« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

ひまご

chiyomiさん 「板井のお母さん(義母のことです)は、12人のひ孫のひ~ばあちゃんになったったんやで」
母 「ぎょうさんおってんやなぁ~」
chiyomiさん 「お母さんも、四人のひ孫のひ~ばあちゃんやで」
母 「・・・・・」
chiyomiさん 「板井のお母さんは寝る前、ひ孫の名前を忘れんようにゆうて12人名前を呼んでから寝てんやで」
母 「私もそうするさかい、書いといてんか」
私は新聞広告の裏に四人の孫の名前を書いて母に渡しました。
でもちょっと前、孫の写真を渡すとき名前を書いて渡したところです。板井のお母さんにも同じようにしました。ただ板井のお母さんには、お誕生日も書いてほしいと言われたので誕生日も入れました。

最近の母は、朝起きて寝るまでの毎日繰り返される日常を過ごすにはなんとか暮らしていけます。ただそこに新しいことはなかなか加えることができません。
先日も弟が修学旅行に行くので泊まりました。一日目は弟が帰らないことを理解していましたが、二日目になると弟の晩御飯を心配しだしました。そうなると「修学旅行は明日までで、あすの夜遅くにならないと帰ってこないので今晩はご飯を用意しなくてもよい」という説明を何度も繰り返すことになります。

母と娘の会話はほのぼのとたわいのないことを何んとなく話して楽しかったものなのですが、耳の遠くなってしなった母は「聞こえない・・」と言ってもう一度話すようにと催促します。たわいのない話はもう一度話すほどのことでもなく…そんな時以前のようには話せないのがつまらなくなります。ついつい話したくなくなります。
実家に行きたくなくなります。でもたった一人でぽつんと草引きしている母を思うとやっぱり行ってしまいます。そしてまた…繰り返しです。

昨日はRちゃんがまさとくんと一緒に板井と川北に行ってくれました。chiyomiさんはシロアリ工事の業者さんが来られる予定が入っていたので行けなかった。
明日実家に行くと、母はまさとくんのことを覚えていてchiyomiさんに話してくれるだろうか。

|

四人の まご

Cimg4186 chiyomiさんは、あっというまに四人の孫に恵まれました。

誰が可愛いって…誰も同じように可愛いはずなのに、やっぱり「おばあちゃ~ん」って初めて呼んでくれるゆうきちゃんが・・かわいい。したい放題、わがままいっぱいがかわいい。
これはもう理屈でない。

Cimg4314 5月7日、二人目の孫みずきちゃんは2歳になりました。
chiyomiさんはブルーのワンピースとスズランを花束にしプレゼントしました。
どうしてもゆうきちゃんに目が行ってしまうなか、満面の笑顔でへこたれないみずちゃんの強さに、おばあちゃんは甘えています。先日息子とみずちゃんが二人だけで来たときがあって、大張りきりだった。
こんな時があってもいいな・・みずきちゃん。

Cimg4288 娘のRちゃんは、本を読んであげる時はまさとと同じになって読みたいといいます。
chiyomiさんは学研の「0さいだもの」をまさとくんに。「3さいだもの」「2さいだもの」をゆうきちゃんとみずきちゃんにと買ってきました。
もうすぐ5カ月になるまさとくんは、寝返りができたりできなかったり。出来なかったら泣いてしまいます。首尾よくできたら今度は前に進みたくて、前に進めず泣いてしまいます。
生まれて一週間後から我が家のこの場所で昼間は過ごしたまさとくんは、来るたび覚えているのか寝かされると落ち着きます。そしていまだにchiyomiさんが横抱きをすると寝てしまいます。不思議を感じます。

Cimg4203 としきくんが生れて、みずきちゃんはすっかりお姉ちゃんです。息子の家に行った時、としくんのおむつを替えようとするとさっとおむつとおしりナップを持ってきてくれました。
ゆうきちゃんは?・・我関せずです。
四人目の孫としきくんは、まさとくんには通用するRちゃん言うところのchiyomiさんの“ゴットハンド”は通じません。
抱っこすると大泣きをします。

|

しあわせな 一日

Cimg4380 今朝7時30分 「葛城山の状況です。ツツジが見ごろを迎えています・・・」
時計代わりのNHKで、なんとこれから出かけようとしている葛城山の映像が写し出されたのです。ブログを通じてお友達になれた keiさんとの一日の始まりでした。

葛城山は1000mにちょっと満たない山でいざとなればロープウェーも登っていますが、結婚以来山らしい山に行ったことがありません。そのうえ足元はと言うと、昨夜やっと山に行くためのウォーキングシューズを買い求めたところで「遠足には履きなれた靴を履いて行きましょうと、お知らせに書いてあった…」と娘のRちゃんに笑われています。不安がいっぱいで朝を迎えた chiyomiさんに、小さな幸せが飛び込んできた一瞬でした。

keiさんとJR「大和路快速」一両目で合流し、バスを乗り継ぎ順調に登山口に着きました。真横がロープウェー乗り場で、ツツジの見ごろを迎え2時間以上待ちの長蛇の列を横目で見ながらの出発です。

歩き始めてすぐにバテてしまった chiyomiさんでしたが、登山道の方も長蛇の列。すぐに渋滞が始まり少し歩くと立ち止まりの繰り返しに助けられ、なんとか登りきることができました。
keiさんに買ってきていただいた、コンビニのお結びのおいしかったこと・・・おいしかったこと。ツツジの花のきれいだったこと・・・きれいだったこと。

帰りは二人合意の上ロープウェーで降りました。
朝起きて、晩まで。ただ自分だけのために一日がありました。

kei さん、一緒に行っていただいてありがとう。

|

動物園

あかちゃん象の鳴き声を聞いたことはありますか?
“うぉおぉ~ん・・!!” 信じられないほど大きな声があたり一面に響き渡ります。

子供の日の5日はお天気が悪いということで昨日、神戸市立王子動物園に行きました。

Cimg4244_3 真夏のような日差しの中、王子動物園の動物たちはサービス精神満点。入園者の期待にこたえていました。
これまで座ったままビクリとも動かないパンダしか見たことのなかったchiyomiさんは、動き回るパンダを初めてみることができました。レッサーパンダも走って見せてくれました。
トラも真横を走って行きます。
キリンも勢ぞろいしてくれました。
ぞう舎を歩いていると「あと少しで象の赤ちゃんをご覧になれます」と呼びかけがあり列に並びました。

孫のゆうきちゃんとみずきちゃんが喜んでくれるかなというのが目的の動物園だったのに、大人のchiyomiさんの方がうれしくてもっとゆっくり見ていたいというのが本音の動物園でした。

|

玉ねぎの ピンチ

明日からは、ゴールデンウィーク・後半の4連休。
あっちもあっちも、こっちもこっちもと気になりながら…あいかわらず走り回っています。それなのにみんな、悲しいほど中途半端にしかできません。

みんなごめんね。許してね。

そんなchiyomiさんに今年の玉ねぎがピンチです。

玉ねぎもジャガイモも野菜作りは植えてさえいれば収穫時期になればまるでマジックのように立派に収穫できる…そう思い込んでいました。
しばらく前までは本当に立派に育っていたのです。母は私の玉ねぎを見るたび「ちよみさんの玉ねぎはようできとる」と褒めてくれていました。
これは変だと思ったのは一昨日です。
玉ねぎの葉っぱに変な模様がはいっています。ここにも・・ここにも・・・母の玉ねぎも。
そういえば、この前根元から倒れて腐っているのが1本あった。「こんなこともあるわ」とほっておいた。病気やったんや・・・

説明しやすいようにと葉っぱをちぎって農協に持って行って農薬を買うことにしました。
でも悲しいことに農協では、葉っぱを見てもらったのですがはっきりとはわからなかったようです。本を見たり、電話をしたり熱心に調べてくださったのですが「そうではないかと思われる」としかわかりませんでした。一応紹介くださった農薬を買って帰りました。
これが黒豆の病気なら即答くださったはずなのですが、篠山では玉ねぎは特産品ではありません。淡路島まで飛んで行きたい気分でした。

農薬を使うのは嫌だと思いながらも、すがる思いで散布しました。

家に帰ってから即パソコンで「玉ねぎの病気」を検索しました。
玉ねぎは病気をするのですね。
これまで何事もなく立派な玉ねぎを収穫できていたことにおごっていました。今日も枯れ葉が目立ってきた畑を見ながら「今年はおいしい玉ねぎは無理かもしれない…」
母の畑のと合わすと400本はあります。

楽しみにしてくれている、お嫁さんのあきちゃんや主婦になった娘のRちゃんに「お母さんの玉ねぎできたよ」って手渡したい。
そしてやっぱり自画自賛しながら、自分で作った玉ねぎを食べたい。
収穫までまだ1か月はあります。なんとか持ちこたえてほしいけど・・・chiyomiさんはへこんでいます。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »