« そうだ京都、行こう | トップページ | いろいろ »

彼岸花

Cimg3461_7 「山で帰る道がわからなくなり心細くなったとき、彼岸花が咲いているともうすぐ人が住んでいるところに出るんやで」

去年、山裾を這うように咲く彼岸花を見ながら友達は教えてくれました。

ずいぶん日暮れが早くなりました。
彼岸花は、人が住まなくなると消えるそうです。

|

« そうだ京都、行こう | トップページ | いろいろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

真夏のような暑さが続いていますが ちゃんと 秋はやってきていますね。
彼岸花が人里に咲く花だったなんて・・・またひとつ物知りになりました。

投稿: ビディの母 | 2007年9月21日 (金) 21時29分

もうすぐ里やでえ…妙に実感のこもった言葉ですね。
こういうの好きです。花ももちろん好き。

投稿: あきの | 2007年9月21日 (金) 21時32分

ビディの母さんへ
本当に真夏のような暑さですね。
でももうお彼岸で、ちゃんと彼岸花は咲いています。
この話は去年、ダリアの花を見に行ったとき聞いた話です。
“へぇ~”って一年間温めていた友達の話です。

投稿: chiyomi | 2007年9月21日 (金) 22時09分

まさにへぇ~です。人里近くに咲く花ですか。どうしてなんだろう。???
昨日は忙しかったので、今日京都の写真を大きくしてみてゆっくり見ようとやってきました。
もう更新してたなんて、びっくり!!!

投稿: oss102 | 2007年9月21日 (金) 22時12分

あきのさんへ
妙に実感のこもった…その通りなのです。
あきのさん物語が一つ書けそうな気がしますね。

投稿: chiyomi | 2007年9月21日 (金) 22時16分

彼岸花をみると 子どものころ
走って逃げていました。
人里のあぜ道に咲く彼岸花
今みると 美しい風景なんですけどね


投稿: つれづれ | 2007年9月21日 (金) 22時20分

OSSさんへ
アジサイの花は“よいしゅ”(お金持ち)の家からもらってきたらよいんやで…って教えてくれたのもこの友達です。
彼岸花は、あざやかなのに寂しがりかもしれません。

投稿: chiyomi | 2007年9月21日 (金) 23時02分

つれづれさんへ
彼岸花はあまりに赤く燃えすぎて、幼いつれづれさんは追われる気がしたのですね。
chiyomiさんも「彼岸花は火事になったらかなんさかい家に持って帰ったらあかん」と言った祖父の言葉をずっと信じていました。

投稿: chiyomi | 2007年9月21日 (金) 23時12分

彼岸花咲きましたね・・やっぱりインパクトがあるのは白より赤ですね。
彼岸花は子供の頃は少し恐ろしげな花として受け止めていましたね。
昔はそういったことでいろんなことを大人は教えてくれたのですね。
大阪も夜明けが遅くなって来ました・・でも日中は暑いねぇ・・タマリマセン。

投稿: hanairomimi | 2007年9月22日 (土) 08時32分

そうですか・・人が住まなくなると咲かなくなる。
彼岸花という名前とイメージが違いますね。
むせ返るほどの朱色は生命を感じさせますね。^^

投稿: sakura | 2007年9月22日 (土) 09時18分

mimiさんへ
夜明けが遅くなってきた‥早起きmimiさんらしいです。(^o^)
黄色いのも白いのも珍しいと思いますが、野にあって彼岸花って思うのはやはり赤ですね。
横溝正史の小説を映像にすれば、似合いそうです。

投稿: chiyomi | 2007年9月22日 (土) 09時23分

sakuraさんへ
むせ返るほどの朱色は生命を感じさせる…お彼岸の前後ほんのすこしの間だけ燃えるように咲く花は、彼岸に行った方たちの思いでしょうか。
人里に咲くと言った友達の言葉にうなづけます。

投稿: chiyomi | 2007年9月22日 (土) 10時34分

Chiyomiさん、正直言ってこの花だけにはなぜか親しみが持てないのです。私の周りにこの花 無いのです。小さい頃からのことを思い返してもこの花を手にしたことも身近に見たことも無く過ごしてきました。
Chiyomiさんのブログを開けると真っ先に写真が飛び込んできて・・・
私の第一印象は「寂しい景色だな・・・」
山の形、赤い花、そして平行線に並んで伸びる電線に置いてけぼりにされた子供のような心細い寂しさを感じました。見る側 私の心が映ってる?
「写真撮るのがChiyomiさんは上手だなぁ~~」
最近のRちゃんのリフォームなった新しい壁に立てかけられたブーケの素敵な額・・
たくさん並んだ京都のまさに日本と言える景色の数々・・・
何度も何度も画面を開けながら、「写真を撮るのが上手だなぁ~」・・と・・。
そしていろいろ忙しそうだったChiyomiさんに「おめでとう」とか「よかったね~」とか書きたいと思いながらなぜか文章が繋がらなくて時間が過ぎました。
私が覗く数少ないブログのあきのさんやOSSさんの所を覗いてみては、あぁ・・お二人素敵な出会いだね・・Chiyomiさん・・美味しそうなパンだ・・私も最近、仕舞っておいたパン焼き器を出してこんなふうなパンを焼いてるよ・・・Chiyomiさん・・。キャンドルとビーチサンダルか・・・でも・・さすがあきのさん・・思いやりがいっぱい詰まったおもてなしだ・・ね・・・Chiyomiさん・・・と、心の中で話しかける・・・。知らない人なのに・・人の心は不思議ね・・・まるでよく知ってるかのように勝手に話しかけてしまっている・・。
こちら今日はどんより。静かな土曜の午後。
あきのさんにダイエット一緒にスタート・・と言ったのに・・
何か美味しいものを・・と冷蔵庫を開け、何にも無いや・・仕方ない・・と
マンゴとパインとプルーンのドライフルーツを エイッと食べてしまい・・自己嫌悪中よ・・Chiyomiさん・・・
コメント・・じゃない・・独り言・・長すぎてゴメンネ・・

投稿: まり | 2007年9月22日 (土) 15時45分

暑さ寒さも彼岸まで 
今年はお彼岸がきても猛暑です!!
今日もうだるような暑さでした
お彼岸になると思いだしたように彼岸花が目にとまるのですが
今年はいつもだったら咲いている場所に
彼岸花の姿が見えません
まだ秋を感じていないのでしょうか??
秋が短くなるのか? 暖かい冬になるのか?
いつまでたっても暑さの中からだは悲鳴をあげています(汗)

投稿: 葛布織 | 2007年9月22日 (土) 22時04分

まりさんへ
盛岡には彼岸花は咲いていないのですね。
この写真は昨日実家に行く途中で撮った写真です。
小雨が降っていたので少し暗くて、まりさんには余計さみしく見えたのかもしれませんね。去年友達からこの話を聞いた時、来年は書いてみたいなって思っていました。見出しは“さみしがり”にしようかと思ったのですが“彼岸花”そのままにしました。
実はこの次のブログは“まりさんのチーズケーキ”の予定だったのですよ。
一昨日またチーズケーキを作り、写真も撮っていました。
まりさんに教えて頂いてからもう何度も何度も作りました。この夏はあまりにも暑くて、母は全く食欲がなかったのです。もともと軽い母ですが、35Kになったといっていました。チーズケーキならカロリーが高いのでと作りました。
「おいしいな。これほんまにchiyomiさんが作ったったん。こうたん(買った)みたいにおいしいな。」毎回同じことを言いながら、食べます。「おいしいやろ。友達に教えてもらって私が作ったんやで。冷蔵庫に入れとくさかい、明日も食べるんやで」と入れておきますが、2日後に行くといつもそのまま残っていてまた一緒に食べると同じことを言います。chiyomiさんのこの夏の心配は、母の食欲と水分をちゃんととってくれるかでした。物忘れはお医者さんで検査をしていただきましたが、86歳年相応だと言われました。
最初の頃はちゃんと材料を確認しながらの作業でしたが、そのうち知っている気になって小麦粉を入れ忘れたりレモンを入れ忘れたり…小麦粉を入れ忘れると柔らかいチーズケーキになりますね。そしてたくさん入れると固めになります。
一昨日のは、ミキサーがうまく閉まってなくて生クリームを入れるとミキサーからこぼれ出しあわてました。楽しいチーズケーキ作りですよ。まりさんには本当に感謝しています。ここで書けたから次のブログは秋明菊に変更です。(^o^)
あきのさんとOSSさんは素敵ですね。いいお友達だなって思います。
まりさんごめんね。
実はchiyomiさんは10月の下旬に盛岡に行く予定をたてています。2泊する予定にしています。どうしてもまりさんの岩手山と、姫神山を見てみたいのです。
不来方城址にも寝ころびたいのです。北上川も見てみたい。今日まりさんのメールがなかったらこっそりと行っていたと思います。メールいただいてよかった。
chiyomiさんは一人が似合う人だから、一人で行って一人で帰ろうとおもっています。まりさんの盛岡の街を歩きながら、まりさんをより身近に感じると思います。
chiyomiさんがすずさんのように素敵になって「まりさん」って電話できる日が来るといいなって思っています。

投稿: chiyomi | 2007年9月23日 (日) 01時36分

葛布織さんへ
ほんとに毎日暑い日が続きますね。
静岡ではまだ彼岸花は咲いていないのですね。
最近冬が終わるとあっという間に夏になり、夏が過ぎるとあっという間に冬が来て、春と秋を十分楽しめないような気がしませんか?
毎日朝早くからのお弁当作りから始まって、忙しい毎日の葛布織さんです。お体大事にしてくださいね。

投稿: chiyomi | 2007年9月23日 (日) 01時58分

彼岸花の咲く季節になりましたね。こちらもボチボチ咲き始めました。

投稿: こじま | 2007年9月23日 (日) 10時25分

こじまさんへ
お彼岸やものね。
高田は秋が来ていますか?
三田は今週いっぱいは最高気温が30度超えの予報が出ています。いつまでも残暑が続きます。

投稿: chiyomi | 2007年9月23日 (日) 10時54分

Chiyomiさん
お返事いただいて嬉しかった・・・
素敵なブログのコメント欄に私信のような文を書いて失礼だな・・・と少し反省していたのです。人って難しいね・・自分のことですよ・・これは・・・
みんなが素晴らしく見えて仕方が無い・・・小さな生活にアクセクしながら、それでも性分として身近な他人には弱音や愚痴は吐けない・・・。自由な時間に覗けるPCの向こう側にいる「一方的に知っている人たち」の書くことを読み、元気をもらい、時には反論を抱きながら何だか話した気分になっている・・・。
Chiyomiさん・・弱音が見えてしまいましたか・・?
いいことがありましたよ・・。
鈴さんから北東北の水害のお見舞いを頂きました。
電話の向こうから「今度はこちらにも来てね・・」と。ふっと思い出してもらえる・・ということは嬉しいことですね・・Ciyomiさん。
いらっしゃい・・盛岡へ!
歴史や文化からははずれてきて、今の時代も地方格差に喘いでいる「みちのく」ですが
いらっしゃい・・Chiyomiさん・・
特別なことはしてあげられませんが
岩手山、北上川を見ながら、こちらの風を頬に感じてください・・
賢治や啄木の足跡がついている場所に一緒に立てたら嬉しいな・・・
旅行日程、教えてくださいね!

投稿: まり | 2007年9月23日 (日) 14時36分

chiyomiさんが撮った“彼岸花”素敵です♪
いつまでも暑くって・・
それでもちゃんと彼岸の時期に咲く彼岸花
えらいですよね~~
京都は「暑い、暑い」の言葉しか出なくて・・
(お友達の到着がお昼だったせいもあるんですが)
結局嵯峨野まではいけませんでした(^^;
市内をタクシーで廻り・・南禅寺へ行っただけ
でも・・今日は
涼しさを求めての箕面の滝へ
帰路、回り道で里山ドライブ
彼岸花たくさん見つけましたよ~☆
たわわに実った稲と彼岸花のコントラスト♪
暑くっても秋は一歩づつ近づいてるんだ!!
なんてチョットほっとした風景でした(^▽^)
やっぱり彼岸花は燃えるような真っ赤がいいな♪

投稿: kei | 2007年9月23日 (日) 17時50分

まりさんへ
よかった!! 鈴さんの電話がまりさんに元気をくれましたね。
今度はまりさんの番です。横浜にはあきのさんもいらっしゃいます。鈴さんと二人で訊ねることもできますね。(^o^)
そして、まりさんいつもご親切にありがとう。
自分に自信のないchiyomiさんは迷って迷ってしています。

投稿: chiyomi | 2007年9月25日 (火) 22時07分

keiさんへ
少しは涼しくなって、keiさんの京都が快適だといいなって思っていましたがやはり暑かったのですね。
京都の次は箕面だったのですね。
紅葉の頃に一度しか行ったことがないのですが、三十三ヶ所巡りの勝尾寺にいつ行こうかと…まだ行けずにいます。
今、彼岸花見事に咲いていますね。

投稿: chiyomi | 2007年9月25日 (火) 22時28分

人の住むところに…はじめて知りました。
最近あちこちのブログで彼岸花を見ます。
我が家の近所にも咲いていました。
好きな花です。

投稿: くり | 2007年9月26日 (水) 09時19分

お昼頃、郊外へ。
初めて運転して通る小道で他所のお宅の庭先に咲いている赤い彼岸花を見ました。
「あぁ・・咲いてる~!」と声を出し・・・ Chiyomiさんを思いました。
盛岡には咲かないんじゃなく、植えてる家が少ないのと、たまたま私が目にしないだけなのかもしれません。
今日も岩手山や姫神さんはきれいですよ・・・!

投稿: まり | 2007年9月26日 (水) 15時04分

くりさんへ
赤く燃えるように咲く彼岸花は、くりさんの近所にも咲いているのですね。
彼岸花にはこんなお話もある…ていどに受け止めておいてくださいね。
本当かどうかは確かめたわけではありません。
でもこんなふうな話は、なんとなく面白いと思いませんか?

投稿: chiyomi | 2007年9月26日 (水) 17時15分

まりさんへ
彼岸花は、基本的に野生です。記憶が間違っていなかったら白い小さな球根が増えて大きな群れになって咲きます。
この根はでんぷん質で飢餓の時の非常食になったこともあるそうです。ただ毒があるのでそれを上手に取り除くことが必要だったと義兄から聞きました。
chiyomiさんも今日仕事に出かけるとき、思いっきり晴れ上がった空を見ながら今日だったらいいなって思っていました。
まりさんどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: chiyomi | 2007年9月26日 (水) 17時28分

ようやくお彼岸が終わり、本格的な秋に入っていきますね。
そして、「自由人」になれますね。でも、お子さんやお孫さんのことがいつも気になりますよね。
彼岸花がみごとに咲いていますね。
chiyomiさんの秋の旅がよりいっそうたのしくなりますように。東北の旅いいですね。

投稿: 本屋のオバさん | 2007年9月26日 (水) 20時58分

本屋のオバさんへ
関西でもようやく暑さも峠を越したようです。朝晩は涼しくなりました。
本屋のオバさんのご指摘通り、chiyomiさんは基本的にえせ“自由人”です。(^o^)なんだかんだ言いながら家庭の枠をはみ出さないとこでバタバタ走りまわっています。
ありがとうございます。晴れるといいなって思っています。

投稿: chiyomi | 2007年9月27日 (木) 18時33分

彼岸花が咲いているところをみたことがありませんでした。全国どこでもお彼岸の頃に一斉に咲くのでしょうか?今年はブログのおかげで、紹介されているそれまで知らなかったお花を身近に見つけることができてうれしかったです。でも彼岸花の存在はこどもの頃から知っていたので、やはり見かけたことはないのだと思います。

どんど晴れも、もう終わりですね。9月に入ってよく見るようになりました。明日のさんさが楽しみです。

投稿: ゆ | 2007年9月28日 (金) 17時34分

ゆ さんへ
彼岸花はもともと日本にはなく、中国から移入された植物だと物知りの義兄から聞きました。
一斉に咲くか…新潟のこじまさんのブログにはきれいに咲いていました。つれづれさんのご実家も九州とのことだから咲くのだと思います。
ゆさんと同じ岩手のまりさんもやっと気付かれるぐらいだし、青森のくりさんもご存じないとのこと。北海道のOSSさんも。
やはり野に咲く北限があるのかもしれませんね。
いよいよ最終回ですね。明日はさんさ祭りが見られるのですか。必ず見ます。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年9月28日 (金) 19時47分

初めまして、ぶんぶんと申します。
「keiさんのお部屋」からお邪魔しました。
突然の訪問で申し訳ございません。

ちょっと、覗いてchiyomiさんのお人柄を
確認したら帰ろうと思いましたが・・・
彼岸花と横溝正史の文章を発見して、ひと言
コメントいたしたく、厚かましくも拙い文を
残します。

ええ、横溝正史「本陣殺人事件」の重要な場
面、猫のタマのお墓の傍らに、真っ赤な彼岸
花が咲いているシーンがありました。
ふっと、想い出して思わずコメントしてしま
いました。

又、寄らせていだきたく思います。
よろしくお願いいたします。

投稿: ぶんぶん | 2007年9月30日 (日) 12時57分

ぶんぶんさんへ
思いがけなくコメントをいただきまして、ありがとうございます。
ぶんぶんさんとkeiさんのミニオフ会成功の後押しで、chiyomiさんも10月には素敵な出会いが実現しそうです。
「本陣殺人事件」に彼岸花の咲いているシーンがあるのですか。
ぶんぶんさんには、これからいろいろ教えていただけそうで楽しみです。
chiyomiさんこそどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: chiyomi | 2007年9月30日 (日) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花:

« そうだ京都、行こう | トップページ | いろいろ »