« 藍那古道 | トップページ | 台風対策 »

未経験な時間

「今、忙しい?」 久しぶりにかかってきた友達からの電話 。
「お父さんの手術はうまくいったけど、足のしびれや痛みは続いていて定年延長には弱気になってるみたい・・・」 という話から 「お父さんとこれからのこと話し合ってる?」 と聞かれ、一瞬返事が出来ず「せなあかんなぁ~」とこたえ、話題を変えた。

まだ子供たちは小さかった、お互い20代だったころ「お金がない」ふうなことを言った私におとうさんは「盗人して来いと言うんか」と怒りました。どんないきさつからそうなったのか覚えていないほど昔のことですが、よっぽどのことがないと怒らないお父さんが怒ったのだからchiyomiさんはよっぽどひどい言い方だったのだと思います。

それ以来 chiyomiさんの 「お小遣いがない」は言えても「生活費がない」と言う言葉は言わずに来ました。日本経済も成長期でお父さんのお給料は順調に昇給し、chiyomiさんも生活状況に合った仕事に恵まれました。いつの間にか我が家の経済は、お父さんに相談するという習慣を持たなくなっていきました。
年子だった子供たちが私学に行くためにかかる費用も、次々計画するリフォーム費用も事後報告。おまけに、希望したわけではないのにお父さんのへそくり?の通帳までchiyomiさんの手元にあります。

「お母さんあっての我が家」とすべてを任されおだてられているうちに、これまで未経験な定年後の時間をどう過ごしていくかという気がかりをどう話したらいいのか・・・とまどっています。

|

« 藍那古道 | トップページ | 台風対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事