« 玉ねぎの収穫 | トップページ | じゃがいも »

このごろ

真美さんに 「送ってくれんでも よいで」 と何度も言うのだけど、車で帰るとき振り向くと真美さんの姿があります。
今日はその横で、浴衣の寝間着姿の母が手を振ってくれていました。

3週間前ほどから母は激しい下痢が続き、ほとんど食べなくなりました。この一年ほど食べることに意欲がなく、ラコールで生きているような状態だったから周りのみんなは 「もうなごうはないかもしれない」 と思い始めていました。
それでも下痢が始まる前は、ジャガイモも植えたし庭の草引きもしました。
下痢が始まってからは、ふらふらしながらも自力でトイレに行く意欲だけは持っていてくれましたが、ほとんど寝て過ごしました。そして下着や寝間着が汚れるようになりました。近くにポータブルトイレもありますが、動作がゆっくりなので間に合わないときも出てきたのです。

二つの病院で検査を受けましたが、恐ろしい病気ではなさそうです。
病院に、これからはとりあえず週一回の往診をお願いしました。

新しいことを覚えられなくなった母は、真美さんが弟のお嫁さんだということも忘れます。「来てくれたって、ありがとう。遅うならんうちにはよう帰ってや」 と礼を言います。
いつもいつもこんな風で申し訳なく思っているのに、先日実家に着いた時、仲良くお菓子を食べている真美さんと母の姿を見て涙が出てきました。

若くて きれいで やさしいて こんなよいお嫁さんが、条件の悪い実家に来てくれたった・・・ほんまに夢のような、このごろです。

|

« 玉ねぎの収穫 | トップページ | じゃがいも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事