« たむしば | トップページ | はじめましての “さくら” »

たいへん たいへん

P1000279 お父さんと chiyomi さんはどうしても初めての孫のゆうきちゃんばかり気になるようです。それでは困る、みんな同じようにしてほしいと息子からくぎを刺されていました。

それならとゆうきちゃんの幼稚園入園のお祝い、もうすぐ1歳のお誕生日を迎えるとしきくんのお祝いを一緒にしようと思っていたので、5月に3歳のお誕生日を迎えるみずきちゃんへのプレゼントも同時に渡そうと思いついたのです。

昨日の土曜日午前、まずやってきたのは娘のRちゃんとまさとくんです。
息子の仕事が終わり、5時半ごろ息子家族もやってきました。みずきちゃんが「がたんごとん」の絵本を持って chiyomiさんの膝に座ったので読み始めると、まさとくんは泣きながらダメと主張し始めました。さっきまで家にあるすべてのおもちゃもおばあちゃんも自分のものだったのに・・・1歳3カ月になったばかりのまさとくんには納得がいきません。新幹線のプラレールでも、トミカのびゅんびゅんサーキットでも思うようにできず泣きだします。
そんな中、もうすぐ1歳になるとしきくんは間隙をぬって悠々と一人遊びをしています。

お父さんも帰ってきて、足の踏み場もないほどに広がったおもちゃの中であわただしい晩御飯を食べ、さあケーキを食べようと思ったとたん今度はみずきちゃんが泣き出しました。ケーキにゆうきちゃんととしきくんの名前があるのにみずきちゃんの名前がなかったのです。chiyomi さんはこの一週間、4人の孫にそれぞれプレゼントを用意しケーキも予約し…完璧と思っていました。
ローソクの数は思いついたのですが・・・。

午後9時半、みんなが帰ると chiyomiさんは大慌てで食器を洗いおもちゃをかたずけながら洗濯機を回します。
お父さんは明日、泉南(大阪)でゴルフのためそのまま和歌山の作業所に戻る予定にしているので、朝の出発までに一週間分の着替えを準備しなければなりません。6キロ洗いの洗濯機で3回。それが済むとコインランドリーに出かけます。夜の11時半にもなったコインランドリーはもう閉店間際でもう1台しか稼働していなくガラガラにすいているので、ほんの少しずつを乾燥機に入れてまわり早く乾かすことができます。ラッキーです。

録画していた「駅路」を見ながらアイロンあてを始める頃ホッと一息つきます。
のんびりとアイロンあてが終わり、ゴルフの着替え用のカバンと一週間の着替えのかごを準備すると自己満足をしながらもう一本録画していたドラマをみます。
そのまま寝てしまうとお父さんを起こす時間、4時半に寝過ごしそうだからです。

ここ3週間 chiyomiさんは土曜日の夜は寝ずに朝を迎えています。単身赴任のお父さんにしてあげられるのはそんなことしかないのです。

|

« たむしば | トップページ | はじめましての “さくら” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事