« ショック・・ゥ~! | トップページ | 寒の戻り »

願はくは

Cimg0145











毎日新聞の木曜日の夕刊にはクロスワードパズルが載っています。今日のヨコのカギの1番は、西行法師は桜の花を多く歌に詠んでいるが、中でも有名な歌の上の句で 「願はくは」 に続くのは?・・でした。
娘のRちゃんはパズル好きでいつも楽しみにやるのですが、今日はもう1番から聞いてきました。chiyomiさんはえらそうに「サクラノシタデ ハルシナム」と書き込みました。
ところが、縦の欄を入れるにはどうもおかしいようです。そこでパソコンの検索で調べてみました。

願はくは 花の下にて 春しなむ  その如月の 望月のころ が正解でした。

全く恥ずかしい思いでしたが、最近パズルとかをしていてもなさけない程言葉が出てきません。もともと語彙に乏しい上、記憶力も悪くなっています。

ブログを更新していても適切な言葉を捜すのに四苦八苦のこの頃です。

写真は武田尾の桜の園のやまざくらです。4月10日ごろから見頃を迎えます。

|

« ショック・・ゥ~! | トップページ | 寒の戻り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは、まさにおたがいさま。ことに短歌は、細かなところが憶えにくいですね。知っているようで確かめることになります。ちよみさんばかりではありません。

投稿: あきの | 2007年3月 2日 (金) 08時01分

サクラノシタデと出てきただけ凄いです。私は全然覚えていません。記憶以前の問題です。

投稿: oss102 | 2007年3月 2日 (金) 11時20分

山桜 ほどなくみゆるにほひかな さかりを人に待たれ待たれて (西行 山家集 花十首)

さくらの季節が今年もめぐってきますね。~♫

投稿: となりのとまと | 2007年3月 2日 (金) 14時06分

あきのさん
あきのさんの机の前には辞書が並んでいて、気になる事があったらすぐ調べる体制にあります。それはとてもいい環境だと思います。私はいつも居間のコタツ机の上のパソコンで遊んでいます。辞書はクローゼットの積み上げた荷物の中です。
心掛けの差は大きいと、いつも思っています。

Ossさん
昨日あきのさんのブログの俳句が印象に残っていて、急に書いてみたくなった今日のブログです。西行法師はさくらのしたで死にたいと思われた・・・そんな感性を私も持ちたいとそればかりが印象に残っていたのです。

とまとさん
さくらの開花も、もうすぐですねぇ~♪♪
ことしはまず、西行さんのさくらを楽しむ事から始めましょうか?
いい歌ですね。

投稿: chiyomi | 2007年3月 2日 (金) 21時54分

西行の句にホッとさせられるのは、年のせいばかりでは、ないですよね。
「花のした」を「さくらのした」と思ってももしかしたら正解かもしれませんね。春にさくらが一番似合いますから

マジに「西行」の句読んでみようかしら?文学的要素まるでないんです。いつもクロスワードパズル途中で放り出すタイプです。

投稿: 本屋のオバさん | 2007年3月 2日 (金) 22時37分

本屋のオバさん
今、とまとさんの書いてくださった「花十首」検索していました。
吉野のさくらは桜の季節がめぐる度でかけたいと思いながらいまだに行ったことがありません。
知りたい事や、行きたい所は次々出来ては消えていきます。
マジに「西行」の句読んでみようかしら?・・・実行に移してみてください。私も始めてみようと思います。

投稿: chiyomi | 2007年3月 2日 (金) 23時54分

chiyomiさんの 間違いは 大丈夫です! ほんの少し違っただけだですから。
それに ちゃんと 調べて確認するところもさすがです。
モダン事件にに比べたら・・雲泥の差ですよ。
記憶の引き出しを探すのに時間がかかる場合と 
そもそも 引き出しがない場合は・・・比べる余地もないですね。

投稿: ビディの母 | 2007年3月 3日 (土) 14時47分

私もクロスワードパズル好きです!
静岡新聞は毎週日曜版にクイズが出ます
最近は毎週応募していますが答えは合っていても
賞金はまだもらったことはありません
10名に1万円づつだから狭き門です(笑)
でも パズルが好きなのでめげずに応募し続けてますよ

投稿: 葛布織 | 2007年3月 3日 (土) 15時22分

とまとさん、
辞書を引かない日はないです。それほどモノを知らないままに生きてきました。パソコンで引けばいいのに、今でも辞書派なのです。一ヶ月に2度添削する文が来ます。10人足らずのところが2個所。このときは緊張します。みんな、伸び伸びと、とんでもない使い方をしている時がありますから。どうやら、文は読書量が関係するようです。

投稿: あきの | 2007年3月 3日 (土) 18時53分

chiyomiさん
やっぱり気になって・・・
「花のしたにて」は「花の下にて」と書かれていて これは私の記憶が正しければ「花のもとにて」と読むのではなかったかな・・・と。 間違えていたらゴメンナサイ。m(._.)m
今年の春は 西行をみんなで読みましょうかね!!
吉野の桜は まだ見た事がありません。いつの日か巡り逢えることを 楽しみにしておきます。

あきのさん
辞書のお話は chiyomiさん宛ですよね。(^o^)
私は自分のパソコンラックの上にあるプリンターの横に、国語辞典と漢和辞典、英和辞典、英文法の本があります。
なぜなら、パソコンはおバカな変換が多くて、時々信用ならないところがあるからです。
言葉を文字にするのはとても難しいことで、伸び伸び書かせて頂いているブログには 間違いが多すぎて 赤面することもしばしばです。お許しを・・・。

投稿: となりのとまと | 2007年3月 3日 (土) 22時26分

ビディの母さん
モダン事件・・もりだくさん焼き→モダン焼き・・なるほどなるほどと感心しました。語源は?でも、こんなん楽しくて好きです。
引き出しがいっぱいある人になりたいですね。
今回書いてくださった皆さんのコメントを読みながら、思っています。

投稿: chiyomi | 2007年3月 3日 (土) 23時03分

葛布織さん
クロスワードパズルの懸賞、早く当りますように。(^o^)
娘のRちゃんはやりっぱなしで、応募した事はありません。
ハガキを買ってきてあげておけばいいですね。
アサヒビールのシールを集めて応募すると缶ビールが当る懸賞で2年連続当ったので、気をよくして年末にお肉とかが当るのにも応募したのですが外れたようです。今もシールがついていますが一度外れるともう応募する気がしなくなります。
めげずに応募し続ける葛布織さんは、えらいです。

投稿: chiyomi | 2007年3月 3日 (土) 23時22分

あきのさん
??・・chiyomiさんですよ。(笑)
辞書はやっぱり手もとにおいておくべきですね。
とまとさんもそうなさっているとコメントをくださいました。
お二人を見習って手もとにおくように致します。

投稿: chiyomi | 2007年3月 3日 (土) 23時32分

とまとさん
いつもありがとうございます。
下をもとと読んだほうがきれいですね。きっとそうだと思います。
ただ今回はパズルになっていて、3のタテが漢詩といえば朱熹の「偶成」あたりが有名だが、その最初の部分は?となっています。答えは「しょうねんおいやすく・・・」なので「シタデ」と入れなければ続かなくなってしまうのです。
パズルの作者もお友達から指摘され今頃“やってしまったぁ~!”と思われているかもしれませんね。
ますます勉強したくなりました。
とまとさんこれからもどうぞよろしくお願いいたします。M(__)M
本文漢字に訂正いたします。

投稿: chiyomi | 2007年3月 3日 (土) 23時50分

おせっかいな性分でスミマセン。
パズルの完成が 気がかりで・・・。『シタデ』 で良かったのですね。(^o^)

投稿: となりのとまと | 2007年3月 4日 (日) 12時43分

西行法師のうたとやらを知っているだけですごいです^^;
私は全然知りません。たしなみのなさってバレますなあ・・・
私のネットの友人には歌を詠む方がいらっしゃって
素敵だなあと思いますが…私はその手の才能は全くないようです。

投稿: くり | 2007年3月 4日 (日) 17時08分

とまとさん
とまとさんのご指摘で正解でしたよ。
気になったので図書館で「山家集」「新古今和歌集」を借りてきました。「山家集」には、花の下になっていてルビが打ってなかったのですが、「新古今和歌集」のほうは“花のもとにて”となっていました。
教えていただいてうれしかったですよ。

投稿: chiyomi | 2007年3月 4日 (日) 20時19分

くりさん
たまたまパズルの設問からでした。
chiyomiさんもくりさんと同じですよ。
知りたい事や、興味のある事、得意な事は人それぞれだから、くりさんはくりさんの得意な分野を延ばされて楽しく人生を送りましょうね。

投稿: chiyomi | 2007年3月 4日 (日) 20時53分

chiyomiさん、始めまして、あきのさんのブログからおじゃましました。
初めて書き込みをさせていただく話題が、
私が興味を持っている西行のうたなのが、
心躍る不思議さを感じています。

季語では、花といえば桜、さくらと言えば花と言われています。

パソコンの中で賑わふ花ばなし     さくらこ

拙句をもってご挨拶とさせていただきます。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: sakura | 2007年3月 5日 (月) 00時40分

とまとさん、
ほんと、パソコンは常識知らず。とんでもない変換はユーモア。
お陰で笑える。でも年寄りの人たちがのびのびと難しい言葉をつかうときは、チェックしないと、ええっと思うようなことを平気でやって来ることがあります。「生涯学習」というのは、大学出から小学校出までと幅が広い。ここまで人生を通ってきた人たちを見ると、学歴はあまりひびかない。人生で大切なのはその人がどんな考え方が出来るかということだけのようです。

投稿: あきの | 2007年3月 5日 (月) 03時57分

chiyomi様方 あきのさんへ・・・(^0^*
<人生で大切なのはその人がどんな考え方が出来るかということだけのようです>
響きました。忘れない様に 心に留めておきます。

投稿: となりのとまと | 2007年3月 5日 (月) 18時46分

sakura(さくらこ)さん
すばらしいご挨拶、ありがとうございます。
sakuraさんにはほうぼうでお会いしていて、コメントを読みながら私もお友達に入れてほしいなって思っていましたのでとってもうれしかったです。
西行に興味がおありになると書いてくださいましたが、ご挨拶にとすらすらと句まで詠んでいただき、これまで以上にsakuraさんに興味を抱いています。
昨日図書館で借りてきた「山家集」であまりにもたくさんの歌の数に圧倒されています。どこから入ればよいのかご指導いただければありがたく思います。ただ今年のはなの頃には、これまで人が多いだろうなと敬遠していた吉野に出かけてみようと思います。
どの花にも心惹かれますが、さくらのはなには出かけていって(出会いたい)・・・と言う思いが湧いてきます。
sakuraさんにお会いできて幸せな気持ちになっています。chiyomiさんこそどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: chiyomi | 2007年3月 5日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 願はくは:

« ショック・・ゥ~! | トップページ | 寒の戻り »