« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

箕面・勝尾寺

Cimg4881 雨台風ということで、進路にあたる和歌山県田辺市に工事現場があるお父さんを心配していましたが “何事もなく、無事通過しました” とメールが入りほっとしました。
そして、この土日は現場の当番が当たっていて父さんは帰って来ません。
せっかくの土日・・これはどこかに出かけねば・・今日は久しぶりの西国三十三か所巡り、23番札所箕面・勝尾寺を計画しました。勝運のお寺です。

(コース) 
阪急石橋駅=阪急バス新家停留所~表参道・住宅地を歩き始め、畑の中を歩きその後一つ山を越えます~勝尾寺・納経帳にご朱印をもらった後二階堂の手前から最勝ケ峰を目指します~最勝ケ峰山頂(開成皇子墓)~東海自然歩道~ぎふちょう橋(うすグリーンの階段状の橋…車道をまたいでいます)~自然研究路4号線~政の茶屋P~自然研究路3号・2号(1号はサルを自然に返すため閉鎖中)~箕面の滝~阪急箕面駅

今日歩いたコースは数か所しか展望はありませんでしたが、木漏れ日のさす気持ちのいい山道でした。驚いたのは勝尾寺までの表参道。1時間ほどの行程でアップダウンが結構あるのですが地元の年配の方が日課に歩かれたり、ジョギングされたり、マウンテンバイクの方を2人もみかけたり・・・元気です!!

|

まん丸山と三角山 2

Cimg4864 chiyomiさんの家の前からも、散歩やお買い物の途中でも…勝手に名付けた“まん丸山と三角山”が見えるのです。三田に引っ越して30年、山の会の例会で、やっとまん丸山(羽束山)に登れました。

なるほど・・なるほど。
頂上からはゴルフ場二つの向こうに、三田の市街地が小さく見えています。

羽束山は524m。登るのはあまり苦になりません。でも行きはJR三田駅からバスに乗ったのですが、帰りは家まで歩くことになりました。
家の近くまで帰って来、振り返って “まん丸山” が見えたとき “やったね!!”
あそこから歩いて帰ってきたんだね。

この何日か、待っているわけではないのですが台風情報が気になって気持ちが晴れません。足踏みしていた13号台風、いよいよ明日は雨になるのでしょうか。

|

R176

Cimg4846 R176・・イナロク・・

三田から篠山まで40分ほど。
40歳すぎに免許を取って、マーチを買って。ある時期は毎日。ある時期は一日おきに。
そして今は週2日通る道です。

道沿いの休耕田は、ある年はコスモス畑に。ある年は菜の花畑に。
そして今はヒマワリの花が咲いています。
猛暑日の続いた今年ですが、お盆がすんだ頃からお天気がすっきりしなくなり雨の日がしばらく続きました。天気が回復するのを待っていたかのように、9月のヒマワリは満開です。

昭和40年代ごろ、国道沿いには次々新しいドライブインができました。写真のドライブインは営業中ですが、現在国道沿いのドライブインが次々閉鎖しています。コンビニでお弁当とお茶を買って済ますドライバーが増えているのも原因だそうです。

|

凛とした・・・

昨日9月8日は、阿久悠さんの一回忌だったそうです。
山の雑誌を買って書店を出ようとしたときなにげなく手に取ってしまい、Rちゃんに読んで欲しくてもう一度レジに戻りました。

  
   凛とした女の子に おなりなさい
    

 女の子だからといって

 ヨワヨワしていたり

 メソメソしていたり

 何かというと他人を頼りにして

 愛しいと思われてみたり

 そんな子である必要はないのですよ

 助けてやりたいとか

 庇ってやりたいとか

 守ってやりたいとか

 男にとってはいい気分だろうけど

 そんなもの 美徳でも

 魅力でもありゃしない

 いいかい 女の子だって

 強くてもいいんだよ

 粗雑であったり

 乱暴であったり

 不行儀が平気は困るけど

 ちょっとした挨拶の誠意と

 心地よい微笑の会釈と

 問われた時にハイと答える

 意志さえ感じさせれば

 強くっていい

 男は自分が弱い者だから

 縋りつく子を抱きしめるが

 そんなのは三日だけの愛しさ

 あとは 只の重荷になる

 傷つけないようにハッキリと言い

 侮辱を感じさせない態度をしたら

 あとは 自由に生きなさい

 強く生きなさい

 自由で強くてやさしい子を

 凛としていると言います

 凛とした女の子になりなさい

 凛とした・・・

 近頃いないのです

    暮しの手帖社発行  阿久 悠さんの詩集から
 

|

ポンポン山

Cimg4834 昨日の日曜日、高槻の“ポンポン山”に登りました。keiさんと4度目の山歩きです。
正式には加茂勢山と言いますが、頂上で飛び跳ねるとポンポンと音がするとか・・chiyomiさんが歩くと“ぼこぼこ”って聞こえたとkeiさんのブログにありました…え~ェッ??

神峰山口バス停ー神峰山寺ー本山寺ーポンポン山ー善峰寺、10kコースの半分が舗装された車道でした。急なこう配の舗装道を歩くには昨日は暑すぎて心地よい山歩きにはほど遠かったのですが、高槻あるこう会・JRふれあいハイクの主催で参加者250人余りとなると他に登山道があってもこのコースが最適だと考えられても仕方ないかなと思いました。あまりに大人数で、山道に入るなり渋滞渋滞の繰り返しです。
それでも尾根道に出ると9月の風は涼やかで、一番のごちそうでした。

もう一つのごちそう・・写真はkeiさんの故郷のお土産“すだち”です。
これからの季節、焼きたてのサンマにだいこおろしとすだち・・とびきりおいしいです!!
夏は、ソーメンや冷ややっこにすだちを入れるのがchiyomiさんのお気に入りです。
そしてkeiさん一番のお勧めは、大根の間引き菜の塩漬けを刻んだのにちりめんじゃこを混ぜすだちを絞ります。ご飯を食べすぎてしまいます。
keiさんいつもありがとう。

|

つがるくん 未希ちゃん さんさくん

Cimg4822 今日一番うれしかったこと…まりさんからリンゴが届きました。大急ぎでふたを開けると、部屋中に広がったリンゴの香りとともにメモが入っていました。
“つがる” “未希ライフ” “さんさ” それぞれのリンゴの名前が書かれています。
これでブログの見出しは決まりと思いまりさんのブログを訪問すると、まりさんのブログの見出しもやっぱり・・・。なつかしいリンゴ園の浅沼さんの写真も一緒でした。
まりさんと浅沼さんのやり取りがそのまんま思い出されます。

実家からの帰り生協さんで今年初めての“つがる”を見つけ、明日は子供たち家族がやってくるのでポテトサラダも作ろうと一個だけ買ってきていました。まりさんのリンゴを見ると、悲しいほど小さなリンゴです。
明日はみんなでいただきます。 “ありがとう”

|

ととや道

Cimg4812_2 9月になって初めての水曜日、今日は先日入れていただいた山の会の例会でした。行先は六甲山。有馬温泉~魚屋(ととや)道~東お多福山と歩くコースです。

お知らせには雨天中止と書いてあり、昨夜から雨だったので朝起きたらおにぎりを3個作り集合場所に行ってみよう。そして誰も来られてなかったら、同じ電車で娘のところに行こうと決めていました。
朝から雷も鳴って雨だったのに集合場所にはもう3人、しばらくするとまた1人。
やった~!!・・・うれしかった。

ととや道・・・なんともかわいい名前です。昔お魚をつんだ荷車を引いて歩いた道、70歳になっても楽しめる道と聞いてここで弱音は吐けません。小雨・霧の中を順調に登りました。
六甲山頂近くの一軒茶屋でお弁当を食べる頃にはお日さんも出てきて・・朝のうち雷雨、登るとき小雨・霧、そのうち日が差してくる・・そう、あの日も同じだった・・・
でも白馬は今度いつ来れるかわからない、なにも見えないのは悲しかった。でも六甲山はまたすぐ来れる。今日は霧を楽しむ余裕がありました。
冬には樹氷や霧氷が見られるそうです。

写真は、今日一番ドキドキしたところです。流れの向こう岸にわたるための飛び石は、運動音痴のchiyomiさんにはどうしても慣れることができません。

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »