« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

はる くんは 2

生まれた時、あまりにぶちゃいくだったので“がんちゃん”と呼ばれました。
2歳になった今も、決してハンサムとは言えません。娘のRちゃんは「昭和のかおりがする」と表現します。

いとこのみずきちゃん、そしてとしくんもあきこおばちゃんも“はるく~ん・はるくん”とかまってくれます。はるくんは、ゆうきちゃんが特別好きでかきついていきますが、シャイなゆうきちゃんはちょっと恥ずかしげです。それでもおかまいなしです。

はるくんは幸せです。自然の流れの中にいます。

みんながだんだん大きくなって、chiyomiさんの腕の中にすっぽり収まらなくなってきました。話し言葉は片言で、歩く姿も頼りない・・一番かわいい時期は過ぎていこうとしています。
お父さんが仕事を終えたら、みんな一緒にお泊りでなしに“一人ずつ”我儘させてあげたいとひそかに思っています。

|

はる くんは 1

P1020439 「くろまめ く~さい」
黒豆が大好きな孫のはるくんは、口いっぱいほおばってエンドレス。
煮汁は、最後の一滴まで飲みほします。

おもちゃ部屋に置いてある箱から、自分でミカンも持ってきて「む・い・て」と手渡します。あまりに度々なので無視すると・・皮のままかぶりつきます。

お菓子は、両手に持たせてもらえなかったら気に入りません。半分に割って持たせると、ほ~り投げます。

なが~いおうどんも、手づかみで“つるつる”っと上手に食べます。ゆうきちゃん以来の、みごとな食べっぷりです。

chiyomiさんは、この冬2度目の黒豆を炊いています。
お天気が続きそうなのでサツマイモを蒸して、干し芋も作りました。去年は作らなかったので、はるくんは明日 “干し芋”初体験です。

|

現役引退話

お父さんと二人、ひさしぶりに 「高田屋」 さんのお寿司に行きました。

“山芋とタコの炊き合わせ”の小鉢が出て、生ビールで乾杯。
“フグのから揚げ”が出来上がるまでに、ウニ・赤貝・うなぎ・・そこで「高田屋」さんお勧めの、五島列島のブリ。
たっぷりの白子が焼きあがり、熱燗をたのみました。
トロ・蒸し鮑・・至福の〆は、もう一度ブリ。

カウンターで食べるお寿司は、はずむ会話もごちそうですが・・

「高田屋」さんの開店と、我が家の引っ越しは30年あまり前の同じ頃で、ご近所さん。三田に開発されたニュータウンが売り出される直前でした。
ご主人とお父さん、chiyomiさんは24年生まれの同い年。きれいな奥さんは、ちょっと年上。
「高田屋」さんはバブリーに、我が家はささやかに人生の収穫期が過ぎていきました。

「高田屋」さんとお父さん、二人の現役引退話が出た夜でした。

|

ゆうきちゃん

「ゆうきちゃん」 と呼びかけると 「ゆうきくん」 と訂正が入るようになりました。
それでもつい 「ゆうきちゃん」 と呼んでいるとついに 「おばあちゃんは、何でゆうきちゃんと呼ぶん?」 と聞かれてしまいました。

去年あたりから、おばあちゃんはゆうきちゃんを抱きあげられなくなりました。体重はなんと26Kほどにもなったそうです。
背丈も伸びて、男の子らしくなりました。

でも・・おばあちゃんにとって、ゆうきちゃんはやっぱり「ゆうきちゃん」やねん。

|

お正月に

みんなが集まって、気持よ~く食べてくれました。
冷蔵庫が空っぽになり、我が家のお正月は終わりました。

お父さんと共に 「こんなんや・・あんなんや・・」 と5人の孫たちの成長を喜び 「ああしてやりたい・・こうしてやりたい・・」 とはしゃいでいるうち、ふと気付いたらchiyomiさんはこの夏63歳になります。
これはまずい。年末に転んだダメージを、抱えたままの年越しでした。

10日が初出勤と、長いお正月休み中のお父さんは今日もいません。一人暮らしが身についたchiyomiさんは、お父さんが出かけるとほっとくつろぎます。

お昼ごろから雪が降り出しました。うまい具合に、おでんが炊けています。

新しい年が、みんなに穏やかで幸せな年になりますように。

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »