« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

黒豆

P1010988 10月いっぱいは枝豆で消費しますが、11月になると畑ではそろそろ黒豆の準備が始まります。

数回霜がおりると黒豆畑一面、一気に茶色くなり「黒豆の葉っぱ落とし」の作業が最盛期になります。みるみる丸坊主になった黒豆の株が現れます。それを下旬になると刈り取り稲木で乾かします。

黒豆生産組合に入っていると、ここまで来ると組合の乾燥機で乾燥後脱穀、選別と機械がやってくれます。しかし、少ししか作らなくなった実家は入っていないので、これらの作業はすべて弟が手作業でします。
今、実家の板の間には最後の選別前の黒豆がゴザに広げてあります。

「今年の黒豆は小さいなぁ~・・」といとおしそうに黒豆を混ぜる母は、今年も黒豆作りをみんな自分が頑張ったと信じています。

|

お漬物

あきのさんのブログに刺激され、今日2度目の記事を書き始めました。(^o^)

P1010984 chiyomiさんの、今はまっているのが “漬物を漬ける” です。
畑で大量に収穫する冬野菜、これを持って帰り週末帰ってくるお父さんや子供たちに食べさせようとせっせと漬けこみます。
白菜は1cmぐらい、壬生菜はみじん切り。カブは葉っぱはみじん切り・根の部分はイチョウ切り。これらをそれぞれビニール袋に入れ「つけもと」の浅漬けの素を振りかけ、バサッ・バサッと降り少し抑え気味にもむと水があがってきて、冷蔵庫に入れると・・出来上がりです。
大根は拍子木に切り、甘酢でゆず大根にしました。

今冷蔵庫には、先日友達から届いた京都・西利のお漬物詰め合わせが入っています。今週の漬物作業はお休みです。

|

はるくんと いちご

あと10日ほどで、クリスマス。
いちごの産地 神戸市・二郎では、真っ赤ないちごがもう売り出されています。

みんなが集まる食事会のデザートにと、chiyomiさんは奮発しました。
ただ10人もいると一人当たり4個から5個しか当たりません。それで公平に当たるようにと10個の器にリンゴと一緒に盛りました。

それを真っ先に見つけたのが、一番最初にお風呂からあがってきておじいちゃんに抱かれたはるくんです。“まて”ができません。
おじいちゃんは、ゆうきちゃんとはるくんに“激あま”です。
こっそり食べさせ始めました。一歳になったばかりのはるくんですが、いちごを食べるのが早い早い!!・・・5cmほどあるいちごでも、ひと口ふた口み口めにはいっぺんに口に入れてもぐもぐするとのみこんで、次のを指さします。あっという間に自分の分を。おじいちゃんの分を。お兄ちゃんのまさとくんの分を食べてしまいまだ欲しがります。
気がつくとパジャマは真っ赤です。もう笑うしかありません・・

そういえばみんなで行ったいちご狩り。 6か月になったはるくんに、初めていちごを食べさせたのはお父さん(おじいちゃん) あの日も着ていた服は真っ赤でした。

|

お好み焼き

112♪ラ~ララ ララ・ラ~ラ・ラ~ラ・・ 
楽しいダンスと共に、お好み焼きが焼きあがります。“かつおぶし”が踊っています。

chiyomiさんの遅い朝は、NHK「てっぱん」からスタートします。
毎朝欠かさず見ていた、今年の流行語大賞にもなった「ゲゲゲの・・」より、ツボにはまっています。

写真は、娘のRちゃんのところで作ったお好み焼きです。本当なら週末我が家に来ているはずですが、数日前から体調を崩していたらしく昨夜電話があり、材料持参で作りました。お昼ご飯です。
ちょっと前には、おたふくかぜにかかった息子の家でも作りました。

初音さんのお好み焼きと同じで、chiyomiさんも豚バラを使います。焼きあがる頃、脂が落ちカリッとしたバラ肉がとてもおいしいです。野菜はキャベツもネギもみじん切りにして大量に混ぜ込みます。

|

冬野菜

P1010977 今年も霜がおり始め、冬野菜がおいしい季節になりました。
白菜・人参・壬生菜・大根・キャベツ・リーフレタス・・・ chiyomiさんの畑の、とりたて野菜たちです。週末の献立を考えて収穫します。

11月の中頃、新聞やテレビで秋冬野菜が高騰と騒がれましたが・・こんなに取れるのだから、もう値下がりしていると思われます。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »