« ふるさとの山 | トップページ | 母の日に »

しきりなおし

Cimg5396 先日のお祝いケーキに「自分の名前がない」と泣き出したみずきちゃんに、約束通りもう一度ケーキでお祝いをしました。反省をこめて、今度は4人の名前を全部入れてもらいました。サントアンのケーキはスポンジの中にも大きなイチゴがいっぱい入った、大満足のおいしさです。

しきりなおしのお祝いです。
毎年みづきちゃんのお誕生日にはスズランの花束を作るのですが、まだつぼみで・・本当のお誕生日に。

最近chiyomiさんが一番いやされる瞬間があります。
それは孫のまさとくんを抱っこすると、頭をすりよせ小さな手でぽんぽんとchiyomiさんの肩(背中かな?)をたたくのです。それはたたくと言うほど確かなものでなく、あるかないかわからないほどの・・・chiyomiさんがまさとくんの背中をぽんぽんとあやす、いとおしさへのお返しでしょうか。

初めての孫のゆうきちゃんも同じころ同じように、お父さんとchiyomiさんにいっぱいいっぱいの幸せをくれました。それは今も続いています。
ゆうきちゃんもまさとくんもまだ物心がつくかつかないかでお兄ちゃんになる準備を始めました。自分を愛してくれる人間が、お父さんやお母さんのほかにいっぱいいると感じながら大きくなってほしいと思います。

今まさとくんは自分のしてほしいことを、おじいちゃんやchiyomiさんの手を引いて訴えます。これもまたゆうきちゃんが同じころ盛んにしていたのを思い出します。
だれが教えるでもないのに同じことをすることに不思議を感じます。

|

« ふるさとの山 | トップページ | 母の日に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事