« 老い 二人 | トップページ | できた!! »

干し柿

Cimg2072 柿をもらいました。
保存しておいて、ずくしになってから食べるとおいしい渋柿です。干し柿にするにはちょっと大きいのですが、前回この柿で失敗しているので、もう一度作ってみます。




Cimg2075 前回の失敗は、干しているうちにかびてしまったのです。かびさせない為、皮をむいた後焼酎で洗いました。
本来なら縄にへたを差し込んで干すのですが、縄がないので竹串を差し込んでこんな細工をしてみました。


Cimg2091 ベランダに洗濯バサミをぶら下げて、ひとつずつ干していきました。
でもこれでしばらくお布団が干せません。






Cimg2093午後からはおひさんが玄関側に回ってしまうので、移動させます。
おいしい干柿を食べるには、こんなにも苦労です。

chiyomi さんは、へたを取って “ちゅるちゅる” と食べられるくらいのやわらかめの干し柿が好きです。堅くなってしまった干し柿は嫌いです。

|

« 老い 二人 | トップページ | できた!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きれいに干し柿がぶら下がっていますね。できあがりが楽しみです。
鳥はいたずらに来たりしませんか? 干し芋も干し柿も太陽の贈り物ですね。私は寒くなって乾燥するこれからの季節に ビーフジャーキーを手作りします。今日もスーパーでお肉をみてきました。でも、今日はあまり適当なのがなかったので断念しました。
chiyomiさん 『ずくし』ってどんな感じの柿ですか? 完熟って言う意味かなぁと思いながら読みました。

投稿: となりのとまと | 2006年11月 8日 (水) 23時14分

ずくしは私の祖母も云っていました。
じゅくし(熟し)からですか?
田舎のかたに、北風いちばん(木枯らしいちごう)が吹いてから干し柿を作ると、かびないと聞きました。
寒い風が吹いたので、きれいでおいしい干し柿ができそうですね。
わたしも、今度の日曜は、山のあちこちに実っている野生の柿をもいで、干し柿を作る予定です。
とまとさん、ビーフジャーキーの作り方、記事で紹介していただきたいんですけど。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年11月 9日 (木) 00時02分

とまとさん
バカなことをしてと笑いませんでしたか?
あきのさんにも書いたのですが、我家では干し芋も干し柿も食べるのは私一人です。カラスとかヒヨドリとかに気付かれないかちょっと心配ですが、鳥は利口だから、渋いうちはだいじょうぶだと思います。(笑)
ビーフジャーキーの作り方ブルーさんも期待されています。是非お願いします。お土産のビーフジャーキーは狂牛病が心配?です。私も作ってみたいです。ビーフジャーキーならみんな喜んで食べてくれそうです。
“ずくし”は柿が熟れすぎて、ずるっと手で皮がむけるようになり果肉もやわらかく甘くなった状態です。私はこれも好きです。

投稿: chiyomi | 2006年11月 9日 (木) 04時12分

ブルーさん
お祖母さんも“ずくし”と言われていたのですね。ブログに書こうとして、“じゅくし”かな?本当は何と言うのかなと、考えました。でも自分がいつも言っている通りにしました。干し柿もこのあたりでは“つるし”とも言います。そのまんまですね。(笑)
chiyomiさんは、もらった柿で大好きな干し柿が食べたいばかりに悪あがきをしていますが、ブルーさんは里山の野性の柿で干し柿を作り一日中おひさんのあたる庭に干せる・・・絵になる風景が見えるようです。

投稿: chiyomi | 2006年11月 9日 (木) 04時28分

わたしは田舎者なので、ジュクシが好き。
そのへんにほったらかしておくと、いつの間にかできてしまう。
もう1つ、ジュクシを手に入れる方法。八百屋で売れ残ると、ぐっと安く一山いくらで柿が並びます。これは熟しになっています。やすいし、おいしいし、なかなか売れないので、わたしの独壇場。

投稿: あきの | 2006年11月 9日 (木) 08時32分

ハァ~~みんな物凄く甘党だぁ~
お年始のお土産の干し柿、うちのきょうだいは誰も見向きもしなかった。ノンベの家系です。

投稿: oss102 | 2006年11月 9日 (木) 14時57分

好きだと面倒なことも苦になりませんよね。
柿があまり好きじゃない私は こんな大変な作業はできないです。
好きだとなんでも がんばれますもんね。
おいしい 干し柿ができますように・・・・

投稿: ビディの母 | 2006年11月 9日 (木) 15時17分

あきのさん
あきのさんもジュクシが好きでよかった!!
柿の嫌いなOssさんはかわいそ~やなぁ。(同意を求めているchiyomiさんです)本当においしい柿の甘さは、どんな和菓子を食べても得られないほどおいしい甘さやのにねぇ~!
でも残念、ビール党のOssさんには全然通じないのでした。
八百屋さんで柿の山を包んでもらってうれしげな、可愛いあきのさんが目にうかびます。

投稿: chiyomi | 2006年11月 9日 (木) 17時59分

Ossさん
Oss家はばちあたりや!・・・と言いながら、chiyomiさんもお正月まで置いておいた堅くなった柿は苦手です。好きなのは甘柿とずくし柿。
干し柿もあまり堅くならないで、渋柿の渋が抜けた頃食べるのが好きです。
でも、お酒のあとの柿は体にいいそうですよ。

投稿: chiyomi | 2006年11月 9日 (木) 18時07分

ビディの母さん
柿は嫌いですか・・・でも応援ありがとう。
この大きめの渋柿はずくしで食べるのがおいしいので、干し柿にしたとき他の干柿用の柿で作るよりずっとおいしく出来るのです。全くバカなことをしていますが、おいしい干柿が食べたい一念です。(笑)
ほんとに好きだと何でも頑張れます。

投稿: chiyomi | 2006年11月 9日 (木) 18時30分

柿は小さい頃好きだったので
たくさん食べ過ぎて お腹をこわしたことがあって
今はあまり食べられません(笑)
熟した柿が大好物でした
冬になると 手が黄色くなるくらい みかんを食べたりもして・・・
加減をしらない子でした(笑)
chiyomiさんの干し柿をみたら
おばあちゃんの家の干し柿を思い出しました

投稿: 葛布織 | 2006年11月10日 (金) 19時39分

おばあちゃん家の干柿はすだれのようではありませんでしたか?
chiyomiさんの実家でも昔はいっぱい作っていました。でも田んぼの区画整理事業で、渋柿の大きな木が切られてしまいそれ以来作れなくなりました。
おばあちゃん家はどうですか?今も作ってはったらうれしいですね。
加減を知らない子・・・chiyomiさんも一緒です。あったらあっただけ食べてしまいます。袋菓子も開けたら最後全部食べなくては気が治まりません。(笑)

投稿: chiyomi | 2006年11月10日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 干し柿:

« 老い 二人 | トップページ | できた!! »