« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

あさのあつこさんの本

初めて読んだのは「ランナー」です。
「バッテリー」は読んでないのに、「ラストイニング」を読みました。
読んでいて、ここまで心理描写できるのはすごいと思いつつ・・少ししんどい。

「弥勒の月」 「夜叉桜」 と読んでジャストミートしました。
推理小説っぽい時代物です。ゆっくり味わっていたい・・そんな気持ちになりました。
主人公木暮信次郎、遠野屋清之介は、同心として商人として完璧さと危うさをもっています。そこへ、人としてあたりまえに生きる幸せを伊佐治親分を通して感じることにより、安心が生まれます。
続続編が 「木練柿」 ちょっと一休みの感じです。

婦人公論でも「闇医者おゑん秘録帖」が連載開始、四回目です。

たまたま婦人公論は購読していますが、後は図書館利用です。「ランナー」の続編「スパイクス」は予約待ちです。ごめんなさいと思います。

|

遼くん

遼くん・・はい、もちろんプロゴルファーの石川遼選手です。

遼くんの今年は、初めて決勝ラウンドを戦ったマスターズの大会から始まりました。
そして帰国したその週から、もうさっそく日本ツアーが待ってました。でも4試合か終了した時点では、優勝争いには絡めずにいました。

遼くんだけではありません。今年のマスターズに出場した、去年日本ツアーの賞金王だったキム選手をはじめ、池田選手、藤田選手も精彩を欠いています。
マスターズでの戦いは、想像以上の苛酷さだったのだと思われます。
プロ野球でも全部勝ちにいってはだめ、負け試合を作ると聞きます。そんなことは出来ないことは分かっていても、一度休ませてあげたいと思いました。

そんななかでの「とおとうみ浜松オープン」 新規の大会だと聞きました。
「第一回優勝者・・石川遼」 そんな予感がモクモクとわいてきたのです・・・これはchiyomiさんだけではないはずです。
いつもの大会はパソコンの速報にかじりつきですが、今回はLIVEでテレビ中継されました。

-20 でも、遼くんの笑顔を見ることはできなかった。

しかし今日、全米オープン出場が決まりました。
おめでとう。結果にとらわれず、果敢に攻めてきてください。

|

P1020181_2 先日、雨で山の会の例会が中止。映画 “岳” を観に行きました。
今、山は若葉の季節ですが 北アルプス舞台の “岳” は雪世界です。久美ちゃん役の長澤まさみちゃんはよく頑張ってたと思います。
コミックで三歩さんに魅かれた人を納得させるのは、誰が演じても難しいと思っていたから、小栗旬さんも頑張ってたと思います。

連載中のビッグコミックでは、三歩さんはヒマラヤの岩壁を目指しネパールに発ちます。

汗をかき・かきの登りの後に、なだらかなふかふかな道に出た時「ずっとこんな道だったらいいのに・・」とつぶやき、大きく息を吸います。
chiyomiさん、また夢をみようね。

|

御嶽のクリンソウ

P1020172 今年もクリンソウを見たいと、篠山市・御嶽に登りました。
クリンソウには毒があるとかで、増え続ける鹿の食害から逃れ自生地を作っています。

 ☆今日のコース☆
火打岩登山口・・・クリンソウ自生地・・・御嶽山頂・・・火打岩登山口

|

食べ放題

息子家族と、「味楽」の焼き肉を食べに行った時のことです。

塩タン・ロース・カルビ・・・焼き網のうえで、ジュージュー焼けるお肉を次々ほおばりながら、孫のゆうきちゃんは言いました。
“食べ放題?”

「そうや!! いっぱいたべ~よ」 お父さんは応えました。

生ビールで乾杯し、カウンターに置かれた毛ガニをさばいてもらいました。
蒸し穴と、フグのから揚げを注文しました。この日は二人です。
次はおすし
うなぎ・・・ふっかふか 赤貝・・・岩塩をかけて、おいし~っ
蒸し鮑・・・やわらか~ぃ うにも中トロも・・・満足満足・・
久しぶりの「高田屋」さんのカウンター席を、たんのうしました。

焼き肉もおすしもお父さんからの “春の天皇賞” のおすそわけです。
でも、chiyomiさんは知っています。たとえ高額配当をゲットしていなくても、お父さんはゆうきちゃんにトロットロのおいしいお肉を、いっぱいいっぱい食べさせたくてたまらないことを。

|

もっと 想定外

P1020134 弟の入院にさいし、留守中のお父さんの食事をお嫁さんのあきちゃんと、娘のRちゃんに頼みました。
でも、手術した足にできた腫瘍は良性と判断され、早々に退院することができました。

その退院の日、弟は婚約者・Mさんと一緒に我が家にやってきました。
Mさんのお母さんも一緒でした。

弟はもうすぐ59歳になります。
Mさんは、41歳。なんと、Mさんのお母さんは私と同い年です。

ずっと待ち望み、今ではほとんど諦めていた弟の結婚でした。お相手のMさんのあまりの若さに「本当にいいのですか?」と、思わず尋ねてしまったchiyomiさんです。

急にゴールデンウィークを取り戻しました。
あきちゃんにお弁当を作ってもらい、みんなで有馬富士公園に行きました。

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »