« ひとつ・づつ・・ | トップページ | 彼岸花 »

そうだ京都、行こう

昨日は祝日で仕事は休み。おかげでchiyomiさんの畑は種蒔がすべて終わりました。ぽかっとあけた休日・・・

暑い夏を乗り切った私に、この町が 「おつかれさま」 と言ってくれました。
 “そうだ京都、行こう”…大好きなJRのポスターが呼びかけます。

今朝は5時起きで仕事の現場に戻るお父さんに便乗しました。高槻なのでJRで京都駅まで10分です。8時前に京都に着きました。
chiyomiさんは以前から会ってみたい仏像が2体あります。
京都太秦の広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像(国宝第一号・切手にもなっていました)と法隆寺夢殿の救世観音像です。どちらも大変有名なのにいまだ拝観したことがありません。法隆寺の隣の中宮寺で弥勒菩薩半跏像に出会って以来よけい思いは募っていました。

京都バスで広隆寺前まで、まだ9時の拝観時間前でした。

Cimg3366Cimg3363Cimg3369 弥勒菩薩像は、左上の本殿でなく、左の写真の左側にある霊宝殿に安置されています。
すぐそばで見ることができた弥勒菩薩像は、なんともきれいなお顔とからだの線を持たれた仏様でした。
満たされた気持ちがしました。

今日の目的は果たしましたが、まだ時間がありすぎますので広隆寺前の京福電鉄駅から嵐山まで出て、JRのポスターの写真に載っている常寂光寺に行くことにしました。

そこで困ったのが朝あまりにも早く食べすぎたのでおなかがすいてきたのです。
10時半の嵐山は、連休明けもあってかまだお店があいているところが甘味処程度です。仕方なく抹茶パフェで何とかごまかし出発しました。

竹林の道を抜けると程なく野宮神社、このあたりから嵯峨野です。
JRのコマーシャル、常寂光寺(苔がとても美しかったです)・落柿舎・二尊院・祇王子・寂庵(前まで行き芙蓉の花を写しただけです)・大覚寺・大沢池と歩きました。
大覚寺から市バスで嵐山まで戻り、遅いお昼ごはんの後渡月橋を渡り、阪急電車で帰りました。

日影に入るとさすがに吹いてくる風も涼しくさっと汗がひきますが、まだまだ暑い一日でした。 「おつかれさま」  9月の京都は人出が少ないのは嬉しかったです。

Cimg3371_6Cimg3373_5Cimg3375_4 Cimg3376

Cimg3380Cimg3382 Cimg3384 Cimg3387 Cimg3388 Cimg3391 Cimg3395 Cimg3398 Cimg3400 Cimg3402 Cimg3404 Cimg3410 Cimg3415 Cimg3418 Cimg3419 Cimg3424 Cimg3421 Cimg3426 Cimg3431 Cimg3436 Cimg3441 Cimg3446 Cimg3447

|

« ひとつ・づつ・・ | トップページ | 彼岸花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このコースは、私と夫の京都初デートとほぼ同じで、以後、何度も訪れています。
たくさんの写真楽しませていただきました。
パフェも目でいただきました。
chiyomiさん、自分のために時間を使い始めましたか?
滋賀は「だから滋賀」がキャッチコピーです。
「だから滋賀」と言って、滋賀へもおいでくださ~い。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年9月19日 (水) 00時01分

再びこんばんは

そうだ京都へ行こう~
今年のポスターは「常寂光寺」でしたね
実は・・今週末ブログのお友達が来ることになっていて
“京都駅”で待ちあわせしているんです。
何処を案内したらいいかなぁ~なんて悩んでいた所でした。
ランチは涼床を予約したんやけどね~(^^;
その後何処へ行ったらいいのか見当がつかず・・・・
決めた☆やっぱり嵐山・嵯峨野コースにしよう♪
chiyomiさんの綺麗な写真で迷いがスッキリ(^▽^)
もう彼岸花も咲いてるんやね♪
chiyomiさん・・ありがとう~~(b^-゚)♪

投稿: kei | 2007年9月19日 (水) 00時22分

chiyomiさん、こんばんは。
何だか私も急に京都に行きたくなってしまいました!
大学時代には毎年のように京都や奈良へ行っていたのですが、最近はすっかりご無沙汰してます。。。
私も実は弥勒菩薩半跏思惟像ファンで、中宮寺と広隆寺の両方の仏様に会いに行きましたよ(^^)

投稿: 黒部ゴロゴロ | 2007年9月19日 (水) 00時47分

ブルーさんへ
そうやったんや…若いブルーさんと御主人は、清滝のほうまで歩かれたんではって想像しています。
でもこれだと反対のほうが楽ですね。
いつもいつも仲のいいブルーさんご夫妻ですね。(^o^)
歩くのが嫌いなお父さんは嵐山高雄ドライブコースでした。
今度滋賀に行くのは長命寺と決めているのに、なかなか行けません。京都や奈良を飛び越えて滋賀県には本当にたびたび行っていたのに、chiyomiさんのなかに流行があるのかな?駅でいつもパンフレットは一杯もらってくるのですよ。
「だから滋賀」実現したくなってきました。

投稿: chiyomi | 2007年9月19日 (水) 07時48分

keiさんへ
これも見ててくれはったんやぁ…ありがとう。(^o^)
いつもいつもJRのコマーシャルは魅せてくれますね。
紅葉の季節でないのが残念ですが、常寂光寺は緑のモミジと苔が本当に美しかったです。
京都駅で待ち合わせですね。お友達もきっと喜んでくださると思います。
日影は涼しい風が吹き抜けるけど、歩くにはもう少し秋めいてくれますように。
芙蓉の花と彼岸花が迎えてくれますよ。
楽しい一日になる予感です。ブログ楽しみにしていますよ。

投稿: chiyomi | 2007年9月19日 (水) 08時32分

ゴロゴロさんへ
中宮寺と広隆寺どちらもですか?
ゴロゴロさんは山も素晴らしいのに、仏像までとびっくりしてしまいました。
chiyomiさんは若い頃、大学に憧れ社会人になってから京都の大学の二部に通いました。昼間は仕事をしていて、日曜の度に山に行っていた時期がありました。
宝物のような時代です。
住んでいた頃はあまりでかけずに、今のほうが出かけたくなるのは不思議ですね。

投稿: chiyomi | 2007年9月19日 (水) 09時01分

たくさんの写真楽しみました。^^
京都まで電車で10分なんて、羨ましい!!
寂庵へは私も行ってきました。
芙蓉の花の薄桃色のなんて儚げなことでしょう・・・
抹茶パフェも遅い昼ごはんも美味しそうなこと。
私も一緒に歩いた気分になりました、ありがとう、chiyomiさん。^^

投稿: sakura | 2007年9月19日 (水) 09時50分

本当に懐かしいですね。
chiyomiさんは、「ちょっと京都まで」って感じでお出かけできていいですね。
広隆寺は、6年前に行きました。このところ毎年京都や奈良に出かけることが多くなっています。
昨年、嵐山方面から常寂光寺、念仏寺まで歩きました。9月は、穴場のシーズンでしょうか?
来年は、薬師寺さんへお参りに行く予定です。
私の年一度の楽しみです。
その内、京都でブログの皆さんとお会いできたらいいですね。夢ですが・・・。

投稿: 本屋のオバさん | 2007年9月19日 (水) 13時10分

まず、どっちもおいしそう。
NHKで仏さんをやっていますね。ちよみさんが会いたかったように、仏さんに会いに行く短い番組です。
わたしも自転車で嵐山を歩いたので、なんとなく想像できます。でもなんとなく見ただけで、残念でした。

投稿: あきの | 2007年9月19日 (水) 14時14分

「そうだ京都へ行こう」思いたったら吉日、すぐ実行・・ちよみさんエライ!!写真もきれいに撮れていて私もご一緒した気分です。

投稿: こじま | 2007年9月19日 (水) 14時38分

sakuraさんへ
家からだったら、やはり早く着いても1時間半程かかります。
sakuraさんは寂聴さんの講話をお聞きになったのですか?chiyomiさんも一度は聞いてみたいです。
寂庵はすぐにわかりましたか?
お地蔵さんがある辻を折れしばらく行くとわらぶき屋根の家が左手に見えてそちらに気を取られていて写真に写した案内を見落としていてずっと先の信号まで行ってしまいました。
戻って少し奥に見える林の処の寂庵の前まで行ってみましたが、写真を写すのははばかれたので、芙蓉の花を写しました。見ていただけてうれしいです。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年9月19日 (水) 20時09分

本屋のオバさんへ
エッ、毎年行かれるのですか。 広隆寺はダンナさまの希望ですか?(^o^)
トロッコ列車に乗られて、保津川下りを楽しまれた話を聞いていたのでchiyomiさんもと気持ちを大分動かされたのですが、一人はさみしいかなってあきらめました。いたるところにトロッコ列車への標識がありますね。
連休明けだったこともあるのでしょうが昨日は人出がまばらでした。
薬師寺は京都駅から近鉄が便利かもしれません。唐招提寺も歩く距離ですよ。行った時には薬師如来像も、吉祥天画像も見られずじまいでしたが、去年国立博物館で見ることができました。建物は新しくて面白みがないので、吉祥天画像の見られる日に計画できるといいですね。
京都で…そんな日が来ると素敵ですね。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年9月19日 (水) 20時52分

あきのさんへ
たまにつけっ放しになっているテレビでかかっていることがあります。思わず食い入るように見てしまいます。
半年ほど前、大仏さまを特集していた番組を見ましたが、それもよかったです。でも見る目を持っていないのかテレビの画像で見たり、写真で見たりする仏様は大変魅力的に写されているのですが、自分の目ではそこまで達しなかったりすることが度々あります。
残念です。
昨日は人出が少なく、自転車のほうがすいすい走れたみたいです。

投稿: chiyomi | 2007年9月19日 (水) 21時06分

こじまさんへ
夜は一人暮らしなのでいっぱい時間があるのですが、昼間は一週間中毎日なにかあって、エイッと決めなかったらどこにも行けない日々が続きます。
今回は決めてからが速かったです。前日決めて、お父さんの出勤時間に合わせました。(^o^)
こじまさんのブログで酔芙蓉を見せてもらっていたので、芙蓉の花ばかりに目がいきました。寂庵の前の芙蓉は少しピンクに色づいていましたが、これも酔芙蓉だったらいいのにって思いながら見ていました。

投稿: chiyomi | 2007年9月19日 (水) 21時21分

chiyomiさんのところからは、気軽に京都に行けるのですね。広隆寺は修学旅行で行ったお寺です。
京都の写真、たくさんあって楽しみました。
最近我が家で、百人一首がブームです。約一名にじゃまばかりされますが。百人一首には、京都の地名がたくさん出てきますね。

投稿: ゆ | 2007年9月19日 (水) 23時41分

ゆ さんへ
修学旅行で弥勒菩薩半跏思惟像をすでに見学なさってたのですね。
京都に行くと修学旅行生はゾロゾロと学校ごとでの行動をしていた以前と違い、グループで自主的に自分たちで見学したい場所をきめボランティアの方の案内で行動するパターンになっているようですね。ゆさんたちもこの方法で広隆寺を選ばれたのでしょうか。素敵な選択ですね。
恥ずかしい話ですが、chiyomiさんは石碑に刻まれた小倉百人一首の言葉で初めて小倉というのが常寂光院の裏手にある小倉山を指すことに気が付きました。
坊主めくりならゆいちゃんももうすぐ参加できますね。

投稿: chiyomi | 2007年9月20日 (木) 00時15分

おはようございます・帰ってきました。
↓Rちゃんついに・・ですね・・娘が出て行ったあとガランとした部屋で泣きそうになったあの頃を思いましてしまいました。
・・これからは自分を楽しめますね。
京都へよくいきました。
去年の秋にはこのコースそっくり回りました。
若い頃さだまさしさんが好きでしたので歌詞に京都が出てきて確認にも行きました。

投稿: hanairomimi | 2007年9月20日 (木) 07時19分

mimiさん お帰りなさ~い!!
長かったねぇ。(^o^)
mimiさんは、なんでもchiyomiさんの先輩です。

若い頃、mimiさんはさだまさしさんでしたか。chiyomiさんは渚ゆうこさんの「京都慕情」でした。
きれいな富士山が見られてよかったですね。
mimiさんの「千葉ものがたり」気になって仕方ないのですが、今から仕事に行ってきます。
帰ったらすぐ訪問します。楽しみです。

投稿: chiyomi | 2007年9月20日 (木) 08時39分

京都は修学旅行で行きました。
風情があっていいですよね。

景色や草花の写真も美しいですが
一番最初に…おいしそうな
抹茶&白玉パフェに目がいきました・・・(笑)

投稿: くり | 2007年9月20日 (木) 16時12分

京都は大好きで、何度か訪れたことがありますが、
まだまだ行きたいところがたくさんあります。
時間とお金に余裕ができたら 主人と二人のんびり
お寺めぐりをしたいと思ってます。 あと何年後かな・・
chiyomiさんの写真で旅の気分を味わいました。

投稿: ビディの母 | 2007年9月20日 (木) 20時36分

くりさんへ
くりさんも京都に修学旅行だったのですね。
高校生にして京都の風情を感じるとは、なかなかです。
くりさんもやはりグループでの行動でしたか?
抹茶パフェに目が行きましたか…???
さっき、くりさんは大人だってほめたのに…食べるの大好きくりさんに戻りましたね。(^o^)
ほんとは宇治金時が食べたかったのですが、カステラも入っているパフェのほうがお腹の足しになるかなって選択でした。(笑)

投稿: chiyomi | 2007年9月20日 (木) 21時05分

ビディの母さんへ
好きな所は何べんも行きたくなるし、そうしたらまた行きたかったのに行けなかったって所も出てくるし、悩んでしまいますね。
京都は一人旅の方が多くて、さびしくない旅ができる街だと思います。大阪のお友達のところに来られた時、足を延ばしてみてください。
好みもあるので一概には言えませんが、御主人とののんびり旅は奈良のほうがお勧めの気がします。人も少なく、おおらかな雰囲気がします。
母さんに教えていただいた“たっくんのブログ”をお気に入りに入れてたまに読ませて頂いています。「ば~か」はたっくんだったのですね。たっくんだったり「バ~カ」って言われても許せます。
もう一度子育てしたくなるいいブログですね。

投稿: chiyomi | 2007年9月20日 (木) 21時36分

chiyomiさんは仏像とかお寺を見ることがすきなのですね。貴女の中には香り高い文化があります。^^
独り暮らしの良さですね。そうだ京都へ行こう!!
すぐ実行できる嬉しさ。

投稿: oss102 | 2007年9月21日 (金) 11時15分

OSSさんへ
いえ、いえ、そうではありません。(*^_^*)
やり残したり、見残したり…なんとも多いchiyomiさんです。
昼間はやはり毎日あっちこっち義理を果たしていますが、夜は快適な一人暮らしです。
これからは夜を上手に過ごせたら、もう最高です!!

投稿: chiyomi | 2007年9月21日 (金) 21時03分

広隆寺へは全員で行ったと思います。
班ごとの行動の日は、わたしたちの時は1日だけでした。文学の道を歩いて、南禅寺で湯豆腐を食べました。

投稿: ゆ | 2007年9月21日 (金) 23時02分

ゆ さんへ
辻利の抹茶パフェじゃなかったのですね。(^o^)
哲学の道はchiyomiさんも大好きです。いつの間にか南禅寺に着いてしまいますね。
途中山側に上る法然院もお勧めです。
石川五右衛門も登った?三門が大きかったでしょう。

投稿: chiyomi | 2007年9月21日 (金) 23時49分

「そうだ!京都行こう」で
京都に行けるchiyomiさんが羨ましくなりました
中学 高校と修学旅行は京都でした
学校を卒業してからも友達と京都のお寺めぐりを
したことを思い出し懐かしく思います
一番最近では当時 京都にすんでいた妹が
三つ子ちゃんを出産したのでお手伝いに行きました
あれから三つ子ちゃんも5才のお誕生日を迎えたの
ですから暫くいっていませんね
今日名取裕子と宅間しんが京都を旅する番組をやって
いましたが本当に素晴らしいところだと思います
chiyomiさんの写真を見せていただき京都に行った
気分にさせていただきました

投稿: 葛布織 | 2007年9月22日 (土) 21時57分

今日も暑かったですね。chiyomiさんが京都に来られた日も暑かったでしょう。でも、写真の緑が少しだけ涼を感じさせます。常寂光寺の苔は、この夏でも緑がきれいなのですね。今回のコースの半分くらいは、私もこの春に行ったところで懐かしいです。(そのもっと前には、嵐山の駅構内(京福嵐山線)で足湯をしました。)
もう萩がきれいに咲いているのですね。
暑い夏をいろいろ乗り切ったchiyomiさん、お疲れ様でした。

投稿: ムムム | 2007年9月22日 (土) 22時32分

葛布織さんへ
「そうだ京都、行こう」
思いついた時行かなかったら、chiyomiさんもやはりなかなか行かれません。
三つ子ちゃんの記事思い出しました。
妹さんが京都なら、泊まるところの心配はいらないのでもう少し時間に余裕ができたら出かけられますね。
中学・高校と修学旅行が京都とは…他に行きたいという意見は出なかったのでしょうか?
損をした気がした方もいらっしゃった気がします。(笑)
今日は土曜日なのでお父さんも帰ってき、息子家族も来ていたのでテレビは野球とサッカーばかりでした。chiyomiさんも見たかったです。

投稿: chiyomi | 2007年9月23日 (日) 02時21分

ムムムさんへ
はい、京都に行った日も暑い一日でした。
朝から汗がぼたぼた落ちてお化粧ははげ落ち、気が付けば鼻の頭と頬が赤かったです。ぞっとしました。
祇王寺の苔も見事でした。若い頃は苔を見てもこれほど惹かれませんでした。年をとったせいでしょうか。
京福電鉄の足湯…気が付いて、びっくりしてしまいました。ムムムさんはつかられたのですね。
chiyomiさんの仕事先の旅館も来年の秋オープンすると足湯を作る予定になっています。ぜひお越しください。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年9月23日 (日) 02時38分

残念ながら、石川五右衛門は記憶にないです。水門なら覚えているのですが。
そうだ、哲学の道でしたね。「○学の道」までは出てきたのですが、○がどうしても思い出せませんでした。絶対違うと思いながら、文学の道にしてしまいました。もう忘れません。

chiyomiさんの梅干しと黒豆、本当にお言葉に甘えていいのでしょうか?どちらも日本一おいしいものなので、舞い上がっています。枝豆もすごくおいしそうなので迷ってしまいますが、かさばると思いますので煮豆にできる黒豆のほうをお願いします。

投稿: ゆ | 2007年9月29日 (土) 23時36分

ゆ さんへ
chiyomiさんは昨日からゆさん家にはどちらがいいかなって楽しみに考えていました。
枝豆も食べてほしいけど、川北の黒豆のおいしさがほかの丹波産のお豆と味の違いが本当に変わるのは煮豆にした時なのです。去年時間がかかる黒豆をゆさんが炊かれた時子供さんたちもおまめさんが大好きと書かれたのを読んで覚えていたのです。
12月ごろになりますが待っててくださいね。

投稿: chiyomi | 2007年9月30日 (日) 00時41分

楽しく読みました、つるべも見ました。

投稿: 加藤美智子 | 2008年1月 2日 (水) 12時21分

加藤さんへ
今年の年賀状を拝見し、加藤さんはパソコンをされない事を知りました。明子ちゃんに頼んでくださったのですね。ごめんね。
せっかくコメントをいただいたのに、年末に娘の出産・お正月・気になる母のこと等で毎日時間に追われながら過ごしています。
ハガキで近況報告いたします。
加藤さんが遺跡発掘のお仕事を始められたことに、また違った加藤さんに出会った気がします。

投稿: chiyomi | 2008年1月16日 (水) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうだ京都、行こう:

« ひとつ・づつ・・ | トップページ | 彼岸花 »