« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

なさけないね

今回膝が痛くなってから、正座ができなくなってしまった。アイロンあてをする時痛い左足は伸ばしたままで作業をする。
外出時、和式のトイレで愕然とした。
玉ねぎは、しゃがむことができず中腰で植え付けた。草引きもすべて中腰で作業する。だから腰が痛くなり長時間はできず、好きな畑仕事もおざなりになってきた。

これまでサッサとできていた事が出来なくなって、間をおいてしまう。

青春時代はそれなりに、30代も・40代も・50代も、若いころに戻りたいとは思いませんでした。今が一番幸せと思い生きてきました。
それはこれからも同じと思っていましたが、これからは一つずつ出来ないことが増えてくる年齢になったことに気付き・・ぐらついています。

ほんとは出来ることの方がいっぱいなのに、なさけないね。

|

紅葉

P1010968雲ひとつない青空の日曜日、武田尾の紅葉を見たいと出かけました。 子供達のはしゃぐ声がだんだん遠ざかると、風が吹くたび「サラサラ」と木の葉が舞います。“遠見の道”は歩き始めから急な登りが続きます。
山の会の例会で歩いた「大峰山」が木々の合間から見え始め、あかまつ展望所・つつじヶ丘展望所と歩くたび「大峰山」の高度に近づきます。これはまずい予感・・・ザク・ザク心地よい落ち葉の道は、つつじヶ丘展望所を越えるなり急な下り・恐ろしく滑る道に変わりました。

 ☆ 今日のコース ☆
JR武田尾駅・・・旧国鉄廃線・・・広場・・・遠見の道・・・滝見の道・・・育樹の丘(東屋)・・・さくらの道・・・広場・・・JR武田尾駅

写真は、滝見の道の紅葉です。
奥の山が展望所のある遠見の道。谷を挟んで反対側になります。

武田尾の紅葉は「いろはもみじ」 小さな小さなもみじです。

|

見てやってくださ~い

P1010953 ゆうきちゃんのランドセル姿に、うれしくて仕方ないお父さんです。

あきちゃん、ありがとう。中西のおじいちゃん、おばあちゃんにも見てほしかったね。

Rちゃんは「ゆうきはおおきいから、ランドセルに負けてないね」といいました。

濃紺の”かるすぽ”です。

次はみずきちゃんやね。

|

法隆寺から矢田丘陵

P1010927P1010928 2008年 “岳人” 秋山特集で「近郊・峠のワンディハイキング」として紹介されていた、法隆寺から矢田丘陵を歩いてみました。

足の具合は良くもなりませんが、より悪くもなりません。このまま鬱々としていても悲しいだけです。無理と感じたら、秋の特別開扉中の法隆寺・夢殿の救世観音像を拝観できよかったと思い引き返そう・・そう決めていました。

 ☆ 今日のコース ☆
JR法隆寺駅・・・法隆寺・夢殿・・・法隆寺カントリークラブ・・・松尾寺・・・国見台(写真はこの展望台からです。手前の市街地は大和郡山。その左奥が奈良市。右の写真奥に、天理市・桜井市・橿原市と続きます。大和の国を一望できる見晴らしです)
・・・矢田寺・・・東明寺・・・こどもの森・・・小笹の辻・・・矢田峠…近鉄萩の台駅

いつかは歩いてみたいと思っていたコースです。
ただ急に思い立っての出発で、今朝出がけに記事のページを破き電車の中で読む予定でした。記事の中でJR法隆寺駅の観光案内所でマップをもらうよう書かれていて、それに書かれていたコースとごっちゃになってしまい無駄に歩き回るコースになりました。
そのため矢田峠から近鉄萩の台駅まで1時間の舗装道路。サポーター姿を心配して引き返してくださった方の親切な案内と会話がなければ、ずいぶん辛い下りになったと思います。

|

小春日和

P1010889 去年のちょうど今頃母は入院し、娘のRちゃんは出産を間近に控えていました。
綱渡り状態の一年前、Rちゃんは無事はるくんを出産。留守番をするまさとくんと一緒に“はっぱ”や“どんぐり”を集めた公園です。

この一週間ほど、もったいないほどのおだやかな“小春日和”の毎日が続いています。

夕方にはゆうきちゃん達も、もうすぐ一歳になるはるくんのお誕生日のお祝に集まってくれました。
ちゃんとした信仰をもたないchiyomiさんですが、寝る前にはいつも、実家の母と弟、お父さんの実家の母と弟、お父さんと私、息子とお嫁さんのAちゃんゆうきちゃんみずきちゃんとしくん、娘のRちゃんとMさんまさとくんとはるくん、みんなが無事過ごせたことに感謝し、明日もまたおだやかな一日を過ごすことができますようにと祈ります。

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »