« セルフ | トップページ | 今日も はれ »

2月5日 快晴

天気予報では今日は4月上旬の気温と言っていました。
朝から青空が広がっています。こんな日はお布団を干してボーっとしていたいけど、今日は仕事です。洗濯物を干すだけで我慢して出かけました。

仕事先は休業中で仮設事務所です。暖冬ですが武田尾温泉は住所こそ宝塚市ですが山の中で、chiyomiさんが到着する10時にはまだ水道は凍っていて出ません。バケツの水は5mm程の厚さの氷が張っています。別世界のようです。

2年余り前までは旅館を営業していましたが、台風で横を流れる武庫川の氾濫で一階天井まで水に浸かって以来の休業です。その時従業員はみな退職しましたが、会社組織は残されたので私一人今も仕事に行っています。月曜と木曜日、週2回の仕事です。
建物は去年取り壊され、来年の秋オープンを目指し秋には建築が始まることが決まりました。「来年の秋には営業するから、どのくらいいるか(月給)考えといてな」と言われてしまいました・・・??? 

週2回事務所に来て、わずかな伝票処理、労務関係の事務処理、月に一度銀行に行けば後は大きな声では言えませんがボーっと居眠りをしたり、本を読んでいたりしています。山の中の仮設事務所は日当たりもよく、ひとりぼっちが心地よい時間が流れます。
「来年の秋にはオープン・・・」 眠っていたのを急に起こされた気がしました。
来年の秋には59才になります。

|

« セルフ | トップページ | 今日も はれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

週2日は主婦には丁度いい仕事です。こちらも快晴で折角積もった雪もあと少しで消えそうです。

投稿: こじま | 2007年2月 6日 (火) 05時34分

すっかりご無沙汰で、ごめんなさい。
やっといつもの生活にもどりました。
今日のを読ませていただくと、なかなかいいお仕事ですね。ちよみさんの性格だから、、こんなにいい仕事がもらえるのでしょうね。「あの人にまかせていたら、安心」この信用をとるのは大変なことです。

投稿: あきの | 2007年2月 6日 (火) 08時21分

こじまさん おはようございます。
今日も1日いい天気になりそうな気配です。雪祭り心配になってきますね。
週2日、あたたかな陽射しの中でのんびりと・・・新しい建物が建って再びオープン・・・解かってはいたのに、自分の状況も変わってきていて戸惑っています。

投稿: chiyomi | 2007年2月 6日 (火) 08時56分

あきのさん
いつもコメントいただいていましたよ。
それに訪問する先であきのさんの様子まるわかりです。(^o^)
あきのさんにほめられると照れてしまいますが、ボーっとしていてもオーナーに損はさせません??(笑) でもこんなのんびりした日々の中にいると元に戻れるか心配です。
私の周りの状況も、一年半後は約束できない気がします。

投稿: chiyomi | 2007年2月 6日 (火) 09時21分

主婦にはいい仕事ですね。
厚い氷が張るほどの寒さ、北海道ではなく本州でね・・・本州でも寒いところは寒いのだと改めて分りました。
お互い来年のことは分りませんが、chiyomiさんもご主人が自宅通勤になれば、そうはビッシリ仕事にも行けないのでしょか。

投稿: oss102 | 2007年2月 6日 (火) 12時32分

OSSさん
週2回は今の私にはありがたい仕事です。
武田尾は宝塚市にありますが、山の中で本当に冷え込みます。
でも、おひさんがあたりだすとあっという間に溶けてしまいます。
今日母が骨折して入院しました。
フルタイムのお仕事はやはり無理のようです。

投稿: chiyomi | 2007年2月 6日 (火) 19時15分

お母様の具合はいかがですか? 心配ですね。
オーナーさんはChiyomiさんを頼りにしてらっしゃるのでしょうが
周りの環境しだいで フルタイムのお仕事は負担になりますよね。 


投稿: ビディの母 | 2007年2月 6日 (火) 20時34分

ビディの母さん ありがとう
今日入院し、あさって手術をしていただき、次の日からもうリハビリを開始していただけるそうです。片方の大腿骨は3年前に骨折し金属が入っていて、今回はもう一方の大腿骨骨折です。
物忘れが今以上に進まないようにとそれが気がかりです。
フルタイムのお勤めは、やはり無理のようです。

投稿: chiyomi | 2007年2月 6日 (火) 23時59分

>どのくらいいるか(月給)考えといてな・・・って、ユニークなオーナーさんですね。chiyomiさんを身内と同じように受け留めて頼りにされているのですね。
2年前の、氾濫した川の水で取り残され、バスの上で夜をあかしたというあの時の台風?・・そうか、chiyomiさんの周辺にも大きな影響があった台風だったんですね。
私の実母も骨折して何年も前に金具を入れました。骨折が及ぼす影響を心配される気持ちよくわかります。でも、外科の手術もこういう暖かい冬でよかったですね。寒い冬よりきっと回復は早いのではないでしょうか。

投稿: ムムム | 2007年2月 7日 (水) 08時23分

chiyomiさんお母様の具合はいかかですか?心配ですね。

本当に「骨折」は、怖いですね。義母も自転車に乗っていて数年前に転んで怪我をしました。幸い骨折には至らなかったですが家族や身内にとっては、タイヘンですよね。
どうぞ、大変ですがお母様のお世話頑張ってくださいませ。
なお、来年オープン予定の旅館楽しみですね。
普段のchiyomiさんのお人柄がオーナーさんの信頼を得ているんですよ。いいですね。
いつになるか分かりませんけどその「旅館」「ホテル?」に行けたらいいなと思っています。

投稿: 本屋のオバさん | 2007年2月 7日 (水) 12時47分

ムムムさん
そうなんです。あの時の台風です。ひどかったですよ。
母は、3年前にも骨折をして金属を入れてもらっているのですが、今回は違うほうの大腿骨骨折になってしまいました。
今日の様子を、看護婦さんをしている従姉妹は認知症が進んでいて戻らないかもしれないと言います。
私は明日手術が無事済み、母が自分を取り戻してくれ無事リハビリが受けられますようにと願っています。

投稿: chiyomi | 2007年2月 7日 (水) 22時38分

本屋のオバさん
歳がいって、骨粗しょう症の人が骨折するのだと昨日お医者さんに説明を受けたばかりです。お義母さまは、普段からカルシュウム分がきっちり取れていて骨が丈夫だったのでしょうね。よかったですね。昨日の説明を受け、もう遅いかもしれませんがこれからはきっちり栄養バランスを考え食事をしなければと痛感しました。
そのくせ、今日は帰ったのが9時前で食事の用意をする気になれず、お見舞いにもらったカステラとホットミルクがぶ飲みです。娘は香住にカニを食べに出かけ、今晩は誰もいないのです。(^_^;)

投稿: chiyomi | 2007年2月 7日 (水) 22時48分

今日はお母さんの手術の日、今ごろは終わって、ほっとしているちよみさんでしょう。今夜はかえれないのかな。疲れが出ないように、早くお母さんが直るようにお祈りしています。

投稿: あきの | 2007年2月 8日 (木) 19時37分

あきのさん ありがとうございます。
手術は無事終わりほっとしています。そして家に帰りほっとしています。
事故当日はまだ自分が骨折をして入院していると自覚していましたが、昨日からパニック状態です。今日も興奮して帰りたいばかりでした。手術の後貧血を起こして輸血をしていただいたのですが、その間動いて外れたら困るので見ていてくださいと頼まれました。病院のスタッフの方の人数が充分でないようです。気の毒なほど忙しそうです。本当は泊まりで付き添ってあげた方がいいのかもしれないのですが、私も家に帰りたくて面会時間終了の8時までで精一杯でした。

投稿: chiyomi | 2007年2月 8日 (木) 22時38分

やっぱり大変ですね。
これが当分続くだけで、すめばいいけれど、帰宅してから尾をひくとたいへんです。
こんなときは一時、一時をしのいでいくしか手がありませんね。
おだいじに。お母さんと、そしてちよみさんも。

投稿: あきの | 2007年2月 9日 (金) 03時49分

訪問しては、あ、同じだと閉じていましたが、コメント欄よんで大変だったことがわかりました。
これからが大変ですね。chiyomiさん、ドンとかまえて、なるようにしかならないと、最善をつくしてください。

投稿: oss102 | 2007年2月 9日 (金) 10時37分

最近 末っ子の受験で パソコンから遠ざかっていました
お母様 大変でしたね!具合はいかがですか?
chiyomiさんも無理をされないように体に気をつけてくださいね
お母様はchiyomiさんを頼りにされているのですから・・・・
早く良くなるといいですね
うちの義父は今日無事退院します
今主人と義母が迎えに行っているところです

投稿: 葛布織 | 2007年2月 9日 (金) 10時46分

あきのさん
急な環境の変化について行けず、自分が骨折をして入院している事を認識できずにいる母は昨夜手術を受けた当日なのにもうベットからおりてたっていたそうです。おしっこの管も自分ではずしてしまったそうで今日はオムツだけにしてもらっていました。わけがわからなくてもおしっこはオムツの中でする事が出来ず、なんとかごまかしてするように勧めオムツの中でしてくれたので替えようと思ったのですが看護士さんから手術の後は私たちに任せてくださいと言われ変えていただいたすぐ後にもうトイレにいきたくなり、それもなだめてオムツの中でしました。管が入っていた後はトイレの感覚が大変短くなる事を教えていただきました。こんな短い間隔をその度変えてくださいというわけにもいかず、なだめているとそのうち寝てしまったのでお昼を食べに出るとその間にまた一人で起きてベットのそばに立っていたらしく、帰ってくると車椅子に動けないようにセットされローカに置かれていました。オムツの中でおしっこをするよう言い聞かせたのですが、通る看護士官に必死でトイレに連れて行ってくださいとてを合わせて頼んでいました。自分の状況が認識できている部分と出来ていない部分が混じっている状況は大変です。私が24時間介護してあげられないし、手術の後で安静にしていなければならないのにわかりません。
自分で書いていることも意味不明になりそうです。
普通の状態ならまだ言い聞かせられるのですが、病院のスタッフの方がもう少し多ければと思います。皆手一杯で忙しそうです。

投稿: chiyomi | 2007年2月 9日 (金) 22時34分

OSSさん
OSSさんの言われるように、なるようにしかならないとおもいます。
ただ、母の自覚がまだある間になんとか自分でトイレにいく訓練が出来る・・・間に合う事を願っています。
あせってはいけないけど、あせってしまう自分がいます。
今晩なんとか無事で明日を迎えられますようにと願っています。
昨日と今日はRちゃんが晩御飯を作っていてくれました。かたづけもしてくれました。うれしかったです。

投稿: chiyomi | 2007年2月 9日 (金) 22時45分

葛布織さん
お義父さまも入院なさっていたのですか。
入試の時期に、心配が重なり大変でしたね。
ご退院おめでとうございます。よかったですね。(^o^)
母の思いに答えられない自分が情けないです。
同じ大腿骨骨折での二度目の入院ですが、以前とはまったく状況が違ってしまいました。
葛布織家に倣って、実家にもいい春がやってきますように。

投稿: chiyomi | 2007年2月 9日 (金) 23時47分

 Chiyomiさんこんばんわカラスです
大変ですね、さっします、けど58才にして、母上様の御看病幸せと思います、居なければ出来ないですもの、お見舞い申し上げます。。

投稿: ごんべいカラス | 2007年2月10日 (土) 20時58分

chiyomiさん
お母様のお加減はいかがですか?
家のプレハブの建設、電気工事、エアコンの取付工事、そして、仕事。そんな1週間が終わり、パソコンに向かいました。
お母様の骨折、入院を知りました。
あきのさんへのコメントでchiyomiさんの心配や苦労が伝わってきます。
高齢になってからの骨折は皆さん怖いと言います。寝たきりや認知症が進むきっかけになると。
でも、そうでない人も沢山います。
母も、もう3年前になりますが、低血糖で路上で倒れてから、急にボケが進みました。歩けなくなってオムツのお世話になって、お風呂も私が一緒に入って洗ったりしていましたが、今はどうにか自分でできるまでになりました。回復した後、その時のことを話しても、全く覚えていないと言います。
たぶん、お母様も混乱されているのだと思います。
きっと 徐々に快方へ向かわれますから焦らないでください。人手が足りないのが歯がゆいですね。 お疲れがでません様に。

投稿: となりのとまと | 2007年2月10日 (土) 22時16分

カラスさん おはようございます。
母が入院してからの4日間、先の事を思い不安がいっぱいでした。そして入院先の状況を考え、母の状況を考え、自分の状況を考え、その中でどうすれば何とかできるか考えるばかりでした。
5日目の昨日おそるおそる病院に行くと、明らかに一昨日と違って元気な母がいました。これまでの母の様子を思うと信じられない程スイッチが入っていました。もちろん100%とはいきませんが、ありがたかったです。
カラスさんが言ってくださった、母に付き添える事が幸せと前向きに考え、母がかならずもとの母に戻ってくれると信じて今日もいってこようと思います。ありがとうございます。

投稿: chiyomi | 2007年2月11日 (日) 05時58分

とまとさん おはようございます。
おかげさまで母は入院5日目の昨日、一昨日までの母と全く人が変わったように元気になってくれました。自分が骨折をして入院している事をわかってくれたようです。でもまだ自分で歩けない事はしっかりとわかってはいないようで、トイレにあるいて行きたがります。いけないこととはわかっていますが、母を車椅子に乗せトイレに連れて行ってトイレでおしっこの介助をしました。
いつもとまとさんのご家族をうらやましがっていたchiyomiさんですが、我家にもご飯を作ってくれかたづけてくれる娘がいました。お父さんも、娘も長々と話を聞いてくれます。家に帰るとほっとして、また病院にいけます。
とまとさんもお母さんと同居、増築等忙しい毎日ですが、手を抜けるところは目をつぶってどうぞ上手に生活してくださいね。
まず自分が元気でいましょうね。いつもありがとう。

投稿: chiyomi | 2007年2月11日 (日) 06時59分

きょうのコメントを読んで安心しました。もう、大丈夫ですね。
頭がしっかりしていたら、トイレは自分で行きたいと思われるのは当然です。その気持ちを大切にして、病院で介助してくれる人手があったらよいのになと 思います。
お嬢さんも、お父さんもchiyomiさんをしっかりサポートしてくれていますね。良かったです。 どうぞ、お大事に。

投稿: となりのとまと | 2007年2月11日 (日) 14時52分

ちよみさん、またサボっていると思っていました。OSSさんと同じでちよみさんのブログを開いては更新してないので閉じていました。今日コメントを見てビックリしたところです。大腿骨骨折・しかも二度目?大変ですね。夫の友人も大腿骨骨折で3ヶ月も入院されたそうです。先ほど奥さんと息子さんに付き添われて快気祝いを届けてくれました。(夫より2歳上)夫は勤めで留守・・糖尿病があると治りにくいそうです。お大事になさってくださいね。

投稿: こじま | 2007年2月11日 (日) 16時16分

とまとさん
昨日、今日と毎日できることが増えていっています。
手術当日のパニックでつなぎのパジャマを着せてもらいそのままなのでトイレはまだ大変ですが、スタッフの方にお願いできるようになりました。それが一番うれしいです。
来週には抜糸をしていただけるので、その後は自分で車椅子に乗りトイレにいけるようになって欲しいと車椅子の乗り方を教えていますが、ストッパーをなかなか覚えられないようです。
明日からリハビリが始まります。
とまとさんは忙しいのに、いろいろご心配いただきありがとうございます。

投稿: chiyomi | 2007年2月12日 (月) 21時06分

こじまさん
何度も訪問いただきありがとうございました。
入院してもう一週間がたちました。
毎日少しずつ回復してくれています。正直毎日病院に行くのは遠い事もあり疲れ気味ですが、認知症気味なところがあるので出来るだけ付き添ってこれ以上進まないようにと出かけました。
ご主人のお友達は3ヶ月も入院なさったそうで、長かったですね。糖尿病は恐いですね。
母は明日からリハビリが開始されます。車椅子も二度目の経験ですが、リハビリも二度目です。

投稿: chiyomi | 2007年2月12日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月5日 快晴:

« セルフ | トップページ | 今日も はれ »