« ほたる | トップページ | 新幹線 »

遠くに嫁いだ黒豆は

Photo_6 毎日雨が降り続きます。
chiyomiさんの気持ちも湿りがちな時、4枚の写真が届きました。

この春「丹波(川北)の豆を自分のところでも植えてみたい」と言ってくださって、手持ちのお豆さんをお分けしました。
丹波地方は6月10日過ぎに豆まきをして、苗を定植し終わったところです。

温かい土地だからと一カ月も早くに種豆を蒔いたとメールをもらった時はどうなる事かと思っていました。発芽率も95%はあると思っていましたが、50%に満たない状態でした。

心配するchiyomiさんの気持ちはよそに、植え替えられた苗の様子、育っていく苗の様子と写真で送ってくださいました。そしてなんともう薄紫の黒豆の花が咲いたとのメールと共に写真が届いたのです。

ゴロゴロの畑の土地に立派に黒豆は育っていました。

去年も書きましたが chiyomiさんの実家は、勤めのある弟と高齢の母の二人暮らしのため田圃は近所の方に作ってもらっています。そのため家の周りのわずかの土地に黒豆を連作しています。畑仕事が大好きな母は一生懸命に畑を耕し、草引きをし、肥料をやりますが連作障害が出て立派なおまめさんはこの数年作ることがでずにいます。

元気に育っている黒豆の写真を見ながら chiyomiさんは自分の子育てを思ってしまいます。

|

« ほたる | トップページ | 新幹線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

嫁いだ黒豆さん、うつくしい緑ですね。ちよみさんの丹精するお母さんの畑もうまく行きますように。。。

投稿: あきの | 2007年7月 4日 (水) 23時42分

chiyomiさんの黒豆は、嫁ぎ先で立派に成長していますね。黒豆の薄紫の花は想像できますが、実物を見たことがありません。でもいつか自分でも育てて実物を見てみたいです。
姑も畑が大好きでしたが、今はできません。替わりにこちらが週末ファーマーで頑張っていますが、この頃は雑草の伸びに追いつきません。草だらけになりつつあるのを横目で眺めため息です。連作で立派にできなくても、大切な畑仕事・黒豆さんですね。

投稿: ムムム | 2007年7月 5日 (木) 08時25分

枝豆は痩せた土地がいいと聞いていますが・・肥料をやると木だけが茂って実がつかないそうですょ。

投稿: こじま | 2007年7月 5日 (木) 09時20分

黒豆の葉が見事に大きくなりましたね。
野菜づくりは、ほんとにたいへんですよね。
私は、実家に行ってただもらってくるだけですが・・・。
黒豆もやはり連作はだめなのですか?父がよく連作しないように畑を順番に耕していましたんが。
自分で作る喜びそしてうまくできた作物たちがわが子のようにいとおしくなるお気持ちステキですね。
黒豆が違う土地で大きく成長している姿は、まるでわが子のようですね。

投稿: 本屋のオバさん | 2007年7月 5日 (木) 13時12分

あきのさんへ
心配するchiyomiさんに、黒豆を植えてみようと思われたかたはご自分の道楽と言われました。そんなに心配しなくってもいいと伝えたかったのだと思います。
黒豆を育てるための田んぼを借りて、作業をしてくださる方を一年契約で依頼されました。
遠くに嫁いだ黒豆は新しい大地が気に入ったのか元気いっぱいです。
連作障害でどうしようもないことはわかっているので本当は作りたくないchiyomiさんですが、母の楽しみを取り上げることはできず今年も黒豆の植え付けをしました。

投稿: chiyomi | 2007年7月 5日 (木) 17時15分

ムムムさんへ
おばあさんは、総司令官を止められたのですか?
具合がお悪いのですか?
実家の母も骨折以来よその方が見られたら何で畑仕事をさせておくの?と言われそうな程よれよれです。
でも他に趣味のない母は、畑だけが生きがいです。
先回りして母のしたいことをできるだけ負担を減らすのがchiyomiさんの仕事になりました。
雨がよく降るので野菜も大きく育ちますが、負けない勢いでホントに草も育ちますね。ムムムさんの大きなため息が聞こえてきますよ。chiyomiさんも負けていません。(笑)
お正月に黒豆を焚かれるとき、何粒か残しておいて6月10日過ぎに蒔いて、8cmぐらいに育ったら定植し、10月になって枝豆で食べるのはどうでしょうか。(直播でもいいです)失敗して元々で試してみてください。

投稿: chiyomi | 2007年7月 5日 (木) 17時45分

こじまさんへ
ご心配していただいてありがとうございます。
枝豆に肥料をやりすぎると確かに木ばかり大きくなっておまめさんはつきませんね。
過ぎたるは及ばざるがごとしですね。やりすぎに気をつけます。

投稿: chiyomi | 2007年7月 5日 (木) 17時52分

本屋のオバさんへ
chiyomiさんの実家がある川北は、丹波地方でも有名な黒豆の産地です。田んぼを預けてしまって無くなった母は、同じ小さな田んぼでずっと黒豆作りをしてきました。連作障害と分かっていても近所の方がいっぱい作られるのを見ると、自分が高齢(骨折後は足も調子が戻っていません)で思うようにできないのにやっぱり作りたいのです。
私もやはり母が元気な時は本屋のオバさんと同じように、野菜はもらってくるものでした。母も嫁いだ私にもたすのが楽しみでいっぱい作っていました。
お父さんがお元気な本屋のオバさんは、たびたび出かけてお父さんの楽しみに協力してくださいね。
新しい土地で元気に育つ黒豆の姿に、娘の姿を見ています。

投稿: chiyomi | 2007年7月 5日 (木) 18時17分

黒豆の薄紫の花見たことがありません
黒豆はスーパーの袋に入っているのか
すぐ食べられる黒豆しか知りません
でも丹波の黒豆が有名なのは知っていました。。。
嫁いだ黒豆さん綺麗な緑ですね!!
お母さんのために頑張っているchiyomiさん
とても優しいですね~

投稿: 葛布織 | 2007年7月 5日 (木) 19時57分

chiyomiさんこんばんは♪
今日は晴れましたよ~(^▽^)
お嫁に行った“黒豆”
元気よく育ってくれて嬉しいですね♪
薄紫の黒豆の花見てみたいです・・☆
お母様の生きがいである畑仕事。。
お母様の負担を少しでも減らしてあげようと
chiyomiさんガンバって親孝行してるんですねp(^○^)q
畑仕事とっても大変なんでしょうけど嫁いだchiyomiさんに
いっぱい持たすのが楽しみだったお母様のように
chiyomiさんも自分で育てた野菜たちを子供達に
そして可愛い孫達に食べさせてあげられる楽しみがあるんですよね(b^-゚)♪
黒豆の枝豆が好きで・いつも丹波笹山の“味覚祭り”が始まる頃
田圃の横で刈り取ったばかりの枝豆をわけて貰いに出向いています
でも・・枝豆に刈り取ってしまったら、もう黒豆は育たないんだよね??
まったく無知で・・少し恥ずかしい質問です(^^;

投稿: kei | 2007年7月 5日 (木) 20時00分

黒豆は、一度作ったのですが、お猿さんに全部食べられてしまいました。
座り込んで食べたのか、数箇所にさやのかすが、山と積んでありました。よほど美味しかったのか、一粒残さずとはあのことです。
以来、黒豆は、義母が作る、丹波の黒豆を送ってもらっています。
豆は、田んぼのあぜに昔からよく作っていますね。
あれって、やっぱり連作障害になるんですね。
ムムムさんへのコメントを読んで、来年は私ももう一度トライしてみたくなりました。メモっとこっと。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年7月 5日 (木) 20時12分

葛布織さんへ
chiyomiさんも葛布織さんの実家の“川根茶”を知っています。(ごめん葛布織さんのブログで知りました)
一度飲んでみたいと思いますが、いつも行く生協さんには“静岡茶”というのはありますが、“川根茶”とは書かれていません。上等のお茶でデパートとかでないと置いてないのでしょうね。
連作障害を少しでも避けるため今年は農協で黒豆の種を購入しました。
嫁いだ黒豆に負けないように元気な黒豆になるようにと期待しています。
家を出るときはおこらんようにしようと思って出かけるのですが、母のすることにすぐイライラしてしまい後悔ばかりで帰ります。

投稿: chiyomi | 2007年7月 5日 (木) 20時31分

流石・・chiyomiさんの子だけあってしっかりと育っていますね。
先日私は冷凍にしてあった黒豆の枝豆を食べました。
解凍してもしっかりした黒豆さんでした。実は忘れていたのです。
毎年丹波に親戚がいるという近所の人に枝つきの黒豆の枝豆をいただきます。
こうして苦労話を拝見していると もっとありがたく頂きたいと思いました。

投稿: hanairomimi | 2007年7月 5日 (木) 20時35分

keiさんへ
だから三田のことも詳しいのですね。(^-^)
もし今年も篠山に来られたら、インターを降りてすぐ左折、50mほど先の信号をまた左折、そこからまっすぐまっすぐ信号2つ目が川北です。その信号を右折したところに川北の黒豆の枝豆の販売所があります。(土・日だけです)値段はちょっと高めですが、本物の川北産です。よかったら試してください。
実家が昔のようにいっぱい作っていたら、持って帰ってねと言えるのに今は心もとない状態でごめんね。
黒豆は枝豆で食べる分は10月に食べますが、その時株ごと引くのでお正月の黒豆にはなりません。煮豆で食べる分は11月中ごろまで畑に植えたままでおいたものを乾かして豆かちをして豆にします。
今日は久しぶりに晴れましたね。
仕事先のガラス磨きで一日が暮れました。(今は仮設の事務所で、決算も終わり特別仕事がありません)
chiyomiさんの親孝行は、後悔ばかりが残る親孝行で、野菜作りがなかったら続かないのではと思います。

投稿: chiyomi | 2007年7月 5日 (木) 20時58分

またほっぺたの落ちる黒豆の話題になりましたね。
ビールと篠山の黒豆でカンパ~イといきたいです。^^
可愛い子には旅をさせろですね。

投稿: 0ss102 | 2007年7月 5日 (木) 21時29分

ブルーさんへ
里山のお猿さんはかしこいなぁ~…感心しました。(ゴメン)
実家のある川北は篠山盆地の真ん中だからお猿さんは出てきませんが、丹波地方も山の近くの畑だと猿・イノシシの被害があるそうです。
だから、丹波のシシ肉の宣伝は「丹波のおいしい黒豆や山の芋を食べた丹波産のイノシシのお肉は美味しい」になります。(^-^)
昔は田圃の畦に細々と黒豆や白い豆を作っていましたので連作障害はありませんでした。米作りが減反政策でほかの作物を作らなければならなくなってから、黒豆作りが盛んになりました。今では黒豆団地と呼ばれるほどに一か所に決めて大規模に栽培します。害虫の防除とかも共同で行われます。いっぱい田んぼがある時は移動して栽培できますが、実家のようにない場合は同じ田んぼで栽培することになり連作障害を起こします。

投稿: chiyomi | 2007年7月 5日 (木) 21時48分

mimiさんへ
mimiさんありがとう。(*^_^*)
ゴロゴロの畑もなんのその、元気にすくすく育っています。
chiyomiさんが尼崎の社宅にいたときの友達が今千葉に住んでいます。その友達は電話で「社宅にいたころchiyomiさんから黒豆や山の芋をもらっていたころはそんなにも思わなかったけど、こちらに越してきて値段の高いのにびっくりし、いいのをもらっていたんだと気がついた」と言ってくれます。
でもその時分chiyomiさんも自分で作っていたわけでなくもらったものをおすそ分けしていただけで、mimiさんのご近所さんも同じではと思ったりしています。
感謝の心はご近所さんのお母さんへお願いします。(笑)


投稿: chiyomi | 2007年7月 5日 (木) 22時19分

OSSさんへ
ねぇ~…もう一年がたってしまいましたね。
chiyomiさんのブログは黒豆の話がたびたびでしたね。
その度お付き合いいただきありがとうございます。ビールを用意してくださるOSSさんに、ほんまもんの黒豆をお届けできずにいるのが心苦しいchiyomiさんです。
あんずるより産むがやすしとも言います。(^◇^)

投稿: chiyomi | 2007年7月 5日 (木) 22時30分

chiyomiさんのアドバイス、ネモフィラブルーさんに同じく、お正月の黒豆を残しておいて、蒔いてみます。姑は未だに総司令官です。が、ほんのちょっと、少し前より畑に出てきての指令が少なくなりました。
雑草に足をとられそうになるからか?
耕運機が古くなって、ビクとも動かなくなりました。週末に丁度展示会があるとか。中古でもいいから、私でも動かせるような小型のが本当は欲しいのですが。
(小型では機能的にだめかな?)

投稿: ムムム | 2007年7月 5日 (木) 22時54分

黒豆の若い頃の豆は そちらでは
やはり 枝豆のように茹でてたべるのですね。
想像しただけでもおいしそうだぁ~(´ー`*)。
仙台に来て 茶豆の存在を知り 昨年は育てて
みましたが 沢山の実はできませんでした。
あれは 肥料をやりすぎたからかも と、みなさんの
コメントを読みながら反省中です。
chiyomiさんの畑の黒豆も連作障害に負けずに
育ってくれるといいですね。
素朴な疑問ですが黒豆の枝豆は やはり真っ黒ですか?

投稿: つれづれ | 2007年7月 5日 (木) 23時31分

ムムムさんへ
ダメ元でやってみてくださいね。
実家の前の黒豆農家の方は、共同作業所の乾燥機で豆を乾かして出荷されますが、高温で乾燥させた豆でも発芽するといわれました。だから大丈夫だと思います。発芽さえすれば、ムムムさんの畑はこれまで黒豆を作られてないので丈夫に育つと思います。ただエンドウ豆とか豆類を植えた直後は避けてください。
おばあさんお元気でうれしいです。
火曜日に病院に行った時にも先生から畑に出てもいいけどくれぐれも転ばないようにと注意されました。
草も引っ掛かりそうですし、最近は雨で滑りやすいので十分に注意しなければと心配ですね。
耕運機の件は田圃のほうは大きな耕運機で耕しますが、畑のほうは小回りが利く小さめの耕運機です。でも使うのは弟で、私は運動を兼ねてスコップで掘り起こしをしています。
手頃な耕運機が見つかるといいですね。耕運機には詳しくなくてごめんね。

投稿: chiyomi | 2007年7月 6日 (金) 00時12分

つれづれさんへ
黒豆の枝豆は本当においしいです。
もしお願いできるなら、バックナンバーから2005年10月7日の“丹波・川北の黒豆は他よりちょっと高いけど”と書いたブログを読んでいただけたら嬉しいです。
茶豆は母の実家のほうでは黒豆の枝豆よりおいしいと栽培していたそうです。でも同じ丹波産でも川北の黒豆は特別においしいと言われています。(川北産と偽って売られている黒豆もあるほどです)
母は一度茶豆を作ったことがありましたが、実家の土地には合わなかったのか今一つで以来作らなくなりました。でも茶豆も特別においしい土地があるはずで、東北地方の茶豆は有名ですね。chiyomiさんもおいしい茶豆を一度食べてみたいと思います。
連作障害を避けるため今年は種豆を変えたので少しは期待しています。
黒豆の枝豆は皮は濃いグレーですが、一皮むけばきれいなグリーンをしています。食べだしたら止まりません。
黒豆の話をしだすと止まらなくなって長々とごめんなさい。

投稿: chiyomi | 2007年7月 6日 (金) 00時44分

こんばんは

去年の10月の記事読ませていただきました(^▽^)
同じ丹波産でも川北産は特別なんですね☆
知りませんでした~
今年もきっと黒豆の枝豆求めて「丹波笹山」まで行くと思います・・
chiyomiさんのお薦めの川北の黒豆販売所探してみますね♪。。ありがとう~
ケチなσ(^_^ )高速使わずに、いつも能勢の山越えして
372号線から篠山に入っていました(^^;
今年はインター下りて左折。。また左折・・ウンウン
インターは“丹波篠山口”でいいんだよね?
いつも10束は買い求めて固めにゆがいて=小分けして冷凍しとくんですよ♪
10月頃よく高速のサービスエリアなんかでも見かけるけど。。
やっぱり産地で買いたいな~なんて(b^-゚)♪
好きなものには、こだわり持ってたりするんですよね(゚∇^*) テヘ♪

投稿: kei | 2007年7月 6日 (金) 20時58分

keiさん もったいない もったいない
高速代で枝豆が2束は買えるよ。
篠山市街方面からだったら高速に入る信号手前50m程の信号を右折、これがインターを降りて左折、そして左折の信号です。
keiさんはもう篠山の町はよくご存じだと思いますが、10月の月は土日の度にどこかで味覚市が催されていますので、これも楽しんでいってくださいね。
川北の黒豆のことを自慢して書いてしまいましたが(これは事実なんですが)本当に味が違うってわかるのは、枝豆で食べるよりお正月の煮豆の時です。ほかの丹波産に比べると上品な味です。
あと波々部産というのもおいしいといわれています。
篠山のお土産物屋さんに行くと川北産、波々部産が別格で売られています。
一昨年の10月7日迄行ってくださってありがとう。

投稿: chiyomi | 2007年7月 6日 (金) 23時42分

chiyomiさんの黒豆の記事を見て、初コメントしたときのことを思い出します。
ちょうどあのころ、黒豆の記事がなかったらこうしてchiyomiさんとお知り合いになれなかったかもしれないと思うと、感慨深いです。

2年前まで畑を借りて、野菜を作っていました。今は事情があってやめていますが、日当たりの悪いベランダで今年はお米、ミニトマト、ささぎ、パセリなどハーブを少し育てています。

半月ほど前にそれまで土が入ったままほったらかしだった、プランターに花の苗を植え替えたら、土に混じっていたらしい、黒豆の芽がたくさん出てきました。

今年はそういえば黒豆は植えていなかったなあと思い出しましたが、全部を植え替える場所もないし、時期も遅いしでどうしようと困っています。

投稿: ゆ | 2007年7月 7日 (土) 14時26分

お母様の植えられた丹波の黒豆も元気に育つと良いですね
chiyomiさんは今年は植えなかったのですか?
私のところは昨年は枝豆で食べてしまって お正月はJAで煮豆用のは購入して種を残す事忘れて全部食べてしまったので苗を買って少し植えました
取れたて枝豆は美味しいですものね

投稿: fuji | 2007年7月 7日 (土) 19時11分

ゆ さんへ
chiyomiさんはしつこくゆさんのブログのアドレスを聞いたのでしたね。初めてブログを訪問したとき、“おでかけラララ”のテンプレートを見てわ~一緒のテンプレートとうれしかったのです。chiyomiさんも同じテンプレートでブログを始めたのでした。
黒豆の苗どうしたらいいかなぁ…どこかに移植させてもらえるところがあれば10月頃にはおいしい枝豆がみんなで食べられるのにね。ベランダのプランターはいっぱいやし。お米まで植わっているとはびっくりしました。
黒豆の苗は大きく育つし、間隔をあけて植えなければ実がつきにくいし、残念だけど今年はあきらめたほうがいいかもしれませんね。

投稿: chiyomi | 2007年7月 8日 (日) 08時39分

fujiさんへ
連作障害を少しでも克服するために、今年実家の黒豆の種は農協で買って植えました。去年は散々だったけど、今年は少しは良くなるかなって期待しています。
chiyomiさんの畑には40本ほど植えましたが夏野菜を植えているし、ジャガイモを引いたあとには8月の末には秋野菜の種まきをしたいのでこれがせいいっぱいです。
黒豆の苗は買うと高くつくので大変でしたね。
ほかの野菜でもそうですが、取りたてを食べるとおいしいし自分が作ったのだから余計おいしいとうれしいのですが、野菜作りも買うほどに高くつきますね。(笑)

投稿: chiyomi | 2007年7月 8日 (日) 09時02分

あの頃、まだブログを始めたばかりで何も分からず、chiyomiさんにいろいろと教えていただきました。
chiyomiさんからコメントをいただいたときは、とてもうれしかったです。
おかげで、chiyomiさんのところからたくさんの方が来てくれるようになりました。

お米は、5,6年前にバケツ稲の栽培キットを取り寄せたのがきっかけで、たらいで育てるようになりました。
今年は田植えにいったときにもらってきた稲を、たらい1つに2株だけ植えています。そういえば、品種を聞くのを忘れました。

黒豆は、本当は間引きするのが苦手なんですが、元気のいい苗を2つか3つ選んで育てようと思います。


投稿: ゆ | 2007年7月 8日 (日) 22時59分

最後の一言が気になります。
chiyomiさんの子育ての何を思ったのでしょう。
でも、「育てる」ということにおいて
何か通じるものがあるのでしょうね。

投稿: くり | 2007年7月10日 (火) 10時53分

ゆ さんへ
せっかく返事いただいていたのに気付かずにごめんね。
お米作りのことは正直どんなふうにしてと心配していましたが、便利なものがあるのですね。秋になってお米が実ったら、おばさんのところに持っていき一緒に脱穀をお願いできるので安心ですね。
黒豆の苗もゆさんの気持ちに応えて育つ気がしてきました。大きくなるのでできるだけ離して植えてくださいね。おいしい枝豆が食べられますように。
chiyomiさんこそ、ゆさんのお母さん世代なのにお付き合いいだたきありがとうございます。
ゆさんのすじの通った子育てをほほえましく、時にうらやましくなりながら楽しませていただいています。
シャンプーの事、本の事、ゆさんの子育ての姿勢を娘にも「読んで読んで」と言っています。私がどうこういうのより、きっとどこかに残っていると期待しています。

投稿: chiyomi | 2007年7月10日 (火) 19時36分

くりさんへ
くりさん鋭いなぁ…!(^-^)
chiyomiさんは今、ブログに書きたいのに内緒にしていることがあります。
こう書くと鋭いくりさんは気付かれたかもしれませんが、武士の情け?…もう少し内緒にしておいてくださいね。
chiyomiさんは同じ土地で連作障害を起こしていた黒豆の種が新しい土地ですくすくと育っている様子に、心配ばかりしていないで、娘の幸せを信じなければと思ったのです。

投稿: chiyomi | 2007年7月10日 (火) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠くに嫁いだ黒豆は:

« ほたる | トップページ | 新幹線 »