« 携帯・私の場合 | トップページ | 三田をちょっと散歩 »

武士の一分

やっと “武士の一分” を観に行きました。 “たそがれ清兵衛” から始まった藤沢周平原作のシリーズは、かかさず観に行っています。
“蝉しぐれは” 監督さんが違いましたが、今回も山田洋次監督です。やはり何か期待して行きましたが、冒頭の場面でキムタクが映し出された時「似合ってねぇ~」と思ってしまいました。ごめんなさい。監督の「目がきれい」ということでキムタクが主演に決まったそうですが、目を生かしきれてなかったような気がします。ガチガチに肩に力が入ったキムタクだったような・・・たまにボソッと冗談を言う時だけキムタクがいたそんな感じです。トレンディードラマの彼を期待して行ったのかって言われそうですが、こういった流れの映画にはまだ向かない気がしました。だからますます脇を固める俳優さんが引き立ち、そこでほっとするchiyomiさんがいました。

宮沢りえさん、松たか子さん、木村佳乃さんと続いた女優さんは今回は檀れいさん。初めて聞く名前だったので、檀れいさんにも期待していました。宝塚出身の女優さんということで、姿勢もよく所作もきれいでしたが・・・りえちゃんのゾクットするような美しさはなく、松たか子さんの可愛らしさもなく、木村佳乃さんのハッとするようなきれいさはなかったです。
でも次回にはきっと魅力的な女優さんの顔を見せてもらえそうな期待感はあります。

chiyomiさんが映画に期待することはそれなりにありますが、観終わった時何か一つ心を満たせたらそれでいいと思いながら行きます。スクリーンに映し出される自然が美しければよかったねって思うし、“たそがれ清兵衛”の時はりえちゃんの美しさで充分だったし、“蝉しぐれ” の時には染五郎さんはミスキャストと思いつつ、思いがけずふかわりょうさんがおもしろかったのでいいかって思ったし、“かくし剣” の時は吉岡秀隆さんの義兄役がいい味でよかった・・・その程度で満足して帰ります。

映画館を出たときから、主人公三村役をキムタクでなかったら誰がぴったりだったろうとそればかりが気になっています。

|

« 携帯・私の場合 | トップページ | 三田をちょっと散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

フ~ン、かなり突っ込んで見てますね。昔映画は山ほど見たけど、そんなに分析してなかったな。
たそがれ清兵衛は、娘が借りてきたDVDでみました。いい映画と思いましたが、もう昔の感動はよみがえらない。感受性が枯渇してしまったみたいです。淋しい・・・・

投稿: oss102 | 2006年12月 8日 (金) 20時21分

私もどれも観ています。
私はTVのキムタクをあまり上手いとは思わないので、時代劇はどうかなと期待しています。
私は「たそがれ清兵衛」が一番好きですが、それよりTVの「蝉しぐれ」がとても感動しました。映画より脚本はすばらしいと思います。内野聖陽、水野真紀がほんとはまり役でした。どうして映画もこの二人でやってくれなかったんだろうと、悔やまれました。ちなみにBS2で1月9日(火)19:45から毎週再放送されます。
11日に私も、キムタクでなければ誰がいいか?と考えながら観てきます。

投稿: ネモフィラブルー | 2006年12月 8日 (金) 20時45分

OSSさん
たそがれ清兵衛のりえちゃんはきれいだったでしょう。最後のワンシーンに出た岸恵子さんも凛としてきれいでした。
今日一番残念だったのは、檀れいさんが口移しでお薬を飲まそうとされた場面がアップになった時、あごが二重あごだったのです。実生活では許されるけど、映画では困ります。
OSSさんの感受性は、フウちゃんとショウちゃんに使ってしまったのですか?chiyomiさんにくださるコメントからはびんびん伝わってきます。(^o^)

投稿: chiyomi | 2006年12月 8日 (金) 22時05分

ブルーさん
今日一緒に行った友達も以前NHKで放送された“蝉しぐれ”がよかったと言っていました。再放送の予定教えていただきありがとうございます。
ブルーさん、今日のchiyomiさんはちょっと偏りすぎかもしれません。かってな感想は無視して、ブルーさんの豊かな感性で楽しんできてくださいね。
chiyomiさんこそ感想を聞けるの楽しみにしています。

投稿: chiyomi | 2006年12月 8日 (金) 22時19分

NHKの蝉しぐれが良かったのは、内野聖陽という俳優を得たからと思います。シェクスピア劇などもできる人ですから、人間の内面を表現できるからと思います。軽く生きていれば、そこまでの表現になるのではないでしょうか。山田洋次が人をどこまで使えるかという問題も、結局は俳優の生き様までではないかと、ちよみさんのブログから感じました。

投稿: あきの | 2006年12月 9日 (土) 08時06分

あきのさんのコメントでこれはまずいと思いました。
コメントくださった意味はとてもよくわかります。
昨日からキムタク批判は山田洋次監督批判につながりまずいかなって思っていて書き換えようかとも思っていたのです。山田洋次監督は光を失って戸惑う主人公を、手探りで時代劇を始めて演じるキムタクに重ね合わせて抜擢されたのかなっても思ったりしたのですが・・・それだと“武士の一分”というタイトルは変かなって思ったりして。
あれやこれや考えるのは映画としてはおもしろくないと思います。
私には見ていてジャストミートする映画が楽しいです。

投稿: chiyomi | 2006年12月 9日 (土) 15時39分

ちよみさん、
「山田洋次監督は光を失って戸惑う主人公を、手探りで時代劇を始めて演じるキムタクに重ね合わせて抜擢されたのかなっ」これで、よく分かりました。わたしの勝手なコメントにおつき合いくださり、ありがとうございました。

投稿: あきの | 2006年12月10日 (日) 04時25分

武士の一分は私はまだ見ていないのですが
姉は木村拓哉の大ファンで前売り券購入後
旦那さんと二人で見に行きました。
見に行く人が高齢夫婦ダントツだから
ネットで増えるより口コミで増えていくらしいと
言ってました。
私の実父も早速見に行ったらしく夫婦愛に感動した
是非暇があったら見に行きなさいとメールまでくれました
実は この映画 山形県がロケ地ですが もう1箇所
大井川の河川敷もロケ地だったのです
私は映画をみていないのでどのように映ったかわからないのですが、小屋とかでてきました?
エンディングに協力のところに「川根」ってでいたと思うのですが 私の実家は川根です!当時キムタクがロケにくる!って
大騒ぎだったようです(笑)
実際は厳戒態勢で地元の人もなかなか撮影現場見られなかった
ようですが・・・・
そして偶然にもキムタクの役の「三村」が私の旧姓で。。。。
そんなことで キムタクびいきの姉はこの映画満喫したようです(^^)

投稿: 葛布織 | 2006年12月11日 (月) 20時47分

葛布織さんのブログを読ませてもらった気がしましたよ。読んでから観に行ったらよかった。残念です。(^o^)
それは大騒ぎだった事と思いました。小屋・・・はたしあいの場面に出てきた小屋のことですか?キムタクが住んでいた家のことではないですよね。
私が観に行ったのも平日だったので、熟年者以上がほとんどでした。60歳以上はシニア料金で入場できるので、映画に行く時だけ早く60歳になりたいです。葛布織さんのお父さんは楽しいお父さんですね。早く観に行ってお父さんを安心させてあげてくださいね。(笑)
時代劇より、キムタクは月9のドラマの方が生かされる気がするので、今度「HERO」が映画化されると(上のトラックバックを見てね)言う事なのでその方が楽しみです。
キムタクファンのお姉さんには内緒にしておいてくださいね。

投稿: chiyomi | 2006年12月11日 (月) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

« 携帯・私の場合 | トップページ | 三田をちょっと散歩 »