« 寒かった | トップページ | 紹介します »

さくら さくら さくら

さくら さくら さくら・・・吉野は “さくらいろ” です。

Cimg2812Cimg2802Cimg2807Cimg2809






如意輪寺からのパノラマです。本当は4枚の写真を並べたかったのです。上の千本から中の千本へさくらいろのグラデーションが流れます 。 chiyomiさんには、さくらいろの時間のスタートです。

Cimg2819











如意輪寺から奥の千本行きのバス停まで、観光道路を歩きました。さくらの枝越しに蔵王堂の黒い屋根が見えますが、今日は最終的にその向こうのケーブル乗り場まで歩きます。

Cimg2832Cimg2837

奥千本バス停から急な坂道を歩いてすぐのところに金峯神社があり、その左手に下ったところが義経が隠れたとされている塔、右手にとると往復1時間ほどで西行庵です。けっこう険しく細い道が続きます。さくらもまだ咲いていません。
  吉野山花のさかりは限りなし 青葉の奥もなほさかりにて   西 行
後半月もすれば、奥千本のさくらも見頃を迎えます。

Cimg2847Cimg2855






奥千本まで行きはバスですが、帰りは歩いて降りる事になります。高城山展望台(おすすめです)、水分神社(おすすめです)、上千本のさくら(それはきれいです!)を楽しむ事が出来ます。蔵王堂に着いたのは4時半頃でした。今日はお餅つきがあり、その余韻が残っています。あすはお餅まきがあります。

家を出たのが7時過ぎです。吉野に着いたのが11時前。4時間もかかりました。近鉄特急を使うとずっと短縮されるのですが、18切符の最後のお出かけでした。

ムムムさんへ
高城山展望台は奥千本のバス停から少し下ったところにあります。小高い山の上なので、360度見晴らしが聞きます。ここから眺めると吉野は連なる山の中というのが実感できます。さくらはまだ蕾かたしという感じでした。ほめてくださった写真は、奥千本から下ってきて上千本を見下ろした写真です。観光道路から、上千本を見上げた写真もありますので添付します。
Cimg2842_1Cimg2826 

|

« 寒かった | トップページ | 紹介します »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ずっと寒そうだったので、もうあったかいよと書き込もうと,、来て見たら、桜が満開であったかーい。
吉野はあんなに有名なのに行ったことありません。
chiyomiさん桜三昧ですね。忙しそうなのに、よく動いてるよね。
近江もそろそろ満開なので、私もどっか見てこよっと。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年4月11日 (水) 00時01分

ブルーさん
今日は自分のわがままを通しました。吉野は私も初めてです。(^o^)
明日からまた頑張る為に、自分がまず幸せな気持ちにならなくってはと思います。18切符の最終日だったのです。
ブルーさんのブログには、空色が満開です。素敵すぎてためいきがでます。
今日は本当に暖かでしたね。

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 01時25分

有効に使えたせいしゅん切符でしたね。
これだけ豪華なさくらを見ることができたんですもの。ちよみさんは知恵者です。
四時間もまわりの景色を楽しめば得した気分だったでしょう。
わたしは旅をするときは本など持たないようにしています。旅でなければ味わえないものを、よく見たいから。

投稿: あきの | 2007年4月11日 (水) 06時39分

見事な景色を堪能でき、ため息です。
数年前に初めて行きましたが、中千本まででした。行くのに時間がかかるので、また見たいと思いながら実現しませんが、ここで見せてもらって本当に嬉しい!
特に真ん中の蔵王堂をのぞむ写真、そして下の左の写真(高城山展望台ですか?)は圧巻ですね。きれいだったろうな~。
chiyomiさんのホホも、ハートもさくら色になりましたか。
これから今までと違う自分のステージを迎えて、親のこと、自分のことなど、不安でいろいろ思いめぐらすことが多くなる私たち世代、努めて、さくら色にポット染まる時を増やそうね!いろんな形で協力を得て、利用して、自分も頑張って、そしてたくさん外に出ましょう。

投稿: ムムム | 2007年4月11日 (水) 08時48分

みんな夜中や早朝訪問ですね。
満開あり5分咲きあり2分咲きあり。一斉に満開にならないところがいいですね。
これだけの桜を満喫されたchiyomiさんの心はサクラ色に・・・そして私も写真大きくしてたのしませていただきました。
本物はもう少し先です。

投稿: oss102 | 2007年4月11日 (水) 09時00分

見事な桜のお山 !!
春の風まで届いてきました。
chiyomiさん ありがとうございます。
一目千本 って本当ですね。
いつか行ってみたい所が また増えました。

投稿: となりのとまと | 2007年4月11日 (水) 09時21分

なんて素敵にジャパネスクって平安小説&漫画があるんですが
そこに吉野君(よしののきみ)という、吉野の地名が出てきますが
同じ吉野なのでしょうか?(^^?
とても綺麗な場所ですね。
日本のどこに何の県があってどこがどういう場所で何が有名なのか
実はあまりよくわかってないのです。

投稿: くり | 2007年4月11日 (水) 11時14分

ちよみさん、18切符とやらを、有効に使って一人旅??そちらも、こちらも、季節はそんなに変わりませんね。花は長持ちしています。

投稿: こじま | 2007年4月11日 (水) 14時44分

あきのさん
小心者の知恵者は、でかける朝になっても「いこか、いこまいか」悩んでいました。片道4時間(往復すれば7時間半吉野に行くのにかかります)足らずの時間を有効にと思い文庫を一冊持っていきました。
心配無用でした。窓をゆっくり流れるのも「さくら さくら さくら」でした。
あきのさんの言われるように、本はリュックの一番下に入ったままでした。
帰りの電車はもう真っ黒になっていたので何も見えませんでしたが、今度は眠ってばかりで綱渡り状態の乗り換えでした。(笑)

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 19時33分

ムムムさん
去年吉野に出かけた娘も中千本までしか行けなかったと言っていました。
今回奥千本まで(西行庵までも)行けたのは一人だったからだと思います。それと最初バスで如意輪寺前迄いっきに行って、ちょっと早かったけど駅前で買っておいた柿の葉寿司のお弁当をお寺の中で食べてしまった事です。それであとは疲れたときとか、きれいな場所でとかの休憩は少しづつ取りながら、マイペースで行動しました。帰宅時間の制限がないのも大きいです。
高城山展望台の写真添付しました。後方に薄く写っているのは金剛山、葛城山、二上山もうっすらと写っている気がするのですが・・・(笑)
あきのさんにも書いたのですが、出かける朝まで迷っていました。行ってよかったと思います。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 20時36分

OSSさん
「北海道のさくらは平年どおりの開花予想が出ました」と先程テレビで言っていました。横綱桜は最後を飾ります。
吉野は大きな山だから、まず下の千本の開花から始まり、中・上・奥千本と開花が登っていきます。
上千本までは充分見頃ですが、道路を歩いていると谷から花びらが舞い上がってきました。民家の庭もさまざまな花が見頃を迎えていました。

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 20時51分

さくら色の青春旅でしたね・・・
きれいな吉野千本桜を楽しませていただきました。
お花見といえば お団子は????

投稿: ビディの母 | 2007年4月11日 (水) 21時19分

とまとさん
風に乗ってとまとさんに花びらも届きますように。
見頃の昨日でも風が吹くと花びらが下から上へと吹上げていました。これだけの数の山桜が一斉に花びらを散らす瞬間に居合わせたら、気が狂いそうにならないかなんて思ってしまいます。
吉野は交通の便が悪いから、時間的な余裕が取れれば山の中で一泊できればいいですね。

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 21時20分

わぁ~~♪
吉野へ行かれたんですね☆
山桜のさくら・さくら~*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(*´-`)゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*

ため息が出そうな世界ですね(^▽^)

一人で綺麗な桜を眺めながら
マイペースで歩く小旅行・・なんかね=あこがれます
本当はそんな旅したいなぁ~なんて思ってるのに
小心者(chiyomiさんと一緒です)な私は勇気がなくて・・
誰かを誘わなければ何処へもいけなかった(;^_^

18キップのおかげで
chiyomiさんは貴重な体験が出来たみたいですね(b^-゚)♪
来年は私も買ってみようかなぁ~

投稿: | 2007年4月11日 (水) 21時56分

ごめんなさ~い・・m(__ __)m
送信したら名前が入ってなかった(^^;
チョコチョイです= ↑のコメントσ(^_^ )の仕業です~

投稿: kei | 2007年4月11日 (水) 22時00分

くり さん
くりさんの書いてくださった小説は読んでないので検索をすると、平安時代が舞台だとか。実は平安時代の貴族にとって吉野山の金峯山詣では重要な宗教行事の一つで一生に一度は金峯山登山を志していたそうです。じつは4月末から京都国立博物館で藤原道長特別展が開催されそのチラシを持って帰っていてそう書いてあったのです。
吉野君=吉野山からとっていると考えて間違いないと思います。
吉野山は奈良県にあって、後醍醐天皇が南朝を興された場所、義経千本桜、太閤さんのお花見とかで有名です。

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 22時20分

追加された写真にうなってしばし見とれました。
う~ん、素晴らしい。桜、桜、桜ですね。
山並みは二上山とかですか。昔登ったことがあります。
青春18切符、金券ショップに残1、2回分ありませんかと行きましたが、その時には残念ながらありませんでした。
次は夏ですね。


投稿: ムムム | 2007年4月11日 (水) 22時28分

こじまさん
はい・・・一人で行ってきました。
今日は母と買い物ついでに篠山城址の桜をぐるりと見て回りました。
きれいですよ。満開になってから気温が低めだったのと、雨風がなかったのでなんとかきれいだったようですが、今度雨になるといっぺんに散りそうです

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 22時33分

ビディの母さん
おだんごは?・・・まずお昼用に買ったのが、名物の柿の葉寿司(鯖と鮭のおすしを柿の葉で包んだおすしです。chiyomiさんは鯖寿司が好きなので鯖のみのを選びました) 如意輪寺の奥さんが作られているという葛菓子を一箱(ゆかりの楠公さんにちなんでその紋所とさくらを形にした葛菓子でした) お店でばら売りも可と言う事でしたので、あんこたっぷりの草もちを一個食べました。それから万が一のためにドーナツとポッキ-を持って行っていました。一人だとおいしいお団子はどうしても後回しになってしまいます。
吉野についてしばらくするとなんと拡声器でお呼び出しの放送があったのです。「博多からお越しの○○さま・・・」母さんを思い出しましたよ。

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 22時58分

kei さん
自立した?chiyomiさんは一人でお出かけが大好きです。
と言うより、わがままものだから一人が気楽なだけかもしれません。(笑)
浄瑠璃寺はお一人でのお出かけだったのではと思い込んでいました。
それにkeiさんの写真はとっても素敵です。
18切符は夏と冬にも発売されます。5枚つづりでお友達と同時でも、一人でも使えるので試してみてください。
名前がなくっても keiさんだってすぐわかりますよ。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 23時31分

ムムムさん
葛城山の山すその所に二上山の二つのこぶが写ってるような、いないような・・・展望台からは見えたのですが・・・ごめんなさい。
ムムムさんのお家からだと奈良(飛鳥)も近くですね。
我家からだと遠いので18切符、関西お出かけパスのお世話になって出かけています。

投稿: chiyomi | 2007年4月11日 (水) 23時49分

観光道路からの、上千本の桜みごとですね。
他の写真もきれいです。
こちらはまだ完全には咲いていないのですよ・・
ひと足先に花見をさせてもらいました。

投稿: sakura | 2007年4月12日 (木) 09時50分

sakura さん こんばんわ
さくらの季節にさくらの中にいると “さくら” という名のsakuraさんがうかんできます。(^o^)
吉野山のさくらは、シロヤマザクラとかの山桜がほとんどだそうです。一本一本のさくらを楽しむのでなくて、山全体を楽しむのが吉野流ではと思いながらの一日でした。
sakuraさんの“さくら”はどんなさくらかなって楽しみにしています。

投稿: chiyomi | 2007年4月12日 (木) 18時46分

chiyomiさん、ステキな桜の写真有難うございます。UPされた写真を見たのですがなかなか時間がなくコメントできませんでした。

吉野のさくらには、歴史を感じますね。時代の流れや多くの人を癒してきたさくらが今もこうして見られるのはうれしいですね。
そして、chiyomiさんのブログから吉野のさくらを見れてさらにうれしいで~す!

投稿: 本屋のオバさん | 2007年4月13日 (金) 11時57分

本屋のオバさん こんばんわ
やっと吉野に行けました。(^o^)
ずっと行きたいと思っていたのですが、遠いイメージがあって思い切れずにいました。
行ってみて山の中というのがわかりました。場所によっては半端な坂道でない所がいっぱいあります。昔の人は健脚ですね。
 さくら狩り 奇特や日々に 五里六里 芭蕉
さくらを追っているから歩けますが、生活するのはちょっと・・・です。古くは即位前の天武天皇と持統天皇が、義経が、後醍醐天皇が・・・都を遠く離れて吉野は寂しかったのではと思います。

投稿: chiyomi | 2007年4月13日 (金) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくら さくら さくら:

« 寒かった | トップページ | 紹介します »