« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

ショック・・ゥ~!

Cimg2560 孫のゆうきちゃんとお父さんは“つみき”をたか~く積みあげてはつぶし、大きな音がするのを二人同時に両手をあげて「ショック・ゥ~!」と言っては喜びます。
二人の様子につられて笑いながらも、その度に出来るフローリングの傷にchiyomiさんは「ショック・・ゥ~!」と心の中でつぶやきます。

昨日の朝お父さんがテレビをつけたとき、いったんは画像が出ましたが画面が消えてしまいました。いらっていたらまたうつり出しましたが、今朝Rちゃんがテレビをつけたときまたうつらなくなりました。

「ショック・・ゥ~!!」
我家のテレビも12年目でそろそろかなぁ~とは思っていました。
地デジとか、液晶テレビとか気になってはいましたが、なんとかうつっていればいいタイプでビデオもDVDではありません。
しかたないなぁ~・・・あれとあれを取りくずして買おうか。あわてて新聞のチラシを取り出してRちゃんと検討を始めました。

小雪さんにするか、小百合さんや慎吾ちゃんにするか、それとも代々のSONYにするか?大きさはどれにするか?この際やさかいビデオはDVDやなぁ~・・・
Rちゃんと7時に家電量販店で待ち合わせです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

母の さいふ

Cimg2546_1Cimg2551_1







今日病院を出るとき母に 「明日は仕事だから来られへんけど、Rちゃんが来てくれるから」 と言うと、母は 「来んといてと言うといて」 と言います。せっかく来てくれても何もあげられないからと気にしているのです。
息子家族がお見舞いに来てくれた時も、この前仕事で行けなかった時息子が行ってくれた時の事も気にしていました。
私にもお小遣いを渡したくて気になってしかたない様子です。

母は骨折した時、持っていた黒い手提げにさいふを入れていました。でも入院後、黒い手提げはさいふと共に弟が家に持って帰りました。

入院後、欲しいものができるたび黒い手提げを探し 「どこいったんやろう?」 と聞きます。その度 「弟が持って帰ってくれたから大丈夫やで」 と答えました。
やっと自分が入院していて手もとに財布がない事を自覚してからは、今度は急に私に 「家の用事が大切やさかい早う帰ってして」 と言ったり 「私は看護婦さんにお願いできるようになったから大丈夫やさかい無理して来んでも大丈夫」 と言うようになりました。

いくら気にしないでと言っても 「嫁にやった娘」 と言う意識から抜け出る事が出来ず、世話になるばかりで何もしてやれないと気になってしかたないようです。しまいに喧嘩になりそうです。
弟に 「母のさいふを持ってきて」 と頼もうかと悩んでしまいます。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

この春の“青春18切符”は・・・

JRグループ発足20周年を記念して、この春の “青春18切符” はなんと8000円で売り出されるそうです。普段でも11500円でうれしいのに、8000円だと5枚つづりなので1日1600円でJR乗り放題・・・めちゃめちゃうれしいです。

今朝仕事に出かけるとき、通勤のJRの駅のパンフレットの棚でチラシを見つけました。菜の花畑が一面に広がった写真のチラシです。
雨女のKさんと「今年も奈良のお水取りに行こうね」と約束してたのを思い出しました。
行けるかなぁ~・・・行きたいなぁ~
ムムムさんにも御所の北西に「空からふるように咲く、枝垂桜が咲いたら教えてください」とお願いしました。観たいなぁ~
去年は和歌山に初めての桜を観に行ったけど、和歌山ラーメンは食べてない。おいしいのかなぁ~。吉野の桜を見てから和歌山にまわってラーメンを食べようか?
敦賀まで快速電車が通ったので、とまとさんのブログの小浜にもまわれそう・・・
ちょっと遠いけど、小田原城にも行ってみたいなぁ~。

普段はこれと言って急ぐ仕事はないのですが、今日は給料計算とか送金の用意とかわずかづつですが決まった仕事がある日です。
あたたかな窓越しの光の中で、気分は春の一日でした。
今晩はブログの更新をするつもりはなかったのに、急に書きたくなって書いてしまいました。書いたら本当に行ける気がしてきます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今日も はれ

Cimg2513











実家の庭には、暖かい冬のおひさんをいっぱいあびて福寿草が咲いています。

母が大腿骨骨折をし入院したのが先週の火曜日なのでもう一週間がたちました。8日に手術を受け、パニック状態になった母を見て弟と二人この先の事を思い覚悟をしなければと決心をしながらも、やはり困惑していました。
それが5日目の朝病院に行くと、急にスイッチの入った母がいました。
まだまだおかしなことを言いますが、これは以前からありました。自分が骨折をして入院をしているということを自覚してくれた事がなによりうれしく思います。

自分が骨折をしていると自覚できない母は、手術を受けた夜もう歩こうとして2度もベットからおりて立っていたそうです。おしっこの管をはずし、点滴もはずし着せてもらっていた病院のパジャマは血だらけでした。完全看護とはいえ、スタッフの方々には大変ご迷惑をかけてしまいました。限りなく感謝の気持ちでいっぱいです。

そう思いながらも、この8日間病院に通いながらどうしても考えてしまったのがオムツの問題です。絶対安静時には自分ではトイレにはどうしてもいけません。お世話になるしかありません。でも車椅子で行けるようになった時、出来るだけスタッフの方にご迷惑かけずにと思い母をトイレに連れて行き「介助お願いします」と頼みましたが、忙しい時で「オムツをされているのでオムツの中でして下さい」といわれてしまいました。他の患者さんが言われている所に居合わせたこともあります。以後危険とは思いましたが、私がいる間は自分で介助をするようになりました。
絶対安静時にも、オムツ交換をお願いすると余裕があるときはすぐお世話になれますがそうでないときは「順番に回っていますので待ってください」になります。
その結果、自然と水分補給をしなくなったり、食事をあまり摂らなくなって来ます。法律で定められているスタッフの方の人数が、外国と比べ少ないと聞きました。今の我国ではやはりお金持ちでなければ我慢の入院生活になるのでしょう。

人間いずれかは死を迎えます。どんな死を迎えるのか心配になるこの一週間でした。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2月5日 快晴

天気予報では今日は4月上旬の気温と言っていました。
朝から青空が広がっています。こんな日はお布団を干してボーっとしていたいけど、今日は仕事です。洗濯物を干すだけで我慢して出かけました。

仕事先は休業中で仮設事務所です。暖冬ですが武田尾温泉は住所こそ宝塚市ですが山の中で、chiyomiさんが到着する10時にはまだ水道は凍っていて出ません。バケツの水は5mm程の厚さの氷が張っています。別世界のようです。

2年余り前までは旅館を営業していましたが、台風で横を流れる武庫川の氾濫で一階天井まで水に浸かって以来の休業です。その時従業員はみな退職しましたが、会社組織は残されたので私一人今も仕事に行っています。月曜と木曜日、週2回の仕事です。
建物は去年取り壊され、来年の秋オープンを目指し秋には建築が始まることが決まりました。「来年の秋には営業するから、どのくらいいるか(月給)考えといてな」と言われてしまいました・・・??? 

週2回事務所に来て、わずかな伝票処理、労務関係の事務処理、月に一度銀行に行けば後は大きな声では言えませんがボーっと居眠りをしたり、本を読んでいたりしています。山の中の仮設事務所は日当たりもよく、ひとりぼっちが心地よい時間が流れます。
「来年の秋にはオープン・・・」 眠っていたのを急に起こされた気がしました。
来年の秋には59才になります。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

セルフ

なにをいまさらではありますが、いつも行くガソリンスタンドがセルフ形式になって半年程になります。最初こそ戸惑いましたが、これがけっこう自分にあっていると思います。

以前は「いらっしゃいませ」と出迎えて頂き給油中に窓拭きがありましたが、これがなんとも恥ずかしくて「窓拭きはいいです」と断っていました。セルフだと窓拭きは最初からありません。窓がふきたければ、事務所前にタオルが置いてあります。
ガソリンを入れる何回かに一回は遠慮がちに「空気圧お願いします」と頼んでいましたが、セルフだと1ヶ月に一回は自分で勝手に空気を入れることが出来ます。

灯油も自分勝手に給油して帰れます。車に乗れなかったころこそ配達してもらっていましたが、免許を取ってからはガソリンスタンドに買いに行っています。(ほんの近くです)

これまでは長靴を履いて、エプロンをぼとぼとにしながら自宅で洗車していましたが、コイン洗車機を使う事を覚えました。
思い出してもおかしくなりますが、初めて洗車機を使った時機械が動いているのを車が動いているのと錯覚し、洪水とモップに襲われる中ブレーキをおもいきり踏み続けていました。今も気持ちのいいものではありません。でも数分の辛抱です。

気に入ってるんやけどぉ~でも・でも・・・自宅で洗車していると必ず誰か知り合いが前の道路を通って「きれいにしとってやなぁ~」と声をかけてくれましたが、コイン洗車をすると誰にも出会いません。給油がセルフになって煩わしくなくなりましたが、これも一言も話す事はありません。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »