« 花のいろは | トップページ | つばめ »

この世をば


この世をば我が世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば

Cimg2993_1 京都国立博物館では今、極めた栄華・願った浄土とサブタイトルをつけた「藤原道長」特別展覧会が開催されています。

そして今日は博物館主催の土曜講座1600回を記念して「『この世』はわが世だったのか-藤原道長-」と題した特別講座が、講師に作家の永井路子さんを迎え開催されました。

永井路子さんの歴史小説が大好きなchiyomiさんは是非受けたくて申し込み、先着300名に入りました。

期待しすぎていたせいか、講座内容は愛読してきた永井路子さんの小説の復習に終わり残念な気がしました。

講座終了後、博物館の特別展覧会を見て回りました。
こちらの方は道長直筆の「御堂関白日記」や、藤原実資の膨大な日記「小右記」(最初に記した道長の「望月の歌」がこの日記に残されているそうです)、「今昔物語」(写本)、その他遠い平安時代の仏教文化に触れることが出来興味深い時間を過ごす事が出来ました。

ただ、永井路子さんの講座の前に博物館の方の話に「東京国立博物館で今開催中の、レオナルド・ダ・ヴィンチ展は50万人の入場者がありましたが、道長展は5万人なのが残念です」とありましたが、やはり入場者は少なかったです。
写真に写ったロダンのブロンズ像も悩みが深そうに見えます。

|

« 花のいろは | トップページ | つばめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「藤原道長」特別展覧会に
chiyomiさんは趣味が深い方ですね。
そういう方に憧れがあります。

永井路子さんの歴史小説・・・
知らないです。読んでみたいですね。

投稿: くり | 2007年5月20日 (日) 21時07分

道長・ダビンチに十分の一で負けましたか。
片やや日本歴史上の人物、片や世界のスーパースター
これは負けます。
でも知らないことを一杯仕入れてきましたね。
平安時代をしのぶ素敵なchiyomiさん。いい生活
してますね。

投稿: oss102 | 2007年5月20日 (日) 21時33分

くりさんへ
chiyomiさんはchiyomiさん
くりさんはくりさん
興味の対象が違うから知らなくってもぜんぜん大丈夫です。(^o^)
娘のRちゃんも歴史小説は興味なさそうです。
でももし読んでみようかなって思われたときは、くりさんが一番興味のある時代の例えば平安時代なら「この世をば」。鎌倉時代なら「北条政子」戦国時代なら「お市の方」というふうに選んで読んでみてくださいね。

投稿: chiyomi | 2007年5月20日 (日) 22時19分

この考える人は、そんなことで悩んでいたんですね。
2月に行った、京都御所障壁画展は、たいそうな人出だったから、大丈夫プラマイ出来てると思いますよ。
情の人、chiyomiさんは時代小説で言うと、どの女性が好きなのかな?

投稿: ネモフィラブルー | 2007年5月20日 (日) 22時35分

ブルーさんへ
はい なんせ博物館の正面で長い間座っているものですから、他にすることもなくいろんなことが気になってしまいます。
小説に取り上げられる方はそれどれ魅力的ですが、形は違うけど夫婦の愛情に満たされていないと言うのが共通項の気がします。
持統天皇が好きですが、深情けのchiyomiさんは蜻蛉日記の作者に共感を持ちます。

投稿: chiyomi | 2007年5月21日 (月) 05時20分

chiyomiさん、もし時間が許せばお供させていただきたいです。

京都国立博物館は、2年前(?)工事中で入れませんでしたが。奈良の博物館は、じっくり見てきました。ボランティアの方(おじさん?)が丁寧に40分ぐらい付きっ切りで説明してくれました。
ダンナの影響で博物館へ行くようになりました。
chiyomiさんは、永井路子氏の作品に詳しいのですね。

ダビンチ展は、娘が行きました。混んでいて身動きが取れないぐらいだそうでどうもそれほどでも・・・ないようです。じっくりゆっくり観たいのが本音です。

投稿: 本屋のオバさん | 2007年5月21日 (月) 20時53分

京都の博物館に寄ったことがあります。真夏で歩いて見学しているうちにくたくた。涼しいところへ行きたくて、寄りました。このとき強く印象に残ったのは二条城でした。

投稿: あきの | 2007年5月21日 (月) 20時58分

本屋のオバさんへ
時間は作ります。(^o^) chiyomiさんこそお願いいたします。
その時は是非博学なダンナさまをボランティアガイドさんにお願いいたします。楽しいお話が聞けるのを楽しみにしています。
奈良国立博物館は奈良公園の中にあるので入りやすいですね。前にも書いたかもしれませんが、私は京都より奈良のほうが好きです。どこへ行っても人の数が少ないのでゆっくり出来ます。
薬師寺の吉祥天像が展示されていた時にも行きましたが驚くほどゆっくり観る事が出来ました。レストランも安くておいしいです。
物知りなダンナさまとお出かけできる本屋のオバさんが、本当にうらやましいです。
永井路子さんの歴史小説は好きで、ほとんど読んでいますがだいぶ前になります。放送中の井上靖氏の風林火山を読んだのも高校卒業した頃でしたし、新田次郎さんも好きでした。そのほかにも・・・昔は読書家でした。今はそんなでもないので恥ずかしいです。

投稿: chiyomi | 2007年5月21日 (月) 23時19分

あきのさんへ
あきのさんが京都国立博物館に行かれた時の特別展は二条城の展示だったのですね。
暑くてくたくたな時、博物館に入る発想が湧くあきのさんは正直すごいです。京都の博物館は三十三間堂は正面にありますが、他の名所とかからはちょっと離れていて夏場は行きにくいですね。

投稿: chiyomi | 2007年5月21日 (月) 23時31分

お久しぶりです。
あらぁ・・そうだったんですか?!
一昨日、昨日と京都に行ったんですがねぇ・・・
博物館は娘の住まいのすぐ近くなので、行けばよかったなぁ・・・
昨年だったかしら?
大絵巻展は何時間も並んで見に行きました。
待つのがしんどかったけど、その分見ごたえはありましたね。

投稿: takababy | 2007年5月21日 (月) 23時48分

OSSさんへ
今気がつきました。なんで~・・・っと思っています。
昨夜OSSさんにお返事書いて送信したはずだったのに・・・
今見たらありません。また書きながら寝てしまって送信ボタンを押さなかったのですね。ほんとうにすみません。
昨夜はまたパソコンの前で寝てしまい、気がついたら3時過ぎになっていて、それからお風呂にはいり今から寝たらお父さんの仕事に行くのにおきられないと思いごそごそしながら起きていました。
こんな生活は全く素敵ではありません。なさけない生活をしています。

投稿: chiyomi | 2007年5月21日 (月) 23時56分

takababyさんへ
おひさしぶりです。びっくりしました!
偶然ですね。
土曜日は雨が降ったり寒かったりでしたが、昨日はいいお天気で気持ちのよい若葉の京都を楽しまれた事と思います。お嬢さんが京都にお住まいなら便利ですね。
私の場合は息子だったので、引越しの時二度と、後リクルートスーツを買う時に行ったきりです。
takababyさんの地元の高野山展に行った時は、ずいぶん混雑していました。藤原道長は万人受けではないのでしょうかね。でも混んでないのはゆっくり見られるのでありがたかったです。

投稿: chiyomi | 2007年5月22日 (火) 00時36分

わぁ~京都へ行かれたのは博物館へ講演を聞きにだったのですか・・良いご趣味をお持ちですね。
永井路子さんがお好きなんですか・・私は永井路子さんの本で読んだのは「歴史を騒がせたおんな達」の日本版と外国版・・それだけです。
歴史が大好きという chiyomiさんステキデス・^^・。

投稿: hanairomimi | 2007年5月22日 (火) 14時22分

ダビンチの作品ですから50万人くらい入場してもらわないと 博物館も経費がかかって大変ですよね。
って妙に現実的なコメントですみません。
道長さんの望月も欠けちゃいましたね。諸行無常のひびきあり もっと日本文化にも目を向けないといけませんね。

投稿: ビディの母 | 2007年5月22日 (火) 19時25分

chiyomiさん
ご丁寧に2度も有難うございます。
私へのコメントで見てなんのことじゃろ?と見に来ました。今日も遊びに出かけていて、此処へは今来ましたので、やっと訳が分かりました。(^^)

投稿: oss102 | 2007年5月22日 (火) 20時50分

mimiさんへ
はい行ってきました。(^o^)
その晩やっとmimiさんのブログで教えてもらった新玉ねぎのすき焼きが出来ました。「おいしい おいしい」と大好評で、「お母さん写真とらへんの?」「なんで?」「道長よりすき焼きの方がいっぱいコメントはいると思うけど・・・」「・・・」
道長に暖かいコメントありがとうございます。
mimiさんの読まれた2冊の本、文庫ですが押入れの中に眠っています。これもだいぶ前になりますね。
chiyomiさんの京都行きは雨が降ったり寒かったりでしたが、mimiさんはいいお天気に恵まれますように。

投稿: chiyomi | 2007年5月22日 (火) 22時04分

ビディの母さんへ
なるほど なるほど・・・妙に納得してしまいました。
ダ・ヴィンチですからお金がかかっているでしょうね。税金の無駄遣いと批評されずにすんで、東京国立博物館の企画係さんはホッとされているかもしれませんね。
永井路子さんの講演に先駆けて、京都の企画係さんの話を聞いたのですが会期はまだ27日まであるのでなんとか望なおして、道長さんの高笑いを聞きたいものです。
北九州市からも講演を聞きに来られていたそうですよ。

投稿: chiyomi | 2007年5月22日 (火) 22時35分

OSSさんへ
昨日はテニス。今日は?
OSSさんが忙しい日でよかった。“ホッ”(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年5月22日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この世をば:

« 花のいろは | トップページ | つばめ »