« この春の“青春18切符”は・・・ | トップページ | ショック・・ゥ~! »

母の さいふ

Cimg2546_1Cimg2551_1







今日病院を出るとき母に 「明日は仕事だから来られへんけど、Rちゃんが来てくれるから」 と言うと、母は 「来んといてと言うといて」 と言います。せっかく来てくれても何もあげられないからと気にしているのです。
息子家族がお見舞いに来てくれた時も、この前仕事で行けなかった時息子が行ってくれた時の事も気にしていました。
私にもお小遣いを渡したくて気になってしかたない様子です。

母は骨折した時、持っていた黒い手提げにさいふを入れていました。でも入院後、黒い手提げはさいふと共に弟が家に持って帰りました。

入院後、欲しいものができるたび黒い手提げを探し 「どこいったんやろう?」 と聞きます。その度 「弟が持って帰ってくれたから大丈夫やで」 と答えました。
やっと自分が入院していて手もとに財布がない事を自覚してからは、今度は急に私に 「家の用事が大切やさかい早う帰ってして」 と言ったり 「私は看護婦さんにお願いできるようになったから大丈夫やさかい無理して来んでも大丈夫」 と言うようになりました。

いくら気にしないでと言っても 「嫁にやった娘」 と言う意識から抜け出る事が出来ず、世話になるばかりで何もしてやれないと気になってしかたないようです。しまいに喧嘩になりそうです。
弟に 「母のさいふを持ってきて」 と頼もうかと悩んでしまいます。

|

« この春の“青春18切符”は・・・ | トップページ | ショック・・ゥ~! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちよみさん、お母さんも大分しっかりしてきましたね。意識がしっかりしてきた証拠です。思いやりのある家族ですね。いずれ自分もこのようになるのではないかと不安になります。お財布は持たせて(中身を少し)置いた方がお母さんも安心なのでは?と思いますが・・・

投稿: こじま | 2007年2月22日 (木) 04時35分

こじまさん おはようございます。
子供には恵まれています。(*^_^*)
以前骨折で入院した時は、さいふに毎日お金を補充しておいてくれていましたが、今回はお財布を持って帰ったままです。
なんとなく言えなくて、みずくさい姉と弟の関係です。

投稿: chiyomi | 2007年2月22日 (木) 08時44分

今日のお母さんのお気持ち、わたしのまわりの親や祖母達もみんなこのようでした。人様に迷惑をかけてはいけない…そんなふうに思っているのです。うつくしい気持ちだけれど、ちょっと切ないですね。

投稿: あきの | 2007年2月22日 (木) 09時38分

病気の自分の苦痛ばかりをいう人が多いのに、お母さんはいつも相手のことを気遣いするのですね。
やさしいお母さんですね。
私が病気になったら、そんな気遣いができるかと自信がありません。 もっと毎日顔見せて~なんて言いかねません。
いつもいつもchiyomiさんや他の方達のことを思いやっているのですね。

投稿: oss102 | 2007年2月22日 (木) 15時18分

あきのさん
あきのさんは気使いなさるご両親や、おばあさまの尊厳を大切にするためどうなさったのですか?
母の気持ちが私たちにお小遣いをあげることで軽くなるならありがとうともらったほうがいい気がします。介助をするたびありがとうありがとうを言いっぱなしの母と一緒にいると気が重たくなってきます。
暗くなってきました。24階からの夜景が美しい頃ですね。
なにやかや言いながら、子供の為に何かを出来る時が幸せですね。

投稿: chiyomi | 2007年2月22日 (木) 18時15分

OSSさん
頑張りやさんですが他の人に依存せず生きてきた母は、人に甘える事が出来ずかわいさがたりません。これが嵩じてくるといやなおばあちゃんになってしまいます。
「もっと毎日来てね~」と言うかわいいおばあちゃんになれるOSSさんは、幸せな老後が待っています。
ディサービスで人気者だと思います。

投稿: chiyomi | 2007年2月22日 (木) 18時29分

なんだか切ないです。 お互いが気遣いすぎての悩みですよね
私だったら 「元気になって退院したら いっぱいお小遣い頂戴ね」って言ってしまうかもしれません。ダメですね。

投稿: ビディの母 | 2007年2月22日 (木) 21時38分

胸がいっぱいになりました。
まるで、私の母のようです。毎日自分のバッグの中から財布を出して 中を除いてはしまうの 繰り返しです。
私や、子ども達におこづかいをあげたくて 仕方がないのです。
でも、最近はあげた事を忘れて 何度もあげようとする。だから、母の財布には 少ししかお金を入れてありません。「もう、沢山貰ったよ」と言うと、安心します。
私の所にいても、いつも遠慮があるようです。
朝になると、もう随分長いことお世話になっているから、そろそろ帰ろうかと思うの・・・と言います。
嫁にやった娘の所に世話になるなんて 息子が二人もいるのに 夫の実家にも申し訳がない ・・・そんな気持ちがあるようです。

投稿: となりのとまと | 2007年2月22日 (木) 22時46分

ビディの母さん
それが最高です。娘もビディの母さんのようになって欲しいです。
母は父が長い間結核で入院して、健康保険の制度が完備されていない昔の事で、ずいぶん貧しい生活でそのうえ周りから嫌われた病気でした。
あれやこれやと苦労をしてきました。
金利が高い時代に貯金の元金が2倍になったり、父の死後厚生年金の遺族年金がもらえたりで、今は思いがけずお金の心配はしなくてすんでいますが、あいかわらずつつましい生活を続けています。私はそんな母からどうしてもお小遣いをもらうのに抵抗してしまいます。
ビディの母さんは是非可愛い娘でいてくださいね。

投稿: chiyomi | 2007年2月22日 (木) 22時53分

とまとさん
とまとさんのコメントを読んで悲しくなりました。
弟に母のさいふを持ってきてくれるように頼もうと思いました。とまとさんのお母さまが「たくさん貰ったよ」と言うとまとさんの言葉に安心なさる様子が身にしみます。もっと早くそうしたらよかったと思います。母に残酷な日々を過ごさせたと思います。
とまとさん本当にありがとう。

投稿: chiyomi | 2007年2月22日 (木) 23時17分

・・・^^;そうなんだ。。。
でも、全く手元にないのも確かに不安かも・・・。

投稿: くり | 2007年2月23日 (金) 09時11分

くりさん
くりさんにはちょっと早すぎて・・・の話だなと思います。
お嫁に行く時は、出来るだけ近くにいてあげてくださいね。

投稿: chiyomi | 2007年2月23日 (金) 11時21分

対照的な桃色と黄色のお花の写真

もう春なんですね。

chiyomiさんの青春18切符の計画は進んでいますか?

投稿: ゆ | 2007年2月23日 (金) 15時24分

ゆ さん
今年は春が早いですね。陽だまりにはもうすみれが咲いています。 
ゆいちゃんにとって初めての春ですね。
chiyomiさんにとって18切符は春探しの旅ですが、行きたいなぁ~・・・希望です。

投稿: chiyomi | 2007年2月23日 (金) 20時49分

「嫁にやった娘」というところでなんか
お母様の優しさとか さみしさとか感じました
私の母も すごく私に気を使います
最近 忙しくて実家に行けないので昼間 私の携帯に
かけるようですがつながらないので 家に電話してくるのですが
事務所の電話と同じなので 義母に気を使いながら話すので
なんかこっちまで気を使って ぎこちなくなってしまいます
夜 私が電話すると嬉しそうに 長~い電話になります(笑)
いっぺんにいろんな話をしてくれるので私も整理しながら
ゆっくり聞いてあげます
たまには実家に行きたいと思うのですが
義父の介護で頑張っている義母に気を使う私もいます
最近は実家に泊まることは殆どなくちょっと寂しいです。。。。

投稿: 葛布織 | 2007年2月25日 (日) 15時15分

葛布織さん
「華麗なる一族」みていますか?
次々とよって来る不幸が悲しいですね。
今は持つなら女の子と言われたりする時代で、結婚してもお嫁さんの実家のほうに偏りがちですが、母世代は「嫁に出した娘」と言う事で気になるようです。
葛布織さんのお母さまも同じ世代?・・・きっとずっと若いですね。
でも葛布織さんが嫁ぎ先のお義母さまを気遣われる様子に安心しておられると思います。

投稿: chiyomi | 2007年2月25日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の さいふ:

« この春の“青春18切符”は・・・ | トップページ | ショック・・ゥ~! »