« いろいろ | トップページ | またおいで »

寝台特急「日本海」3号

10月に入り、日あたりのわるくなった庭に咲くピンクの秋明菊はchiyomiさんの心を明るくしてくれます。

Cimg3481 いまでも我が家はお金持ちではないですが、昭和45年20才のchiyomiさんは貧しかった。

行きたいと思い続けた京都の大学に入学はしましたが、昼間は働き夜は学校に行く生活でした。
それでも仲間にも恵まれ、日曜のたびに京都の街を歩き回りました。

しばらくして京都の北山、滋賀県の比良山系、三重の鈴鹿…近場の山に行くようになって、そうするうちに遠くの山にも「行ってみようか」と声をかけてもらえるようになって。

遠くの山に出かけるときはいつもきまって大阪発、夜行列車でした。

当時、信州方面に行くのは「ちくま〇号」と決まっていて一晩に何本かありました。既に大阪駅でほぼ満員の列車は、京都駅で乗る時すわれたらラッキー。でも通路に新聞紙を敷いて腰を下ろすほうが結構楽だったものです。
富山方面から入る時もやはり夜行列車でした。
大山に行ったときも夜行で行き大山を縦走し、その晩また夜行列車に乗りました。朝京都についてそのまま仕事に出たという強行軍でした。

それでも楽しいばかりでした。

また当時、それなりに一人旅もしましたが出発はやはり夜行列車でした。山口、島根方面に行ったときは、小郡に着いた時はまだ暗かったです。秋芳洞に向かうバスの中で夜明けを迎え、山口の道路の立派さに驚いたものです。
四国一周の旅にも出ました。因島に向かう船の中で夜明けを迎えました。

下旬に東北への旅を計画中のchiyomiさんは、往路に“寝台特急「日本海」3号”の切符を購入しました。

|

« いろいろ | トップページ | またおいで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まだまだ若いちよみさんの証明。そして金持ちになった証拠は(寝台特急)それから、まりさんと会う…みんなだんだんと顔が分かる付き合いになりますねえ。たのしんで来て下さい。

投稿: あきの | 2007年10月 3日 (水) 22時47分

あきのさんへ
新聞紙に腰掛け、リュックにもたれながら眠った夜行列車が寝台列車になった。chiyomiさんにとっては、どちらもうれしいばかりの旅の始まりです。
物書きグループで写真のまりさんに出会っていましたのでchiyomiさんはプレッシャーですが、迷ってばかりいないで思い切って飛び込むことにしました。

投稿: chiyomi | 2007年10月 4日 (木) 00時25分

chiyomiさんはいい青春時代を送ったんやね。
そやから今もなんか若々しい頭をしてるや・・とようわかりました。
東北への旅・まりさんとの対面・楽しんで来てくださいね・
寝台特急で、青春時代を思い出して泣いたらあかんよ~~。

投稿: hanairomimi | 2007年10月 4日 (木) 08時14分

9/29に帰って来ました・・
私ヮ・・新宿発23:55でした
山梨・長野・・そっち方面の山歩きを教えてもらって
ちょうどテレビでヮ中村雅俊さんの♪夢の坂道ヮコバルト色の空と海・・って言う主題歌のドラマが放送されていました・・いつも山から帰ると・・その歌でした・・今ヮ車椅子なのであまり出かけませんが・・コンナ生活もケッコウ楽しめるように・・なりました

投稿: 台所のキフジン | 2007年10月 4日 (木) 13時56分

chiyomiさん、青春していましたね。
それがしたくて、私も学生やり直した感があります。
新聞紙をひいて、鈍行列車の旅行は、駅に着くたび「ガチャーン」と大きく揺れて目が覚めましたね。
秋の東北、一度行ってみたいと思い続けています。

投稿: ネモフィラブルー | 2007年10月 4日 (木) 16時34分

mimiさんへ
心配する両親を押し切って、2年間就職してからの出発でした。
解放され自分のことだけに生きることができた、わがままな時代でした。
寝台列車は、初めての経験です。
乗ったらすぐにベットに横にならなければいけないのかな?外は真っ黒やけどやっぱり外を見てみたいけど見えるんやろか?…今からワクワクしています。
寝つきはめちゃめちゃいいので、感傷的になっている暇がない気がします。

投稿: chiyomi | 2007年10月 4日 (木) 18時13分

キフジンさんへ
ワァ~お帰りなさ~い!! おめでとう。(^o^)
新宿発23:55…今なお時間まで覚えていらっしゃるキフジンさんの山行き。きっといっぱいの思い出が詰まっているのでしょうね。
chiyomiさんにも想像できますよ。チャキチャンもご一緒でしたか?
中村雅俊さんのドラマは、見ていなかったです。
せっかく書いてくださったのに、共感したかったのにちょっと悔しいです。

投稿: chiyomi | 2007年10月 4日 (木) 18時40分

ブルーさんへ
新聞紙を敷いて…ブルーさんもありましたか。(^o^)
“ガチャーン”覚えていますとも!!
あのころ仲間と一緒だったから通路で寝ても平気でした。
京都駅は今のようにきれいではなく、改札を入ったところの一番線が夜行列車の入るホームでしたね。そして山陰線は入って右手から出ていました。
ブルーさんはこのホームが故郷につながっていたのですね。

投稿: chiyomi | 2007年10月 4日 (木) 19時35分

青春時代の思い出を語るchiyomiさんは、とても生き生きとされていますね。
いっぱい楽しく甘酸っぱい思い出をお持ちなのでしょうね。

夜行列車の思い出は、失恋?傷心旅行で京都へ行ったことです。おセンチでしたね。だから京都が好きなのでしょうか?
chiyomiさんのブログを読んで思い出しました。
旅好きだったり、歴史好きだったりするchiyomiさんは、家のダンナによく似ています。
最もダンナは、いまだボンボン息子から卒業できていませんが。

投稿: 本屋のオバさん | 2007年10月 4日 (木) 20時41分

本屋のオバさんへ
あの時代があるから今、後悔せずに生きていられます。(^o^)
本屋のオバさんにも夜行列車の思い出があったのですね。chiyomiさんは2年遅れの京都だったからもしかして…なんて考えたり、ブログを書いていてよかったと思いながら読ませて頂いています。
若い頃は本当に一途で、今から思えば恥ずかしい程ですが真剣でしたね。その時たとえ悲しい思い出でも、思い出はないよりはあったほうがいいですよね。
chiyomiさんはいつも、ダンナさまのことを人のいい気のいいダンナさまだろうなって想像しています。
夫婦って不思議ですね。

投稿: chiyomi | 2007年10月 4日 (木) 21時23分

ピンクの秋明菊、可憐ですね。うちのは白色です。若いころのchiyomiさんの姿が浮かぶようで、少しばかり胸キュンです。社会人生活を横浜でスタートしました。下宿代も払い、自炊をし、つつましく貯金もしましたが、その頃は部屋に電話もありませんでした。2年目に家から小型テレビをかついで帰ったことを覚えています。・・・ワレワレの若い時代、皆素朴でしたね。東北旅行楽しみですね。

投稿: ムムム | 2007年10月 4日 (木) 21時31分

ムムムさんへ
白い秋明菊もほしいのですが、この時期になると日当たりの悪くなる庭にはさみしい気がして…先日も花屋さんでじっと思案のchiyomiさんでした。広い庭のムムムさんがうらやましいなぁ~!!
ムムムさんのスタートは横浜だったのですね。
テレビを自分の部屋で見ることができたときは嬉しかっただろうなぁ…でもかついで帰った?…chiyomiさんならやりそうですが…ムムムさんに親近感を覚えます。(^o^)
我が家にやっと電話が付いたのは、結婚して子供が3カ月になった頃でした。まだ小さい息子を抱いて、バスに乗って申込みに行きました。なんでも覚えています。(笑)

投稿: chiyomi | 2007年10月 4日 (木) 22時08分

chiyomiさん ついに東北へいらっしゃるのですね。
楽しんでくださいね!というまでもなく chiyomiさんなら
思いっきり楽しんで帰られることと思います。
寝台列車ですか・・・子どものころ父が国鉄職員だったので
数年に1度乗りました。でも枕を反対にして母と1つのベットでした。
よく落ちなかったなぁ~と思います
chiyomiさん 落ちないよう気をつけてくださいね。(笑)

投稿: つれづれ | 2007年10月 4日 (木) 23時38分

つれづれさんへ
ありがとう。やっとこの月の末に出発が決まりました。「日本海」で鶴岡に出て羽黒山にお参りし、その次の日蔵王に行く予定です。つれづれさんのブログで拝見したエメラルドグリーンのお釜がどうぞみられますように。
つれづれさんは寝台列車は経験済みだったのですね。柵はないのですか?
困ったなぁ…娘の出産で入院中ベットから転がり落ちたchiyomiさんです。出産後だったからよかったのですが、それ以来ベットは苦手です。
でも安心ください。下の段です。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年10月 5日 (金) 00時03分

よく働き、よく学び、よく遊ぶとは、ちよみさんのことですね。寝台車に乗ったこと一回だけありますが、一睡も出来ませんでした。普通車の方が眠れます。ブログ友 第二号のご対面たのしみですね。

投稿: こじま | 2007年10月 5日 (金) 09時56分

初めての対面はちょっと迷いますよね。
会うべきか、このまま会わずにいようか・・・と。
まりさんとの対面、ブログに沢山書いてね。
楽しみ、楽しみ。

投稿: oss102 | 2007年10月 5日 (金) 19時47分

chiyomiさん こんばんは♪

寝台特急で行かれる今回の旅行
chiyomiさんの第2の青春への幕開けですね♪
弾む心が伝わってくるようで、なんか嬉しい(^▽^)
「夜行列車」高校のときの修学旅行で乗っただけ
昭和46年20才の私は母になり子育て真っ最中・・テヘ
chiyomiさんの青春山歩き・楽しかったんやろな☆

秋の東北“まりさん”“ゆさん”と一緒に
思いっきり楽しんできてくださいね~♪

☆ピンクの秋明菊 とっても可愛いですね


投稿: kei | 2007年10月 5日 (金) 19時49分

こじまさんへ
秋になって急に、よく食べるも加わりそうです。(笑)
こじまさんは寝台列車で一睡もできなかったのですね。
寝なければ寝なければ…明日がしんどいから…思うのに思うのに眠れない。寝台車には乗ったことはないのですが、そんな経験chiyomiさんにもありますよ。
そんな時は、もう起きていようって開き直ることにしています。

投稿: chiyomi | 2007年10月 6日 (土) 00時01分

OSSさんへ
OSSさんも迷わはったんですね。
はい、chiyomiさんもやはり迷って迷ってしました。
ブログでは言いたい放題ですが、けっこう恥ずかしがりです…?
まりさんとのツーショット期待してください。(笑)

投稿: chiyomi | 2007年10月 6日 (土) 00時18分

keiさんへ
46年20才のkeiさんはお母さんだったのですね。
若いかわいいお母さんは、生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこして幸せいっぱいの笑顔が目に浮かびます。
祇園祭のプロポーズは45年だったのでしょうか。
みんなそれぞれの青春でしたね。
今回の旅行はkeiさんにいっぱい後押ししていただいてありがとう。
いっぱいいっぱい楽しんできます。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年10月 6日 (土) 00時51分

わあ。東北にいらっしゃるのですね。
鶴岡というと・・・あそこかな?
私は行ったことがないですが。
寝台特急かあ~~楽しそう☆
最近寝台に乗ったことがありましたが
毛布なしの安いものに乗ったりしてました^^;

投稿: | 2007年10月 6日 (土) 14時58分

くりさん?へ
はい、23日の夜「日本海」3号で出発します。(^o^)
鶴岡は、はいあそこです。朝6時半の到着です。到着したのを気付かずに、青森まで行ってしまったらどうしようって心配です。
chiyomiさんはくりさんの歳には、新聞紙に腰掛けて夜行列車でした。
くりさんはこれからですよ。

投稿: chiyomi | 2007年10月 6日 (土) 23時18分

ピンクの秋明菊綺麗ですね!
私も最近植えてみました お気に入りです(笑)
chiyomiのよりもう少し濃いピンクです
白い花が咲くはずだったものも前に植えたのですが肥料を根の近くにやりすぎたのか多すぎたのか枯れてしまいました(汗)
今度は花の咲いているのを植えました
またブログに載せますね!!
夜行列車も寝台列車も乗ったことはありません
chiyomiさんは素敵な青春時代を過ごしてきたのですね 胸キュンです!!
京都は大好きで友達とよく行きました
東北に行かれるのですね~
楽しんできてください
ブログ楽しみにしています

投稿: 葛布織 | 2007年10月 8日 (月) 11時59分

こんばんは♪

先日は小生の拙ブログにご訪問いただきまして
有難うございました。
いよいよ、「日本海」3号で出発ですね。
日本海のネーミングに「サンセットエクスプレス」
をイメージしてしまい、夕焼けの日本海もいいなあ
なんて、思って時刻表をみたら、京都20時51分
鶴岡6時32分着。
完全に夜行寝台でした。

女一人の夜行列車、いろいろ思いもおありかと思い
ますが、翌朝、駅に着いたら素敵なお仲間が待って
いるんですよね。
ほんとうに楽しんで来て下さいね。

私も昔、東京発鈍行大垣行きで「木曽路」に行った
事を想い出しました。
民宿3泊でほとんど徒歩の道中でしたが、中津川か
ら奈良井宿まで、途中、開田高原に寄ったりして、
お金は無かったけどいい時代でしたね。
人の暖かさもその時知りました、「ディスカバー・
ジャパン」って言ってました。
百恵ちゃんの「いい日旅立ち」がイメージソングで

chiyomiさん、行ってらっしゃい!
では、又♪


投稿: ぶんぶん | 2007年10月 8日 (月) 19時09分

若いときは何にも感じなかった強行日程。
今は快復に時間がかかりますね。^^
私も夜行寝台列車「北斗星」に乗ります。
ホテル代節約になります。
最近はきつくなりました。(;;)

投稿: sakura | 2007年10月 8日 (月) 22時41分

葛布織さんへ
おはようございます。
濃いピンクの秋明菊、きれいだろうなぁ~…
葛布織さんに“お気に入り”っと言ってもらえて、ますますいっぱい花をつけると思います。ただchiyomiさんのは昨日からの雨で半分倒れかけ、無残な姿になっています。(^_^;)
お友達とたびたび行かれた京都は、新幹線ですね。
どこに行かれたのでしょう。
桜や紅葉の頃の京都は、人人人で…でも若い葛布織さんとお友達はそれも楽しいばかりだったのでしょうね。
またブログに思い出話を書いてくださいね。
東北への旅も、二週間後になりました。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年10月 9日 (火) 08時26分

ぶんぶんさんへ
最初はとってもいい思いつきだと思った寝台特急ですが、だんだん不安になってきているのも事実です。
どうぞ、西村京太郎サスペンスになりませんように…
まりさんは盛岡で待っていてくださいます。(^o^)
ぶんぶんさんの木曽路への旅は一人旅だったのでしょうか。
いい旅をなさったのですね。
それにしても、JRのコマーシャルはいつの時代も旅ごころを誘います。
ただ、百恵ちゃんの“いい日旅立ち”が流れていたころは子育ての真っ最中でした。

投稿: chiyomi | 2007年10月 9日 (火) 08時46分

sakuraさんへ
「北斗星」…時刻表で調べてみました。
上野発札幌着の寝台特急ですね。sakuraさんの故郷は北海道でしたね。去年chiyomiさんは道東へこれもまた一人旅をしましたよ。
そうですか、寝台列車を使っての旅はしんどいですか。
私にとってほぼ40年ぶりの夜行列車です。
だんだん不安がよぎってきます。

投稿: chiyomi | 2007年10月 9日 (火) 08時59分

夜行列車には、飛騨高山へ行くときに上野から富山まで乗りました。もう15年前です。同じ頃仙台から北斗星に乗って北海道へ行きました。記念に懐中時計を買いました。

投稿: ゆ | 2007年10月10日 (水) 09時54分

ゆ さんへ
ゆさんの夜行列車の思い出は高山だったのですね。
chiyomiさんは夜行列車で富山まで行き、有峰口から北アルプスを縦走し笠ケ岳、そして高山に出たことがあります。
高山の街から大きな大きな山が見えませんでしたか?
笠ケ岳です。
“北斗星”はsakuraさんと一緒ですね。(^o^)
盛岡に行って、chiyomiさんは記念にもぎたてリンゴを食べてみたいと楽しみにしています。

投稿: chiyomi | 2007年10月10日 (水) 18時40分

はい、「もぎたてりんご」とメモしました(笑)
メモ紙には雑々と千代美さんの行きたい所、私が見せたいところが書いてあります。
あとでこれらを効率よく回るルートを考えます。
今日、自転車で街中を走りました。
県庁、市役所の脇を流れる中津川には遠く太平洋から北上川を遡上ってたどり着いた鮭が泳いでいて、橋の欄干から下の流れを覗き込む人の姿はこの時期の見慣れた光景です。
特別な用意は何にもできません。千代美さん、普段着の私と、ただただ遊びましょうね・・。お天気だけを心から願っています。

投稿: まり | 2007年10月11日 (木) 00時27分


あ~。名無しでしたね!ごめんなさい。
でも当たりです(^^)
もし寝過ごして青森まで来てしまったら…ついでに青森観光を是非に♪その時はご連絡ください(笑)

投稿: くり | 2007年10月11日 (木) 10時59分

まりさんへ
リンゴ・リンゴ・もぎたてリンゴ…リンゴ大好きなchiyomiさんは今や岩手山と半分半分なぐらい楽しみにしています。
でもまりさん、どうぞプレッシャーに思わないでくださいね。盛岡ではリンゴがとれるんやぁ~と思うだけでうれしい気持ちがしています。
地図を見ると北上川の河口は石巻市の太平洋に向かっていました。
鮭はなんと長い遡上をするのでしょう。命は不思議ですね。
カレンダーにお天気の花丸をつけたのできっといいお天気になるはずです。まりさんもchiyomiさんも晴れ女やしね。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年10月11日 (木) 19時50分

くりさんへ
万が一、青森駅まで行ってしまったら…大きな声で「くりさ~ん」「くりさ~ん」て呼ぶから飛んできてね。
chiyomiさんの声は結構大きいです。(*^_^*)

投稿: chiyomi | 2007年10月11日 (木) 20時01分

今度は 東北の旅ですか・・素敵ですね。
寝台車の旅なんてとっても贅沢!!
旅の報告記事が今から楽しみです。 

投稿: ビディの母 | 2007年10月11日 (木) 22時42分

ビディの母さんへ
ちょうど二年前ブログを始めたころ計画し、挫折してしまっていた東北への旅をやっと実現できることになりました。
寝台車は初めてでだんだん不安になってきていますがchiyomiさんは欲張りだから、決められた日数ならできるだけいっぱい見てみたい。朝一番から動きたい…そんな気持ちが「日本海」3号となりました。
出発までもう10日になりました。

投稿: chiyomi | 2007年10月12日 (金) 21時13分

chiyomiさんがこのコメントに気づいてくれるでしょうか。東北への旅行ももうすぐですね。旅行はいいナ。とてもいい。もうすぐと待ってる時もいいし、さあいよいよ出発だと旅行カバンを片手に家をでる時もいい。目的地についた時もワクワク。行ってらっしゃ~い。
突然関係ないはなしですが、プレーオフでジャイアンツが2敗目をしそうです。chiyomiさんのお父さんもやきもきでしょう。うちのも。私もどこを?といえばジャイアンツに勝ってほしい方。なんで今年からプレーオフがあるの?シーズンを制したもの同士、一気に日本シリーズが盛り上がるのにと思うのでした。

投稿: ムムム | 2007年10月19日 (金) 21時50分

ムムムさんへ
さっき負けてしまいました。
このまま3連敗したらどうしよう…
ソフトバンクの王監督は、リーグ優勝はするけどこのシリーズで負けていました。原さんもそうなるのかなぁ。
長いシリーズを戦って優勝したのだから、そのチームが日本シリーズに出場して欲しいね。
お父さんに「もうジャイアンツはあかんと思う?」って今聞いたら「まだ希望は捨ててない」そうです。ムムムさんの御主人さんもきっと同じ答えですね。(^o^)

投稿: chiyomi | 2007年10月19日 (金) 22時32分

・・・このコメントの多さ・・に・・
ミンナ青春・・してたんだあー・・ってカンジです
寝台特急・・とか・・夜行列車・・とか
コドモタチヮ・・エ??・・ナンテ・顔します・・・
特急券も指定券も持たずに特急の背と背の間にはさまって・・『どこへ行ったの??』とか・きっと今の私くらいの年齢の人たちにお菓子をもらったりして・乗車・・していました・・・

投稿: 台所のキフジン | 2007年10月21日 (日) 14時47分

キフジンさんへ
みんな少しずつ違うけど、忘れられない思い出があって今があるのですね。
背と背の間にはさまって…それは列車のつなぎ目のすぐ横のスペースでしょうか?すごいぴったりした表現で、惹かれます。
私の子供たちもまた、夜行列車で旅に出ると言う発想はないと思います。
更新できずにいるブログに訪問くださりありがとうございます。

投稿: chiyomi | 2007年10月21日 (日) 22時27分

chiyomiさんはもう寝台特急「日本海」3号の人となっているはず。明日の朝には山形県の鶴岡に到着ですね・・・?きっと忙しい中を慌しく出発されたのでしょうね・・?日常からポンと抜けて、数日間を思いっきり楽しんでほしいと思います。どうぞお天気に恵まれますように・・・。25日の夜には逢えますね・・!?待っていますよ!

投稿: まり | 2007年10月23日 (火) 22時18分

まりさんへ
どうぞchiyomiさんをよろしくお願いします。
なんてったって、chiyomiさんはわたしの3人目のおかあさんですから。
予報では木曜日まで晴れになっていますが、週末までお天気が持つようにお祈りしています。

投稿: ゆ | 2007年10月24日 (水) 01時24分

ゆさん
今日のようにいいお天気ならいいね・・・
金曜日、土曜日・・お天気でありますようにと祈っています。
ブログの更新も出来ないまま旅の人になったchiyomiさん・・・
私もまた、一年で一番忙しい時期で、家の掃除もろくに出来ないまま、
寝不足の疲れた顔で千代美さんを迎えることになります。
ありのまま・・正直に・・・これでいくしかない・・と開き直っています。
一時取り繕っても仕方がない・・・
お互い元気で頑張ってるね・・と笑いあえたらそれでいいね・・・
千代美さんが見たがっていた岩手山、いろんな角度から見せてあげたいな・・と考えています。
ゆさんも千代美さんに会いたいでしょう・・・?
私も会わせてあげたかったな・・・
青空を見上げながら 知らない「ゆ」さんを思っています。

投稿: まり | 2007年10月24日 (水) 11時51分

まりさん
あまりに青空がすばらしいので、チビちゃんと二人でおにぎりを持って久慈渓流の紅葉を見てきました。
八幡平ほどの派手さはありませんが、所々の赤が効いていてすばらしかったです。そのまま盛岡へ行っちゃおうかと思いました。
chiyomiさんはどこからの岩手山が気に入るでしょうね。chiyomiさんに会いたい気持ちはもちろん今でもあります。金曜日こっそり会いに行こうかな~なんて考えたりもしますが・・・
>ありのまま・・正直に・・・
 一時取り繕っても仕方がない・・・
まりさんのchiyomiさんを迎える姿勢が、それでいいんだとわたしをホッとさせてくれます。

投稿: ゆ | 2007年10月25日 (木) 00時40分

ゆさん
ごめんなさい。
 ↑
ゆさんのコメント読む時間がありませんでした。
ゆさんにも会わせてあげたいと思いながら
連絡方法もわからず
自分のメールアドレスや携帯電話番号をここに表示する勇気もないままにあっという間にその日を迎えてしまいました。
そして

しばらくぶりでPCを開けたような気がしています。

25日は朝から税理士さんが見えていたのです。
小さな会社なので決算書類作成のこの時期だけお願いして30年。
全ての書類等を揃え、その最終チェックをしてしていただくのに
忙しい税理士さんに「この日しか空いていないので・・25日にお伺いします」と指定されていた日でした。

ゆさん
千代美さんは想像していた通りの優しい人でした。(敢えて<方>とは言いません。)
柔らかく耳に心地良い方言を話す人でした。
私になるべく迷惑をかけないように・・という心遣いをあちこちで感じました。
残念ながら雨で岩手山は見えませんでした。
私は泣きたいような気持で天気を恨みました。
仙台に向かう千代美さんを見送ったあとで
これでよかったんだろうか・・・?という気持も残りました。
でもね・・・
ゆさん 千代美さんは
次は桜の季節に来てみたいと言ってくれました。
その時は一緒に迎えましょうね・・・。


ご実家にお帰りになられる時
お知らせいただければ
「83本分の1」の蜂蜜のあとからまた届けてもらった一本を
「ゆさんという方に渡してください」とどこかにお願いして差し上げたいものだ・・と
そんなふうに 考えたりしています。


かけているテレビでは「あみん」という女性二人が
お馴染みの曲を歌っています。

   貴女の夢を諦めないで
   ・・貴女らしく 輝いてね

   苦しいことにつまづく時も
   ・・きっと上手に越えて行ける


明日は千代美さんがお家に帰る日です。
私の知らない・・ここに集うみなさま おやすみなさい・・


投稿: まり | 2007年10月28日 (日) 00時30分

晴れです。

青空です。

岩手山も見えます。

千代美さんを連れ戻したい気持です。

投稿: まり | 2007年10月28日 (日) 09時04分

まりさんへ  ゆ さんへ
夕方まだ少し明るい時間に帰ることができました。
旅行中はあんなに楽しかったのに、見慣れた風景の中に降り立った時、無事帰れてうれしいと思いました。
まりさん、岩手山が見たいと言ったばかりにこんなにも重たい思いをさせてしまってごめんね。
ゆさん、旅行中まりさんからゆさんに頂いたコメントを聞くことができました。
まりさん、ゆさん、どんなにうれしかったか。岩手山に出会う以上に、もっともっと嬉しい思いを胸いっぱいにしています。大切なことは岩手山に出会うことでなく、まりさん、ゆさんに出会えたことだったとわかりました。
また日常を頑張れます。いっぱいいっぱいの思いを、ありがとう。

投稿: chiyomi | 2007年10月29日 (月) 05時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急「日本海」3号:

« いろいろ | トップページ | またおいで »