« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

好きな顔

今日午前中、予約していた美容室に出かけました。

オーナーの美容師さん一人で切り盛りされていて、予約時間はお客さんは一人だけの対応だから普段から会話が盛り上がりますが、次のお客さんが急なキャンセルでさらに余裕がありました。そこで “好きな顔”談義が始まりました。

60年余り生きてきたなかで、chiyomiさんが一番印象に残っている好きだなぁ~と思った顔は、PL時代の清原君の笑顔です。次に好きなのは「はにかみ王子」と呼ばれた頃の遼くんです。

美容師さんは「私は二重(瞼)のくるっとした系が好き」と、成宮寛貴の写真集を見せてもらいました。具体的です。
毎日一人は「韓流ドラマにはまっているお客さんが来られるから」と、分厚い特集雑誌もあり見せていただくことになりましたが、韓国の俳優さんの中でただ一人好きだなぁ~と思うイ・ビョンホンさんのスペースはほんの少し。時代は変わっているそうです。

取り残されそうなchiyomiさんも、カット&パーマで少しきれいになったかな?
歩いて帰りつつ、そうや・・お父さんの顔・・あきのこないいい顔や。忘れていました。

それから・それから、ナゴヤドームで3連敗でしたが落合監督の動じない顔も好きです。

|

深 山

P1020408 例会の下見として、深山が計画されたのが6月末。
楽しみにしていた夏椿の大木は、まだつぼみ。あまりにも暑い日で、深山迄30分と書かれた舩谷山頂上で秋になって紅葉がきれいな頃出直そうと、消化不良のまま下山しました。
でも、秋になっても深山登山の声がかかりません。
先日の例会で呼びかけ、今日出かけることができました。

 ☆今日のコース☆
ささやまの森公園事務所・・・深山古道・・・庫阪峠・・・舩谷山・・・深山・・・舩谷山・・・東尾根・・・流れ尾・・・黄葉の散策路・・・公園事務所

期待した紅葉はいまひとつでしたが、6月にパスした舩谷山から深山へは快適すぎる尾根道歩きができました。そして深山頂上は、標高が790mと特別高くないのに360度ぐるっと見渡すことができます。
写真は深山頂上から南側を見、小さく三田の羽束山・大船山。一番奥に六甲山の山並みが長く・なが~く連なります。
舩谷山は、兵庫・大阪・京都の県境です。

|

もう 最後かもしれない

「新しい家具」 のブログを書きながら、お父さんの車も新しくなったことを思い出しました。

6月に契約していたお父さんの車が、9月末に届きました。今年は震災で部品の調達が遅れ、納車がのきなみ遅れたそうです。

お父さんの車を買い替えるにあたり、もうすぐ年金生活に入る我が家に車が二台はもったいない。出来たら私も運転可能な小型車にしてほしいと思っていました。そしてお父さん自身、これまでより小さくても仕方ないと思っていたのも事実です。
でもそんな思いは展示場で飛んでいきました。

ティアナでお父さんもchiyomiさんも即決でした。
セフィーロを買う時、ローレルとセフィーロが一緒になってもうすぐティアナが発売されるという時期でした。事故で車がだめになり、それまで待つことが出来なかった車です。

でも今・・思います。
車を買う時、これがもう最後かもしれないと我が家で許せる一番いい車を選びました。食器棚もテーブルセットも、おそらくもう買い替えはしないはずです。
新しくなったことのうれしさの隙間に、ふとさみしさが芽生えます。

|

新しい家具

今日は、山の会で六甲山の予定でした。六甲山の海側から登り、裏六甲に降りるコースはめったにないので楽しみだったのに・・寝過ごしてしまった。
昨夜は早く寝たのに・・やっぱり疲れていたのかな?

それは先週のABCマイナビチャンピオンシップ観戦後、JR三田駅に到着から始まりました。楽しみにしていた遼くんのプレーを見られた昂揚感からか、駅から歩いてまっすぐ帰宅のはずが・・・なにげなく家具屋さんに入ってしまったのです。
その場で食器棚を即決。次の日には、食事用テーブルセットも予約しました。
その時、食器棚の配達は月曜日午後。迷っていた椅子や、色見本も持ってきてくださることになりました。

食器棚の買い替えはあっという間でしたが、食器の入れ替えは思った以上の大仕事でした。まずは食器棚をざっと拭き、棚の位置を変えることから始まりました。長い間使ってない食器は洗いなおし、もう使わないと思われる食器は燃えないごみの袋に入れ、代わりに頂き物の食器で気になっていたのを洗って並べました。

食器棚がおさまると、急にテーブルセットが届くのが待ち遠しくて仕方なくなってきました。3週間後の24日に届きます。
お父さんの椅子は、他のよりちょっと立派です。

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »