« 遼くん | トップページ | 結納 »

あさのあつこさんの本

初めて読んだのは「ランナー」です。
「バッテリー」は読んでないのに、「ラストイニング」を読みました。
読んでいて、ここまで心理描写できるのはすごいと思いつつ・・少ししんどい。

「弥勒の月」 「夜叉桜」 と読んでジャストミートしました。
推理小説っぽい時代物です。ゆっくり味わっていたい・・そんな気持ちになりました。
主人公木暮信次郎、遠野屋清之介は、同心として商人として完璧さと危うさをもっています。そこへ、人としてあたりまえに生きる幸せを伊佐治親分を通して感じることにより、安心が生まれます。
続続編が 「木練柿」 ちょっと一休みの感じです。

婦人公論でも「闇医者おゑん秘録帖」が連載開始、四回目です。

たまたま婦人公論は購読していますが、後は図書館利用です。「ランナー」の続編「スパイクス」は予約待ちです。ごめんなさいと思います。

|

« 遼くん | トップページ | 結納 »