« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年 夏

結婚以来、ず~っと心の中にあった山への思いを白馬山岳ガイドMさんのおかげでやっとかなえることができました。

出発前から気になり通しのお天気ですが、特急しなの号で木曽福島を過ぎたあたりから降り出し、その後も降ったりやんだりを繰り返しJR白馬駅では雷雨でした。それでも夕食前にはやみ、瞬間ですがペンションの裏から見ることができた白馬三山の姿に明日への期待を膨らませました。

Cimg4643 (白馬縦走初日)
昨夜夕食時白馬はこんなにも涼しいのかと感じたはずが、寝苦しい暑さを感じたころから雨、そしてまたしても雷です。
朝になってもやみません。
昨夜、Mさんから雷雨の場合は大雪渓からの登りは避け、栂池からと変更を提示されていたとおりのコースで雨が小ぶりになるのを待っての出発になりました。
写真は、湿原の美しい天狗原での休憩時Mさんと九州から参加されたIさん。chiyomiさんはリュックだけの参加です。ワタスゲが見えますか?
Cimg4675_3 今日の泊白馬大池山荘についてしばらくすると、抜けるような青空が広がり、お花畑の向こうに明日歩く小蓮華山の稜線がくっきり見えています。
山荘付近に広がるお花畑はチングルマ、ハクサンコザクラ、ゴゼンタチバナ…いっぱいいっぱい咲いています。


Cimg4695 (白馬縦走2日目)
Mさんの初めての言葉は「霧ですね・・」 山小屋に書かれた天気予報は、雨・強風・雷・霧・・・今日は白馬、杓子、白馬鑓ヶ岳を縦走し、鑓温泉までの展望コースです・・・
歩き始めの雷鳥坂のあたりで雨が降り始め、顔に痛いほどの風も吹き始めました。足元に咲く覚えきれない(Mさんは登山道沿いに咲く花の名前、特徴すべて説明くださいました)ほどたくさんの可愛い花々だけがよりどころでした。
そして雷鳥にはなんと5回も・・雷鳥は飛ばないのですよ(Mさんに教わりました)・・縦走路に見つけた雷鳥を思わず追ってしまったchiyomiさん・・雷鳥は走る走る・・追いかける追いかける・・遊んでくれたんやね。
Cimg4704 この日白馬大池からの縦走路でただ一度だけ青空を見たのが白馬山頂でした。うそのような本当の話です。白馬鑓ヶ岳でも青空が見られる気がしてきましたがかないませんでした。
ずっとずっ~と霧と風の中でした。
休憩で入った白馬山荘で頂いたコーヒーとチーズケーキの、なんとなんとおいしかったことか。

Cimg4742

(最後の日)
白馬鑓温泉小屋の朝は雲海の向こうにご来光を拝むことができました。
鑓温泉小屋のお風呂は男性用が大きな露天風呂、女性用は周りを囲った小さなお風呂です。到着してすぐ女性用のお風呂に入り、白いやさしい温泉に癒されました。お湯はあふれ出ています。8時から9時まではお風呂が交換になります。8時を待ってみんな露天風呂(こちらは透明なお湯です)に再度入ります。夕方からお天気が回復し、露天風呂から見上げる満天の星空には天の川がかかり贅沢なひと時でした。
ただ、いいことばかりではありません。最後の一日、鑓温泉から猿倉までのくだりは40年ほどぶりのchiyomiさんにはきつい下りになりました。

今chiyomiさんは、筋肉痛の真っただ中にいます。昨日新幹線に乗るころからもう階段は降りるのが恥ずかしいほどで、今日はますますひどくなっています。
でも心は満ち足り、Mさん、Iさんへのありがとうの気持ちでいっぱいです。

|

天気予報

Cimg4382 白馬に登りたいと無謀な決心をしたのは6月の頭でした。

keiさんに無理を言って一緒に葛城山にツツジを見に行った時は、まさかこんな決心をするとは思っていませんでした。40年ぶりほどになる山のとっかかりはつらくて「どうぞ話しかけないで・・」状態でした。ようやく登りつめ、一面のツツジの向こうに立派な金剛山の姿が見えたとき「今度はきっと金剛山に登ろうね」と約束したのです。

葛城山は思いがけず山への思いをかなえる一歩目となりました。
本当は結婚してからずっと…ず~っと山に登りたかったのです。

さっそくゴロゴロさんのブログでリンクされているペンションのオーナーで、白馬の山岳ガイドをなさっているMさんにためらいながらもあつかましく「連れて行ってください」とお願いしました。Mさんは「chiyomi さんでも大丈夫なように歩きますので、大雪渓から白馬に登って栂池に降りるツアーを行っているのに参加ください」と返事を下さいました。
返事をもらってからのchiyomiさんは登れるのだろうかという心配はいっぱいでしたが、思いをかなえられるうれしさですべてが“いきいき”と感じられました。仕事帰りはJR道場駅から歩いて帰ることに決めました。娘のRちゃんがやってくると、車で帰るのに同乗し藤原台の一番端で降ろしてもらい歩きました。そして矢も盾もたまらず一人で山にも行きだしました。
一人で登る山は自由で、気持ちの良いものでした。そんな私に「一人で山に行く危険」をメールくださったTさん。ありがとうございました。あせっていました。

実は1泊2日の白馬を山岳ガイドのMさんと二人でと勝手に決めていましたが、先日九州から同世代のIさんという女性の方が申し込まれ、一人料金が安くなった分もう一泊するコースに変更になりました。2泊3日、白馬三山を縦走し白馬鑓温泉のコースです。

日曜日朝に出発し、その日はMさんのペンションにお世話になり月曜日早朝からの“白馬登山”です。今chiyomiさんは天気予報が気になって仕方ありません。
“どうぞお天気に恵まれますように”
若くて元気だったころの北アルプスで、雷鳥には出会っています。今回はもう出会わなくてもいいです。

|

今年も祇園祭

Cimg4588 午後3時過ぎ、祇園ばやしがお祭りを盛り上げます。今日は祇園祭宵山。鉾の並ぶ京都四条烏丸あたりは、祭見物の人々で混雑しています。

今年も去年いただいた粽のお守りを八坂神社におさめ、新しくいただくためにやってきました。一番の仲良しだったのに宝塚に引っ越して、たったJRで15分の距離だけどなかなか会えなくなった友達Uさんとの約束の祇園祭です。Uさんは毎年違ったところ(今年は菊水鉾)で、chiyomiさんは一番おかげがありそうな長刀鉾で授かりました。

そして祇園祭と言えば何かとセットで出かけます。
今年のもう一つの目的は、京都国立近代美術館で開催中の「ルノワール+ルノワール展」ちょっと期待外れでした。
思いがけずUさんに受けたのが、八坂神社から四条通を烏丸まで歩くとき混んでいたので「錦市場を歩いてみようか?」
京都には一緒にたびたび来ているのに、もっと早く気がつけばよかったと思うほど喜んでもらえました。
(本当は7月16日なのに、パソコンの前でいつのまにか寝てしまっていて17日になってしまいました)

|

今日は、六甲高山植物園ハイキング

Cimg4577Cimg4585 “ニッコウキスゲの咲く夏色の世界へ”…今日も、keiさんと一緒にJRふれあいハイキングのキャッチコピーに誘われて六甲山に登りました。

暑い1日でした。持参したペットボトル2本の飲み物はあっという間に飲みつくし、2本追加しました。

今回は六甲植物園が解散場所になっていたので、keiさんは神戸へchiyomiさんは有馬へロープウェーで降りることにしました。右側の山の写真はロープウェーから見た六甲山の最高峰です。

|

まん丸山と三角山

Cimg4550 今年はもう梅雨明けが宣言された地方があります。
関西でもこの数日暑い日々が続いています。雨が降らないので実家に行くたび、横を流れる水路からくみ上げての畑のみずやりが欠かせません。

そんな中、昨日は大船山(標高653m)に登りました。
午前中は用事があって午後からの出発になったため、最初の登りをつい焦ってしまい最後がきつく喘ぎ喘ぎの登りになりました。
やはり山は余裕を持って出かけなければいけないと反省です。

山頂からchiyomiさんが三田に引っ越してからずっと気になって「まん丸山と三角山」と勝手に名付けた羽束山が、その位置をちょうど反対にして見えました。
ガイドブックには360度のパノラマと書かれていましたが、木々が大きく育ちあまり見えませんでした。

|

今ならただで・・

Cimg4540ず~っと休業中だった chiyomiさんの仕事先の旅館は、4年ぶりになる12月のオープンに向け今急ピッチで建築工事が進んでいます。

この間も休むことなく温泉はあふれ出ています。見るたびにもったいないと思いますが、一旦止めるとまたボーリング工事をやり直さなくってはならないそうです。

今なら無料で源泉かけ流しのお風呂に入れます。正真正銘の露天風呂です。ただ着替えの場所がないのが難点です。

|

ドキドキしながら…

Cimg4533 虚空蔵山頂手前の大岩の上から手前に高速近舞線、その向こうにR176がくっきりと見えました。
はじめて免許を取ったとき「高速道路を走るのが一番安全」とお父さんは言ったので、この道を篠山まで通っていました。それから15年目を迎えた今はこの向こうに見える国道を、何度も何度も…数え切れないほど通っています。

今日本当は、三草山に行きたかった。
でも先週の17kは足にこたえて・・でもやっぱりどこかに行きたい・・知人のOさんに紹介いただいてから篠山に通うたび気になっていた “虚空蔵山” に挑戦しました。

一か月前、登山靴を買って足慣らしのために登ったのはたびたびお参りしている清水山の参道でした。でも今回は登山道はしっかりしていると聞いてはいましたが、全く初めての山です。たった一人の山行きは、ドキドキしながらの出発でした。
「お母さんは藍本にある虚空蔵山に登ります」とメモをテーブルに残しました。

JR藍本駅を降り、虚空蔵山(596m)に登り、縦走路を歩きJR草野駅迄絶えず緊張していた気がします。急な登りや下り道は結構わかりやすかったけど、たまにふと迷う時があって・・そんなときはたちどまり遠くを見ると道を見つけることができるものですね。
白地図は持ってないのでガイドブック、そしてコンパスは持って行きました。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »