分

chiyomiさんの毎日だっこしてを読んで涙ぐみそうになりました。若い孤独な母親は淋しいし心細いし、余裕がないのですね。
私は20才くらいに戻って、結婚をしなおししたいです(笑)

投稿: oss102 | 2006年11月 3日 (金) 17時37分

上のコメント、戻りたい人がいますが、わたしはあの大変さはもう結構。何しろ10年間、背中にいつも赤ん坊をくくりつけていましたから。たまに背中にいないと、「今日はどうしたのですか」なんて、不思議がられるほど。
わたしは今が一番いい。家族は1人でもすくない方が快適です。何しろ8人家族で大変でした。

投稿: あきの | 2006年11月 3日 (金) 19時31分

OSSさん
chiyomiさんはOssさんのコメントを読んで、涙ぐみました。
せっかく葛布織さんのコメントで柔な感傷をぶっ飛ばしたつもりだったのに・・・もう後もどりです。
結婚をしなおしたい・・・新しいOssさんを発見しました(笑)

投稿: chiyomi | 2006年11月 3日 (金) 20時14分

あきのさん
今が一番好きといいきられるのは、あきのさんがその時その時を十分に生きられたからこそと思います。
私も、そこそこのお小遣いがあって、束縛されない時間があって、行きたい時でかけることが出来る今が一番好きと思います。

投稿: chiyomi | 2006年11月 3日 (金) 20時37分

私は、いつが良いかな? 青春時代のやり直し、OL時代のやり直し、結婚のやり直し、子育てのやり直し、。。。どれも楽しかったけど、もう一度はしんどそう。その時その時が一生懸命で良かったはず・・・だからやり直しは 止めておきます。今が一番と思って生きています。)^o^(
課題は『朝起きてみると○○だったら』でしたよね。カフカの小説「変身」を思い出しました。確か巨大なイモ虫だったと思います。

投稿: となりのとまと | 2006年11月 3日 (金) 21時26分

エッセイサークルなんてあるんですか?
すごいですね。いろんなことに挑戦していらっしゃる方だなあと思いました。
「朝起きてみると25才頃だったら」…

chiyomiさんの25才。大変な面もあったのでしょうが
読み返していても愛しい思い出ですね^^
双子のように仲良く育ったというのが、うれしいですね。

投稿: くり | 2006年11月 3日 (金) 21時49分

とまとさん
全くその通りです。chiyomiさんもその時その時を懸命に生きてきました。(^_^)v
カフカの小説は読んでいません。でも、大きなイモ虫は困ります。

投稿: chiyomi | 2006年11月 4日 (土) 00時02分

くり さん
chiyomiさんの入っているサークルはまだ発足してまなしで、それなのに休んでばかりです。
以前ブログにも書いたことがあるのですが、ブログを続けていく為にエッセーを学びたいと思い、市の主催するエッセー教室に入ったのが始まりです。
兄と妹の兄弟ですが、今でも驚くほど仲のよい二人です。

投稿: chiyomi | 2006年11月 4日 (土) 00時12分

トマとさんと同じ 私も カフカの 「変身」グレゴール・ザムザを連想しました。
朝起きたら 蟲になっていたなんて・・・ ぞっとしますね。
でも たまに 愛玩犬になりたい時があります。 
Chiyomiさんのように 私も もっと 娘に と思うこともしばしばですが・・ その時その時一生懸命愛情を注いでこられたはずですから。
だからこそ 息子さんがお嫁さんやお孫さんと一緒にChiyomiさんに会いにいらっしゃるのだと思います。 素敵なご家族です。

投稿: ビディの母 | 2006年11月 4日 (土) 10時11分

ビディの母さん ありがとう!! 前向きに生きようと思います。
chiyomiさんは今日、キャベツについた3cm程の緑色した幼虫をブチッブチッとつぶしてまわりました。最初は抵抗がありましたが、そのうち慣れてきます。でも、明日の朝が怖いです。(笑)
家族に恵まれたビディちゃんのように可愛い愛玩犬なら、私もなってみたいです。(^_^)v

投稿: chiyomi | 2006年11月 4日 (土) 18時16分

本当にそっくりな写真です
早速chiyomiさんの写真を見せてくださりありがとうございます
うちの人にも見てもらったら 同じだとびっくりしていました
同じテンプレートを選んでいなかったら こんなに素敵な出会いに巡り会えませんでしたね
ふすまの模様も色違いです

投稿: ゆ | 2006年11月 5日 (日) 15時28分

chiyomiさんが、ゆいちゃんのお祝いの写真を見てうれしくなってしまった気持ちがわかっていただけてうれしいです。(^_^)v
ゆ さんは今、子育て中の忙しい時なのにごめんね。
ブログのコメントとかで、無理は絶対しないでくださいね。

投稿: chiyomi | 2006年11月 5日 (日) 22時58分

はじめまして、先日「となりのとまとさん」からご紹介いただきながらみなさんのコメントを読んでいるうちに躊躇しておりました。

chiyomiさんとはかなり年齢も近く、お子さんも兄妹ということで共通点がありますね。

今は、ダンナと本屋の仕事をしと義母の介護と跡継ぎになってくれる娘、猫1匹。そのうち柴犬が仲間になりそうです。

息子は、今夏独立しました。(独身ですが)

すいません自己紹介になってしまいました。(笑)

ときおり寄らせていただきます。

投稿: 本屋のオバさん | 2006年11月14日 (火) 18時11分

ご来店ありがとうございます・・・素敵な挨拶ですね。
躊躇するという言葉を頂きましたが、よくわかります。先日訪問させていただいた時は勢いでコメントさせていただきましたが、そのため言葉足らずのところがあって悩みました。ブログのコメントは、訪問者の方は送信すれば訂正が出来ないのが悩みです。
今日訪問くださり本当にうれしかったです。自己紹介もありがとうございました。chiyomiさんの自己紹介は宿題でほとんど書いてしまっていますが、後、今単身赴任中で週末には洗濯物の山をお土産に持って帰る夫がいます。でもこの夫(お父さんと呼んでいます)は宿題の時に書いたまま年を取り、せっかく家に帰っても遊びに行ってばかりです。(笑)
よろしくお願いいたします。

投稿: chiyomi | 2006年11月15日 (水) 04時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宿題:

« chiyomiさんの出版祝?に | トップページ | 吉兆草を »